購入予定とお気に入り

応援中!

  • フェイバリットOHP
    明日歩可愛いよ明日歩
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

カテゴリー

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
フォト

« アマツツミ:プレイ感想日記16 水無月ほたるルート2 ノーマルエンド終了 | トップページ | アマツツミ:プレイ感想日記18 コンプリート! »

アマツツミ:プレイ感想日記17 水無月ほたるルート終了

Amatutumi173_2
水無月ほたる編のハッピーエンド編を終えました。

 

Amatutumi165
ノーマルエンド後に選択肢が追加されたので、ほたる編8から再会しました。
ちょっとした気まぐれの賭けから、オリジナルと向き合いはじめる主人公。

Amatutumi169
確かにその苦しみはオリジナルだけのものですね。
ふと、某プラテネスの主人公の台詞を思い出します。

 

Amatutumi170
オリジナルは身体も心も病んでいる、文字どおりのヤンデレ。
そして、オリジナルほたるなので、逢い続けるうちに彼女を好きになる主人公。
というわけで、ほたるの5回目のHシーンはオリジナルとのエッチでした。

 
 

Amatutumi174
ノーマルエンドの先にハッピーエンドがあるということで、クライマックスでは
ノーマルエンド同様に定義の入替をし、更に合一が加わりました。

Amatutumi180
二人の別々の意思を一つにするのだから、やっていること的には習合が近いのかも。

Amatutumi175
自らの根源も費やして言霊を放つ場面。いつもの口上を、毛筆体で見せるイベントCGが
格好いいです。

 
 

ほたるルートを終えた感想は、とても楽しめました。
まずは、ほたるの正体が衝撃的でした。一個人の記憶が定期的にリセットされる
単なる記憶障害ではなく、個体そのものが1週間で消滅し、新しく出現するという
設定だったのは今作で最大のミスリードでした。

ほたるを救う手段も、定義の入れ替えなど言葉を駆使した、言霊使いならではの業が
上手く発揮されていて感心しました。

また、一つのヒロインで通算で4回も処女を頂いたところも類を見ない構成でした。

« アマツツミ:プレイ感想日記16 水無月ほたるルート2 ノーマルエンド終了 | トップページ | アマツツミ:プレイ感想日記18 コンプリート! »

アマツツミ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/548293/64697357

この記事へのトラックバック一覧です: アマツツミ:プレイ感想日記17 水無月ほたるルート終了:

« アマツツミ:プレイ感想日記16 水無月ほたるルート2 ノーマルエンド終了 | トップページ | アマツツミ:プレイ感想日記18 コンプリート! »