2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

購入予定とお気に入り

応援中!

  • フェイバリットOHP
    明日歩可愛いよ明日歩
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

カテゴリー

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
フォト

Clover Day's

お家に帰るまでがましまろです:舞台モデル地探訪 横浜市の港の見える丘公園

先日のガルパンココス道、等身大パネル設置店ラリーの際に、ダージリンがいる
横浜阪東橋店へ行くついでに、横浜市の港の見える丘公園に立ち寄りました。
丁度良い機会だったので別件も並行することに。

Yokohama_minatonomierupark
ま~まれぇどの新作「お家に帰るまでがましまろです」の神扇中央公園のモデルです。

 

港の見える丘公園は他にも多くのゲームの舞台モデル地になっていますね。

Yokohama_minatonomierupark2
やはり一番有名?なのはALcotの「Clover Heart's」と「Clover Day's」でしょうか
加賀美ヘキル加賀美ヒカルと再会の場面が印象に残っています。

Yokohama_minatonomierupark3
また、ここからの展望は戯画の「君の瞳にヒットミー」のメインビジュアル背景にも
使われているようです。ゲームで実際にない塔(神戸ポートタワー?)等を追加してますが、
奥のかまぼこ型倉庫や横浜ベイブリッジの形状が一致します。
 
 
ちなみに首都高横浜線新山下ランプから降りた際に、道を間違えて元町商店街も
通りましたが、ここもゲームと同じ場面で心が躍りました。

Clover Day's:Hシーン追加パッチ適用済のE-mote仕様版が発売するようです。

ALcotトップページでは紹介されていませんが、クローバーデイズ製品ページに

  • かつての予約特典追加パッチを適用
  • E-moteチューンが施された

特別仕様「Clover Day's Plus」を発売するとのこと。

既にプレイ済の身としては特段食指は動かないですが、
これから始める御新規さんには最適だと思います。


過去作品のアペンド適用版はよく見かけますが、
過去作をE-mote仕様にしたのは、ういんどみるの「はぴねす! えもーしょん」以来
でしょうか。

FAVORITE&ALcot 10周年Wキャンペーンの色紙到着

W10th
昨日発送で本日到着しました。ちなみに着払料金は756円でした。

絵柄は事前に発表されており、実際に手に取ってみましたが、
雪々杏鈴も微妙な印象を受けました。構図が良くないのかも。
ゆきゆきが大きすぎるような。

今回の色紙プレゼントキャンペーンは発送事務に少々不満があります。
着払いなのに発送されても料金が不明だったので、いくら用意すればいいのか
やきもきしてました。せめて事前告知をして欲しかったです。
おそらく、地域別に料金が異なるので、発表した場合の問い合わせリスクを
回避したかったのでしょう。料金に差があることについての苦情についての。

大抵の応募者全員キャンペーンは送料と代金を事前に送金し、後日商品を受け取る形を
取りますが、今回は二社合同事業なので、代金前払いだと入金確認に手間がかかったり
代金の保管等に支障をきたしたりする可能性が高かったのでしょうか。
(資金難で持ち逃げされたりとか)

発送までの状況報告をフェイバリットが今まで行っていたので、
てっきり発送事務はフェイバリット一社で負担していたと思っていました。
配達伝票の発送元はALcot側だったは意外でした。

ALcotでもキャンペーンの状況報告があっても良かったと思います。
そういえばスタッフ日記は8月以来更新してないですね……。

Clover Day's :オリジナルサウンドトラック感想

Cloverdays_ost
昨日めでたくゲームをクリアしたのでサントラを封印解除しました。
画像は購入報告時の使い回し。

2枚組45曲の大ボリューム。
ゲーム開始時のALcotジングルも収録されているのは驚きました。
タイトル画面のsuiteも、6曲全バージョンあり。
あのタイトル画面は背景の方 に目が行っていて、BGMのsuiteがクリアする度に
合奏が重なっていたのは気がつきませんでした。

BGMの幾つかは「Clover Heart's」の歌詞を曲名にしているのがありますね。
前作ファンには心憎いサービスです。

お気に入り曲は

  • 春の日差しを浴びながら 
  • 空は晴れ晴れココロも晴れ晴れ
  • ハチミツ色の天使            :ピアノのリズムが楽しさと新しさを期待させてくれます。
  •                      :ピアノのメロディと鉄琴のリズムが星空を想像しました。
  • a memories for us feat "Day's" :出だしのバイオリンで掴みは完璧
  • あなたに伝えたい            :こちらも出だしのバイオリンで掴みは完璧

バイオリンとピアノが活躍している曲が気に入りました。

テーマ曲の「Clover Day's」もバイオリンが印象に残りますね。
ドラムの盛り上がりでテンションが上がります。

2ndOPというか挿入歌の「Clover Heart's New days recording」もバイオリンのイントロが
燃えますね。特にゲーム版の方がゾクゾク来ます。
フルバージョンは懐かしさが加わる感じです。

Clover Day's プレイ感想日記10:コンプリート!

Cloverdays96 Cloverdays95
最後に予約特典パッチのおまけHシーンを鑑賞してコンプリートです。
タイトル画面は花びらが舞っています。

3月発売からクリアまで4ヶ月近く経ってしまいました。(;´▽`A``
原因は同日発売の他製品のプレイを先行させたので取りかかりが4月中旬だったのと、
5月発売分のプレイで一月近く中断していたためです。

 

SFもファンタジーもない普通の恋愛アドベンチャーは随分と久々な気がします。
2012年末にプレイした「恋色空模様」以来でしょうか。
恋色も真っ当な純愛ものとは違う気がしますが……。ならば「のーぶるわーくす」以来?

「Clover Day's 」は魔法もメカも超能力も陰謀も登場しないぶん、
登場人物達の愛憎がより大きく振れられていたと思います。
ヒロインとの恋愛、そして家族との関係を書くことに注力されていました

登場人物については、蓋を開けてみたら殆ど双子だらけだったのは驚かされました。
ヒロインも主人公も双子。例外は駄ディー始めとした大人キャラくらい。

まさに「双子×双子×双子が織りなす、『家族』の物語」というキャッチコピーの
とおりでした。
双子の主人公と双子のメインヒロインだった処女作「Clover Heart's」のコンセプトを
継承・発展していると思います。

処女作と言えば、クロハからの登場人物は西園寺先生あすりんの二人のみ。
前作の主人公や攻略ヒロインを登場させなかったのは的確な構成だったと思います。

音楽もテーマ曲、前作テーマのアレンジ版のボーカル曲2つとも素晴らしく、BGMも
バイオリン等の落ち着いた曲調でゲームに合っていました。
サウンドトラックCDは既に確保済です。ようやくじっくり鑑賞出来ます。

 

というわけで、ALcotの「Clover Day's 」は10周年記念作に相応しく楽しめました。

お気に入りヒロインとシナリオは加賀美ヘキル&ヒカル
両手に花の双子同時攻略はやはり至高。
他ルートみたいな外野の引っ張りがシナリオになかったのも一因です。

Clover Day's プレイ感想日記09:結橋泉ルートクリア

4人攻略後のタイトル画面。今度は朝昼夜と繰り返し変化するようになりました。
けれど、屋根の影の向きや大きさは変化しないのが惜しいところ。

Cloverdays88 Cloverdays87
さて、最後の攻略キャラとなったですが、プロローグでの取っつきにくさは皆無で、
重篤なツンデレキャラ…もとい、可愛くて楽しいヒロインになってました。
 
Cloverdays91
胸もそこそこあるのも評価したいところ。全裸Hがあったのは嬉しいですが、
メイド服プレイが本編上ではの妄想シーンだったのは残念。
追加パッチに期待、でしょうか。

声の担当は楠原ゆいでしたが、声の感じは金田まひるを連想しました。
 
 

Cloverdays94
優人との恋仲関係成立については、つばめルートと同様につばめとの
三角関係なってましたが、あるていど自分たちで解決していたのは
ヒカルという狂言回しを用意するくらいグダグダなつばめルートとは対称的でした。


 は双子でない唯一の普通の幼馴染みヒロインと思っていたら、まさかまさか。
もれなくだったとは。このゲームのコンセプトどおりのヒロインだったのね。

Cloverdays89
そして、このルートで活躍するサブキャラは西園寺瑞穂
彼女は杏璃ルートでも活躍しましたが、本領は泉ルートでした。
原画担当がちこたむだったのも伏線だったわけですね。
 

しかし、西園寺グループ改革派の悪意をわざわざ学園内に持ってくる理由が
いまいち理解しづらいです。に追い打ちを掛けるわけですし。
病院で面会するために、平日中に優人を出歩かせるようにする仕掛けだったのか、
に立ち向かう強さを持って貰うためだったのでしょうか。

Clover Day's プレイ感想日記08:竜胆つばめルートクリア

Cloverdays78
竜胆つばめルート後半戦を終えて、ルートクリアです。

 

Cloverdays81 Cloverdays82
前半戦で恋仲に至るまであれだけ紆余曲折したのだから、
後半戦はドラマは演劇上のトラブル程度かなと、期待を交えた予想を越えて、
も同じ舞台に引きずり出したとは驚きでした。そこまでするなんて。
前半戦のヒカルつばめの立ち位置を、つばめに置き換えたというか。

「大切なものは諦めないし譲れない」という思想をにまで押しつけているようで
やり過ぎな感じがしました。
後顧の憂いが無いようにの未練を断ち切りたかったのではと邪推してみたり。

 

 
Cloverdays80 Cloverdays83
つばめのドレス姿や加賀美姉妹のメイド服は、このルートでしか見られない一点もの。

しかしこの劇中劇は主人公達の関係を元に書いたような脚本で、つばめルートと
一体になっていますね。ヒカルの台詞も本心を乗せているのではと期待したり。

  

Cloverdays73
Hシーンはつばめ先生が普段からエロいこと考えていたりするので、濃い感じです。
乳首の差分もありましたし。
つばめの地である関西弁なのは特異でしたが、遠野そよぎボイスによってエロさが
増している感じです。けれど、結構長かったので少しだれてしまったり。
台詞やボイスを全て読んで聞いているので、例えば3回目は45分近くかかったような。

あとは、つばめの焦点が合わなくなってしまうのはやり過ぎじゃないかと。2回も。

物語もHシーンも、シナリオライターの狙いとノリが上手く合わなかったです。

 

Cloverdays84 Cloverdays85
まぁエンディング後のが可愛かったのが幸いかな。

Cloverdays79
いやぁ、紫苑さんが言うと一言も二言も重みがありますね。
杏鈴ルートを先にプレイすることを推奨

Clover Day's プレイ感想日記07:竜胆つばめルート1

Cloverdays70
3人クリアしたら、夜空だったタイトル画面は明け始めました。
というわけで、つばめルート前半戦、チャプターだとその1まで進めました。

前半戦からシリアス的に濃い展開に驚いてます。
他のヒロインルートでは一年生のキャンプやゴールデンウィーク、テスト期間は
サラッと通り過ぎていきますが、つばめルートはゴールデンウィークまでが
一つのピークです。

 

Cloverdays71
忘れがちがけど、つばめ虎吉と合わせて双子
ということで、焦点となるサブキャラは当然虎吉
劇の脚本をそつなく仕上げたり、監督業もこなしたりと、優人の親友としても
つばめの兄としても良いキャラぶりが出ています。。

 

Cloverdays74 Cloverdays77
で、もう一人活躍するサブキャラがヒカル
結構な活躍ぶりで狂言回しになっていますね。
ヒカル恋愛に本気を出していないという点ではつばめと同様なので、
当て馬になったのかも。

 

Cloverdays75
演劇の配役オーディションと脚本とで合わせて、奥手な性格のつばめ
これでもかと追い詰めていく展開は中々ハラハラ、気が重かったです。
とどめは主人公の優人が刺していましたが。

つばめのこの台詞には、さすがの優人も呆然とするしかなかったあたり、
かなりの痛いところを刺され返されたようです。

Clover Day's プレイ感想日記06:鷹倉杏璃ルートクリア

「サキガケ⇒ジェネレーション!」が終わったので、
一月ぶりにプレイを再開しました。

Cloverdays60
3人目攻略開始時点だと、タイトル画面は夜の背景に変化しました。

その3人目に双子の妹の妹、杏璃ルートをプレイしました。
個別ルートに入ると、攻略ヒロインに対となるサブキャラも焦点されるようですが、
ヘキルヒカル杏鈴紫苑、そして杏璃に対しては、西園寺瑞穂
けれどセカンドOPムービーに瑞穂は登場しませんでしたね。

瑞穂に取り入ろうとする取り巻き連中に学生会選挙とくれは、
後のシナリオ展開はある程度読めましたが、予想どおりの残念な出来でした。
陥れ作戦も今時らしく、盗撮をアップロード、暴行をけしかけたりと酷いものに。

Cloverdays64
結末もキッチリさせたのは評価出来ますが、後味が悪い内容でしたね。
取り巻き連中は事実上の退学に加え、脅迫ないし暴行の教唆容疑で逮捕とか。
紫苑さんや義臣パパも保護者会で謝罪する余波を受けていますし。
というか、大告白大会に対して保護者会を開催する必要があったのか疑問です。

 

Cloverdays61 Cloverdays66
一方で杏璃も中々微妙なキャラクターでした。
背伸びをしつつも実は杏鈴以上に甘えん坊なところは100歩譲っていいとして、
優人との仲を秘密にしたいと言いつつ街中でバカップルしたり、
襲われそうになったにも関わらず青姦したりと、言動の矛盾が気になりました。
そもそも瑞穂の取り巻き連中と張り合ったのは杏璃の反発心ですし。

なかでも図書室でのお勉強Hはベタというかくだらなすぎて
目を当てあられない感じでした。

そんな杏璃が自己を「大人の子」と評したのは的を射たものでした。
「羽目を外しすぎる傾向がある」と指摘した紫苑も的確。

 

Cloverdays69
「より良く生きるために」「胸を張って生きたい」

キャンプ中に義臣パパが優人に語ったことを、終盤で杏璃が体現する。
杏璃の成長というプロットのために、キャラクターの性格を作られたのかと
邪推してしまいました。



Clover Day's プレイ感想日記05:鷹倉杏鈴ルートクリア

Cloverdays45
一人クリアしたらタイトル画面が夕方に変化しました。

Cloverdays48 Cloverdays46
ということで、二人目は恐らくメインヒロインの杏鈴
主人公の出生の秘密や、主人公にしか見えないの正体が判明し、
エピローグでクローバーデイズ(豊穣なる日々)を体現するシナリオ構成は
メインヒロインルートならでは。

 

Cloverdays47
杏鈴桐谷華の甘い声が最高に心地よかったです。一方で
立ち絵やイベント絵で瞳の描き方に可愛さがない部分が少々あったのが惜しい所です。

杏鈴ルートも前半後半の2部構成でした。
杏璃を加えた三角関係と杏鈴と結ばれるまでの前半、
杏鈴紫苑、主人公と紫苑、鷹倉家と紫苑という「家族の物語」を書いた後半。
後半は紫苑さんに焦点が当たっていましたね。なんだか杏鈴そっちのけのように。

Cloverdays49
剣も魔法もSFも無いので、人間関係が全面に書かれるだけに、
対立したときの主張がきつい所もありますね。
妊娠展開とか要らないのではと思っていたら、これが伏線だったとはしてやられました。 

 

セカンドOPからの予想では、義臣パパの後妻となる紫苑さんと、
実母アンさんを引きずる杏鈴との確執を予想していました。
「家族の物語」はそっち方面かなと。
途中まで進めても、杏鈴の体調が悪くなったのはアンさんの病気が遺伝したからとか、
紫苑さんも時々体調が悪くなっていたのは、アンさんを重ねようとしていたからとか、
あくまでも、「杏鈴と紫苑」の関係で物語を進めていくものとばかりに。

故に、主人公が物語に巻き込まれてくるとは予想外でした。
孤児設定をしっかり回収してくるとは。
杏鈴が主人公を捨てた両親に手紙を書くことを勧めたときは
「余計なお世話を…」と思ったりしましたが、全て伏線だったのですね。

紫苑さんは姿をくらまして逃げるべきではなかったと思います。
その必要があったのか少々疑問が残る所です。新キャラを登場させるため?
終盤の弱々しい演技は上手かったと思います。

 

そして色々判明したところでわき上がる謎が。
紫苑さんの年齢は34、5歳くらい? 
今まで20代後半だと思っていました。

その他のカテゴリー

AQUA | BALDR SKY | bitter smile. | Canvas | Clover Day's | DRACU-RIOT! | FORTUNE ARTERIAL | G.I.B. ガールズ・イン・ブラック | Hyper→Highspeed→Genius | IYH! | Justy×Nasty | LOVELY QUEST | Lunaris Filia | Magical Charming! | MeltyMoment | PCゲーム | Power Dolls | PRIMAL×HEARTS | PRIMAL×HEARTS2 | PriministAr | PULLTOP | Purple software | SORAHANE | Strawberry Nauts | ToHeart2 | Whirlpool | あの晴れわたる空より高く | いな☆こい! | いろとりどりのセカイ | うそつき王子と悩めるお姫さま | お家に帰るまでがましまろです | こいなか | ここから夏のイノセンス! | この大空に、翼をひろげて | さくら、咲きました。 | しあわせ家族部 | しゅがてん!-sugarfull tempering- | しろくまベルスターズ♪ | すてぃ~るMyはぁと | すみれ | そらいろ | ねこ☆こい! | ねこねこソフト | のーぶる☆わーくす | はつゆきさくら | はるかかなた | はるかぜどりに、とまりぎを。 | はるるみなもに! | ぱれっと | ふぁみりあ | ほしうた | ましろ色シンフォニー | まじかりっく⇔スカイハイ | ゆきいろ | るいは智を呼ぶ | アストラエアの白き永遠 | アニメ・コミック | アマツツミ | イモウトノカタチ | オトメ*ドメイン | オーガスト | カミカゼ☆エクスプローラー! | キスと魔王と紅茶 | クロシェット | クロノクロック | ゲーム | ココロ@ファンクション! | サキガケ⇒ジェネレーション! | サナララR | サノバウィッチ | シュクレ・パルフェ・ショコラ | チュアブルソフト | ナツユメナギサ | ハピメア | パソコン・インターネット | フェイバリット | プリズム◇リコレクション! | ホチキス | リトルバスターズ! | ワールド・エレクション | 中の人などいない! | 二輪/四輪 | 優しい魔法の唱え方 | 初恋サクラメント | 千の刃濤、桃花染の皇姫 | 千恋*万花 | 南十字星恋歌 | 夏に奏でる僕らの詩 | 大図書館の羊飼い | 大図書館の羊飼いDS | 天使の羽根を踏まないでっ | 天色*アイルノーツ | 妹のセイイキ | 学☆王 | 幼なじみは大統領 | 彼女のセイイキ | 恋×シンアイ彼女 | 恋神 | 恋色空模様 | 携帯・デジカメ | 放課後しっぽデイズ | 旅行・地域 | 星恋*ティンクル | 星空のメモリア | 映画・テレビ | 晴れときどきお天気雨 | 書籍・雑誌 | 未来ノスタルジア | 桜ノーリプライ | 涼風のメルト | 猫忍えくすはーと | 神聖にして侵すべからず | 穢翼のユースティア | 色に出でにけり わが恋は | 装甲悪鬼村正 | 見上げてごらん、夜空の星を | 間宮くんちの五つ子事情 | 音楽 | 鬼ごっこ! | 魔女こいにっき | 鯨神のティアスティラ