購入予定とお気に入り

応援中!

  • フェイバリットOHP
    明日歩可愛いよ明日歩
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

カテゴリー

最近のトラックバック

フォト
無料ブログはココログ

« クロシェット9作目のタイトル名は「ココロネ=ペンデュラム!」 | トップページ | ソードアート・オンライン アリシゼーション アニメ第1話感想 »

星恋*ティンクル:プレイ感想日記03 花々見咲良ルート終了

Hosikoi05
初回プレイは、花々見咲良ルートです。

ちまちま断続プレイで遅くなりました。

まさに「お嫁さんにしたい候補No.1後輩」です。柔らかく、頑張り屋の可愛い後輩。
どじっ子Mっ子メイド属性も程々なので充分愛嬌になります。
そして、藤咲ウサの声も可愛く似合っていました。

咲良シナリオは、彼女に取り憑く謎の幽霊騒動から、花々見家の神技の秘密へと
繋がる展開でした。星夜部創部はひとまず後回し。

瞬間記憶という神技と恋愛物語を上手く絡めていると思います。
Hosikoi04

幽霊のアマノ。キャラデザはなんとなく、某フェイバリットの主人公を想起させます。
なかひろシナリオつながりだからでしょうか?

主人公とは同族嫌悪、主人公が群雲(ムラクモ)という名と合わせて、
天叢雲剣という元ネタと、アマノが過去の主人公という推論が即座に立ちました。
答え合わせも正解でした。

Hosikoi06
数年越しの初恋が実り、かつ、幸せな状態で二度同じ人に恋をするという展開が
好印象でした。

それにしても、冬空の下、ブルマ姿での告白とは。随分と趣味に走ってますね。

咲良に告白されても、主人公に実感がまだ湧かなかったのは、アマノが幼少の自分で、
生き霊として分霊状態になっていたからだと思います。
合一して実感し、確信に至ったのは納得できる展開でした。

さあこれから後半かと思ったら、Hシーンと姉のから花々見家の秘密を聞いた程度で
終了だったのは少し拍子抜けでした。もっと長いかと覚悟していたので。
でも、この位の長さならプレイしやすいので歓迎します。

本当の神技を隠匿するため、瞬間記憶という技術を身につけたという展開は
風車HHGを思い出して燃える気分でした。

 
 
Hosikoi08
Hシーンは本編中に3回でした。アフターストーリーに2シーンあるようですね。
お勉強熱心で主人公の言うことを素直に受け入れてくれるのが可愛いです。

« クロシェット9作目のタイトル名は「ココロネ=ペンデュラム!」 | トップページ | ソードアート・オンライン アリシゼーション アニメ第1話感想 »

星恋*ティンクル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/548293/67246946

この記事へのトラックバック一覧です: 星恋*ティンクル:プレイ感想日記03 花々見咲良ルート終了:

« クロシェット9作目のタイトル名は「ココロネ=ペンデュラム!」 | トップページ | ソードアート・オンライン アリシゼーション アニメ第1話感想 »