購入予定とお気に入り

応援中!

  • フェイバリットOHP
    明日歩可愛いよ明日歩
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

カテゴリー

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
フォト

はるるみなもに!

はるるみなもに!:「海神さまが聞いてみて!」最終回

クロシェット公式サイトで「海神さまが聞いてみて!」の最終回が公開されました。
このキャラクター紹介SSは、体験版公開して数日後の昨年12月に第1回が、以降、
発売月の三月を除いて毎月更新されていました。

疑問に感じたのは、ゲーム発売前にヒロイン5人分全てを公開しなかったこと。
ヒロインの魅力を伝えるコンテンツなのに、二人分は発売日以降だったのが謎でした。

 ゲーム発売1か月後の第4回は伊吹明日海でしたが、ゲーム後半部の彼女の裏設定
について語られるのかと思いきや至って普通でしたし、最終回の春ヶ崎叶も、
インタビュアーがインタビューされるというオチはここ夏と同様でしたが
特に変わった部分も見られなかったので、尚更不思議でした。
月1ペースの間隔が優先だったのでしょうか?

はるるみなもに!:メディオ!録り下ろしドラマCD感想

メディオ!店舗特典の録り下ろしドラマCD
「叶さん、そもそもエプロンに収まりきってないんですが」
を聴きました。

ドラマCD題名のとおり春ヶ崎叶に焦点を当てた内容で、店名から分かるように、
裸エプロンシチュのHシーン有りの内容です。44分22秒。
パイズリ、本番、お掃除フェラの三本立てなのでボリュームあります。
勿論、喋っているのはのみ。台詞には恋人の名前さえ入っていない徹底ぶりに
ある種感心したり。今時のドラマCDはここまで徹底するのかと。

終始ラブラブでも嬉しそうで、聴いていて楽しかったです。
「もぉ、海神様御自らとか今更ー」の台詞が気に入りました。

はるるみなもに!:お目覚めボイス感想

ゲーム本編をようやく終えたので、「ご協力感謝スペシャルボイス」キャンペーンの
お目覚めボイスを鑑賞しました。

一つ目は春ヶ崎叶のお目覚めエッチシーンボイスドラマでした。約13分14秒。
二つ目は松房英麻の。こちらは8分47秒。どちらもえっちぃですね。
のが長いのはお互いの触りっこがあるからだと思います。

主人公名や代名詞といった名前呼びは一切無いので汎用性が高いです。

はるるみなもに!:プレイ感想日記15 コンプリート!

立ち絵鑑賞モードを堪能して「はるるみなもに!」コンプリートです。
望都先生や紗智帆先輩、依子さんにも裸立ち絵が用意されていたとは。
本編未登場なので、ここでしか拝めないですね。

Harumina391
さて、今作は待望のしんたろー原画の4年振り新作でした。氏の過去作
「プリズム◇リコレクション!」と比べると、瞳の描き込みというか彩色が進歩
していると思われます。全体的に見ても、CG彩色は更に力が入っていたと思われます。
また、人物の口についても、今作から上唇を新たに塗るようになったらしく、
バストアップ時には特に唇に意識が向くようになりました。

Harumina371
下着の描き込みは今作でも徹底されてて感心しています。

Harumina256
衣装については胸元や襟元にロゴ等のアクセントを入れるようになったようです。

Harumina330
台詞1ワードに複数の表情を切り替えたり後で喋っていないキャラクターの
立ち絵も動かしたり
といった細やかなスクリプトは健在です。
さらにキャラクターが転げ回ったりと派手ですね。今作ではプログラム提供元の
ういんどみる(アレス社)からもスクリプターが参加しているそうで。

 
 

メインシナリオは前作「ここから夏のイノセンス!」から続投している保住圭氏。
今作「はるるみなもに!」では日常シーンでのいちゃラブの強化、Hシーンも更に
エロくなったように感じました。

Harumina386
また、特筆すべきは全ルートのエピローグにおいてヒロインとの子供がいること。
構成を統一したエンディングやエピローグというのは、PCゲームではとても珍しいと
思います。いちゃラブというかエロ方面を強化した故なのか、二代目山神に一生を
捧げると誓った堅物七十九代目の反動を、次代に繋いだことを描くためだったのか、
興味深いところです。

 

個人的に気になったのは奇しくもおっぱい方面でした。暴乳爆乳のバランスの悪さ
が目に余りました。人数では無く、立ち絵やイベント絵の構図的に。
次回作では少々抑えて頂けるとありがたいです。「カミカゼ☆エクスプローラー!」位に

 

キャラデザと声の好みは山神水緒里
おっぱい的な好みは伊吹明日海冴野望都
お気に入りシナリオは伊吹明日海
でした。

お気に入り劇伴BGMは「鼓動に合わせて晴れわたれ」「ほころぶ花弁に差す光」
「どうしよう、笑っちゃう」「たまつえ」「貫く強さよ」「今まさに在れ」「雲すら切り裂き突き進め」
作風の割に燃える曲が意外と多いですね。

 
 
 

ところで、別の意味で気になったとのは、すたじお緑茶が製作協力していたこと。
スタッフロールを見て驚きました。青天の霹靂に近い感じで。
先月のイベントでは共同出店していましたし、新体制の緑茶は別扱いなのでしょうか?

はるるみなもに!:プレイ感想日記14 山神水緒里ルート終了

Harumina361
稚向津水緒里神こと山神水緒里ルートを終えました。

Harumina326
黒髪のキャラデザは私好みで、五衣装束な神衣を纏った姿は正統派神様の印象でした。
おにい大好きな肉食度も心地よく、また、クロシェットの実妹ヒロインでは久々に
聡明さがあって好印象でした。全ルートにおいて芽以の指導役も良かったです。

Harumina332
水緒里役の遥そらさんはノリノリで演じているように感じました。爽やかで楽しそうな
一方で日常でも卑語が飛び出したりと、これまでの遥そらヒロインの中でも突出した
魅力があると思います。
唯一足りないとするならばB71のおっぱいですが、HシーンCGではそこそこあったように
見えました。B80くらい?
 
 
Harumina369
さて、水緒里シナリオは丁寧に作られた肯定的な実妹シナリオでした。

Harumina336 Harumina337
実妹ルートは近年のPCゲームでは普通になってしまったので感覚が麻痺しがちですが、
一般的な風習や世俗的には近親相姦、兄妹婚は禁忌的な扱い(のはず)のところ、
水緒里ルートではあえて兄妹の恋愛を主軸に据えて、全肯定しているように感じました。

Harumina342 Harumina345
実妹を現人神とすることで、兄妹婚の神話がいくつもある神様の利点を活かして
背徳感の敷居を下げるのみならず、兄妹で結ばれることを仲間達や両親の範囲を超えて
神楽谷地域の氏子の皆にも認めて貰う過程は、実妹たる水緒里との恋愛を肯定的に
書こうとしたシナリオライターや制作陣の意図を感じました。
最終的には珠津江の住民にも知れ渡りますし、ここまで他人に知られるシナリオは
とても珍しいと思います。

Harumina383_2
また、物語終盤での最大のピンチに対する解決策が、なんと水緒里との子作り
この土壇場でHするという斜め上の解決策に驚かされつつも、実妹との恋愛を肯定する
シナリオ構成の終着点を見た気がします。
全年齢版の移植とか全く考慮していない構成にも感心です。

Harumina340
妹との仲を親に事後報告したりするのは「プリズムリ◇コレクション!」や
「サキガケ⇒ジェネレーション!」でもありましたが、はるみなでは事前相談した後に
エッチするという、筋を通して段階を踏んだ流れは、実妹シナリオのひとつの到達点
だったと思います。
 

Harumina373
そして両親達も円満に認めてくれるのが微笑ましいです。
実の娘にパッキンが緩いとか、希有な指摘ですね。
滝の神もあるということで、水属性で潮吹きにお漏らしと実にゆるゆるでした。
 
 

Harumina338
二代目としての稚向津水緒里神立貴の『神殺し』についての考察も興味深かったです。
望都先生の正体が明確に判明するのは英麻ルート以来でしょうか。
『神殺し』の能力を山神の成り立ちと密接に関連づけることで、恋愛以外にも水緒里との
不可分性を補強していたのが良かったです。

Harumina384
もっとも、高向津見遠理神こと先代山神の理想は海神との成就らしかったのも
にくいところ。もしかしたら望都先生とのルートがあり得たかもしれません。
 
エピローグでの水緒里との子が向津輝納神という名前ですが、「貴」を立貴から
取りつつも、全体として音の韻を先代や母親に合わせつつ、完全なる二代目と
分かる名前に感心しました。
 
 

Harumina363
水緒里と結ばれてからの怒濤のいちゃラブは凄まじかったです。皆に肯定された故の
幸せ一杯で人前でも憚らない剛胆バカップルぶりは却って清涼さを覚えたり。
他のヒロイン達の前で、愛の営みぶりを披露される羞恥プレイもありましたが、
芽以ルートよりも受け流せてた気がします。耐性ができたのかも?

Harumina333
依子さんにも掘り下げというか焦点が当たっています。
面白いことを言うというか煽っていますね。
水緒里のことを想っている多くのシーンが良いですね。

Harumina382
巫女として先代山神を降臨させた際の声の使い分けに感心しました。
神殺しは巫女さんにも効くのですね。
 
Harumina370
伊吹明日海にも効き目があったのは、明日海ルートの重大な伏線ですね。
 

Harumina324
水緒里の過去の荒ぶりは叶ルートでも触れられていましたが、自らのルートでは
その詳細が語られるだけなく、前半での再現、後半での山場への伏線でした。

Harumina368
父親の口伝と定説との違いの話も、エピローグへの伏線でしたね。
 

Harumina350
水緒里はジト目が比較的多いですね。ニンマリω口なバージョンも含めて。
 

Harumina357
共通ルートでもスカイプとか言ってますし、密林とか伏せ字で結構攻めてます。

Harumina359
どっかの島神…美空島の一ツ橋神奈さん(「あまつみそらに!」)のことでしょうか。
今作では中の人がお付きの巫女さんしていますし。
 


Harumina372

主人公の指の差分の御陰で実にエロいです。
Hシーンは自慰1回+本番4回の5シーンですが、5シーン目は特異でした。
他ヒロインではエンディング後の位置付けに対し、水緒里シナリオは解決手段として
クライマックスに配置。しかもCG3枚も投入して三回戦に渡った描写は別格でした。
卑語も一段と際だった気がします。精子タンクとか興味深い表現でした。
全裸Hも2回目と5回目で2シーンあったり、Hシーン計上外ですが、お風呂に入れる
場面を加えると全裸成分が豪華だったと想います。

Harumina339
裸立ち絵も膝上からや腰下からなど、複数回見せてくれます。
僅かに肋骨が浮き出た描写が凝っていますね。

Harumina349
行為後に洗濯機のパルセーターが回る効果音が面白さを増しています。
上手い演出です。

はるるみなもに!:プレイ感想日記13 伊吹明日海ルート終了

Harumina316
伊吹明日海ルートを終えました。
松房英麻に続くもう一人の人間ヒロイン。と思いきや、神様へ昇華する成長シナリオ
当初の予想を超えた内容で面白かったです。

 

Harumina302
神様部の活動を含めた、物事の本質を上手く掴んでいるという明日海の手際の良さを
始めとする会話やテキストがテンポ良く進み、快適なプレイでした。
担当シナリオライターを調べてみると、姫ノ木あく氏のようです。

ただ、終盤の防衛戦で勝利と引き替えに神様の力を失い、人間に戻ってしまう結末は
勿体なかったです。個人的には神様のままエンディングを迎えて欲しかったです。
シナリオ構成的に某ドラクリオット!の担当シナリオを思い出しました。
姫ノ木氏そういう構成が好きなのでしょうか?

 

Harumina320
神様四柱の図。こうしてみると幼馴染みポジションは分が悪い感じですね。
英麻が貧乏くじ担当とは言いませんが、元貧乏神を引き取った影響だったり?

 

Harumina321
水妖と戦いは、ルートの水緒里戦が試験だったのと対称的な実戦でした。
ここら辺の戦闘シーンの違いはライターの特性なのかもしれません。
ちなみに魚群の演出は特にCPU負荷が高くなることは無かったです。

Harumina322
彼らを彼女から引っ張り出すという奥の手は燃える展開でした。

Harumina323
芽以のように、神様用の決め絵が用意されていたのも嬉しい配慮です。

Harumina301
明日海が神様部にいることも神様の素質を秘めていた伏線だったのかも。
神様部ヒロインの叶、水緒里、明日海おそらく今作におけるメインシナリオ系で、
企画兼任の保住氏が神様でセンターヒロインたる海神のと、対となる山神の水緒里
次いでクロシェット常連の姫ノ木氏が明日海担当だったのは腑に落ちる所です。

 

Harumina315
紗智帆先輩の敗北宣言ルートで詳細が分かります。
彼女の心の揺れを入れたのは叶達に次ぐシナリオだからなのかも。

 
 

Harumina304
明日海正面立ち絵がお気に入りです。

Harumina308
おっぱいの大きさも明日海くらいで充分満足だったりします。むしろ丁度良い大きさ。
今作おいては英麻芽以も大きすぎの範疇。

Harumina303
商店街の福引きで当てた温泉旅行。大抵はエピローグやおまけHシナリオ
シチュエーション向けなのですが、これを使わずに母親に譲渡するという展開の
意外性に感心してみたり。

Harumina309
ジト目もイイですね。

Harumina318
神様になってからの最初の試練。
凪いだことで雲が切れ、星空が見える背景が情景に合っていて良いですね。

Harumina319
目の前で着替えはそそるシチュエーションなので見てみたかったです。

 

Harumina298
明日海に取り憑いて守護していた化け鯨。演じているのは鶴屋春人さん。
前作の「ここから夏のイノセンス!」のクラレッタ役が良かったので、続投希望を
アンケートに書きましたが、重要キャラでしたが男性キャラだったのは予想外でした。
次はヒロイン役を期待しています。

Harumina310
明日海の神様への昇華に合わせて四六時中取り憑いているわけではないというのは
プレイヤーへの配慮も考慮した上手い設定だったと思います。
私的には常時でも構わなかったのですが。良いキャラでしたし。

 

Harumina313
Hシーンは彼女も5回あります。英麻の自慰や寸止めに相当する1シーン目は、
なんとアナルH。神様としての処女性を懸念してのアナルHでしたが、本番に準ずる行為
としては自慰よりも良かったと思います。挿入的に。

全裸Hは2回目の私服Hと4回目の神衣H(手袋は残ります)の2シーンありました。

裸立ち絵もHシーン後だけでなく、クライマックスの防衛戦直後に脱げていたのが
とても良かったです。通常シーンに裸立ち絵が無理なくあるというのが良いですね。
彼女は程よい大きさのおっぱいなので、裸立ち絵も見栄えがいいですね。

はるるみなもに!:第二回キャラクター人気投票結果

プレイ中だったので1票も入れないまま投票期間が終わってしまいましたが、
第2回の優勝は幡上芽以だそうです。

先日芽以ルートを終えたばかりなので、彼女が1位だったことに驚いてみたり。
そこまで人気だったとは。中の人効果だと推察します。

はるるみなもに!:プレイ感想日記12 幡上芽以ルート終了

Harumina274
珍魂奇魂甕津雷媛神。またの名を幡上芽以のシナリオを終えました。

Harumina291
恋人になって以降はいちゃラブを超えたバカップルが続き、終盤の戦闘場面でも
バカップル要素が度々入るなど、ずっと砂を吐き続けて疲れた印象です。
その分、芽以を演じる桐谷華沢澤砂羽の甘々なボイスをずっと堪能できるので、
中の人のファンには向いているのかも。

Harumina275
恋人になるまでの道程もなかなか面倒でした。なった以降も砂を吐きましたし、
なんだか両極端な恋愛構成だった気が。

 

Harumina289
Hシーンは同じく5回ですが、英麻とは異なり、初回は本番有りでした。
これまで初回は外されていたので、驚いたのは内緒です。
2回目に角オナで、本番通算4回は他ヒロイン同じです。

 

Harumina280_2
英麻ルートよりも水緒里に対する訣別が高かったように感じます。
一緒に入れた水玉が、終盤の戦闘における退場フラグだったとは。

神楽谷神社の跡取りとして水緒里を祀るべく、操を立てるような盲進からの訣別も
自己判断で完結したりと、おそらく、担当シナリオライターはの人とは別だと思われます。深山ユーキ氏?

Harumina296
神様ヒロインルートだからか、珠津江の地名の由来について推察していたりと、
ルートに近い種明かしも見せてくれます。

 

Harumina277
珠津江に流れ着いた、祀られたことのない神様で、雷神ということで、荒魂・和魂
題材にした着想は良いと思います。荒ぶる神としての雷神はうってつけですし。
荒魂の象徴たる雷を捨てる形で封印するも、終盤で成長して一柱の雷神として
立ちはだかる展開も悪くなかったです。いちゃラブの茶々が入らなければ。

Harumina292
荒魂の分離は、某ドラゴンボールの神様とピッコロ大魔王の関係を思い出しました。
あれも修行によって荒魂を隔離したという形だったのですね。

Harumina295
雷神だった芽以は、人と結ばれることで成長覚醒し、電気の神様、即ち電神として
進化する構成も良かったと思います。

Harumina276
共通ルートでの投光器の通電や、電子レンジ修理が伏線になっていました

 

Harumina279
封印のカンカンの埋伏先が病院というのは、終盤への伏線でした。
町の人を守るという崇敬を得られる形での。
滅多に掘り返されない場所なら、公園や学校でも良かったわけですし。

Harumina294
ただ、病院を最終防衛線としていましたが、非常用電源に雷を落とされた時点で
病院は大ダメージだったのではと心配しました。避雷針が用をなさなかったですし。
まず、CTやMRIのような高価な検査機器がサージでお釈迦になっているような。
妊婦さんがピンチと言っていましたが、それよりも人工呼吸器といった生命維持装置を
使用している患者は絶体絶命な気がします。(バッテリでしのげるでしょうが)

 

Harumina282
妖怪の元締め、今小町丹菊の馴れ初めが芽以ルートで語られたのは想定外でした。
てっきり、妖怪の化け鯨つながりと英麻ルートのように人間ヒロインの補強として
明日海ルートで語られると思っていたので。
丹菊芽以異邦人という括りだったのですね。

はるるみなもに!:プレイ感想日記11 松房英麻ルート終了

Harumina242_3
二人目は幼馴染みの松房英麻です。
黒系というか茶系の髪の色とヘアバンドが私好みのヒロインでした。

Harumina255
ヘアバンドは制服等では白色、私服では黄色と使い分けているのですね。
からかわれる優しいジト目はとても珍しくて癒やされます。

Harumina261
もちろん、通常のジト目も御馳走様です。

Harumina258
B94W56H92と高レベルな肉感的スタイルですが、両手を合わせた立ち絵は比較的
スリムに見えるのが好みだったりします。
結構な着痩せらしく、裸立ち絵でのおっぱいはかなり大きかったです。
春ヶ崎叶のB99とも遜色ないくらいに。

Harumina257
幼少の頃より主人公のことが好きだけれども、現人神の妹を祀っていく主人公の立場を
尊重する、尽くす系の幼馴染み。徹頭徹尾に主人公をサポートする献身的な
ところが彼女の魅力だと思います。

Harumina265
現人神がヒロインとして登場するこのゲームでは、人間英麻のシナリオは比較的
弱そうに思われました。しかし、大抵の恋愛ADVゲームだとエンディングやエピローグに
飾られる結婚式を、物語中盤から終盤に掛けた一大イベントとして据えた構成が
良かったです。本物の神様の前での、文字どおりの神前式
人間ヒロインならではシナリオ構成の上手さに感心しました。

 

Harumina268
また、不足しがちな神様成分として、サブキャラの冴野望都先生を掘り下げています。
シナリオで、過去の海神なのは感づいていましたが、はっきりと先代の海神である
境界神だと判明します。何事にも線を引いて立振る舞う性格が伏線だったのですね。
そして、似たような行動をしている英麻に一線を越える応援するところも納得。

Harumina270
境界神として線を引いて分けるところから転じて、赤い糸という線を引いて二人を繋ぐ
というクラスチェンジの妙も、膝を打つ感じで良かったです。

Harumina260
おそらく、人間の英麻と神様の望都先生は組み合わされたシナリオなのでしょう。
とすると、明日海シナリオは丹菊が掘り下げられるのかも。

Harumina244
序盤での結ばれるまでは、お互いに一線を引いた今までの距離感のぶん、
近づこうとするぎこちなさは想定済でした。

Harumina243
父親に七十九代目で終わるつもりなのかと諭されます。確かに、今は僧侶も神職も普通に
妻帯していますが、妹が神様という前例の無い特殊状況下では、貴遠の従来の考え方は
通用しないのではとも思ったり。

Harumina247
告白をしてみても反応の鈍い英麻に対し、取り消して元に戻す、一段高い誘い受けの
パターンも見てみたかったり。逃した魚的な反応とか。

Harumina249
即答できなかった事に後悔し、自分から距離を詰めようと模索するコミカルさもなかなか。

 

Harumina267
ファンネル太鼓を出したり引っ込めたりの天丼もなかなか面白かったり。

 

Harumina253
Hシーンは5回なのは全ヒロイン同じ仕様のようです。
1回目はルートとは違って告白から日を跨いだのと、脱がして前戯へと、本番に至る
流れに沿っていたので、途中で中止になったのは期待していたばかりに残念でした。
もしかしたら、どのヒロインも1回目は本番無しなのかも?

しかし、このはだけたイベントCGはそそります。
ニーソックスとの境界で強調される太股のムッチリ感

スカートの裏地との立体感、
パンツのデザインの綺麗さ
などが良い感じなだけに、ここで終わったのが誠に勿体ない。

Harumina259
向津山は水緒里の領域。ということで、山での行動はやっぱりバレてしまうのね。
全部覗いてしまっても良かったのよ?

Harumina254
致した後に匂いを気になったり、後始末に慌てたりがほぼ毎回なのは担当ライターの癖
でしょうか。

Harumina273
尽くす系が講じてドMなのはいいですが、5回目は卑語連発だったのには少し驚いたり。

Harumina263
「お尻の穴はまだ」と、フラグをあちこち降っていましたので、アナルHがあるのかと
思っていましたが、結局フリだけでした。
ドMの英麻でやらないのなら、今作では誰もないのかも?

はるるみなもに!:プレイ感想日記10 春ヶ崎叶ルート終了

Harumina239
瑞宝叶比売命こと、春ヶ崎叶ルートを終えました。

 

Harumina215
シナリオ前半で明かされた珠津江の海神へ赴任した目的が亡くなった両親との邂逅で、
どうやらそれは駄目らしいという不安要素がありましたが、
海神として頑張る日々の中で結界が無くなったことで、神様や妖怪のみならず、
死者の御霊に逢える可能性が出てきました。
序盤からの伏線というか、諸々の積み重ねが願いを切り拓いたという構成は充分に
論理的に纏まっていて良かったです。

Harumina216
両親こそが最初の信奉者で傍にいたという灯台もと暗しオチにも納得でした。

 

Harumina221
紗智帆先輩が抱えていた巫女に対する不服も解決されます。
なるほど、人ならざるにものに恩義を感じ敬意を払っている家ならば、
一族の一番優秀な者に巫女を任せるのも納得です。
別院氏は終始紳士で格好よかったです。声だけで渋みを見せたのが上手いです。

Harumina217
別院氏の名前は智之助なのですね。息子が一文字とって智也紗智帆満智帆
名付け方は自然と納得したり。

Harumina223_2Harumina224_2
丹菊のいうとは珠津江の結界でしょうか。そして線を消した四代目とはのこと。
とすると、望都先生は元海神で、おそらくは初代、もしくは先代なのかも。
密かに答え合わせしてくれるのも楽しかったです。

 

Harumina207
怨嗟を纏ったたたりもっけも嵐の神同様に見栄えあります。
たたりもっけという妖怪も今作で初めて知ったりして。

Harumina213_2
浄化されて神使となったなつ首を90度まで傾げる仕草がいかにも梟で
可愛いですね。性格はかなりのツンデレですが。

Harumina225
そして、神様部サポートの仕上げとしてラスボス水緒里が土俵に。
両親と再会出来てハッピーエンドで物語を締めるのも有りでしたが、自ら茶番と宣言
したとはいえ、終盤に燃える戦闘シーンを持ってきてくれたのは嬉しいです。

Harumina229 Harumina227
叶の前に降りかかる水柱。その巨大さにができてしまう演出も良い感じです。
影繋がりで例のパンツで顔を拭くシーンをふと思い出します。

Harumina228
芽以が計測する数字は、謂わばレベルか水緒里との指数ですが、数字の読み方に
バルドスカイでエージェントが数えるシーンを思い出しました。懐かしい。

Harumina236
の「これまで」には水緒里とのことも含まれていて、
の未来を切り拓く神徳は、最後には水緒里をも救ってしまう。
珠津江と神楽谷を、「境界を無くし一つにしてしまう」大技も見所でした。

 

Harumina238
ラストシーンを物語の始まりの地である神楽谷の川にした構成の纏め方も好感でした。

エピローグでは珠津江の地名の謂われも明かされたりと、流石はメインヒロインルート
の特権ですね。

総じて振り返ると、序盤からの積み重ねが最後に花ひらくという丁寧なシナリオ構成
で良かったですが、丁寧すぎたため中盤では恋人になってから初本番までが間延びして、
結構焦らされたのが欠点だったと思います。

春ヶ先叶クロシェットヒロイン最大のバスト99を持つ赤髪のメインヒロインでした。
赤髪メインヒロインというと「サキガケ⇒ジェネレーション!」の雪乃宮杏音
性格込みで比較し、
バスト99は、同じ赤髪ヒロインでこれまで最大だった「プリズム◇リコレクション!」
のB98な連城紗耶香を思い出します。
杏音紗耶香の魅力を併せ持ったようなヒロインに見えますが、私的にはその反対
を感じていました。ポンコツぽくてちょっと大きすぎというか。

 
 

Harumina240
Hシーンは全部で5枠で、うち本番4回。神様衣装、制服、水着、私服→全裸と網羅
しています。5回目のHシーンは授乳手コキにパイズリ69、そして全裸青姦
圧巻ぶり。屋外で全裸Hは水辺を除けばかなり珍しいと思います。

Harumina214
元締洞での水着Hもトップは外しているので、ほぼ全裸とも言えます。

エピローグのイベントCGでも家族3人でお風呂なので、こちらも全裸CGが拝めます。
新しい現人神のおっぱいは腕で上手く隠されていたあたり、クロシェットは保守派と
言えそうです。Hシーンでもお尻の穴は修正済でしたし。
そのどちらも、特に前者で一線を越えた某フェイバリットは意外な改革派だったのかも?

その他のカテゴリー

AQUA | BALDR SKY | bitter smile. | Canvas | Clover Day's | DRACU-RIOT! | FORTUNE ARTERIAL | G.I.B. ガールズ・イン・ブラック | Hyper→Highspeed→Genius | IYH! | Justy×Nasty | LOVELY QUEST | Lunaris Filia | Magical Charming! | MeltyMoment | PCゲーム | Power Dolls | PRIMAL×HEARTS | PRIMAL×HEARTS2 | PriministAr | PULLTOP | Purple software | SORAHANE | Strawberry Nauts | ToHeart2 | Whirlpool | あの晴れわたる空より高く | いな☆こい! | いろとりどりのセカイ | うそつき王子と悩めるお姫さま | お家に帰るまでがましまろです | こいなか | ここから夏のイノセンス! | この大空に、翼をひろげて | さくら、咲きました。 | しあわせ家族部 | しゅがてん!-sugarfull tempering- | しろくまベルスターズ♪ | すてぃ~るMyはぁと | すみれ | そらいろ | ねこ☆こい! | ねこねこソフト | のーぶる☆わーくす | はつゆきさくら | はるかかなた | はるかぜどりに、とまりぎを。 | はるるみなもに! | ぱれっと | ふぁみりあ | ほしうた | ましろ色シンフォニー | まじかりっく⇔スカイハイ | ゆきいろ | るいは智を呼ぶ | アストラエアの白き永遠 | アニメ・コミック | アマツツミ | イモウトノカタチ | オトメ*ドメイン | オーガスト | カミカゼ☆エクスプローラー! | キスと魔王と紅茶 | クロシェット | クロノクロック | ゲーム | ココロ@ファンクション! | サキガケ⇒ジェネレーション! | サナララR | サノバウィッチ | シュクレ・パルフェ・ショコラ | チュアブルソフト | ナツユメナギサ | ハピメア | パソコン・インターネット | ピュアソングガーデン! | フェイバリット | プリズム◇リコレクション! | ホチキス | リトルバスターズ! | ワールド・エレクション | 中の人などいない! | 二輪/四輪 | 優しい魔法の唱え方 | 初恋サクラメント | 千の刃濤、桃花染の皇姫 | 千恋*万花 | 南十字星恋歌 | 夏に奏でる僕らの詩 | 大図書館の羊飼い | 大図書館の羊飼いDS | 天使の羽根を踏まないでっ | 天色*アイルノーツ | 妹のセイイキ | 学☆王 | 幼なじみは大統領 | 彼女のセイイキ | 恋×シンアイ彼女 | 恋神 | 恋色空模様 | 携帯・デジカメ | 放課後しっぽデイズ | 旅行・地域 | 星恋*ティンクル | 星空のメモリア | 映画・テレビ | 春音アリス*グラム | 晴れときどきお天気雨 | 書籍・雑誌 | 未来ノスタルジア | 桜ノーリプライ | 涼風のメルト | 猫忍えくすはーと | 神聖にして侵すべからず | 穢翼のユースティア | 色に出でにけり わが恋は | 装甲悪鬼村正 | 見上げてごらん、夜空の星を | 間宮くんちの五つ子事情 | 音楽 | 鬼ごっこ! | 魔女こいにっき | 鯨神のティアスティラ