購入予定とお気に入り

応援中!

  • フェイバリットOHP
    明日歩可愛いよ明日歩
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

カテゴリー

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
フォト

« はるるみなもに!:プレイ感想日記08 春ヶ崎叶ルート1 | トップページ | はるるみなもに!:プレイ感想日記10 春ヶ崎叶ルート終了 »

はるるみなもに!:プレイ感想日記09 春ヶ崎叶ルート2

Harumina181
頬と土地が緩む日々」まで進めました。

Harumina196
「頬と土地が緩む日々」という章題。一目読んだときは単に二人が結ばれた蜜月を
表していると思ってましたが、それは「頬が緩む」で、「土地が緩む」のは結界
指しているのですね。後半で事実が明らかになって、この章題の名付けの上手さに
膝を打ちました。
 

Harumina171 Harumina180
交通事故に遭っても怪我一つ負わず、ご飯もモリモリ食べてダイエットのダの字もない。
女神様は今までのヒロイン像にないヒロインなのが興味深いです。
特に両親が事故で失っているのに、二度もぶつかっていてもトラウマにならないのが。
 

Harumina172 Harumina173
芝居がかった返しは様式美ですね。この小芝居は終盤の伏線となるようです。
水緒里の台詞は一般的には娘の父親のものですが、この家で一番が現人神である
彼女なのと、ブラコン妹成分も加算されれば尚更適任?

Harumina175
先の神殺し告知や立貴争奪戦のけしかけっぷりは水緒里の「おにいの妹離れ」でした。
大事なことだったのか、くねゆすりの時にも再度感謝を伝えていたのが印象に
残りました。

Harumina176
結ばれたことを氏子総代の別院氏にも報告に参上。
彼の台詞はルート終盤への重要な伏線だったりします。

Harumina178
先のHシーンが自慰の見せ合いに留まったのに加え、ここでも先に進むのを留めて
しまったことと、結界が緩んだ事による妖怪来訪の事態収集があったりしたので、
この章は本番Hシーンへの焦らされ感があって多少辛かったです。

 
Harumina179
顔を拭いてくれた物は……。影の使い方が上手いですね。
 
 
Harumina182
水着イベントCGでのバスト99アップ。うーむ、やはり大きすぎのような。

Harumina185
待望の本番ありのHシーン。布団が敷かれた背景画の差分が密かに気に入ったり。

Harumina183 Harumina194
小豆洗いは知っていましたが、くねゆすりという妖怪は初めて知ったのは内緒。
生け垣を揺らす妖怪のキャラ造形を猪にして、山間部の獣害対策としたのは
一種の皮肉的ユーモアでしょうか。

Harumina198 Harumina199
「待ってたぜェ!!この瞬間(とき)をよォ!!」な特攻台詞を思い出しました。
大斗宮大工の跡取り息子なのは、神様と神社に関わるサブキャラとしての単なる造形
のみならず、末社造営というシナリオ展開上からの必然だったのですね。
 
Harumina202
外が緩んできていることに重ねた自身の表現。上手いことをいいますね。

« はるるみなもに!:プレイ感想日記08 春ヶ崎叶ルート1 | トップページ | はるるみなもに!:プレイ感想日記10 春ヶ崎叶ルート終了 »

はるるみなもに!」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/548293/65113191

この記事へのトラックバック一覧です: はるるみなもに!:プレイ感想日記09 春ヶ崎叶ルート2:

« はるるみなもに!:プレイ感想日記08 春ヶ崎叶ルート1 | トップページ | はるるみなもに!:プレイ感想日記10 春ヶ崎叶ルート終了 »