購入予定とお気に入り

応援中!

  • フェイバリットOHP
    明日歩可愛いよ明日歩
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2018年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      

カテゴリー

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
フォト

春音アリス*グラム

春音アリス*グラム: プレイ感想日記15 コンプリート!

最後はICOモードというTIPSを読破して「春音アリス*グラム」オールクリアです。

11月からプレイし始めて、およそ4か月掛かってしまいましたがコンプリートです。
シナリオに若干超展開や微妙さを感じましたが、それ以外は良かったと思います。
購入動機は声優陣と主題歌とOPムービーの良さでしたので、その点で言えば期待値を
達成したと言えます。BGMも良かったです。

まずは、攻略対象ヒロイン数で4人以下が多くなってきた昨今、七尾奈留を始めとした
人気原画家を起用して5人のヒロインを用意したのは評価したいと思います。
5人以上は、某オーガストや某フェイバリット等、数少なくなっていますね。

また、遥そら、杏子御津、くすはらゆい、奏雨、波奈束風景という人気声優陣を揃え
たのも聞き逃せないと思います。特に遥そらの優等生ボイスやお嬢様な奏雨の声は
上々でした。

シナリオについては、学園に予告される謎、時計塔、アーケンカード、悠久の場所
といった謎解きをモチーフにした構成で、共通ルートまでは興味深く進められました。
個別の一部ルートで超展開だったり、謎解きに消極的だったので、いまいちさや
不満点はありましたが、目を瞑れるレベルだと思います。
欲を言えば、主人公のアーケンが、どのシナリオでも一葉ルート並みに活躍してると
面白かったかもしれません。
ちなみに、好みのシナリオ順は、優理、一葉、耶々、エリサ、雪の順。
無理のなさと面白さを重視しました。

お気に入りヒロインは遥そら演じる白羽優理会長です。

BGMは、初めてプレイするブランドだったので予想はつかなかったのですが、
結構良い曲が揃っていたと思います。
お気に入り曲は「Awakening IDEA」。アーケン発動シーンの燃える展開に合う、
格好いい曲です。
次点で「リノリウムの香り」「陽域」「昔日」「スプレッド!ZERO戦」でした。

昨年末のイベントにてファンディスク製作の告知がされたようですので、
謎関連のシナリオ補強がされることを期待します。
朝陽まおり先生の攻略もあると嬉しいかも。

春音アリス*グラム: プレイ感想日記14 藤乃雪ルート終了

Alicegram249
最後のヒロイン攻略は1年生の藤乃雪です。

Alicegram258
演じる杏子御津はお気に入りの声優さんなので、杏子御津ボイスを堪能しました。
堪能したいがために、最後の攻略をにしたのは内緒。
杏子御津が演じるヒロインは、小柄で貧乳というイメージがあったので
巨乳ヒロインは珍しいかも。敷島鏡や東雲希とかそれなりにいますが。
 

Alicegram261
シナリオは、今作の主要な謎のひとつである「悠久の場所」がテーマですが、
描写としては微妙というか弱かったように思えます。

Alicegram265
シナリオでは、「悠久の場所」がどういうものかは祖父の例から掴めますが、
何故存在するのかは示されず、耶々シナリオを経ないと理解できないというのも
ありますが、大きな問題点は

  • 主人公が悠久の場所を危険視する否定派であり、雪にも行かないよう説得していた
  • 雪が悠久の場所から帰りを渋る理由が、先に卒業してしまう主人公と離れたくないこと

謎に対して、いずれも消極的な姿勢だったので、謎への挑戦としてはいまいち
楽しめませんでした。

 

Alicegram251
幻のゲームは、コンビニに設置された書き換え機用のゲームということでした。
モデルは某ソフトベンダーTAKERU、もしくは任天堂ディスクシステムでしょうか。
ちなみに私が予想していたのはパソコン通信等で出回っていた同人ゲームでした。
SuperDepthとか。

Alicegram252
まおり先生がかなりのゲーム廃人でした。
マルカツはファミコンの情報雑誌、残りはE-LOGINとPUSH!ですね。

Alicegram257
蛍光ピンクの戦車。某うさぎさんチームのM3ですね!

Alicegram259
流石の滑舌は本職の声優さんです。

Alicegram260
Hシーンは同様に本編中3回、アフター1回の計4回。
上から見下ろす構図が良かったです。胸の大きさが強調されてるのと、股間は
モザイク描写が必要ない構図だったので。

がゲーム好きということもあって、Hシーンにゲームネタがあったりします。
また、料亭の娘ということで、アフターHでは着物Hでした。
作中何度か話題にしていたので、てっきり透け透けの下着が来ると思っていました

春音アリス*グラム: プレイ感想日記13 凜堂耶々ルート終了

Alicegram234
四人目は黄昏部部長の耶々です。

Alicegram238_2
普段は飄々として天の邪鬼な印象の耶々ですが、実は正義感に溢れ、
急に可愛さを褒められると狼狽えるギャップが見所だと思います。

Alicegram243
耶々シナリオは、過去を振り返る、答え合わせルートという印象でした。
一葉エリサルートのような、敵との戦いや時計塔の謎といった、明確な目的はない
ですが、黄昏部設立や主人公入部の経緯、アーケンカードの秘密、神無月祥子の過去、
悠久の場所といった、様々な世界観や設定を解説している所が興味深かったです。

Alicegram248
・アーケンカードとは、人の可能性に着目した未来科学の結晶で、その源流は耶々の家の
神社に伝わる神通力。
・ヒロインやサブキャラ達が使っているのが量産型アーケンのアーケンM(ミラージュ)で、
主人公のはオリジナル。
・主人公とヒロインのアーケンカードの共鳴効果
・耶々と祥子さんの関係

などなど、前段で書いたように、外に広がる事件性はないですが、対称的に奥へ深まる
内容でした。

Alicegram242
ヒロインの秘密を打ち明けてくれたのは、他ヒロインの母親だったというのは
意外な起用でした。聞き出す相手が耶々の母親ではなかったのは、多忙な理事長が
入院中だから聞けなかったのか、エピローグでの家族団欒シーンで、主人公の功績を
演出するためなのかもしれません?

Alicegram232
優理会長が陰に日向にと主人公と耶々を支えてくれたのが印象的でした。
黄昏部が生徒会直轄の組織つながりだからでしょうか

Alicegram231
クイズダービーネタに食いつけるひとはもういないのでは? と思ったり。

Alicegram235
某AE86で配達する豆腐屋ですね

Alicegram236
三人がドヤ顔で同時に喋るシーン。ボイスフラグはでした。他ゲームだと、
個別にオフにして、ヒロインごとに台詞を聞けたりする所もあります。

Alicegram237
浮気さんの水着姿。彼女にも水着立ち絵が用意されていたとは予想外。
白ワンピがイイ感じですね。
ひょっとしたら祥子さんにも水着立ち絵がある?

Alicegram239
恐らく全シナリオ中、格好良さや爽快感とはかけ離れた、ギャグに振ったアーケン使用
シーンかもしれません。

Hシーンは、本編3回、アフター1回。他ヒロインと同じ回数ですが、耶々シナリオは
本番前に自慰シーンがあったり、アナルHがあったりと、他ヒロインとは一線を画して
います。恐らく彼女がエロ要員かもしれません。

春音アリス*グラム: プレイ感想日記12 久遠寺一葉ルート終了

Alicegram215
3人目は幼馴染みで風紀執行部代表の一葉です。

Alicegram210
主人公が護るというのではなく、横に並び立つヒロインという凜々しさと
アニメや漫画が大好きという可愛さも持つところが一葉の魅力だと思います。
画一的な真面目系風紀委員キャラに終わらないところが良かったです。
 

Alicegram218
一葉のアーケンは、運動能力向上と光り輝く剣という戦闘に特化したものなので、
シナリオは戦闘シーンがある活劇的な展開が用意されてます。
偽造アーケンカードの出没から軍事利用のきな臭い動きへと風呂敷が広がります。

Alicegram211
主人公の立ち位置も、黄昏部から一葉が所属する風紀執行部へ出向することに。
共通ルートで示唆された央条財団はこのシナリオでの伏線でした。
北菱が有能で良い奴になっているのが好感が持てます。

Alicegram216
また、幼馴染みヒロインでもあるので、主人公の過去や妹のを含めた3人の思い出、
そして、突然失踪した父親のことも明らかになります。
 

Alicegram225
学生主人公の学園もので、大人社会、しかも軍事組織と対峙する構図は色々と
無理がありそうで突っ込みたくなるのはご愛敬ですが、エリサシナリオより
良かったと思います。侵入する理由も一応理にかなっていましたし、そこそこ
楽しめました。展開的に某プリズム☆リコレクション!を思い出したり。

Alicegram229
強いて挙げるなら、平和の象徴とも言える優理会長まで現場に来ちゃったり、
が助っ人を頼みに飛び出した直後にエッチを始めてしまったのは
面食らいました。

Alicegram219
Hシーンはこれまで同様に作中3回、アフター1回の計4回。
アフターシナリオではエッチ後にプールに行くことを躊躇するくらい疲弊していたのを
鑑みると、本編中のこれから敵陣に乗り込む前にしてしまって大丈夫だったのかと
疑問視したみたり。


Alicegram226
通常イベント絵に主人公が描かれるのは密かに好きだったりします。

Alicegram227 Alicegram228
先にエリサルートで知っていましたが、アーケンカードは進化するのですね。
主人公の真っ黒なアーケンカードも絵柄が現れてJUSTICEの名へと。

Alicegram224
Lv3のラプラスアイズ、元は祥子さんのアーケン能力でしたか。

Alicegram220
もアーケンカードを持っていたとは。
同じ1年生のが持っているのだから、持てないことはないですね。
 

Alicegram230
まおりん先生のジト目。なかなか見られない貴重な表情かも。

春音アリス*グラム: プレイ感想日記11 神咲エリサルート終了

Alicegram194
春グラ二人目は北欧から来たお姫様、神咲エリサです。

好奇心旺盛で清楚なお姫様ということで、演じる奏雨の可愛い声が似合ってました。
直前まで某初情スプリンクルや某PSGといった高慢系や大人な声を聴いていたので、
正統派ヒロインの奏雨声は癒やされた感もありました。

Alicegram192
イベント絵のジト目御馳走様でした。

Alicegram196
Hシーンのおっぱいがちょっと暴乳な感じでしたが、ビジュアルも可愛かったです。
Hシーンは本編中に3回、アフターストーリーで1回の合計4回、パイズリ標準装備は
優理ルートと同じ仕様です。

Alicegram209
飛行機搭乗中の10時間があれば着替えは充分出来たように思うのですが。
ドレス姿Hシーンのために荷物を持たずに直行したと解釈します。

 

Alicegram195
シナリオは王道と超展開が組み合ったもので、クリア後の感想は悩ましいところです。
前半は学園七不思議の正体を看破していくうちに、エリサが来日した目的である
時計塔の謎に迫る、アリスグラム(謎)というタイトルに相応しい謎解き活劇でした。
クロノ・グロウリアを求める謎解きに失敗して死んでしまい、時間が巻き戻って
やり直したりと面白かったのですが、ZEROとの対決、特にその後は超展開でした。

 

Alicegram193
エリサとも幼少時に出会っていたとは。
お姫様ヒロインシナリオとしては一般人の主人公と接点を繋ぐ王道展開でしょうか。

Alicegram197
この時点で不穏当な台詞は、遥由宇がクロノ・グロウリアに関わる伏線だったのですね。
また、遥との昔語りも個別序盤からありましたがそれも伏線だったのかも。

Alicegram201
私服の水族館デートから続いて七不思議探索に入り、2回目のHシーン後に
制服姿
だったのは超展開というか立ち絵の指定ミスでしょうか。
それとも私服が汚れたからわざわざ着替えた?

Alicegram202
鏡面貼りの間では立ち絵が左右逆になっているのですね。

 

Alicegram205
もアーケンカード所持者だったとは。役員以外で所持していたのは意外でした。
ところで、「THE FOOL」は北菱が使った後にまおり先生へ没収されたはずでは?

Alicegram206
謎を解く鍵となる生贄を捧げるため、ZEROとして命がけで戦って散ったことと
直後にエリサが出した謎の解法との落差が酷いくらいにあります。
捧げるのはナナのアクセサリーの翼で良かったなんて。あまりにもが可哀想。
エリサを眠らせずに聞き出した方が良かったのではと思いましたが、は彼女が
クロノ・グロウリアに関わる人物だとは知らなかったのですね。

Alicegram207_2
主人公がクロノ・グロウリアを使用して時間を巻き戻し、遥を助ける展開を期待した
のですが、検討やそぶりさえもなかったのは違和感が残りました。

Alicegram208
終盤、祖国に帰る展開は身分差の恋、留学生ヒロインシナリオでは王道でしょうか。
今までそんなそぶりがなかったので安心していただけに、油断しました。
別れ際の主人公の怨み節は瀬間颯太朗らしくない台詞でした。親友を失って間もない
所に恋人との別れというダブルパンチを食らった故に仕方ないところでしょうか。


風の噂で「春音アリス*グラム」はシナリオが悪いとの評判を聞いていましたが、
その元凶はエリサシナリオだったのかもしれません。

春音アリス*グラム: プレイ感想日記10 白羽優理ルート終了

Alicegram168
初回プレイはお気に入りヒロインの白羽優理を攻略しました。
お淑やかな優等生で中の人が遥そら、そして七尾奈留原画という私好みで
とても可愛いヒロインでした。

Alicegram172
第7章以降はヒロインの個別ルートに別れて

  • 7章は優理と恋人同士になるまで
  • 8章でHありのいちゃラブシーン
  • 9章でドラマ解決&エンディング

という構成でした。

Alicegram180
優理シナリオは新旧生徒会の生い立ちや新生会の分派といった、優理回の第2話を
深く掘り下げたシナリオ。時計塔や悠久の世界といった超常的な謎には触れません
でしたが、旧生徒会の不正の真実を解き明かし名誉回復を遂げた謎解きの妙と
優理の優しさと生徒会を引っ張っていった強さと弱さが伝わる暖かいシナリオ
だったと思います。

Alicegram170
告白シーンは第2章のバレンタインイベントの差分ですね。
優理の昔からの想い人が主人公だったという一途さが加わることで
彼女の魅力が更に強力になります。

Alicegram175
夏目漱石の「こころ」が優理との距離を縮める切っ掛けになるとは実に興味深いです。

Alicegram169
イベントCGはもちろん、普段の立ち絵も可愛いですが、ニヤリとした表情もなかなかです。

Alicegram186
優理会長のジト目は水族館デートとアフターシナリオの二つのみかも。
お淑やかな性格なので貴重なシーンかと。

Alicegram174
重箱の料理の彩色も凝っていますね。エビフライも唐揚げも美味しそうです。

 

Alicegram178
後半で主人公のアーケンが優理の過去の記憶を主人公に見せていました。
優理が持つ「象牙色の記憶」に同調したとすれば、彼のカードはトランプでいう
万能カードの役割を持つジョーカーに近いかもしれません。

Alicegram187
Hシーンは本編中に3回、おまけのアフターシナリオで1回の計4回。
意匠は制服Hと私服Hがそれぞれ2回ずつの種類は少ないですが、
巨乳ならではのパイズリやアフターシナリオでは授乳手コキが用意されてたりと
そそるシーンに抜かりはなかったです。

また、3回目の直前にはバストアップのみですが裸立ち絵も見られます。

春音アリス*グラム: プレイ感想日記09 第6章終了&共通ルート終了

Alicegram130
第6章まで進めて共通ルートを終えました。

Alicegram148
第6章は凜堂耶々の回ですが、彼女のアーケンは第1章で披露されているので
代わりに主人公の「黄昏の超集中力」が再び使用されました。
他にも優理会長やエリサ、雪、須藤もアーケンを使って謎解きに協力し、最後に
主人公のアーケンカード使用という構成は共通ルートの締めくくりに相応しかったです。

Alicegram134
もちろん、アーケン以外では耶々回ということで彼女の過去を含めて掘り下げてます。
非常に遠回しですけど、要はクレープ食べたいですね。

Alicegram147
後半は耶々、ひいては黄昏部と生徒会の最大の危機。
これまでの備品盗難より器物破損や被害額の大きさが共通ルートの最後に相応しい感じです。

Alicegram132
前半のすり替えがや耶々の過去が後半での伏線になっているとは。
推理劇も含めて面白かったです。シナリオは上手く練られていたと思います。

Alicegram142
黒幕は央条財閥に焦点が絞られましたが、他にも中二病をくすぐる組織が登場します。
Anthem機関ですか。言葉自体は某劇伴曲「戦車道アンセムです!」で
最近耳に馴染んでいたり。ちなみに賛美歌、祝歌などの意味だそうです。

Alicegram143
横で支えるという決意が格好いいですね。

 

Alicegram165
北菱が持っていたFOOLのアーケンカード。最初は真っ黒だったことで、主人公のカードとの類似性と危険性が言外に指摘されました。
FOOLがタロットでの愚者で0番目のカードなら、主人公のはトランプで言うジョーカーが
該当しそうです。

Alicegram160
北菱はアーケンカードに魅入られてしまいましたが、超前向きに贖罪しているのが
清々しいですね。第2,3話で学園を良くしていこうという場面があるので、下地がしっかりした
憎めないキャラです。

春音アリス*グラム: プレイ感想日記08 第5章終了

Alicegram110
第5章まで進めました。
第5章は前半は水着回、後半は久遠寺一葉回の二部構成でした。

Alicegram111
プールや海といった水着イベントというと大抵は共通ルートの終着点ですが、
春音アリスグラムの場合はまだ続くところが珍しいです。

Alicegram112
朝陽はジト目がよく似合います

Alicegram114
屋内プールでも紫外線が透過するのは珍しいかも。
それとも消毒用の塩素に反応している?

Alicegram116_2
須藤は突然の腹痛でプールサイドに登場できず。
ハーレムイベントにおいてはやはり七風も男友達には厳しかったようで。
そういえば、ここ5年近く友人キャラが水着イベントに登場するゲームを見たこと
ないような。

Alicegram121
5章後半はunder ONEことZEROの一味と対峙する展開。
謎(アリスグラム)に近づいている感じです。

Alicegram126
一葉のアーケンカードは光剣を顕現させる唯一の攻撃的なアーケン。
実行犯と対峙する今回のシナリオ向きですね。
Alicegram128
しかもイベントCGと専用BGM付で豪華です。

Alicegram125
風紀執行部に所属する一葉の有り様は、昔の主人公の姿を追いかける形なのが
印象深いです。ただのお堅い風紀委員キャラではなくなりました。

Alicegram120
学園にちょっかいを掛けている黒幕の正体も明かされてました。
央条財団て、italkで北菱がゴールドカードを取り出しながら零してましたね。

Alicegram119
JoJoネタなら拾えます。

 

Alicegram117
under ONE、1の手前だから0とは上手いネーミングです。てっきりシモカズとかの
名前かと想像していました。

Alicegram118
縦読みの次は薬品による時間差の予告とは更に凝ってます。
主人公の推理によると予告状に見えて、実は予言書だったり?

 

Alicegram122
元ネタは軽井沢貴婦人という品種だそうです。初めて知りました。
1パック12000円、一粒1000円もする超高級品。
私の中ではスカイベリーが高級品の位置付けでしたが上がいたのですね。

春音アリス*グラム: プレイ感想日記07 第4章終了

Alicegram091
第4章まで進めました。

第4章は藤乃雪の回。唯一の年下ヒロインで黄昏部と生徒会のライバル新生会側なのに
黄昏部に遊びに来てはコーンスープを飲んでいるという一風変わったヒロインです。

Alicegram102
寒がりでゲーム廃人というインドア系の割に料理上手という家庭的要素もあり、
ヒロインの魅力バランスを上手く取っているように思えます。

Alicegram097
にゃあにゃあのウィンク表情も可愛いです。

Alicegram099
雪のアーケン能力は念写。某隠者の紫の人を思い出します。藤の色繋がりで。
カードに描かれる杯の絵柄はエリサに続いて二つ目で、被る印象が残ったり。

 

Alicegram108
セイカ祭が終わり、謎(アリスグラム)の焦点は「悠久の世界」へ。
ゲーム開始直後に現れた景色ですね。ゲーム世界観の超常的な象徴だと思います。
エリサよりも雪の方が真実に近いかも?

Alicegram095
縦読みとはまた意外な手を。セイカ祭のハムがアマチュア無線を指していることは
知っていましたが、under oneなる人物は色々知識が豊富ですね。

 

Alicegram103
主人公の友人キャラの須藤にもアーケンカードが付与されていたあたりに、
単なるコメディリリーフにしないという製作スタッフの良心を感じます。

Alicegram104
状況の打開として、主人公や耶々のアーケンと類似している感じがありますが、
耶々は直感的な閃き
・主人公は状況の理論的超洞察力
須藤は現場の物理的分析
といったところでしょうか。

Alicegram092
耶々の着替えとバッタリ。良いサービスシーンです。

Alicegram093
からかい的に感想を聞いてくる耶々は実は破滅的性格なのかも?

Alicegram094
優理さんと主人公がノベルゲーム推しというのはメタ的な身内贔屓でしょうか。

Alicegram106
まおり先生のは直球ですね。PCゲームプレイヤーの代弁者というか、
ユーザーそのものがゲーム内に登場している感覚です。

春音アリス*グラム: プレイ感想日記06 第3章終了

Alicegram069
第3章まで進めました。
第3章は第2章で準備していたセイカ祭当日の話。エリサ回です。

Alicegram085
普通のイベント運営で終わることはなく、犯行予告があったり異世界に迷い込んだり
アーケンカード発動したりと、騒動と謎がつきものになるのが春グラの構成かも?

 

Alicegram076
王女であるエリサが舞台で王女役を演じるという興味深い構図。
オープニングムービーを見たときに、イベントCGは正装と錯覚したのは内緒です。
衣装の配色とエリサの髪色から某夜明け前より瑠璃色な姫様のドレスが重なりました。

 

Alicegram073
前日から動きのあった須藤の女装準備でしたが、本人が着るという自爆行為でなく、
トロフィー紛失を隠蔽するためにに着せる伏線だったのですね。
最初は(製作スタッフは)正気か?とディスプレイ前でツッコミを入れてました。

Alicegram078
春香さんもなかなか良い感じ。名前の読みは変えていないのがポイントでしょうか。
 

Alicegram083
ヘルヘイムの間……所謂黄泉の国ですね。そんなのが学園の塔に入口を
構えているなんて。この物語に一番関わりがあるヒロインはエリサかも。

Alicegram084
怪盗の調査中に迷い込むというか飛び込まざるを得なかった異空間。
直前の選択肢は主人公の性格を考えて躊躇する下の選択肢を選んでました。
 

Alicegram086
エリサのアーケン。カードには「ロイヤルブルーオブカップス」と記述されてますが
台詞のアリスマティック(算術)の方が響きの格好良さとアリスグラムとの関連性が
あって好みです。

Alicegram087
犯人を見つけずに有耶無耶に終わらすと思いきや、しっかりと推理劇が展開されて
第3章のクライマックスになりました。

Alicegram088
新聞部はやり過ぎでした。自作自演というかマッチポンプ。
自分たちで問題を起こしておいて生徒会や新生会の対応を非難したにもかかわらず
理由がお祭りを盛り上げるためというのは首を傾げるところでした。
選択肢がプレイヤーの意図を選択させてくれない親切仕様だったのは不要でした。

Alicegram090
某民明書房並の説明からかいですね。

その他のカテゴリー

AQUA | BALDR SKY | bitter smile. | Canvas | Clover Day's | DRACU-RIOT! | FORTUNE ARTERIAL | G.I.B. ガールズ・イン・ブラック | Hyper→Highspeed→Genius | IYH! | Justy×Nasty | LOVELY QUEST | Lunaris Filia | Magical Charming! | MeltyMoment | PCゲーム | Power Dolls | PRIMAL×HEARTS | PRIMAL×HEARTS2 | PriministAr | PULLTOP | Purple software | RIDDLE JOKER | SORAHANE | Strawberry Nauts | ToHeart2 | Whirlpool | あの晴れわたる空より高く | いな☆こい! | いろとりどりのセカイ | うそつき王子と悩めるお姫さま | お家に帰るまでがましまろです | こいなか | ここから夏のイノセンス! | この大空に、翼をひろげて | さくら、咲きました。 | しあわせ家族部 | しゅがてん!-sugarfull tempering- | しろくまベルスターズ♪ | すてぃ~るMyはぁと | すみれ | そらいろ | ねこ☆こい! | ねこねこソフト | のーぶる☆わーくす | はつゆきさくら | はるかかなた | はるかぜどりに、とまりぎを。 | はるるみなもに! | ぱれっと | ふぁみりあ | ほしうた | ましろ色シンフォニー | まじかりっく⇔スカイハイ | ゆきいろ | るいは智を呼ぶ | アオイトリ | アストラエアの白き永遠 | アニメ・コミック | アマツツミ | イモウトノカタチ | オトメ*ドメイン | オーガスト | カミカゼ☆エクスプローラー! | キスと魔王と紅茶 | クロシェット | クロノクロック | ゲーム | ココロ@ファンクション! | サキガケ⇒ジェネレーション! | サナララR | サノバウィッチ | シュクレ・パルフェ・ショコラ | チュアブルソフト | ナツユメナギサ | ハピメア | パソコン・インターネット | ピュアソングガーデン! | フェイバリット | プリズム◇リコレクション! | ホチキス | リトルバスターズ! | ワールド・エレクション | 中の人などいない! | 二輪/四輪 | 優しい魔法の唱え方 | 初恋サクラメント | 初情スプリンクル | 千の刃濤、桃花染の皇姫 | 千恋*万花 | 南十字星恋歌 | 夏に奏でる僕らの詩 | 大図書館の羊飼い | 大図書館の羊飼いDS | 天使の羽根を踏まないでっ | 天色*アイルノーツ | 妹のセイイキ | 学☆王 | 将軍様はお年頃 | 幼なじみは大統領 | 彼女のセイイキ | 恋×シンアイ彼女 | 恋神 | 恋色空模様 | 携帯・デジカメ | 放課後しっぽデイズ | 旅行・地域 | 星恋*ティンクル | 星空のメモリア | 映画・テレビ | 春音アリス*グラム | 晴れときどきお天気雨 | 書籍・雑誌 | 未来ノスタルジア | 桜ノーリプライ | 涼風のメルト | 猫忍えくすはーと | 神聖にして侵すべからず | 穢翼のユースティア | 色に出でにけり わが恋は | 装甲悪鬼村正 | 見上げてごらん、夜空の星を | 間宮くんちの五つ子事情 | 音楽 | 鬼ごっこ! | 魔女こいにっき | 鯨神のティアスティラ