購入予定とお気に入り

応援中!

  • フェイバリットOHP
    明日歩可愛いよ明日歩
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

カテゴリー

最近のトラックバック

フォト
無料ブログはココログ

携帯・デジカメ

光害カットフィルター スターリーナイトとLPRF 82mmを撮影比較

ケンコーのスターリーナイトとKANIのLPRF 82mmを撮り比べました。

本当は先月のSTARRY NIGHTの発売後まもなく行う予定でしたが、天候などの都合で
ようやく実施できました。

Nomal_3200

フィルターなし

Starry_3200

スターリーナイト装着

Lprf_3200

LPRF82装着

撮影条件はPENTAX K-30 + HD PENTAX-DA★11-18mmF2.8ED DC AW
11mm F2.8 30s ISO3200 アストロトレーサー ホワイトバランスはケルビン値固定

 
 
両者が公表している光学特性曲線は同じ傾向でしたが、色合いが異なるのが意外でした。
スターリーナイトよりもKANI LPRFの方が色味が青みがかってます。
スターリーナイトがより自然なバランス型とするならば、LPRFは演出特化型でしょうか


ケンコーとKANI、他に比較になりそうな点は、

ケンコー スターリーナイト
レンズ径バリエーションが豊富
店頭も含めて入手機会が豊富。
小売店の価格値引きが期待できる
日本製
 

KANI LPRF
フィルター枠が薄い(ケンコーに比べて1mm程度)
円形95mm径サポート(先週販売が始まったそうです)
販路は公式通販か密林のみ。
価格値引きは公式のクーポン数%以外なし
中国製


なお、どちらの光害カットフィルターとも、ソフトフィルターとの重ね掛けをしても
DA★11-18の11mm側に問題ありません。
ちなみに3枚だとケラレが生じます。

購入報告:ケンコーの星景夜景撮影用フィルター「スターリーナイト」

Starrynight
ケンコー・トキナーの「スターリーナイト」イャッッホォォォオオォオウ!
4月19日発売ですが、運良く一日前倒しで入手できました。

購入したのは82mm版。ペンタックスのDA★11-18やDFA24-70に装着予定。
定価は税込16,200円に対し実売は11,000位でした。

82mm径の光害カットフィルターでは、KANIのLPRF 82mmも所有しており、
こちらは15,800円でした。

チャートを見る限り、透過特性的にはどちらも同様なので、実売価格と入手しやすさを
鑑みると、スターリーナイトに分がありそうです。

購入報告:ペンタックスK-30用単3形電池ホルダー D-BH109

Dbh109
PENTAX K-30の予備電源として、純正の単三電池ホルダーD-BH109を購入しました。
メーカー不明の安い互換品もありますが、電源系は事故が怖いので純正にしました。

予備のリチウムイオンバッテリー D-LI109を購入する案もありましたが、
予備電源としては単三電池の方が冗長性があるのと、値段と保管のしやすさで
電池ホルダーが勝りました。

付属の社名変更案内文書の社名沿革が懐かしかったです。

ペンタックスリコーフォトスクール「流星群を捉えよう」を受講

リコーイメージングスクエア新宿にて、標記講座に参加しました。

山岳写真家の村田一朗氏による3時間の内容で、前半を座学、後半をインターバル合成
実習を新宿センタービル敷地で行われました。

一般的な流星群の写真では、星を点像で写す中に流星の線が入るものですが、今回は
インターバル合成で星座の軌跡を描く中に流星群を写すというものでした。
一般的な撮影講座を予想していたので、今回の内容は少々面食らった感じでしたが、
点像に写す手法にも還元できると思います。
インターバル合成を用いたのは、ペンタックス機らしい講義内容にしたかったの
でしょうか。
個人的には、ペンタ機での露出設定が学べたのが良かったと思います。


星景撮影でのピントの合わせ方や撮影に適した場所、流星群の時期といった基本的な
内容もありました。こちらは既知なので割愛。


あとはもう流星群を撮影するだけですが、実践で積み重ねていくしかないところです。

 
 

余談ですが、3月4月は花粉症になるくらい花粉が飛び交う時期で、撮影どころか
ズームリングを回しただけで花粉がレンズ内に入ってくるかもしれない不安がありましたが、
K-1に装着しているDFA24-70は防滴のWRレンズなので、花粉程度の大きさなら問題ないとのこと。
密かに今回の講座の最大の収穫でした。今後は大手を振って撮影に出掛けたいと思います。

また、K-30に装着しているDA★11-18は防塵防滴のAWレンズなので当然問題なく、
こちらは粉塵爆発が起こりそうな空間や強風舞うサハラ砂漠でも使用に耐えるそうです。

 

購入報告:対角線魚眼レンズ SIGMA 15mm F2.8 EX DG DIAGONAL FISHEYE Kマウント用

15diagonalfisheye
シグマの対角線魚眼レンズをイャッッホォォォオオォオウ!

2月下旬に行われたペンタックスKマウントレンズのロードマップ改訂にて、
今まで予定されていたフルサイズ用の魚眼レンズが落ちてしまったのを知り、
その代替として、シグマ製の対角線魚眼レンズを購入しました。

Kマウント用はカタログ落ちしていますが、シグマ公式のアウトレットにて
安く販売しているので、使用予定は当面ないですが、押さえる形で思わず衝動買い
してしまいました。

純正のDA10-17 FISH EYEも、焦点距離15mmからならフルサイズでも使用できるとの話
ですが、シグマ製のがF値が明るいので、星景撮影向きと考えて選択しました。

これで、魚眼レンズは円周魚眼と対角線魚眼の両方を揃えられました。

フルサイズ用の魚眼レンズですが、もっとも、K-1やK-1改で使用する予定は当面
なかったりします。レンズ交換が面倒なので。

購入報告:KANI 光害カットフィルター LPRF 82mm、ケンコー プロソフトン(A)

レンズフィルターイャッッホォォォオオォオウ!

Lprf82mmprosoftona

KANI 光害カットフィルター LPRF 82mm
ケンコー ソフトフィルター プロソフトン(A) 82mm

星景を撮影していると、市街地や都心の明るさが気になり、光害カットフィルターに
興味がありました。
ただ、ケンコーの現行品は77mm径までしかなく、一方、角形は装着が面倒で高価だった
ところ、KANIから円形82mm径の製品が発売され、価格も税込1万5,800円と比較的安価
だったので飛びついた次第です。

DA★11-18mmの試写も兼ねて、早速撮ってみました。上が装着前、下が装着後です。
1k30da1118_normal2k30da1118_lprf
ペンタックスK-30、HD PENTAX-DA★11-18mmF2.8ED DC AW
F2.8 30秒 ISO1600、アストロトレーサー(O-GPS1)
撮影設定はホワイトバランスを含め、どちらも同じにしてます。

結構変わりますね。昨年9月に購入した「夜の絶景写真 星空風景編」(沼澤茂美 著)の
夜空に近づいた感じです。

KANIの商品紹介ページに波長の減衰率の特性曲線図が載っていますが、ケンコー製品
比べるとエッジが甘いです。目的外の波長も減衰しているのは値段相応でしょうか。

 

ソフトフィルターのプロソフトン(A) は上記書籍に紹介されていたので購入しました。
3k30da1118_lprfsf
写真は上記撮影設定のまま、プロソフトン(A) を重ね掛けしたもの。
オリオン座やシリウスが強調されて、見やすくなりました。

星景写真を撮っているのに今まで持っていなかったあたりが、まだまだ初心者ですね。

ちなみに、DA★11-18とK-1に装着しているDFA24-70は、レンズ径が共に82mmなので、
フィルターを使い回すことが出来るのが嬉しいです。
なお、DA★11-18にフィルター2枚掛けは可能なようです。3枚になると、流石に11mmは
四隅が蹴られます。

また、フィルター装着の際も、DA★11-18のクランプ機能の御陰でピントがずれなくて
助かりました。
 

ところで、横浜で開催されているCP+で発表があった、ケンコー・トキナーから
光害カットフィルターの新製品「スターリーナイト」が4月に発売されるそうです。
ラインナップに82mm径もあるので期待しています。

価格は、82mmが税別15,000円と従来製品と比べて安価で、KANIのLPRF82mmとほぼ
同額なので競合しそうです。パンフレットの性能曲線も似たようなチャートでした。

購入報告:HD PENTAX-DA★11-18mmF2.8ED DC AW

1118
ペンタックスのKマウント用超広角レンズ

HD PENTAX-DA★11-18mmF2.8ED DC AWイャッッホォォォオオォオウ!

交換レンズを予約購入したのは初めてです。
ペンタックスの最高峰、スターレンズを手にしたのも初めてだったり。

DA★11-18は星景撮影用に買いました。

  • 35mm換算で17-28mmという超広角の画角と、F2.8の明るいレンズ
  • レンズヒーターを巻きやすい前玉付近の形状
  • ピントリングを固定できるフォーカスクランプシステム
  • 高所や冬の撮影に心強い、マイナス10度耐寒動作保証
  • レンズフィルターが使えるところ

が魅力的です。

まさに星景撮影のためのレンズ。と言い切ってしまいます。

現在、私が主に使っているのはK-1改+DFA24-70ですが、メーカーが星撮り用に
折角出してくれたのですから、心意気に応える形でも買いました。
DFA★標準&広角ズームへのお布施の意味もあったり。

1118k30

K-30に装着。KAF3マウントなので、幅広い機種で使えるのがありがたいです。
撮影枚数を稼ぐ流星群撮影は、K-30が主力なので期待しています。

Imgp2364

星の試し撮り

K30da1118
アストロアーツのレンズヒーターEHを巻いてみたり。よく似合います。
 
昼間のサンプル
昼間の写真も1枚。
 
 

次は、HD PENTAX-DA★11-18mmF2.8ED DC AWのDFA版が欲しいところです。
具体的には、DFA15-30とDFA24-70のスターレンズ版が。
現行の15-30と24-70は防塵防滴ではないのが心許ないです。付け加えれば、
15-30はピントリングが純正レンズらしくない逆回転のため、購入を躊躇しています。

フォトスクール「アストロトレーサーで撮る初めての星景写真」を受講

ペンタックスリコーフォトスクールのステップアップLESSON

アストロトレーサーで撮る初めての星景写真」を受講しました。

感想は、結論を評すると「アストロトレーサーで星景撮影出来る人は受講不要」です。
この講座は、アストロトレーサーを全く使ったことがない人向けで、機能の使い方や
撮影の仕方を実地で教えてくれるというものでした。

なので、取扱説明書や先人のウェブサイトや書籍で理解して実践できる人は、
自分で練習していくしかないと考えます。

講座の概要はこんな感じでした。
13時45分、受付開始。14時に開講。アストロトレーサーの概要、機能の入れ方、
精密キャリブレーションの仕方を説明し、15時頃まで座学。テキストはありません。
15時30分、撮影場所へ移動。新宿から埼京線&りんかい線で東京テレポート駅まで。
16時30分頃、お台場海浜公園に到着。日没を待ちながら撮影開始。
18時30分、講座終了。現地解散。

配付テキスト目当てで受講してみましたが、当てが外れた感じです。

Astrotracerws
 
F5.6、30秒、ISO100
それにしても、都心の空は本当に星が見えなくて驚きました。月も出ていましたが、
18時台でかろうじて北極星と火星が見えました。

ちなみに参加者は12名。使用機種はK-1系×6、K-70×3、KP、K-3II、K-5系でした。

購入報告:PENTAX K-5IIs

K5mark2s
デジタル一眼レフカメラ ペンタックスK-5IIsのアウトレット品を、昨年の晩秋に
リコーイメージングSCにて購入しました。

K-30のイメージセンサークリーニングで立ち寄った際、ガラス棚に陳列されていたのが
気になり、1か月後に引き受けしました。
購入動機は、静かなシャッター音と、今年発売予定の純正広角レンズ、DA★11-18を
装着しての流星群と星景の撮影専用にするつもりでした。

しかし、先日のしぶんぎ座流星群、昨年末のふたご座流星群にて、円周魚眼レンズを
装着して実戦投入してみましたが、K-1やK-30と比べて次の2点で扱いづらかったです。

・ライブビューの拡大機能がK-1やK-30ではOKボタンなのに対し、K-5IIsはINFOボタン
また、倍率をダイヤルで操作できない。
・O-GPS1のアストロトレーサーにおいて、タイマー露光時間をダイヤルで変更できず
メニュー画面から露光時間を指定しなければならない。

上記2点の操作がK-1、K-30と異なるのは全くの予想外でした。
特にタイマー露光時間をダイヤルで直感的に操作できないのは、星撮り用に目論んで
いただけに、私にとって致命的でした。

星以外、例えば望遠レンズ用にしてしまおうかと次善の策を検討しています。

2019年のしぶんぎ座流星群の観測

しぶんぎ座流星群を今日未明、午前2時台に1時間ほど観望しました。成果は15個ほど。
肉眼ではバッチリなのですが、写真に撮れなかったのはいつものとおりなのは内緒です。

なるべく撮影範囲を漏らさないよう超広角で、APS-Cの4.5mmの円周魚眼レンズ、
絞りF2.8、シャッター速度3秒、ISO6400でインターバル撮影していましたが、
設定をもっと見直す必要があるようです。

シャッター枚数の大幅増を躊躇して、流星群撮影ではペンタックスK-1の使用を
出し惜しみしていましたが、K-1投入はやむなしなのかも。
やはり、機械は使用してこそ華。でしょうか。

それにしても、防寒はそれなりにしたのですが、1時間程度の観望でも、氷点下1度は
身体の芯から冷えました。しぶんぎ座流星群の観望は以前にもしたことがありますが、

一番大変だと思います。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

AQUA BALDR SKY bitter smile. Canvas Clover Day's DRACU-RIOT! FORTUNE ARTERIAL G.I.B. ガールズ・イン・ブラック Hyper→Highspeed→Genius IYH! Justy×Nasty LOVELY QUEST Lunaris Filia Magical Charming! MeltyMoment PCゲーム pieces/渡り鳥のソムニウム Power Dolls PRIMAL×HEARTS PRIMAL×HEARTS2 PriministAr PULLTOP Purple software RIDDLE JOKER SORAHANE Strawberry Nauts ToHeart2 Whirlpool あの晴れわたる空より高く いな☆こい! いろとりどりのセカイ うそつき王子と悩めるお姫さま お家に帰るまでがましまろです きまぐれテンプテーション こいなか ここから夏のイノセンス! この大空に、翼をひろげて さくら、もゆ。 さくら、咲きました。 さくらいろ、舞うころに しあわせ家族部 しゅがてん!-sugarfull tempering- しろくまベルスターズ♪ すてぃ~るMyはぁと すみれ そらいろ ねこ☆こい! ねこねこソフト のーぶる☆わーくす はつゆきさくら はるかかなた はるかぜどりに、とまりぎを。 はるるみなもに! ぱれっと ふぁみりあ ほしうた ましろ色シンフォニー まじかりっく⇔スカイハイ ゆきいろ るいは智を呼ぶ アオイトリ アストラエアの白き永遠 アニメ・コミック アマツツミ アメイジング・グレイス イモウトノカタチ オトメ*ドメイン オーガスト カミカゼ☆エクスプローラー! キスと魔王と紅茶 クロシェット クロノクロック ゲーム ココロネ=ペンデュラム! ココロ@ファンクション! サキガケ⇒ジェネレーション! サナララR サノバウィッチ シュクレ・パルフェ・ショコラ スタディ§ステディ チュアブルソフト ナツユメナギサ ハピメア パソコン・インターネット ピュアソングガーデン! フェイバリット プリズム◇リコレクション! ホチキス リアライブ リトルバスターズ! ワールド・エレクション 中の人などいない! 二輪/四輪 今夜だけでも泊めて下さい 倉野くんちのふたご事情 優しい魔法の唱え方 初恋サクラメント 初情スプリンクル 千の刃濤、桃花染の皇姫 千恋*万花 南十字星恋歌 夏に奏でる僕らの詩 大図書館の羊飼い 大図書館の羊飼いDS 天使の羽根を踏まないでっ 天色*アイルノーツ 妹のセイイキ 学☆王 家の彼女 将軍様はお年頃 幼なじみは大統領 彼女のセイイキ 恋×シンアイ彼女 恋神 恋色空模様 携帯・デジカメ 放課後しっぽデイズ 旅行・地域 星恋*ティンクル 星空のメモリア 映画・テレビ 春音アリス*グラム 晴れときどきお天気雨 書籍・雑誌 未来ノスタルジア 桜ノーリプライ 涼風のメルト 猫忍えくすはーと 神聖にして侵すべからず 穢翼のユースティア 空と海が、ふれあう彼方 空に刻んだパラレログラム 色に出でにけり わが恋は 装甲悪鬼村正 見上げてごらん、夜空の星を 見上げてごらん、夜空の星を Interstellar Focus 金色ラブリッチェ 間宮くんちの五つ子事情 音楽 鬼ごっこ! 魔女こいにっき 鯨神のティアスティラ