購入予定とお気に入り

応援中!

  • フェイバリットOHP
    明日歩可愛いよ明日歩
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
フォト

はつゆきさくら

はつゆきさくら:コンプリートサウンドトラック感想

Macaron
写真は5月分IYHのものより。

「はつゆきさくら」を先月にコンプリートし、翌日からドラマCDと共に
サントラCDを封印解除して、何回か聴き込んでいました。

 

物語性の高いBGMが揃っていますね。
特に「春を愛する人」「送る言葉」「桜の心」の三曲は心の琴線に触れまくり。
再生回数も多いです。
「桜の心」を聴くと、初雪を見守り続けたさくらのことを考えてしまいます。

KOTOKOの「Presto」はデモムービー初見時にはそれ程の印象を持ちませんでしたが、
ゲームコンプリート後にフルバージョンを聴くと、しみじみと浸透していったり。

「はつゆきさくら」の評価に、楽曲が大きな貢献をしていたのを確認できました。
良いサントラでした。購入しておいて良かったです。

ゲームの予約特典サントラCDはボーカル曲や選曲されたBGMだったそうですが、
こちらは未開封のままになりました。 (;´▽`A``

 

水月陵の名前を今回初めて覚えましたが、かなり以前から活動されていたのね。
「胸キュン! はぁとふるCafe」や「朱 -Aka-」、「リトルバスターズ!」なら
聴いたことがありました。

はつゆきさくら :ドラマCD感想

マリン・エンタテイメントから発売したドラマCD「ゴーストトラベル」
聴きました。

舞台は内田川邊市を離れて、雪山で温泉スキー。
卒業ルートでの、卒業アルバム制作の一環でイベント三昧の最中の一幕のようです。
修学旅行風ですが、スキーに一発芸など、慰安旅行に近いですね。
終盤にはシリアス分もあったりと、割と満遍なく作られたようです。
ネタバレ要素があるので、ゲームクリア後に聴くことを推奨します。

 

登場人物はヒロインとサブキャラを含めた全員初雪役は杉崎和哉さん。

サクヤランは内田川邊市外では顕現出来ないと思われるのですが、
土地神なを移動させる為に、宮棟閑がバックアップ要員で着いてきたようです。
おそらく、反魂香を焚きながら先行していたのでしょう。結構まめです。
そして宮棟がいるので、サクヤもいる。ちなみにランは回想で登場です

スキーシーンを初め、所々に過去作のキャラが出演してます。とかいちかとか。
中の人が同じという利点を活かしてますね。

 

温泉シーンは男湯へ逆覗きという珍しいパターン。
初雪は股間にゴーストでも憑かせていた?。

 

終盤に地元のゴーストと対決するわけですが、初雪は相変わらず弱いですね。
まともな説得も出来ないし。桜によってバニッシュされてます。

桜が譫言で初雪の本名を呼んだり、宮棟が初雪のという意外な事実が判明したり。
一時の話なので、帰郷時にはすっかり忘れているので本編への影響は無しです。

はつゆきさくら :プレイ感想日記07 玉樹桜ルートクリア&コンプリート!

Hatuyuki17_2
の真ルートは卒業ルート。
学園だけでなく、背負った役目からの卒業という意味合いもありそうです。

単なる伏線回収ルートではなく、途中にオープニングムービーがあり、
分岐があったりと構成が工夫されてますね。
Hatuyuki16 
と復讐を完遂するルートあったのは予想外で嬉しかったり。
ふーりんスキーで「はつゆきさくら」を買ったので、が結構重要キャラだったのは
良かったです。

Hatuyuki14
しかし、シナリオの好みはルート。ヒロイン健在で初雪も生者として帰還してるし。
真ルートでも卒業へ導くリーダーになったりと、真っ直ぐですね。

ちなみに、キャラ的には声も含めてが好みでした。

 

Hatuyuki11
サブキャラのエピソードで、ルートで展開されなかった室屋のは、
真ルート用に残されていたのね。放送室での痴話喧嘩とかニヤニヤして楽しめました。

もう一つの卒業アルバム制作に参加した東雲妻の写真の趣味が鉄道とは。
でも剣道もできるし。バランス取れてる?

 
 
 

以上でコンプリートです。結構サクサク進み、今月の新作前に終わりました。
Hatuyuki13
「ナツユメナギサ」と同じコンセプトで、対称的でした。
現実のセカイで、主人公ではなく、ヒロインが死んでいるところが。

前を向いて歩んでいくエンディングなんだけど、
主人公とメインヒロインが一緒にいられないのは、やっぱり残念です。

どうも馬が合わないですね。
最初から知っていたら、お気に入りの中の人が出演してても買わなかったかも。
 
 
9/24追記:
河野初雪の姓は「こうの」とも読めますね。そうすると、
kohno hatuyuki → 大野ゆうき
本名のアナグラムで偽名を作ったみたい。

はつゆきさくら :プレイ感想日記06 東雲希ルートクリア

ヒロインの中で唯一ゴーストと直接関わりがないルート。
サブキャラのエピソードが色々入ってました。竹田、金崎、来栖、そして東雲妻
1年前の小坂井綾ルートのアフターストーリー的な意味合いもありますね。

 

Hatuyuki09
綾と学園現役組との接点がここであったとは。

 
 

希は行動にぶれがなかったと思います。
初雪を含め、登場キャラの誰もが感服するのも納得です。
ゲームを進めていてもだらけなかったり。

Hatuyuki10
男言葉なのでキャラ的に萌えにくいかと思いきや、初雪の一挙一動一言で瞬時に
ばほんとか陥落する様はなかなかどうして。きょぬーだったのもGJでした。

 
 

卒業式の送辞は心がこもっていて、胸に残りました。
卒業がテーマなだけに、式典を疎かにしていないのが好印象です。
あと、シロクマルートでの校長の挨拶も良かった。

はつゆきさくら :プレイ感想日記05 シロクマルートクリア

チャプター順で言うと、東雲希よりシロクマが優先されているようです。

Hatuyuki08
このルートはシロクマが主人公ですね。成長物語になってました。
しかも、スタッフロール後のエピローグがメインのような。

プロローグで「ほっぽうりょうど」と連呼してた時にはどうしてくれようかと
頭を抱えましたが、だいぶ成長したものです。

シロクマの本名は語られることは無かったですね。
他人の口から断片的に呼ばれて、望月宝と判明しましたが、さして重要ではなかった
のは意外でした。

Hシーンはなんだか規制に配慮した感じですね。本番は2年後の1回のみで、
残りの枠は受験時代の妄想H。シロクマの妄想なのがせめてもの救いですが、
妄想なら別に要らないです。

 
 

各ルートを経て、ゴーストパレードの詳細が徐々に明らかになってきました。
主人公の復讐相手だった佐々木恭吾は議員だそうですが、
本編の1年前は副市長だったよーな。市議会へ出馬したのか?

はつゆきさくら :プレイ感想日記04 あずま夜ルートクリア

唯一?の常識人でツッコミ担当のあずま
鼻音ががった桐谷華の声が意外に甘い感じで、恋人になって以降の
甘えた様子が可愛かったです。私的にダークホースでした。

Hatuyuki06
喫茶店での会話が面白かったです。主人公のセクハラトークに涙目で
「処女だもん」等と反論するシーンがお気に入り。

 

Hatuyuki05
ルートをクリアしていると台詞が理解出来ます。
パンツをプレゼントされるというのは、PCゲームやっていて初めて見たよーな。

 

Hatuyuki07
実はナイトメアとHする展開を密かに期待してました。 (;´▽`A``
4つあるHシーンで、うち二つが校舎屋上に公園という屋外だったのは少々驚き。

 
 

このルートは主人公は「復讐」をしていないようですね。
彼女をクリアするとランの正体が判るとのことでしたが、
ランは誰かの過去のゴーストというか生き霊といったことなのか。

はつゆきさくら :プレイ感想日記03 小坂井綾ルートクリア

2周目になると、が選択出来るようになりました。
Hatuyuki03
ルートは1年前の話を追憶する形なのね。

現在は既に卒業しているから、たち進路相談部と接点が無いですね。
共通の接点を持つのが、の兄である東雲妻になるのか。

そういや中の人的には、「ナツユメナギサ」の役でも
他のヒロインと接点が無かったですね。こちらは完全に。

 

Hatuyuki04
は淡々としていて、感情の幅があまり大きくない感じ。
一方、胸は大きかったのはGJでした。
演劇でのドジッ子メイド役が相対的に良かったかも。

 

姉弟揃ってゴーストに関わっていたどんでん返しは意表を突かれました。
伏線は幾つかあったようですが、ファントムの正体は読めなかった。

で、記憶喪失エンドかぁ。うーん、この手のエンディングは好みじゃないです。
主人公が覚えているからまだマシですが。

Hシーン枠を見る限り、トゥルーはあるみたいなので、そこに期待します。

はつゆきさくら :プレイ感想日記02 一周目終了

プロローグを終えて、チャプター7まで進めました。

Hatuyuki02
プロローグ終了直後に本編に入ったら、しか選択出来なかったので、
「ああ、初回は桜ルートに固定されているんだ」と思っていたら、
いつの間にかランとHしていた。とってもポルナレフ状態でした。

なんというか、初回プレイはバッドエンドだったなんて。
復讐も果たせなかったみたいですし。
プロローグの選択肢の結果による自滅だったのかな?

最初に小坂井綾を攻略したかったので、それらしい選択肢がないので、
他のヒロインの好感度が上がらないようにしていたのですが。

 

でもまぁ、主人公の正体や、その目的、背景等が予習出来たと思えば良しかな。
プロローグの時点で死んでいると判明したのは、やきもきしなくてある意味幸い。
しかし、「ナツユメナギサ」と同じ展開だったら悲しい。

はつゆきさくら プレイ感想日記01

「ナツユメナギサ」をクリアしたら、次回作の「キサラギGOLD☆STAR」に
取りかかるべきなのでしょうが、発掘が面倒なので、
手近にあった「はつゆきさくら」を崩すことに。

「さくら、咲きました。」の次にプレイするので、「さくら」つながりということで。 (;´▽`A``

とりあえずチャプター1まで進めましたが、
Hatuyuki01
役の山羽みんとは所謂「車の人」ですね。今度はスクーターなのね。

声と髪の色が、ゆずソフトの「DRACU-RIOT!」のエリナを連想しました。
下ネタが苦手な所は真逆なのが興味深い。

 

常時高気圧系というか天真爛漫な性格は色々大丈夫なのか…と不安になったり。
セクハラしてる主人公といい、「ナツユメナギサ」みたいなセカイ系ファンタジーに
なるのかな? プロローグという離陸は疲れそう。

その他のカテゴリー

AQUA | BALDR SKY | bitter smile. | Canvas | Clover Day's | DRACU-RIOT! | FORTUNE ARTERIAL | G.I.B. ガールズ・イン・ブラック | Hyper→Highspeed→Genius | IYH! | Justy×Nasty | LOVELY QUEST | Lunaris Filia | Magical Charming! | MeltyMoment | PCゲーム | Power Dolls | PRIMAL×HEARTS | PRIMAL×HEARTS2 | PriministAr | PULLTOP | Purple software | SORAHANE | Strawberry Nauts | ToHeart2 | Whirlpool | あの晴れわたる空より高く | いな☆こい! | いろとりどりのセカイ | うそつき王子と悩めるお姫さま | お家に帰るまでがましまろです | こいなか | ここから夏のイノセンス! | この大空に、翼をひろげて | さくら、咲きました。 | しあわせ家族部 | しゅがてん!-sugarfull tempering- | しろくまベルスターズ♪ | すてぃ~るMyはぁと | すみれ | そらいろ | ねこ☆こい! | ねこねこソフト | のーぶる☆わーくす | はつゆきさくら | はるかかなた | はるかぜどりに、とまりぎを。 | はるるみなもに! | ぱれっと | ふぁみりあ | ほしうた | ましろ色シンフォニー | まじかりっく⇔スカイハイ | ゆきいろ | るいは智を呼ぶ | アストラエアの白き永遠 | アニメ・コミック | アマツツミ | イモウトノカタチ | オトメ*ドメイン | オーガスト | カミカゼ☆エクスプローラー! | キスと魔王と紅茶 | クロシェット | クロノクロック | ゲーム | ココロ@ファンクション! | サキガケ⇒ジェネレーション! | サナララR | サノバウィッチ | シュクレ・パルフェ・ショコラ | チュアブルソフト | ナツユメナギサ | ハピメア | パソコン・インターネット | ピュアソングガーデン! | フェイバリット | プリズム◇リコレクション! | ホチキス | リトルバスターズ! | ワールド・エレクション | 中の人などいない! | 二輪/四輪 | 優しい魔法の唱え方 | 初恋サクラメント | 千の刃濤、桃花染の皇姫 | 千恋*万花 | 南十字星恋歌 | 夏に奏でる僕らの詩 | 大図書館の羊飼い | 大図書館の羊飼いDS | 天使の羽根を踏まないでっ | 天色*アイルノーツ | 妹のセイイキ | 学☆王 | 幼なじみは大統領 | 彼女のセイイキ | 恋×シンアイ彼女 | 恋神 | 恋色空模様 | 携帯・デジカメ | 放課後しっぽデイズ | 旅行・地域 | 星恋*ティンクル | 星空のメモリア | 映画・テレビ | 春音アリス*グラム | 晴れときどきお天気雨 | 書籍・雑誌 | 未来ノスタルジア | 桜ノーリプライ | 涼風のメルト | 猫忍えくすはーと | 神聖にして侵すべからず | 穢翼のユースティア | 色に出でにけり わが恋は | 装甲悪鬼村正 | 見上げてごらん、夜空の星を | 間宮くんちの五つ子事情 | 音楽 | 鬼ごっこ! | 魔女こいにっき | 鯨神のティアスティラ