2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

購入予定とお気に入り

応援中!

  • フェイバリットOHP
    明日歩可愛いよ明日歩
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

カテゴリー

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
フォト

のーぶる☆わーくす

購入報告:のーぶる☆わーくす ビジュアルファンブックとサントラ

Vfb
注文していたのをすっかり忘れていました。

のーぶらVFBは、一般的なVFBと幾つか異なる編集・装丁になってます。

  • 表紙にカバーがない。

「ぶらばん!」VFBみたいな、「カバーを捲るとお茶目なおまけ」が無かったのは
少し残念。コストダウン?


  • スタッフインタビューが座談会ではなく、ユーザーの質問に対する回答になっている。

ゲームにもっと踏み込んだ話が読みたかったので、ここはとても残念。
それと、もう一人のライター、J・さいろー氏のコメントが読みたかったな。


今回のVFBは、個人的には少々物足りなかったかなぁ。

のーぶる☆わーくす:プレイ感想日記その17 コンプリート

攻略キャラも全てクリアし、CGやHシーンも回収して、最後に見るのは、
ゆずソフト初実装の立ち絵鑑賞モード。これでコンプリートです。
裸立ち絵は静流のみなのね。

 

クリアして振り返ってみて、印象に残ったのは、主人公が良かったですね。
どのルートでも。ゆずソフト歴代1位かも。

次にBGMが良かったです。管弦楽主体のBGMがゲームに合っていました。
お気に入りは「鉄の意志」「以心伝心」

あとは、システムかな。バックログの任意箇所から再生出来る点と、
セーブポイントと追加出来る点。とても快適にプレイ出来ました。

のーぶる☆わーくす:プレイ感想日記その16 蛍ルートクリア

「のーぶる☆わーくす」の最後は、サブキャラクターの安綱蛍先生。
初回プレイではフラグが立たないので攻略出来ませんが、ヒロインの誰か一人を
クリアしたら攻略できるみたいです。

Hシーンにおいて、主人公は「朱里」としてHしているところが、ヒロインルートと対照的です。
その点で見ると、静流ルートは若干寄りかも

 

エンディングのオチが、「天神乱漫」の木賊朋花ルートと同じなのは、どうなのよ?
サブキャラルートのお約束になるのかな?
しかも、どちらもサブキャラで声優さんはみる

そういや、ゆずソフト皆勤賞のみるは今回もサブキャラ担当でした。
次回作はヒロイン担当だといいな。

のーぶる☆わーくす:プレイ感想日記その15 麻夜ルートクリア

許嫁の噂は向こうが流した噂だったとは。手のひらで踊らされてた感じです。

Hシーンは「どちらか一方が先に達する」というのが多かったのが異色だったかも。
ライターの好みなのか、主人公と麻夜相性の問題か。

親父殿来襲→ボコボコの流れは、なんとなくだけど某喫茶店ゲームの
メインヒロインを思い出したりして。某ツインビームキャラを

さんとの特訓は一応の成果が有ったのかな?


結局、麻夜の「やりたいこと」は具体的になんだったのかが気になります。
不明なまま終わってしまうとは。

のーぶる☆わーくす:プレイ感想日記その14 麻夜ルート1

11月14日まで進めました。

麻夜。お互いに秘密を持つ者同士のルートです。

静流と同様に影武者のことを知らない麻夜ですが、恋仲になるにあたって、
主人公は早い段階で正体を明かしてるのですね。静流と対照的に、麻夜
気にしていないみたい。
実家にバレた時の反応は、正宗家と長光家では後者の方が恐そう。

 

前半、麻夜が実家のことを皆に話すまでですが、主人公は「分からないですけど
分かりました
」といった聞き分けの良い態度を取りながらも、ついつい探って
しまう行動がどーも気になります。他のルートと違う感じで。

彼氏彼女の関係になるまでは、そこそこ集中出来ましたが、恋人同士になってから
の嬉し恥ずかし展開がどーも単調な感じでゲームに集中出来ない。

終盤は、源さんとの秘密特訓の成果に期待するとします。

のーぶる☆わーくす:プレイ感想日記その13 静流ルートクリア

影武者のことは、主人公が打ち明けるのではなく、唐突に気付かれてしまった。
から朱里への引継は完璧だったけど、相手が一枚上手だったわけで。
こうなると穏便にはいかないですね。理事長のお怒りはごもっともで。

影武者が静流にバレた後、薙刀で打ち込まれるシーンが印象に残りました。
  「正宗の娘をやめられない!」と激白する静流と、
  「──だから、笑え!!」と自己を叱咤する主人公の決意。

今更ですが、「のーぶる☆わーくす」の主人公は良主人公ですね。
ゆずソフトの中でも1番かも。年齢的にも一番年上なだけあります。
不動庭園での催事企画、委任状を作成した理事会参加等、いろいろ機転が利きますね。

バレるといえば、真琴や虎鉄達にもバレたわけですが、ひなたルートと比べると
拍子抜けするくらい反応があっさりしてますね。ひなたルートの反目っぷりはなんなの?
というくらい。
匠と朱里が同じ場所に鉢合わせたという最悪の状況が功を奏したのかな。

 

初Hは一段落ついてからと思いきや、なし崩しで突入したのが意外だった気も。
Hシーンの書き方から見て、担当ライターはやはりJ・さいろーでしょう。
前戯がねちっこいもん。それだけで5枠の内3シーン使っている偏り具合も。

のーぶる☆わーくす:プレイ感想日記その12 静流ルート1

10月31日、中庭でお互いに見せ合っているシーンまで進めました。

ひなた瀬奈灯里とクリアしてきましたが、彼女たち三人は、主人公が影武者
なのを知っている「関係者」でした。なので、主人公は匠として接することが
できたわけで。

対して、今度の正宗静流はこちらの内情を知らないヒロイン。朱里として接して
行くわけですが、正体が露見した時の事を考えると重い話になりそうな気が。
特に関係を結んでしまったりした後には…。
主人公としても葛藤しまくりなお付き合いになりそうです。

静流ルートの担当ライターはJ・さいろー氏なのかな。Hシーンの雰囲気が
ちょっと違うかも。

への字口して「むー」っとしている表情が気に入ってみたり。

ところで、お嬢様で「しずる」という読み仮名は『はっぴぃ☆マーガレット!』の
静琉が真っ先に思い浮かんできたり。中の人のファンなので。

のーぶる☆わーくす:プレイ感想日記その11 灯里ルートクリア

灯里ルートクリアしました。
朱里が退院する12月上旬まで物語は進むと思っていたので、11月18日で
エンディングになったのは予定外でした。ちょっと短かったかも。

伊角氏を見舞った後、ドレス姿で晩餐していましたが、4回目のHシーン用に
着替えたとしか思えないw

結局、影武者のことを真琴虎鉄達に打ち明ける場面がなかったですね。長光さん
『会社』は知られちゃったみたい。

エンディングの「マグカップを持って見上げる灯里」のCG、構図が良いですね。
乳首が見えた方がもっと良かったのですが。惜しい。

兼元に残るエンディングは、灯里ルートのみかな。瀬奈ルートにも欲しかったな。

ところで、「朱里と灯里」の名前について明言が無かったけど、
特に意味は無く、読み過ぎたかな?

のーぶる☆わーくす:プレイ感想日記その10 灯里ルート2

11月18日、取締役Aの反乱まで進めました。

灯里との仲が学院にバレて噂になるような展開じゃなくてホッとしていたり。

背任や取締役会や業務提携と言った用語が並んでますが、お嬢様ルートならでは
ですね。「はっぴぃ☆マーガレット!」を思い出したりして。

ひなた
真琴麻夜虎鉄と、クラスの友達の助力があるのも、メインヒロイン
ルートの強みですね。静流だけ蚊帳の外なのは仕方ないところ。


兼元伊角の事故は偶然だったのね。もしかして、事故も伊角氏を亡き者にしようと
画策されたのではと思ってたりしました。
取締役会の緊急動議で、伊角氏が解任されるのではとヒヤヒヤしてました。

のーぶる☆わーくす:プレイ感想日記その9 灯里ルート1

Hシーン2回目まで進めました。
瀬奈ルート同様に、影武者の事はひなた以外バレないみたい?

ルート確定後、間もなくして見合い話が持ち上がったので、このルートで
何が起きるのか、何をしなくてはならないかが事前に明確になり、覚悟完了が
しやすかったです。 

灯里
が純粋培養のお嬢様ではなかったとは意外でした。ということは、
「のーぶる☆わーくす」ヒロインでは、静流のみが本物なのかな?

灯里朱里。最後の漢字は同じだなと見ていたら、どちらも「あかり」と読めるのですね。
父親の伊角はどんな思いで名付けたのかな。朱里の名前を。

  

甘えてくる灯里は可愛いですね。そうか、これがツンデレの魅力なのか。
キスで妊娠すると信じ込んでいた灯里が、まぁエロエロになっちゃってw
その手の知識を同人誌から学ぶとは、最初から剛の道をいくなぁ。だったら、
青年成年コミックの方がコストも良いし、入手しやすそうな気もしますが。

灯里自身は、瀬奈と比べて胸の大きさを気にしていましたが、Hシーンを見ても
十分巨乳ですね。瀬奈が例外なだけで。
ゆずソフトぱれっと同様に、CGの乳首の塗りが好みです。

2回目のHシーンは空き教室ででしたが、学園内で噂になるような展開が
無いことを祈ってます。

 

ところで、さんのご趣味瀬奈ルートで瀬奈がPCを借りた時に、本棚や
フォルダを漁らなかったのは、既に知っていたからなのね。

その他のカテゴリー

AQUA | BALDR SKY | bitter smile. | Canvas | Clover Day's | DRACU-RIOT! | FORTUNE ARTERIAL | G.I.B. ガールズ・イン・ブラック | Hyper→Highspeed→Genius | IYH! | Justy×Nasty | LOVELY QUEST | Lunaris Filia | Magical Charming! | MeltyMoment | PCゲーム | Power Dolls | PRIMAL×HEARTS | PRIMAL×HEARTS2 | PriministAr | PULLTOP | Purple software | SORAHANE | Strawberry Nauts | ToHeart2 | Whirlpool | あの晴れわたる空より高く | いな☆こい! | いろとりどりのセカイ | うそつき王子と悩めるお姫さま | こいなか | ここから夏のイノセンス! | この大空に、翼をひろげて | さくら、咲きました。 | しあわせ家族部 | しろくまベルスターズ♪ | すてぃ~るMyはぁと | すみれ | そらいろ | ねこ☆こい! | ねこねこソフト | のーぶる☆わーくす | はつゆきさくら | はるかかなた | はるかぜどりに、とまりぎを。 | はるるみなもに! | ぱれっと | ふぁみりあ | ほしうた | ましろ色シンフォニー | まじかりっく⇔スカイハイ | ゆきいろ | るいは智を呼ぶ | アストラエアの白き永遠 | アニメ・コミック | アマツツミ | イモウトノカタチ | オトメ*ドメイン | オーガスト | カミカゼ☆エクスプローラー! | キスと魔王と紅茶 | クロシェット | クロノクロック | ゲーム | ココロ@ファンクション! | サキガケ⇒ジェネレーション! | サナララR | サノバウィッチ | シュクレ・パルフェ・ショコラ | チュアブルソフト | ナツユメナギサ | ハピメア | パソコン・インターネット | フェイバリット | プリズム◇リコレクション! | ホチキス | リトルバスターズ! | ワールド・エレクション | 中の人などいない! | 二輪/四輪 | 優しい魔法の唱え方 | 初恋サクラメント | 千の刃濤、桃花染の皇姫 | 千恋*万花 | 南十字星恋歌 | 夏に奏でる僕らの詩 | 大図書館の羊飼い | 大図書館の羊飼いDS | 天使の羽根を踏まないでっ | 天色*アイルノーツ | 妹のセイイキ | 学☆王 | 幼なじみは大統領 | 彼女のセイイキ | 恋×シンアイ彼女 | 恋神 | 恋色空模様 | 携帯・デジカメ | 放課後しっぽデイズ | 旅行・地域 | 星恋*ティンクル | 星空のメモリア | 映画・テレビ | 晴れときどきお天気雨 | 書籍・雑誌 | 未来ノスタルジア | 桜ノーリプライ | 涼風のメルト | 神聖にして侵すべからず | 穢翼のユースティア | 色に出でにけり わが恋は | 装甲悪鬼村正 | 見上げてごらん、夜空の星を | 間宮くんちの五つ子事情 | 音楽 | 鬼ごっこ! | 魔女こいにっき | 鯨神のティアスティラ