購入予定とお気に入り

応援中!

  • フェイバリットOHP
    明日歩可愛いよ明日歩
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

カテゴリー

最近のトラックバック

フォト
無料ブログはココログ

« 金色ラブリッチェ:プレイ感想日記08 シルヴィアルートクリア | トップページ | Whirlpoolの水鏡まみず原画の新作「Pieces 渡り鳥のソムニウム」発表 »

購入報告:カーボン三脚「ベルボン ジオ・カルマーニュN645MⅡ」

Geon645m2
とうとう、カーボン三脚に手を出してしまいました。

購入したのは、ベルボンのGeo Carmagne N645M IIです。選定動機は

  • 3kg以上の積載ができること
  • 3Wayタイプの雲台搭載

でした。

ペンタックスK-1(1010g)と、シグマAPO 120-400mm F4.5-5.6(フードと三脚座で1804g)を
組み合わせた場合、合計で2.8kgと、手持ちのトラベル三脚UT-53の推奨積載質量2.5kgを
超えてしまうのと、将来的にDFA★70-200F2.8 (2030g)等の重量級望遠レンズを付けたら
3kgを超えてしまうので、転ばぬ先の杖ということで購入に至りました。
実際には、当分の間はΣ120-400はK-30に任せるので、K-1に他のレンズを付ける
予定はないのですが。

3Wayタイプ雲台は、縦位置構図がしやすそうに思えたので。

なので、特にカーボン製の足だからという理由はなかったりします。上記の項目を
満足しているなら、別にアルミ三脚でも良かったりしました。
 

しかし、実際にセットアップしてみると、UT-53に慣れているせいか、足の出し入れが
回して一気に引っ張って伸ばすことができなかったり、収納する際には雲台グリップを
連結しなければならなかったりと、煩わしさを覚えます。

これならば、慣れているUTシリーズの操作感と4kg積載を合わせた、UTC-63の方が
良かったかもしれません。

« 金色ラブリッチェ:プレイ感想日記08 シルヴィアルートクリア | トップページ | Whirlpoolの水鏡まみず原画の新作「Pieces 渡り鳥のソムニウム」発表 »

IYH!」カテゴリの記事

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/548293/67035861

この記事へのトラックバック一覧です: 購入報告:カーボン三脚「ベルボン ジオ・カルマーニュN645MⅡ」:

« 金色ラブリッチェ:プレイ感想日記08 シルヴィアルートクリア | トップページ | Whirlpoolの水鏡まみず原画の新作「Pieces 渡り鳥のソムニウム」発表 »