購入予定とお気に入り

応援中!

  • フェイバリットOHP
    明日歩可愛いよ明日歩
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

最近のトラックバック

フォト
無料ブログはココログ

« フルメタル・パニック! IV 第7話「ジャイアント・キリング」を視聴しました | トップページ | RIDDLE JOKER:プレイ感想日記14 壬生千咲ルートクリア »

RIDDLE JOKER:プレイ感想日記13 三司あやせルートクリア

Rj208
4人目はメインヒロインの三司あやせです。
巨乳ならぬ、パッドで盛った虚乳ヒロインというのは珍しいキャラクターデザインだと
思います。しかも、それをサブではなく、攻略ヒロインで実施するあたりが。
また、性格についても、「誰にでも好かれる」外向きの顔と、愚痴をぶーたれる
内向きの二面性は、学園生でエージェントという秘密を持つ主人公とお似合いかも。
この主人公にして、このヒロインありと言えると思われます。

Rj205
あやせ
の性格の二面性ですが、ヒロインらしからぬギャグ顔と、ひとりツッコミ的な
台詞に、過去作サノバウィッチ綾地寧々を思い出しました。おそらく、三司あやせ
好評だった綾地寧々の暗黒面を推したキャラかもしれません。
まあ、胸については、巨乳から虚乳に反転というか、スペックダウンしていますが。
 
 
Rj217  
あやせ
シナリオは、幾つもの秘密が隠されていました。それも、プレイヤーにも隠して
いた、全ヒロイン中最大の秘密が。アストラル能力も盛っていたとは予想外でした。
家族構成も含めて、本当に秘密だらけのヒロインでしたね。
ピザ屋台のシーンで逡巡したのは、終わってから伏線と気づきました。

七海シナリオ同様、主人公がエージェントだと知られているので、妙ないざこざが
起きずにすむのである意味安心していたら、一杯食わされました。
今作はサブキャラ以外は全員アストラル使いと思っていただけに。
 

Rj212
あやせ
ルートでは、プロローグでも触れられていた行方不明事件を扱うのは予想済
でしたが、アストラルの暴走とセットになっていたとは予想外でした。
茉優ルートでも暴走を扱っていましたが、こちらでは矯正的なアプローチでしたね。
あやせルートを治療とするならば。
なお、あやせルートをクリアしたことで、茉優ルートの室長と理事長の会話が
理解できました。研究者の保護というのは、規制派の内通者の確保だったのですね。

 
Rj214  
あやせルートのラスボス、規制派の最後の1人である、柿本先生。
そういえば、あやせがパッドと判明した最初の襲撃時に一緒にいましたし、模擬店の
インタビューの呼び出しをしたのは彼女でした。共通ルートの段階で容疑者としての
伏線が貼られていたシナリオ構成は上手でした。
友人キャラの相模が行方不明になるまで、私も気づきませんでした。

Rj218
三司あやせ
と、柿本先生。アストラルに関しては同種の2人でしたが、
存在意義を求めていた、アストラル使いである主人公に対し、

  • 信頼と愛情を向けたあやせ
  • 悪意と殺意を向けた柿本先生

の対比が特徴的で印象に残りました。
エンディング前のシーンで主人公も述懐していましたが、メインヒロインシナリオに
相応しいシーンだと思います。

Rj220
エンディングの「秘密を知られたからには、ずっと監視しなくちゃならない」の台詞は
ひと味捻ったプロポーズですね。ベタとも言えるかもしれませんが。

 
Rj211
Hシーンは他と同じように本編3回、アフター2回。
告白即Hシーンに入るかと期待していたので、前言撤回シーンは残念でした。

Rj219
なお、あやせの胸は全てのシーンにおいても慎ましく、エピローグやアフターシナリオでも
成長して巨乳になることはありませんでした。

« フルメタル・パニック! IV 第7話「ジャイアント・キリング」を視聴しました | トップページ | RIDDLE JOKER:プレイ感想日記14 壬生千咲ルートクリア »

RIDDLE JOKER」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: RIDDLE JOKER:プレイ感想日記13 三司あやせルートクリア:

« フルメタル・パニック! IV 第7話「ジャイアント・キリング」を視聴しました | トップページ | RIDDLE JOKER:プレイ感想日記14 壬生千咲ルートクリア »