購入予定とお気に入り

応援中!

  • フェイバリットOHP
    明日歩可愛いよ明日歩
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー

最近のトラックバック

フォト
無料ブログはココログ

« ソードアート・オンライン アリシゼーション アニメ第7話「剣の学び舎」感想 | トップページ | 星恋*ティンクル:プレイ感想日記10 グランドエンディングルートクリア »

星恋*ティンクル:プレイ感想日記09 鳴瀬川凪ルートクリア

Hosikoi31
ルートロックされて最後に攻略対象となる、4人目のヒロイン、

なんとかなるなる鳴瀬川凪をクリアしました。

Hosikoi30

外見はロリ貧乳ですが、天衣無縫というか溌剌な感じでお姉さんぶるを演じた
遥そらの声は、これまでと違った印象でした。
そういえば、遥そらの姉キャラは初めてかもしれません。

 
 

星夜部の設立の本来の目的「ナギの事を町の外にも知ってもらいたい」。
これをどのように実現するのか気になっていましたが、なるほど、演劇で竹取物語を
ベースに抽象化させて示唆するというのは上手く考えたと思います。

演劇の脚本執筆を進めるたびに、に蘇るかつての記憶。
夜空に輝くナギと、の名前から、当初から関連があると踏んでいました。

なお、が思い出して行くだけで、劇の脚本がそのままナギとの出自に繋がり、
主人公は活躍していないのが気になりました。の問題を解決するという意味で。
精々、親子喧嘩を仲裁、副部長として演劇の監督、脚本化をしたくらいで。
謎解きとしては安直にも見えますが、真ルートへの布石なのでしょう。

Hosikoi33
目を閉じた隙に消えてしまった。直後にエンディング突入は驚かされました。
どうやら真ルートがあるようです。

そういえば、個別ルートで失踪してしまうヒロインというと、
プリミティブリンク春野ゆめ、トラウマレベルの某恋×シンアイ彼女姫野星奏
思い出しました。前者は無事に再会出来ましたが。

« ソードアート・オンライン アリシゼーション アニメ第7話「剣の学び舎」感想 | トップページ | 星恋*ティンクル:プレイ感想日記10 グランドエンディングルートクリア »

星恋*ティンクル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 星恋*ティンクル:プレイ感想日記09 鳴瀬川凪ルートクリア:

« ソードアート・オンライン アリシゼーション アニメ第7話「剣の学び舎」感想 | トップページ | 星恋*ティンクル:プレイ感想日記10 グランドエンディングルートクリア »