購入予定とお気に入り

応援中!

  • フェイバリットOHP
    明日歩可愛いよ明日歩
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリー

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
フォト

« お家に帰るまでがましまろです:プレイ感想日記03 | トップページ | 君の名は。:川崎チネチッタでLIVEZOUND音響版を鑑賞 »

お家に帰るまでがましまろです:プレイ感想日記04

Marshmallow075
共通ルート第二章についてもう少し書きたいので、昨日の続きになります。

第二章は子供が物語を動かす伏線となっていたと書きましたが、この章のテーマと
なっていたのは家族、加えるなら家族の絆だと思われます。

  • 礼羽生き別れの母親に会って、自分が作ったケーキを食べて貰いたい
  • 花音両親と死別した故に、礼羽には後悔しないよう一歩踏み出して欲しいと願う
  • 主人公も天涯孤独で家族に疎いので、礼羽の行動に家族の絆の存在を確信した
  • 紗々は著作に家族の絆と裏に隠した決してわかり合えない孤独感を込めていた

Marshmallow071_2
主人公のみならず、ヒロインも色々抱えてるようで、第二章は意外と重いものを
掲げていたように感じます。
「お家に帰るまでがましまろです」というタイトルが指すお家とは、家族であると
深読みしてしまったり。

 
 

Marshmallow043
哲学者ニーチェの名言パロディの直後に透け透けな寝間着下着立ち絵を披露する
ことから、礼羽がこの章の主役と最初から溢れていました。
そして、窓からの景色に、自宅が高層マンションであることにおののいたり。

Marshmallow044
主人公の男友達の毛呂久太郎。埼玉県入間郡毛呂山町が元ネタでしょうか。
ジェイク本庄社長や上品な女性客同様にフェイスウィンドウのみで立ち絵なし
表情差分がないためか、瞳が描かれていません。公式サイトの人物関係図には
描かれているだけに、作中に欲しかったところです。

Marshmallow045
しずかちゃんの突進力はいつもぶれないですね。
一緒に通えるようになるには6年くらい休学しないとだめそうな。

Marshmallow051Marshmallow052_2
ここのか作のSD絵がいい味出しています。
採点票を掲げるJCのリアルな熊が面白い。

 

Marshmallow054
背景の電柱や電線が単色で抽象的なのが礼羽対称的で印象に残りました。

Marshmallow055
気づいたネタは拾っていきます
F1とWRCのミキ・ライコネンですね。

Marshmallow057
調べたら黒歴史を掘り起こすような恐ろしい遊びのニュースが出てきました。

Marshmallow060
特攻の拓ですね。原典は未読なのは内緒。

Marshmallow062
礼羽は結構コミカルな表情もするので、氷の女王とのギャップ感があります。

Marshmallow064
ルパン三世カリオストロの城でしょうか。

Marshmallow065
ジェイク本庄社長。奇天烈な言動とは裏腹にしっかりと礼羽の保護者をしていたのが
意外でした。
そしてこの社長室。どこかで見た気がすると思ったら、「プライマルハーツ」の
天神平グループ総帥の部屋でした。再利用多いですね。

 

Marshmallow067
部屋にいたのはGですね。分かりたくないけど分かります。
ヤツらは公園のみならず、繁華街や幹線道路でも普通にいます。

Marshmallow068
紗々キョトン目が可愛い

Marshmallow076
パンツの線スカートの皺や実にエロいです。立ち絵でここまでの彩色ぶりに
敬服です。

Marshmallow077
礼羽の後ろで嫉妬のジト目になっているお姉ちゃんも可愛いです。

Marshmallow081
芦俊キャラのWジト目御馳走様でした。

« お家に帰るまでがましまろです:プレイ感想日記03 | トップページ | 君の名は。:川崎チネチッタでLIVEZOUND音響版を鑑賞 »

お家に帰るまでがましまろです」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/548293/65621193

この記事へのトラックバック一覧です: お家に帰るまでがましまろです:プレイ感想日記04:

« お家に帰るまでがましまろです:プレイ感想日記03 | トップページ | 君の名は。:川崎チネチッタでLIVEZOUND音響版を鑑賞 »