購入予定とお気に入り

応援中!

  • フェイバリットOHP
    明日歩可愛いよ明日歩
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

カテゴリー

最近のトラックバック

フォト
無料ブログはココログ

« 金色ラブリッチェ:今日は栗生茜の誕生日 | トップページ | H-IIBロケット7号機は打ち上げ2時間前に中止 »

パナソニック製ETC車載器は旧製品も電波法の新スプリアス規格に対応済

国土交通省と高速道路6社、ITSサービス高度化推進機構が、電波法関連法令の改正で
旧スプリアス規格のETC車載器は2022年12月1日以降に使用不可と通知しました。

使用できなくなる対象は

平成19年以前の技術基準適合証明・工事設計認証(旧スプリアス認証)を受け、製造されたETC車載器

とのこと。

私のRX-8に搭載しているETC機器は、PanasonicのCY-ET300です。
車輌購入時に純正オプション品で装着したので、車齢と同じ15年もの。
平成19年以前なので、とても気になるところです。

Panasonicのウェブサイトで確認したところ、同社製ETC車載器は一部の実験機を除き、
全機種が新スプリアス規格に対応済でした。
つまり、私の車載器は2022年(平成34年)12月1日以降も使用できるので安堵しました。

 
 

もっとも、セキュリティ規格は旧規格なので、2030年頃に予定されている新規格への
移行時には機種変更をしなければならないようです。

« 金色ラブリッチェ:今日は栗生茜の誕生日 | トップページ | H-IIBロケット7号機は打ち上げ2時間前に中止 »

二輪/四輪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/548293/67169004

この記事へのトラックバック一覧です: パナソニック製ETC車載器は旧製品も電波法の新スプリアス規格に対応済:

« 金色ラブリッチェ:今日は栗生茜の誕生日 | トップページ | H-IIBロケット7号機は打ち上げ2時間前に中止 »