購入予定とお気に入り

応援中!

  • フェイバリットOHP
    明日歩可愛いよ明日歩
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

カテゴリー

最近のトラックバック

フォト
無料ブログはココログ

« 2018年3月 | トップページ | 2018年5月 »

「君の名は。」OPの新宿警察署裏交差点

Your_name_sinjukumpd_squea
映画「君の名は。」のオープニングに登場する、新宿警察署裏交差点です。
昨日、リコーイメージングスクエア新宿に行きましたが、入居している
新宿センタービルのすぐ近くだったので、寄り道して撮影しました。
ペンタックスK-1とDFA24-70の24mmで取りましたが、映画と同じ構図に近づけるならば、
魚眼レンズを使うのでしょうか

交通信号機を環状にして、電線等を内部に収納して一体化しており、デザイン性に
優れた交差点です。個人的に新宿を象徴する構造物の一つだと思っています。

ちなみに、欧米系な外国人も撮影していました。単なるデザイン性か、映画のモデル地
な聖地巡礼的な目的で撮影したのかは不明ですが。

ペンタックスファン感謝デーセミナー「初めてのインターバル合成」受講

Pentaxfunmeating2
リコーイメージングスクエア新宿にて、ペンタックスファン感謝デーセミナー
「初めてのインターバル合成」を受講しました。
資料の左は記念品のマイクロファイバークロス。PENTAXの押し印が入ってます。

インターバル合成機能を使用したことがなかったので、無料という折角の機会もあり、
一から教わることにしました。内容は1時間。
スターストリーム機能目当てにK-S2を買ったことさえもあるのに、宝の持ち腐れな
不勉強な体たらくについては脇に置いておいてください。

講師はペンタックスの中の人ですが、インターバル合成のセミナー自体が
ペンタックスでも初めてらしく、資料作成を深夜2時まで行っていたそうです。
作例も自ら撮影されていて、失敗例も見せて貰い、最適な設定例を教わることができ、
有意義でした。

  • 合成方法は比較明(コンポジット)が良い
  • K-1&KPなら、インターバル合成の動作間隔は「撮影待機時間」設定がお勧め
  • 他の機種は露出時間(シャッタースピード)+2秒の撮影間隔で設定する
  • 星の光跡なら、待機時間は「最短」に
  • 長秒時NRはオフ
  • 星が写る絞りと感度を先に決めてから、シャッタースピードを考える。
  • 途中経過保存は必須
  • 故に容量多めのメモリーカードも必要
  • 以上の設定をUSERモードに保存がお勧め
  • シャッター耐久回数は有限なので、良く考えてシャッターを切る回数を決めること。

Pentax_k1_cutmodel
ショウルームには、K-1のカットモデルが展示されていました。

Pentaxfunmeating1
ついでに、午前中の「露出の基本」も受講しました。初心者なので。

「楽園追放 -Expelled from Paradise-」を鑑賞しました。

「楽園追放 -Expelled from Paradise-」のリバイバル上映を秋葉原UDXシアターにて
鑑賞しました。

2014年公開の映画だそうですが、今回初めて見ました。
以前にメインビジュアルを見たことがあり、ヒロインのアンジェラの可愛いキャラデザと、
人型兵器「アーハン」のメカデザの特異さが印象に残っていたので、今回の再上映に
応募しました。

「自我の獲得という高度に進化した人工知能と、肉体を捨てて情報体となった人間に
違いはあるのか?」という哲学的テーマが面白かったです。
自我を持つAIつながりで、今期アニメ化した某フルメタを、
ナノハザードと電子体つながりで、某バルドスカイを思い出しました。

また、ディンゴがディーヴァで電子体にならず、地球に残る理由、
「肉体からの呪縛を逃れても、記憶容量の檻に変わるだけで本当の自由にならない」
も説得力がありました。

シナリオ以外にも、アーハンの高速三次元サーカス的戦闘は高密度で面白かった
ですし、球体から変形するメカデザインは斬新でしたが、充分格好良かったです。

そして、アンジェラ乳、尻、ふとももを存分に堪能しました。
ぴっちりな衣装デザインが素晴らしいです。

キャラクターも含めて、作画の殆どを3D CGでおこなっているそうですが、
アンジェラは可愛いですし、ディンゴも格好いい。全く違和感無く見ることが
できました。アニメーション作品において、3D CGキャラを可愛く思うことができた
という点において、ターニングポイント的な作品だと思います。

アンジェラ役の釘宮理恵ディンゴ役の三木眞一郎の掛け合いも楽しかったですし、
終盤の追っ手達、林原めぐみ、三石琴乃、高山みなみのベテラン組のチョイスも
興味深いです。3人はロボットアニメでの経験者枠でしょうか。

終盤のHLV打ち上げのロケットロードは、某オネアミスの翼ガンダム0083
思い出しました。攻防を含めて。

フルメタル・パニック! IV 第3話「BIG ONE PERCENT」を視聴しました。

今話からアームスレイブ達の本格的な戦闘開始です。
M9対ベヘモス戦はなかなか良かったと思います。3D CGの緻密なまま、縦横に動くM9や
ベヘモスの重厚さが見応えありました。
スペック機が水中推進ユニットで奇襲するシーンや、ワイヤーガンと単分子カッターを
駆使してベヘモスBの肩に登るシーンが良いですね。
M9は慣性を減らすというか、もう少し俊敏に動かしても良かったと思います。

クルツ機のAI「ユーカリ」の声は過去作同様に田村ゆかりさんだったのが嬉しいです。
また、ラムダドライバによる防御の演出は過去作と同じだったことに安堵。
オープニングが噴出する演出だったので気になっていました。

東京都調布市の宗介達ですが、かなめが妙に聞き分けがよく、後ろ向きでないのは意外
でした。原作から変更した部分かもしれません。
互いに「好きだけど怖い」と告白しているところも、原作には無かったかも。

アオイトリ:プレイ感想日記11 コンプリート!

Aoitori116
最後に、立ち絵鑑賞モードや本編外のHシーンを平らげてコンプリートです。
背景美術CGは前作よりも精緻でしたね。
 

「アオイトリ」で特筆すべきは、シナリオが良くできていたところだと思います。
主人公が悪魔を出し抜く個別ルートや、悪魔や救世主や吸血鬼といった
特別な者に対し、持たざる普通の者が騙し通した真ルートなど、伏線とその回収が
丁寧に行われ、読み応えがとてもありました。
また、電話の悪魔という観測者によって、各ヒロインとの個別ルートが孤立せずに
真ルートへの伏線的な橋渡しになっていたシナリオ構成に感心しました。
特に、黒崎小夜シナリオと有機的に繋がっていたのが面白かったです。

反面、原画は前作「アマツツミ」より後退したと思います。赤錆姉妹柴田ゆき
担当したあきお氏ですが、月杜尋氏から交替する必要があったのか疑問が残ります。
克氏でも、メアリーの吸血鬼を表現した、猫的な瞳は好きになれなかったです。
そういうキャラデザなのですが。

   

Aoitori115
Hシーンは前作同様に濃い内容でしたが、逆に濃すぎて長すぎたとも思います。
アナル舐めや陥没乳首といった制作側の嗜好が強くて、私の趣味に合いませんでした。

 
音楽は、主題歌のアレンジBGMが一際心に残りました。
「朝陽の向こう側へ」「記憶の彼方へ触れる旅」がお気に入りです。

というわけで、次回作は、もう少し明るい内容を期待します。

最後に、海野あかりの名前の由来について考察してみたり。
海野あかり
海の灯り

あれ

灯台までは作中で語られていますが、聖書の創世記における、神の言葉と掛けていると
思われます。上手いネーミングですね。

アオイトリ:プレイ感想日記10 海野あかりルート その2 あかりトゥルールートクリア

Aoitori106
海野あかりルートの2周目、あかりトゥルーシナリオを終えました。

Aoitori109
真ルートでは、1周目とほぼ同じ筋道を要所を絞りながらも、今度はあかり点で
進んでいくところが他のゲームの真ルートとは異なり、珍しいです。
某NorthWindの冬蔦儚ルートを思い出しました。

ノーマルエンドをハッピーエンドに覆すべく、二人の救世主があかりに干渉します。
救世主の力を得たあかりに提示された最後の選択。白鳥律にその力を返すか否か。
それに対し、自分の意志で、同じ轍をあえて踏む選択をしたあかりに、愛の深さと
高貴さを見た気がします。
トゥルールートなのに同じ展開をさせた斜め上的な展開も面白かったです。

Aoitori110
そして、深い闇の中で鳴り響く電話ボックス。救世主の力に触れたものが陥る世界。
メアリールートや小夜ルートで主人公がいたお馴染みの場所でしたが、あかり
救世主の力に触れた者として、堕ちていました。
ここで、小夜ルートでの主人公、「俺」な白鳥律が登場し、あかりに檄を飛ばす形で
祝福して送り返す展開は、小夜ルートを単なる並行世界とせず、あかり真ルートと
より深い繋がりを持たせたシナリオ構成を感じて面白かったです。
小夜ルートで帰還しない結末が、真ルートでの伏線になっていたとは、正に驚きです。

Aoitori111
喉元に光が灯る演出は、前作「アマツツミ」を彷彿とさせます。
気持ちを、祈りを言葉にして実現するところは、言霊に通じるからでしょうか。

Aoitori112
懐中時計に封じ込められた悪魔は、なんとなく、前々作「クロノクロック」を
思い出しました。



Aoitori108
この、あかりトゥルールートの時系列は、ノーマルエンド直前、救世主の力を失った
白鳥律が、あかりのお腹に宿った新しい救世主に向けて、父親として提案という祈りを
捧げたところから始まっています。
祈りに応えた小さき救世主は、あかりルートにおいて少しずつ干渉し、時には
小夜ルートで闇に堕ちた「俺」な白鳥律にも干渉を協力して貰います。
しかし、あかりが逝く直前、小さき救世主が示した最後の選択を彼女は拒否。
策は潰えたかと思わせて、他ルートでの主人公が救世主としてどんでん返し。
まさに予想外の展開でした。

アオイトリ:プレイ感想日記09 海野あかりルート その1

Aoitori088
このゲームの真ヒロイン、海野あかりルートのノーマルエンドまで進めました。

 

Aoitori098
後半での、あかりの豹変振りがまさに凄かったです。
前半までの二人のラブラブな幸せぶりに当てられて、彼女の目的が何だったかを
忘れてしまっていただけに、「届いた」後の「……豚のようね」の表情と台詞に乗せた
演技は愕然を味わいました。
しかし、それすらも計算尽くの演技であり、彼女は終始目的を違えていなかった。
正常なままだったというのが彼女を畏怖するところです。
前作に倣って、あかり様、AKR様と呼んでしまいそうに感じました。
ぽわぽわなあかりと、冷徹なあかり。見事に演じ分けた秋野花の演技が良かったです。
おそらくは、彼女の代表作となるかもしれません。

また、あかりの罠に嵌まって消滅していく、小倉結衣演じる電話の悪魔の叫びも
結構来るものがありました。
声にならない声というのを聞けたのが良かったです。

これまでのルートと同様に、主人公がいつ悪魔を出し抜くのか、山荘での違和感に気づく
かと期待していたら、ヒロインに出し抜かれていたという。まさに不意打ちでした。

Aoitori091_2
海野あかりルートは、公式サイトのゲーム紹介にあるとおり、メアリー、小夜、理沙
シナリオを経てからルートロック解除される、真ルートの位置付けでした。

先の他ヒロインルート終了後の幕間で、電話の悪魔が語る並行世界、もうひとつの
可能性の話として、この世界のあかりが伝え聞いたという設定は興味深いです。
マルチヒロイン・マルチエンドの並行シナリオとしてプレイヤーが持つ感覚を、
ゲーム世界の人物に体験させているところが。
そして、これをも次のシナリオへの伏線としていた巧妙さに感心しました。

Aoitori092
なので、真ルートの証とも言える、他ルートへ至るフラグ潰しというメタ的行動を
あかりがゲーム内で主体的に行動していることが面白いです。

また、

  • 吸血鬼のメアリー
  • 救世主の力をもつ主人公の兄妹たる小夜
  • 初体験の相手にして、今の主人公の行動規範を定義した理沙

特別なヒロイン達を先に用意し、縁もなかった普通あかりを最後に配置した、
対比的なシナリオ構成も実に興味深いです。

RIDDLE JOKER:修正パッチ ver 1.11

購入して積んだまま3週間過ぎてしまったゆずソフトリドルジョーカーですが、先週末
公式サイトに修正パッチ1.11版が公開されたので適用しました。
一応、インストールだけは先に済ませてあるので、某アオイトリ攻略が完了次第
取りかかるつもりです。

1.11版で不具合関連も概ね出尽くしたようなので、不具合無く進められそうです。
先人達の御陰です。

なお、インストールせずに未開封で積んでしまうと、後から発掘するのが大変なので、
最近はプレイ確定なゲームは購入即インストールするように努めています。

購入報告:ばくおん!! 第11巻

Bakuon11
近所の本屋が閉店して、掲載誌のヤングチャンピオン烈を読まなくなって以降、
すっかり単行本派になってしまいました。

静岡県の女子校生バイク部のSIZZOのエピソードが2本、佐倉羽音達とは独立並行して
収録されていましたが、作中時間でいう来春以降に出会う形になるのでしょうか。
単行本最後の収録が2年生の冬でしたし。

実は、単行本よりも、帯に書かれたスピンオフ情報に目を奪われました。しかも2作も。
「ばくおん!!」でスピンオフが発生するとは全く想像もしていませんでした。

今では、私がYC烈誌を購読していた以上に影響力があるようですね。
振り返ってみれば、TVアニメ化しましたし、ホンダ、ヤマハ、スズキ、ブリジストンと
有名メーカーともコラボレーションしていますし。
どうやら、単行本派になって以降、すっかり情報に遅れてしまっているようです。

購入報告:ガールズ&パンツァー:最終章 スタッフお疲れ様本と写真集4&5

Gup_otukare_finale1
遅ればせながら、ガルパン最終章のスタッフ本と版権画集の第4,5巻を購入しました。

スタッフ本は、こぼれ話の宝庫とも言えますね。最終章第1話のバー「どん底」の
店内背景の拘り様とか、ARL-44戦車の内部など、濃い話が多いです。
個人的には、アフレコ収録レポート漫画が面白かったです。

Gup_otukare_finale11
原画も幾つか載ってます。

写真集第5巻は、表紙に戦車道連盟理事長や役人など、
男性キャラや脇役キャラが中央に配置されているのに好感を持ちました。
この2冊でも劇場版関連のイラスト画が埋め尽くされていました。
最終章の版権画像は次巻以降でしょうか。

フルメタル・パニック! IV 第2話「損害制御」を視聴しました。

前半のカーチェイスは背景の市街地3D CGがしょぼかったですが、それ以外は
概ね良かったと思います。

メリダ島がミサイル攻撃に晒されているなか、泣き言を一切漏らさず懸命に対応する
テッサがとても凜々しいですね。スペック伍長でなくても惚れます。
第2話はテッサ回だったと確信します。

そして、待望のメインヒロイン相棒、アーバレスト登場。
室園丈裕演じるアルの新しい台詞を久々に聴きました。

ASといえば、ベヘモスが妙に流麗に動いているのに若干違和感を覚えたり。
第1期シリーズの印象が残っているようです。

第2話からオープニングとエンディングが入りました。OPでは、冒頭からいきなり
満身創痍のアーバレストが登場して衝撃的な導入ですね。
また、レーバテインが登場していたのにも驚いたり。

 

冒頭のBGMに、第1期でお馴染みの「プラン1056」が流れたのが嬉しかったです。
危機感を存分に醸し出す曲なので、フルメタBGMで一番のお気に入りです。

空と海が、触れ合う彼方:英語版「Adventure of a Lifetime」として4月26日発売

Aol01
PULLTOP公式の呟きによると、「空と海が、触れ合う彼方」が英語版になって
moenovelブランドからsteamプラットフォームで4月26日に発売するそうです。
英語版の製品名は「Adventure of a Lifetime」
主人公の祖父の口癖「人生はアドベンチャア」でしょうか。

低価格の全年齢向けをPULLTOPブランドで出したことを不思議に思っていましたが、
移植が根底にあったのですね。いろいろ合点がいきました。
おそらく、公式サイトを一般向け主体でリニューアルしたのも、そういう思惑が
あったのかもしれません。

日本国内では3月30日発売、英語版は1か月後の今月26日ですので、日本語の原作を
元に色々改良したというわけではなく、最初から二カ国語版を並行して開発していたと
思われます。1か月でシナリオの英訳が不可能ではないとも思いますが。

 

Aol08
なお、steam版は、いわゆる「おま国」状態で、公式サイトで述べられたとおり
国内では購入できないようですが、moenovelサイトで製品紹介は見ることができます。

Aol03
Aol04
登場人物紹介は、原作であるプルトップ公式サイトの内容を、そのまま英訳した
ようです。

Aol07
人物名は概ねそのままですが、イルカのQ太郎は「フィン」という名前に変更されて
いました。Q太郎の名称は、日本国内でしか通用しないですから仕方ないところかと。
某藤子不二雄の漫画が下地ですし。

Aol02
OPムービーは、主題歌も日本語のままで、英語の歌詞がテロップに付いてます。


moenovelというと、「Lovekami」2作の日本語版(18禁)が昨年発売されたのが
記憶に新しいところです。
片方は絵柄も可愛いし、主題歌もおおくまけんいち氏で興味がありましたが、
立ち絵が動くe-mote技術が実装された仕様は、「ピュアソングガーデン!」の
影響が残っていたので思い留まりました。

アオイトリ:プレイ感想日記08 赤錆理沙&美果子ルート終了

Aoitori082
三人目というか三つ目のルートは、赤錆姉妹です。
このルートは、これまでのメアリー小夜ルートみたいに、電話の悪魔を出し抜く
ことはなく、逆に悪魔の掌で踊らされたり姉妹丼で3Pだったりと、ひと味異なる
内容でした。
演劇部出身で元女優の理沙がヒロインなので、演劇部活要素が多めに入っていたり、
ドラマチック要素あったりと、演劇的というか、劇場型な物語だったと思います。
例えるなら劇中劇かと。
 

Aoitori081
特にHシーンは、姉妹丼以外にも凝っていました。
普通の18禁PCゲームならば、数回あるHシーンのうち、最初に配置するであろう
破瓜シーンを最後にしたシナリオ構成はとても興味深いものでしたし、理沙を救うという
目的と手段になった点も膝を打つ感じでした。

個別ルート序盤、主人公が初体験中の記憶が欠落していると告白した場面は、
過去回想でシーン回収すると思っていたので、回想ではなくこれを再現し
終盤への伏線として回収した構成も良かったです。
公式サイトでのヒロイン紹介では、理沙が主人公の初体験の相手と記載されてましたが
ここまでの展開は予想できませんでした。
原画を補う出来のシナリオだったと思います。
 
 
Aoitori077_2
Aoitori078
3人で演劇DVDを鑑賞するシーン。
明滅するテレビの光が、天井に反射する演出が良い感じでした。
 
Aoitori079  
駄々っ子理沙。SD絵でのストッキング越しのパンチラ珍しいかも。
そしてナイロン繊維の太さに詳しい主人公の特殊さが笑えます。

購入報告:ATX電源 Seasonic SSR-650TR

Ssr650tr
80PLUS TitaniumなSeasonic製ATX電源、SSR-650TRを購入しました。

先々週に突如PCがブラックアウトしてしまい、再起動してシステムログを確認すると、
忌まわしきKernel-Power41の記録がありました。
既に克服したと思っていたので、KP41の名を再び見た時は地味にショックでした。

エアコンのオンオフしすぎたことによる、コンセント電源の電圧変動によるゆらぎか、
現在使用している電源Seasonic SS-660XP2が、4年経過による劣化が原因かは
不明です。2週間近く経っても、再発していないので、恐らく前者なのかもしれません。

ただ、かつて味わった再発の不安と面倒さはそれなりのものだったらしく、
電源を衝動買いしてしまいました。
どうせ買うなら高品質なものをということで、チタニウムグレードのを。
12年間の性能保証ではなく、「新品」交換保証というのは聴き慣れないです。

過去の記事を読むと「新しい電源を買う前に、先ずBIOS初期化、CMOSクリアを」
書いてあるのに、振り返らずに新しい電源を買って、同じ轍を踏んでしまいました。


今のところ、再発はなく、今動いているPCの電源交換という実作業も面倒なので、
交換はせず、このまま様子見したいと考えています。
今後何も起こらなければ、今回購入したSSR-650TRは、来年末建造予定のPC用電源に
据えたいと目論んでいます。

購入報告:バタフライシーカー

Butterflyseeker
2018年3月新作の「バタフライシーカー」(シルキーズプラスA5和牛)です。

「クライム・サスペンスADV」ということで、ダークな雰囲気のゲームは余り
手を出したことはなかったのですが、購入動機は、ずばり原画でした。

羽鳥ぴよこ原画は、2013年の某HOOKSOFTの「PriministAr」以来で、その頃と比べて、
彩色の影響もあると思われますが、しっとりとした絵柄になっていたことに
惹かれました。

Butterflyseekershopnovelty
某虎の穴特典のタペストリーがとても好みだったのが購入動機の一因でした。
下着の後姿に一目惚れでした。パンツ密着具合が良いですね

見上げてごらん、夜空の星を IF:サンプルCG追加

先週の13日付けの公式サイト更新で、HシーンのサンプルCGが追加されました。これで
沙夜ひかりとの3Pが確定しました。「一人より二人だ」が、もうすぐプレイできます。

他の追加情報によると、吉岡さんや美晴先生、ひなみん達も夏服仕様で登場するとのこと。
賑やかなミニアドベンチャーになりそうで楽しみです。

アオイトリ:プレイ感想日記07 黒崎小夜ルート終了

Aoitori049
二人目は主人公の双子の妹、黒崎小夜です。

Aoitori045
共通ルートでは主人公やメアリー達に対しS気質でしたが、個別ルート分岐後は
お兄ちゃん大好きっ子堕ちる変化する様子は、実に意外で驚きました。
主人公の異能の力でこんなにも素の表情が顕れてしまうのかと。

Aoitori065
互いに触れ合うことで主人公に力を吸われてしまい、ルート後半では衰弱し瀕死になる
お涙頂戴的展開でしたが、共通ルートでの上記気質が強く印象に残っているので、
小夜が弱っていく様子に、悲しみは特段覚えませんでした。

Aoitori053
「バニシング・ツイン」の単語が悪魔の口から出た瞬間、小夜は死ぬ運命と予想が
つきました。おそらく、この台詞はプレイヤーに向けた台詞だったのかも。
某AIRの妹みたいな、最初からいない存在かとも予想したりして。

 

Aoitori046 Aoitori068
ベンチで膝枕のイベントCG。前半でのいちゃラブ風景は寄せて見せて、終盤での
眠る様子は引いて見せることで、同じ絵に対し、与える印象を上手く使い分けたと
思います。

 

Aoitori069
終盤で悪魔を出し抜く、伏線の回収ぶりが心地よかったです。
共通ルートでの、悪魔による主人公評がここで活かされるとは盲点でした。

また、劇の練習で、昼夜を変えてしまう悪魔の演出を逆手に取ったのも上手いです。
携帯電話を上空に投げて注目を逸らした時点で、自身の複製と瞬間移動を同時に
行っていたのですね。

Aoitori070
小夜の復活と引き替えに、主人公が消滅する結末は結構良かったです。
ヒロインが死亡したり消えてしまうのは個人的に好みではないので。
そういえば、小夜ルートは前作「アマツツミ」と舞台的に繋がりがありましたが、
エンディングもその繋がりでしょうか。

 

Aoitori0525
教会と鳩と銃というと、ジョン・ウー監督の映画でしょうか

 

Aoitori063
メアリーの覚悟が格好いいですね。惚れます。

Aoitori067
前作「アマツツミ」の舞台が神奈川県箱根町なのは、ここで示されていたのですね。
母親気質と揶揄されましたが、既に名付け親になっていたとは。流石は100歳。

フルメタル・パニック! IV 第1話「ゼロアワー」視聴しました。

今回はとりあえず、手軽に見られるabemaTVにて視聴しました。
いやもう、作画の品質が凄まじく高くて驚きました。

第1話は、嵐の前触れの静けさといった展開でしたが、テスタロッサ家の墓参りでの
アームスレイブも登場し、エリゴールの滑らかな動きが良かったです。

マデューカス中佐やカリーニン少佐、林水会長といったベテラン勢の声や絵に逢えて、
嬉しいのと懐かしさあります。

元々毎回見る予定でしたが、絶対見るようにします。

AMDがSpectre2脆弱性対策のマイクロコード配付を始めたそうです

一時資料である公式発表によると、対象はBulldozer以降のCPUとのことなので、
私のメインPCであるFX-8300機にも、Spectre2脆弱性対策コード配付が予定される
ようです。具体的にはBIOS経由ですが、はたして、6年近く昔のマザーボードのBIOSを
4年ぶりに新たに公開するのか気になるところです。
GIGABYTE GA-990FXA-UD3 Rev3のページを定期的に観測しています。

また、先行したINTEL CPUのように、適用したら処理性能が下がるのか心配なので、
暫く様子見も検討すると思います。
(同型の予備マザーがあるので、突っ込んでみるのも一興ですが)


 

そういえば、Windows Updateの4月分が公開されましたが、即飛びつくのはこれまで
以上に危険なので、初期不良のバグ潰しが落ち着くまで、従来どおり月末まで
待つ予定です。今年のアップデートは、いろいろも危なっかしいです。

購入報告:魔法科高校の劣等生 第25巻

Sasuoni25
さすおに第25巻、エスケープ編下巻を読了しました。

新ソ連の戦略級魔法士との一応の決着も付き、例のディーオーネー計画も暗雲が
垂れ込める流れになって、ひとまず安堵といった印象です。
第一高校OGやクラスメイトなど、達也を説得しようとした一連の流れは、
色々窮屈というか不快でしたので、区切りがついて次巻に期待したいです。
個人的には、国防軍や風間中佐との関係が良好ではないのが寂しいところです

国内にはパラサイトを取り込んだラスボスが、国外には新たなパラサイトが。
リーナの味方としての登場と、パラサイトはセットなのでしょうか?

ところで、表紙絵が男性キャラのみというのは、昨今のライトノベルでは
極めて珍しいかも。フルメタル・パニック!を思い出しました。
あちらは、半分は人では無くロボットだったりしますが。

アオイトリ:プレイ感想日記06 メアリー・ハーカー ルート終了

Aoitori028
先週のライブ迄のコンプリートは間に合いませんでしたが、「アオイトリ」の攻略を
4週間ぶりに再会し、吸血鬼のメアリーシナリオを終えました。

Aoitori044
シナリオ前半での、演劇台本が仕上がらないウダウダさと、主人公のことを恋愛対象と
して意識していなかった天然振りにもどかしさを覚えましたが、後半の、メアリー
救おうと様々に思索し、電話の悪魔を出し抜くところが面白かったです。

Aoitori030
メアリーは、プロローグ(始まりの三日間)と個別ルート、二回に渡って自殺しよう
としたところを主人公に救われました。
最初は自身の血を与えたのに対し、最後は彼女の吸血鬼という魔、つまり負の要素を
奪った対比構造が興味深かったです。

また、メアリーが執筆した劇では、ヒロインは吸血鬼化することで、吸血鬼の主人公と
一緒に生きていくハッピーエンドでしたが、本編では同じハッピーエンドでも、
人間として生きていくところも対比構造になっていたのが興味深かった所です。

Aoitori029
Hシーンは、ルート中に二つ、おまけシナリオとして二つの計4回。Hシーン数としての
数と、シナリオ進行に支障ない形に按分したのだと思います。

Aoitori032
初潮の話をイベントシーンでされるとは予想外でした。
このシチュエーションを採用した制作陣の突き抜けた性癖が凄いです。
100歳近いけど、生理がまだな女の子と交わっちゃうというのも、変わったシチュだと
思います。

Aoitori034
こんなこと言っていますが、自分のルートでの独占欲ぶりを見ると笑えます。

ガールズ&パンツァー:最終章第1話のドルビーアトモス版を鑑賞

Gup_atmos
先週末に紫ライブで上京した際に、ガルパン最終章第1話のDOLBY ATMOS仕様を
TOHOシネマ日本橋にて鑑賞しました。
なお、入場者特典のポストカードはサメチームでした。

ATMOSは初めてでしたが、音が四方八方から聞こえることに感心しました。

  • 画面内の人物の位置に合わせて声が発せられたり、
  • バーどん底でのデッキブラシをこする音が右側から響いたり、
  • 砲撃が右から左へ貫いたりと

色々分離されたことで、今まで聞き逃していた音が聴くことができた印象です。

惜しむらくは、ライブ後の疲弊した耳のまま映画鑑賞に続投してしまったので、
万全の状態ではなかったところです。上映期間が場所によっては1週間だったり
するので、この機を逃せませんでした。

Purple Software 3rd Liveの合同サイン色紙

Purple_live3rd_castsignboards
昨日、会場で受け取ったSSプレミアム特典内容を改める暇が無かったので、今日
取り出してみました。出演者合同サイン色紙です。(以下、敬称略)

左側が、声優組。左上から右下に向かって、
鈴谷まや、秋野花、遠野そよぎ、北見六花、山田ゆな

右側が、歌手&司会組。同じく順に
橋本みゆき、荻原秀樹、小倉結衣、浅葉リオ、山崎もえ

いずれも、サインを初めて頂いた方々で、しかも直筆というのが貴重で嬉しいところです。
実を言うと、自力で判ったのは、遠野そよぎ、北見六花、山田ゆな、浅葉リオの4人だけ
でした。

パープルソフトウェア 3rd Liveに参加しました&セットリストみたいなもの

Difaariake
Purplesoftware15周年記念となる、第三回ライブに参加しました。

Sspremium
今回は、幸運にもスペシャルスーパープレミアム席が当選しました。
最前列で鑑賞できたり、出演者の合同サイン色紙が特典になったりと、色々豪華ですが、
チケット代もなかなかでした。

過去二回も含めて、全て参加しましたが、橋本みゆきが歌う主題歌を生で聴けることは
とても素敵でした。
今回の参加者は、ハピメア以降の人が大半で、私みたいなはぴぶりからの古参は
ごく少数でした。橋本みゆきさんも代替わりを感じたようです

最後第4ブロックの、L、Growth、未来ノスタルジアと続いた盛り上がりは最高でした!
また、第3回ライブは以前よりED曲が多く歌われたのが印象に残りました。
GrowthDestinyが歌われたのも嬉しいです

歌はもちろんのこと、スクリーンに投映された歴代のOPムービーも秀逸ですね。
プリミティブリンク、春色桜瀬あるとなど、アニメーションムービーを久々に見ましたが、
キャラデザを上手く掴んでおり、良い出来だと思います。



以下、セットリストみたいなものです

■開会前アナウンス
・海野あかり、電話の悪魔
・鳥海有栖、内藤舞亜
・海野あかり、黒崎小夜

16:00 ライブ第1部開始
■朗読劇 (海野あかり、水無月ほたる、黒崎小夜)
・荻さんはチャラい
・あかり「ひゃっほい」

  • アオイトリ (アオイトリ OP)
  • 秋色 (秋色恋華 OP)

16:20 MC (荻原秀樹、橋本みゆき、小倉結衣)
■声の出演者紹介
アマツツミの舞台が神奈川県箱根町であると、サラッと明かされたり

16:30

  • Ever (明日の七海と逢うために OP)
  • 青空の約束 (初恋サクラメント OP)

16:45
■スーパー浅葉リオタイム

  • 未来図 (未来ノスタルジア ED)
  • 愛奴の小径 (ハピメア ED)
  • 永続的恋愛理論 (ハピメア Fragmentation Dream ED1)
  • 繋がるココロ (アマツツミ ED)
  • True your heart (しあわせ家族部 ED)
  • 二人のクロニクル (クロノクロック ED)
  • 二人だけのカーテンコール (アオイトリ 挿入歌)

17:19
■橋本みゆき&浅葉リオのデュエット

  • 夢の無限回廊 (ハピメア OP)

■メドレーで繋いでみたり

  • 友恋 (しあわせ家族部 OP)
  • Love Song (プリミティブリンク ED)
  • 永遠に咲く花 (みはる ED)
  • ナツかしき記憶 (夏に奏でる僕らの詩 OP)

17:35

  • Dazzle Pink (春色桜瀬 ED)
  • Destiny (あると ED)

  • wintry breeze (秋色恋華 ED)
  • メモリア (メモリア ED)
  • こころに響く恋ほたる (アマツツミ OP)

■朗読劇 (恋塚愛、織部こころ、電話の悪魔)
・歌はリリンが(略)が、恋塚愛によって「みりん」になってしまう
アマツツミ主人公の真名は「神代誠」であると、サラッと暴露されたり。
成る程、言霊使いでの依りなのですね。

10分休憩

18:35
■第二部

  • White Crystal (メモリア OP)
  • TIME (明日の君と逢うために OP)
  • Eternal Sky (プリミティブリンク OP)
  • Confession (まじぷり OP)

山崎もえタイム

  • コトダマ紬ぐ未来 (アマツツミ 挿入歌)
  • タビダチノトリ (アオイトリ ED)

19:10
■朗読劇 (鳥海有栖、内藤舞亜)
・ライブ会場は、夢の境目
・会場の観客は「迷いやすい人」。以前にも見たような人がちらほらいる
は隙を見て襲う
景子襲う弥生は釣られて一緒に混じる

19:35

  • 幻想楼閣 (ハピメア Fragmentation Dream OP)
  • 恋桜 (春色桜瀬 OP)

  • Only (明日の君と逢うために ED)
  • L (あると OP)
  • Growth (秋色謳華 OP)
  • 未来ノスタルジア (未来ノスタルジア OP)

■閉会挨拶
石川社長登壇


以上、全33曲でした
 (橋本みゆき:23曲、浅葉リオ:7曲、橋本みゆき&浅葉リオ:1曲、山崎もえ:2曲)

※2018年4月8日追記:

1st Live2nd Liveの鑑賞感想記は、それぞれからどうぞ。
ついでに誤字を修正しました。

空と海が、ふれあう彼方:プレイ感想日記06 コンプリート!

Umikana75
音楽モードでBGMをひととおり鑑賞して「空と海が、ふれあう彼方」をクリアしました。
幾つか選択肢を漁ってみましたが、盆踊り大会で浴衣姿を褒めなくても、
バッドエンドやちなみエンドはありませんでした。

全年齢&低価格ゲームということで、若干不安がありましたが、ガジェットの蘊蓄や
シナリオ後半の盛り上げ方など、「ころげて」や「みあげて」といった、近年の
プルトップ紺野アスタシナリオの作風が充分に描かれていて楽しめました。
また、製品価格に合った短いシナリオだったので、快適に進行できました。
全年齢かつ短いシナリオだったので、泥沼の恋愛ドラマ等も排除されたのかも。
ただ、18禁PCゲーマーとしては、やはりHシーンや裸CGは見たかったと切望します。

好みのシナリオ、ヒロインはやはりエミリィです。
水中カメラや観光客のおじさんといった小物や脇役の使い方を鑑みれば、
このゲームは彼女の為にあったといっても過言ではないと思います。

音楽では、TWO FIVEおおくまけんいち氏のBGMとボーカル曲も、今回も良かったです。
サウンドトラックの発売が待ち遠しいです。
「Beyond the Sea」「Crystal Clear」がお気に入り。
「Open Water」は某アディエマスらしさを感じました。
「Dolphin's Whistle "Eee! Eeee!"」の曲名は、
ころげての「Duck's call "quack! quack! quack!"」に通じていますね。

ところで、「空と海が、ふれあう彼方」の登場人物名は、過去作同様に
ゲームのテーマである「海」に因んでいます。

  • エミリィ (白瀬恵莉)
  • 小笠原ちさ (千沙、千砂)
  • 小笠原ちなみ (千波)
  • 二ノ宮
  • 野マチ子

小笠原姉妹は、ひらがなの名前ですが、漢字を当てるならば括弧内の名前になるかと。
または、小笠原の姓が正解なのかも。
なお、はぐれイルカのQ太郎は、海に関連しているところが思いつかなかったです。
動物なので過去作のコタロウやハット同様に関連がないのかもしれません。
もしかしたら、スイカと海と太陽と(花見沢Q太郎)からとか

空と海が、ふれあう彼方:プレイ感想日記05 ちさルート終了

Umikana66
海かなのもう一人のヒロイン、小笠原ちさシナリオを終えました。
主人公が毎夏に一緒に過ごしていた幼馴染みのちさは、良くも悪くも、プルトップ
紺野アスタシナリオの幼馴染みヒロインでした。
端的に言ってしまえば、ころげて姫城あげはの系統察して頂ければと思います。

Umikana64
カフェマチコを手伝うため、4年ぶりに主人公が来島したのはとても嬉しいけど、
店が無くなってしまうと彼が訪島する理由がなくなり、もう逢えなくなってしまうので
好きにならないようにするという頑なさと、主人公の告白を断ってしまう意地っ張りさ
に加え、主人公が追いすがる構図は、ころげてあげはルートを思い出して暗澹たる
気持ちでした。

Umikana72
今作に至っては、エミリィも主人公に好意を持っていましたが、身を退いたという描写が
あるぶん、ダメージが大きいかもしれません。

Umikana70
個別ルート前半に、ちさがはぐれイルカのQ太郎と別れる場面がありましたが、
この場面は、ちさと主人公の今後を示唆したものでもありました。

 

Umikana69
二人きりとなった月夜、全裸となったちさ水浴び海水浴をする場面も、
ころげてあげはルートを思い出しました。彼女の水浴びも印象的でした。
全年齢向けでは、先端が見えなければ大丈夫なのですね。

Umikana71
惚れた弱み、ぞっこんな台詞は、これまでを揺れ戻す破壊力です。

Umikana73
ちさがヒロインということで、主人公とバディを組んで沈没船探索ダイビングを行う
ため、エミリィは怪我して留守番することに。
ちなみに、ちさルートでは、観光客のおじさんと手紙は未登場でした。

Umikana74
ちさがスクーバを暫く止める原因となった、トラウマ的なリップカレントをクリアして
指輪を無事サルベージするも、沈没船全体が海流に流され、出入り口の横穴を塞がれて
しまう形で、危機がパワーアップしていました。
こういった、事前に示していた危機を無事に回避させておいて、予想外の危機を
ぶつけてくるというピンチの配置は、エミリィルートと同様の構成になっています。

Core 2 Duoは「Spectre」対策が中止されました。

年初からコンピュータ界隈を騒がしている、インテルCPUの「Spectre」「Meltdown」の
脆弱性について、古いCPUへのマイクロコード更新計画は中止になったとのことです。
理由は、大半が古いCPUで、ネットワーク接続しない使われ方だから、とのこと。
……本音は対応が面倒で、ついでに新しいCPUを買わせようする意図が隠れている
気がします。

私のノートPC「Let's note CF-N8」のCPU、Core 2 Duo P8700も対策されない
運びとなりました。対策を切実に待っていたわけでは全くないですが、標準OSが
2020年までサポートされるWidows7で、有線無線LANだけでなくWANモデルも
あるのに、クローズド扱いされるのは不満です。

しばらくは、OSとセキュリティソフトと最新のWebブラウザーで、怪しいところに
近づかないようにしながら凌ぐことにしますが、対策されたCPUを更新するとしても、
これから設計される製品以外は、安全性や速度の面から、信用も期待もできないと
思います。市場に登場するのは2,3年先でしょうか。

AMD製CPUを搭載したノートPCに乗り換える案もなくはないですが、レッツノートの
円形タッチパッドの秀逸さに慣れ親しんだ身としては、レッツノート以外の選択肢は
ないのがジレンマです。

空と海が、ふれあう彼方:プレイ感想日記04 エミリィルート終了

Umikana52
エミリィこと、白瀬恵海莉シナリオを終了しました。

全年齢向けで、なおかつ低価格相応の短いシナリオでしたが、それが功を奏したのか
恋愛描写については、狭く浅い範囲で泥沼にならないので、大筋のシナリオ進行を
妨げないプレイの快適さがありました。
一方、ダイビング描写や、終盤の活路を拓く展開は、これまでのプルトップ製品の
紺野アスタシナリオと遜色ない楽しさがあったと思います。
ゆえに、意外と良かったです。

Umikana53
デートシーンの一枚。全年齢向けでは、日焼け止め塗り程度が限界でしょうか。

 

Umikana55
エミリィが小笠原へ来た当初の目的は、沈没船内にある父親が贈ろうとした
婚約指輪を回収して、家族の絆を取り戻すことでした。

Umikana56
夏休みの間、ダイビング技術を高めたことで、トラブル無く指輪を回収成功かと
思わせておいて、机上にあった手紙という不意打ちで、家族の絆が切れてしまう
座礁しそうな展開に。
その後、主人公が手紙の「2枚目」を見つけ、絆の象徴たる指輪を持ってエミリィを
追いかける山場は、紺野アスタのシナリオ、ころげて系の十八番でした。

Umikana58
水中カメラ、ニコノスのマクロレンズという「使い方が分からないが、なくても
撮れる」
と、前半で言っていたオプション品は、実は伏線だったのですね。ここで
登場させて伏線回収してくるあたりに、シナリオライターのカメラ好きを窺えます。

 

Umikana62
小笠原名物の島民による見送りの中、公衆の前でのヒロインの名を叫び
プロポーズする赤面なシーンは、過去作のココロ@ファンクション!を彷彿させます。
ちなみに、しっかり定期船の船長に厳重注意される良識さにも感心しました。

空と海が、ふれあう彼方:プレイ感想日記03 オープニング、共通部終了

Umikana25
幽霊船探しからオープニングムービー、盆踊り大会まで進めました。
途中、ヒロインを選ぶ選択肢が幾つか登場し、夏祭りで出店した際の休憩をどちらと
一緒に取るかでヒロインが決定されるようです。おそらく、ここまでが共通ルートに
なると思われます。
ヒロインは二人、主人公以外の全登場人物を合わせても6人だからか、話がサクサク
進んでゲームプレイが快適でした。

 

Umikana32
知り合いがいない、見知らぬ小笠原の地で、海に飛び込むまでして助けて貰ったりと
恩義など憎からず思われているエミリィと、幼馴染みのちさ
二人いるからライバル関係になるのか、二人からある程度の好意を寄せられているから
そうなってしまうのか。

Umikana22
修羅場の予感がなかなか楽しいです。
これを、退屈な島暮らしの中に降って湧いた「エンターテインメント」と評する
ちなみ嬢はいい性格しています。

Umikana23
沖に出る船として登場したのが、船外機付のアウトリガーカヌー。よくある釣り船
みたいな動力付小型船(モーターボート)ではなく、流麗さがゲームに映えるカヌーに
飛び道具的な力を持つ船外機を組み合わせたこと。そして、小笠原を意識した
ポリネシア地域で馴染みのあるアウトリガー。この機種選定に脱帽しました。

 

Umikana27
水着を持ってきてないし、荷物は港に沈んでしまったので、一張羅の制服で海水浴。
下着が透けるサービスシーンですが、当事者達は指摘や反応もしないので、
プレイヤー向けのお楽しみシーンになっています。
おそらく、ここらへんの扱いが全年齢(12歳以上推奨)の倫理規定なのでしょうか。

Umikana30
エミリィのジト目は、とても良い侮蔑感があるので、ちさのより好みです。

Umikana35
エミリィ達の航海技術、潜水技能と整合性を取る形で、外洋から沈没船が、台風で
近海に流されてくる
というギミック的な設定が上手いと思います。

Umikana37
オープニングムービー後の共通第2部。定期船が出港するまでの3日間を第1部の
区切りとしたのは、短い中で「読ませる」シナリオ構成だけなく、現実のおがさわら丸の
停泊期間と関連させているところが興味深いです。

Umikana36
ウェットスーツって、密着してボディラインが表れるので、裸や水着に近いものが
あるかもしれません。

Umikana39
買い出しに行ったエミリィと、すれ違いにやって来た観光客の男性。このタイミングの
良さから、この時点で彼がエミリィの父親だと確信しました。
メタ的な消去法からいっても、ロープライス作品に無関係の登場人物を登場させる
余裕はシナリオ的にもないでしょうし。
ちなみに、小笠原村でコーヒー豆の栽培がされているのは知っていました。最近では
母島でカカオも栽培されています。本土との気候の違いを認識させられます。

Umikana42
作中でニノコスと呼ばれるフィルム式の水中カメラ。
モデルとなったのは、ニコンのニコノス。私もゲームで初めて知りました。
動力付カヌーだけでなく、カメラにもシナリオライターは造詣が深いようです。
古いカメラを登場させたのは、高校生という金銭的な面も考慮したのかも。

身も蓋もなくすれば、今ならコンパクトデジタルカメラに耐圧防水ケースですし、
ちさの家で、ダイビング三点セットのみならず、カメラだってレンタルされてるかも。

Umikana44
ビキニ姿での全身像は、ある意味貴重な構図。

Umikana45
Umikana47
真面目な写真現像の解説からの、二人ジト目へのオチ。御馳走様でした。

Umikana49
サメバーガーのカットインCG。
バンズやレタス、サメのフライの衣やタルタルソースに至るまで、実物と見紛う位の
写実感ある彩色に脱帽です。

空と海が、ふれあう彼方:プレイ感想日記02

Umikana19
ゲーム内の時間で初日、エミリィがカフェMACHIKOに厄介になるところまで進めました。

Umikana12
小笠原村、父島の背景画がとても緻密でリアリティが高く、一昨年の旅行をつぶさに
思い出しました。

Umikana04
プレイ前に、いつもどおりのコンフィグ設定を施しますが、「ジェスチャの禁止」は、
ONにチェックを入れないと、マウスジェスチャが機能しなかったりします。
フラグが逆なのか、ボタンが白色なのが点灯状態なのでしょうか。
他の項目と同様に、ラジオボタンチェックだと分かりやすかったかも。

Umikana03
プロローグのモノローグ部分。今作では海中の描写をするためか、水関係の
アニメーションに力が入っていますね。

Umikana13
俯瞰図も精緻です。
将来、小笠原村に空港が設置されたら、この光景が実際に見られるのでしょう。

Umikana06
物語冒頭の早朝、父島の二見港入港前6時間のシーン。作中の定期船は、小笠原海運の
おがさわら丸がモデルですね。そこで疑問なのですが、船の現在位置的には、
八丈島の遥か南、かつ、聟島列島の北側にいるのに、携帯電話の電波が届くのが
謎です。現実ではNTTドコモでもサービス外なのですが、作中では三大キャリアが
かなり頑張っているのでしょう。または、エミリィの携帯電話機が実は衛星携帯だっとか。
ワイドスターやイリジウム、インマルサットやスラヤとか。

Umikana07
係留された定期船の勇姿。実際に乗ったことがあるので懐かしさと親近感が湧きます。

Umikana09
SD絵は過去作と同じく田口まこと原画ですが、今作は見やすさと可愛さが両立している
ように感じます。

Umikana11
エミリィは、この振り向き姿の立ち絵(?)が一番可愛く見えます。お尻も一緒に
見られるのも良いですね。

Umikana14
小笠原ちさのジト目。△の口がジト目に華を添えてます。

Umikana16
ちさの妹のちなみ。立ち位置的に結構美味しいキャラクターです。
4年生ですが、恐らく某フェイバリットなら、お風呂イベントで一糸纏わない姿が
見られたかも。

Umikana17
食品CGは、相変わらずの本物のごときの精緻ぶりですね。美味しそう。

Umikana18
この海に飛び込むシーンというか抱き合う様子は、後々の伏線だったり?

« 2018年3月 | トップページ | 2018年5月 »