購入予定とお気に入り

応援中!

  • フェイバリットOHP
    明日歩可愛いよ明日歩
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

カテゴリー

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
フォト

« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »

星恋*ティンクル:体験版プレイ感想日記4

Hosikoi39
5日目あたり、花壇荒らしを捕まえるところまで進めました。

Hosikoi40
主人公のスマートフォン。妹に電話しているのだから、発信中の間違いかと。
 

Hosikoi45
珠希と咲良のメールアドレスの数字は誕生日ですね。2月2日に4月6日。
 

Hosikoi44
咲良に被害状況を聞く話が、なんだかんだでヒロイン勢揃い。
そらは縞パンなのですね。しかも伝統の青白空だから?
一方先輩は履いていない状態なのが残念。そらはが見せているなら、
見えても良いのに。
 

Hosikoi46
最初から一人で背負い込もうとした主人公がなかなか良い感じです。
現行犯逮捕以外にも、監視カメラを設置しておくというのもありますね。
物語性はとても低くなりますが。

Hosikoi49
いざ張り込み。咲良の涙目の表情も可愛いです。
 
Hosikoi53_2  
ここでまさかの下着立ち絵が。
脱いだのは恐らく上着だけと思われますが、積極的に露出を入れていますね。
 

Hosikoi50
Hosikoi55
交通事故を無傷にできるのも、合わせて90キロ前後になる女の子二人を抱えて
塀を跳び越える
驚異的な運動能力も、どうやら超能力によるもの。身体強化系?
そらはも能力を持っていて治癒担当のようです。

 

Hosikoi52
花壇荒らしの犯人ですが、無難なオチとして野良猫あたりを予想していたら、
ゴスロリ幽霊が登場。公式サイトによるとリーベルというキャラ。
こいつが犯人かと思いきや、彼女も囮に過ぎず、

Hosikoi54
本当に荒らす人物がいたとは意外でした。
アス永遠ではないですが、結構本気で事件化するのですね。
 
 
咲良瞬間記憶能力を持っていることが判明したりと、
「星恋*ティンクル」が能力者達の物語と知って驚いています。

星恋*ティンクル:体験版プレイ感想日記3

Hosikoi32
3日目ということで、転校初日まで進めました。

 

Hosikoi23
ブラを着けられないとか、ポンコツにも程がありますが、パンツ1枚なイベントCG
上半身裸立ち絵や下着立ち絵が拝めるので、これはこれで嬉しいです。

Hosikoi22
場面が変わる間際にブラを着ける差分が表示されます。

 

Hosikoi26
親戚関係の織と花々見。どちらも「神」の韻を踏んでいますね。
が野良猫に日本書紀の神々の名を付けたりしているし、日本神話が関わってきそう。

このシーンの一つ手前で、体操着着替え中を珠希と一緒に遭遇してしまいましたが、
お尻の穴は無修正でした。それにしても良いおっぱいでした。

 

Hosikoi38
ヒロイン視点もあるようです。
台詞を喋る間に立ち絵も変化する演出もあります。
某ゆずソフトのように1ワードで幾つも変化する程の過剰さはないですが。

Hosikoi36
夕方に光る一番星がナギと呼んでいるなら、それは金星ですが、金星が超新星爆発!?

星の寿命が尽きそうとのことですが、どうにも自身のことを指しているようにしか
聞こえないです。

星恋*ティンクル:体験版プレイ感想日記2

Hosikoi16
ゲーム開始2日目の日曜日まで進めました。
花々見咲良織紙珠希との顔合わせも終わり、全ヒロインが登場しました。
 

Hosikoi17
そらはの同級生となる、花々見咲良
零れそうな胸と乳輪が見えそうなメイド服がえっちくて素晴らしいです。

Hosikoi18
外見の好みでは彼女が一番お気に入りです。
 
 

Hosikoi19
なかなか格式高そうな神社の巫女さんの織紙珠希
肩だし脇チラに切れ込み深い緋袴、そして乳首のぽっちと、前衛なえっちぃ巫女姿。

Hosikoi20
演じている声優はありあという方ですが、もしかするとアグミオンかも。
叫んだり悲鳴を上げる声に聞き覚えあり。
 

もしかして、プロローグの土日に登場したヒロインは皆ノーブラだった!?
は服が透けていないし胸元も開いていなしまな板なので不明ですが。


Hosikoi21
凪と同じ名の、ナギという星。
恒星なら他の地域でも見られるはずなのに、この町だけの秘密というのは
気になります。もしかして結界?

星恋*ティンクル:体験版プレイ感想日記1

Hosikoi01
きゃべつそふと公式サイトで「星恋*ティンクル」の体験版が公開されました。

購入確定したゲームの体験版は原則プレイせずに製品発売を楽しみに待つのですが、
なかひろシナリオで梱枝りこ原画はどちらも過去のゲームが好きなので
気になっていたのと、新規ブランドの処女作なので、いろいろ確認してみようと考え、
早速ダウンロードしてプレイ開始しました。

 

Hosikoi02
ゲームエンジンは吉里吉里系でした。ゆずソフトとかで使用しているのと同じです。
4:3画面モードを実装しており、メッセージウィンドウを下に配置して
遮るものなく立ち絵を鑑賞できます
マウスジェスチャー機能も実装されています。

Hosikoi12
なお、解凍したファイル一覧やゲームにも操作説明がないので、操作アイコンは
触ってみて機能を確認する必要があります。
systemの横の扇子みたいなのはメニューアイコンの表示固定と解除です。

アイコン左上から右下に掛けて、オートモード、スキップ、バックログ、音声再生、
選択肢に進む、戻る、スクリーンショット、メッセージウィンドウ消去です。
なお、スクリーンショットは保存先を選べます

フォントは組み込みされてますが、ウィンドウメニューから変更できます
途中からマルベリに変えてみました。

Hosikoi14
とりあえず、メインヒロインのと出会う、引っ越し初日まで進めました。
そらはがいろいろポンコツだけど重度のブラコンなのがとても可愛いです。

Hosikoi05
この後、渚沙駅から降りたそらはの立ち絵が衝撃的でした。
白い衣装のせいか、乳首が透けています。これは……ごくり。イイヨイイヨー!

Hosikoi15
他にも主人公のパーカーを寝間着替わりに羽織って
乳輪や乳首を見せたりが見えたりと、
乳首が見える立ち絵が素晴らしいです。

これは斬新でした。プレイ開始直後から注目させて、引き込ませる目的ならば
体験版は充分に役目を果たしています。購入確定で正解でした。

 

Hosikoi11
鳴瀬川凪です。この立ち絵ポーズは某きゃっほう星メモの駄妹を思い出します。
道路の真ん中で猫と戯れても、車の運転手に猫しか認識されていなかったり、
主人公が助けようとする直前に消失したりと、只者ではない伏線が。
物語紹介から察するに、ナギという星の化身というか精霊みたいなものでしょうか。

他方、主人公も只者じゃなさそうです。重傷や致死傷相当の怪我を無傷
済ませることができるようで。

 

Hosikoi10
苺柄のぱんつが可愛いですね。
クローズアップシーンでは菊の皺も丁寧に彩色されてます。
恐らくHシーンはアナルは無修正?

 

Hosikoi06 Hosikoi13
渚沙町の鄙びた駅舎と近代的な商店街が対称的かも。
駅前のインターロッキングがとても印象的でした。

「鯨神のティアスティラ」にサブキャラのHシーンが予定されていた?

Whirlpoolのスタッフ日記に爆弾発言が埋まっていました。
新作の製作話をしている裏で、実は「鯨神のティアスティラ」のサブキャラの
仙堂桜子西園寺桃梨先生のHシーン指定書があったという内容。

当初は2人のミニルートを実装する企画案もあったようです。
衝撃的な裏話を知ってしまったぶん、勿体ないという思いがいっぱいでした。

アマツツミ:プレイ感想日記02

こころ編その2まで進めました。

Amatutumi03
織部こころ、恋塚愛、朝比奈響子、水無月ほたる
顔見せ程度ですが、作中のヒロインがひととおり登場しました。

 

体験版を少々囓ったときにも言及しましたが、序盤からとのHシーンには驚きました。
本編から切り離して後日談で用意した過去作「クロノクロック」と対極な構図は
意図したのかもと推測してみたり。

また、恋塚愛が主人公の許嫁で、既に何度も交わっているというのも斬新な設定です。
この手のPCゲームでは攻略対象ヒロインは未通なのが暗黙の了解なところに対し、
処女じゃないヒロインを違和感無く導入しているところに感心しました。

Amatutumi02
愛の心を曲げてしまったという罪悪感が里を出る決定打になったのは感心しました。
単なる好奇心の暴走ではないところが主人公の良さを垣間見たかも。
 

Amatutumi05
ほたるのキャラ紹介にあったキーワードは結構早い段階で登場するのですね。 

「他人はもう1人の自分だよ」
言霊が効かないだけではなく、会話の端々からほたるのラスボス感が伝わってきます。
混ざりモノ、ですか。主人公の同族なら言霊は効くでしょうし、謎です。

「フルメタル・パニック!」アニメ第4期は2017年

先週の富士見書房のイベントで、フルメタのアニメ4期目放映が来年開始との発表が
あったそうです。昨年の今頃に再アニメ化の始動告知があって、1年後に概要が
ようやく出てきました。

どうやら「踊るベリーメリークリスマス」は端折られるようです。代わりにドラマCDに
なるそうですが、TDD-1とマデューカス中佐の潜水艦戦闘が映像で見られないのが
痛く残念です。勿体ない。

なので、アニメは次のエピソード「つづくオン・マイ・オウン」から。
となると、放映開始間もなくアーバレストが大破して、暫くは主役機体不在のまま
物語が進行することに? なんだか低空飛行になりそうです。

RX-8の走行距離が10万km到達

100000
昨日の飛騨ドライブで、愛車のRX-8の走行距離が10万kmに達しました。

13年半かかってようやく到達なので結構ゆっくりでした。予定では10年10万キロだったのに。
週末ドライバーかつ、バイクにも乗るの二刀流なので、お互いに距離が伸びない関係に
なっています。付け加えれば、PCゲームプレイもありますし。

ちなみに達成場所は長野県千曲市にある、長野自動車道下り線の姨捨SA。
距離の到達次第では一つ手前の麻績ICか姨捨スマートICで一般道に降りるつもり
でしたが、サービスエリアに入ったところで丁度よく桁上がりになりました。

さて、10万キロ到達を機に整備メニューを考えます。取りあえずは、スパークプラグと
トランスミッションオイル、デフオイルの交換を予定します。

飛騨「君の名は。」舞台探訪ロングドライブ

映画「君の名は。」の舞台探訪で岐阜県飛騨市に旅行しました。
飛騨は立花瀧宮水三葉に会いに行くため、訪れた場所です。

関越道・上信越・長野道から国道158号を西進し、安房トンネルを抜けて岐阜県入り。
飛騨古川駅北側の公共駐車場に駐めて駅前散策です。

Hidahurukawa6
歩道橋から駅舎とホームを望む。ちょうど特急ひだが停車していました。
電車ではなくて気動車なのですね。

Hidahurukawa
飛騨古川駅ロータリー。タクシーは発車していました。

Hidahurukawa7
糸守の資料を閲覧した飛騨図書館
館内撮影は要申請で許可されるそうですが見送りました。
 

Hidahurukawa3 Hidahurukawa4
中心市街地は結構整備されていて、水路が巡る通りもあります。
鯉がとても大きいです。

 
Hidahurukawa8
駅前から離れて西に進み、国道41号から471号、そして360号に切り替わってすぐの所に
落合バス停。左側のコンクリートアーチが気になります。昔の高山本線の線路跡?

日帰りで関東から飛騨高山ドライブはちょっとハードかも。どうせなら
一泊して翌日に高山市内や白山郷を観光したりするのがベターだと思います。
普通の人はそう組むのでしょうが

購入報告:AQUAビジュアルファンブック

Aqua_vfb
SORAHANEの処女作「AQUA」のビジュアルファンブックをイャッッホォォォオオォオウ!

今年1月にVFB製作についてのアンケートが実施されていましたが、それが結実らしく、
今夏に「AQUA」のVFBが発売されました。「さくら、咲きました。」は駄目だった?

立ち絵やイベント絵を用いた登場人物や物語の紹介、版権絵ギャラリー、
WEB漫画の再録、用語解説、スタッフインタビューなど、VFBの基本はひととおり
押さえられています。
なお、予約特典の追加パッチだった裸立ち絵や下着立ち絵は未掲載でした。

VFBには、なずな先生のショートストーリーが書き下ろされています。
ゲームのエピローグで旅に出た彼女が、月ヶ浜に帰還する話です。

それにしても、ゲーム発売から5年来なので、色々懐かしいです。
ECやユーグリッド、シンクデュプリケートなど、用語集から設定を色々思い出したり。

インタビューによると、シナリオの人は理系出身なので、SF度が高かったのですね。

はるるみなもに!:サブキャラクター公開

クロシェット公式サイトにて、サブキャラクターの公開と、メインヒロイン達の水着姿
立ち絵が公開されました。

サブキャラのキャストはまだですが、別院とか今小町とか、神様ゲーということで
和風というか雅やかな名前が着いてますね。
別院紗智帆今小町丹菊を見ると、髪の色が派手というか艶やかだなあと感じたり。
丹菊のターコイズブルーの髪は特に。

今作では神様にそれぞれ巫女が付くようですね。攻略対象ヒロインのシナリオと
セットになるのでしょうか。

刀根依子山神水緒里お付きの巫女と明確に記されてますが、別院紗智帆の紹介文は
巫女の娘とも取れそうで、判断に迷います。
ゲームの性格上、十中八九、巫女でお嬢様にして生徒会長のはずですが。

クラス担任の冴野望都は先生なのにスカート短かく、胸ぱっつんで
あまり先生らしくない可愛い服装ですね。

メインヒロイン達の水着姿は、春ヶ崎叶山神水緒里のがお気に入り。
すじが良い感じです。

購入報告:オトメ*ドメイン オリジナルサウンドトラックCD

Otome_ost
「オトメ*ドメイン」のサントラCDです。
ゲームはプレイ開始直後に中断したままになっていますが、購入できるうちに
押さえます。

サントラCD等は機を逃すと入手するのに苦労するので購入したゲームで劇伴音楽が
良い又は良さそうなのは極力購入予定です。


平成29年3月23日(木)追記:
ゲームをコンプリートしたので、ようやくサントラが聴けるようになりました。
Ducaが歌う主題歌「LOVING TRIP」がとても良いですね。
トランペットがスイング的に奏でる伴奏が軽やかでさわやか。

劇伴音楽は主にクラシック系で作曲されていて、お嬢様学校の世界観にピッタリです。
タイトル名に料理の名前が入っているのは、料理が得意な湊くんからでしょうか。
7曲目の「昼食はミネストローネ」がこのゲームの象徴的な感じです。

アマツツミ:プレイ感想日記01

Amatutumi01
インストールを終えてプレイ開始……の前に、修正ファイル1.03版を適用します。
オンラインアップデートということで、ゲーム経由でパープルソフトウェア
サーバーから修正ファイルがダウンロードされて自動で適用されました。
9月16日以降の更新がないことから、ほぼ固まったようです。
適時性はないけれど、不具合のない状態でプレイできるのは積みゲーの利点かと。

ユーザーマニュアルもデジタル化され、ディスク内でPDFになっていますが、
付属のサウンドトラックの曲目が掲載されているのが意外と重宝しています。

購入報告:アマツツミ

Amatutumi
パープルソフトウェア
の「アマツツミ」です。
7月発売のゆずソフトの「千恋*万花」と同じく購入していましたが、先に千恋
取りかかったり、8月に旅行や9月にオーガストの新作があったりして、ようやく
積みゲーから崩し始めました。

底面の税別9,800円の表記に気負ってしまったり。
改めて見ると値上がりしていますね。

星恋*ティンクル:立ち絵追加公開

攻略ヒロインの立ち絵差分が追加公開されました。

鳴瀬川凪の両手を広げたポーズは某わはーというか手を洗おーを彷彿とさせます。

群雲そらはは6枚目の上半身ジャージー裸立ち絵は乳輪が見えているのが乙です。

花々見咲良の下着立ち絵もえっちいですね。
パンツだけ白いところに清楚さを残している感じでしょうか。

購入報告:Whirlpoolボーカルソング集4『Merge』

Whirlpool製品のボーカルソングを収録したCDの第4弾です。
イベント会場で購入するつもりでしたが、意外にも売り切れていたので
通販待ちでした。  @渦巻CD狙いで狙われた?

 

同時期に2006年から2016年までのコンプリートアルバムが販売されていましたが、

  • 値段が相応に高いというのと、
  • 所有ゲームのボーカルマキシCDは全て所有しているのと、
  • これまでのボーカルソング集3枚とも持っているので、

コスト的にはvol.4を揃えた方が有利でした。

そして、「ワールド・エレクション」のクルルのジャケット絵が決め手でした。
睦月リルより好みなので。

一日がかりのWindows Update

某オーガストの千桃をコンプリートしたので、環境の変動を嫌って凍結していた
ウィンドウズアップデートを一月ぶりに掛けてみたところ、更新ファイルの確認が
なかなか終わりません。

結局半日以上掛かってようやく確認終了し、セキュリティ関係のパッチの適用完了。
PCを一日中稼働させてました。

どうやらWindows7 SP1に希にある症状のようです。

Whirlpoolの次回作は低価格帯

公式サイトのスタッフ日記にて代表者が述べていますが、次回作は低価格帯とのこと。
原画担当は渦巻初出。発売は春前頃

低価格帯というと、過去作の「メリ☆クリ」を思い出します。攻略対象ヒロイン二人。
原画はてんまそ水鏡まみず。思えばこれが水鏡まみずの原画デビューでしたっけ。
バイク成分があったのと、レジェンドの生き方が格好良かったのが好みでした。

 

低価格といっても、上記のヒロイン2人のみだけでなく、
ふぇんぐセイイキシリーズのように1人だけか、
ぱれっとクオリアオトメ*ドメインの3人とか
色々ありますね。

発売が春前頃というと、2月でしょうか。
3月は春ですし、クロシェット新作がありますし。
10月末か11月予約開始なら時期的に合いそうです。

 

気になるのは、英語版の存在。某すちーむ移植だとHシーンの扱い的に
こちら側への影響を懸念しますが、単なる英訳版ならプレイしてみたいかも。
 

 
そして、肝心の水鏡まみず原画の新作は夏発売とのこと。
「ワールド・エレクション」が今年2月発売ですから、1年半後は妥当でしょうか。

「あの晴れわたる空より高く」のビジュアルファンブックが企画中です

チュアブルソフトが「あの晴れわたる空より高く」のビジュアルファンブック
クラウドファンディング方式で企画しているそうです。

ゲーム発売から2年。グッズ的には2014年末のドラマCDとロケットタペストリー以来の
展開。有りそうでなかったVFBの出版に日の目が当たり、諸手を挙げて歓迎してます。

 

アペンドディスクの企画が実現したら、当方に速攻で出資する用意があります。

スズキとトヨタ、ヤマハとホンダ

自動車業界やバイク業界再編の渦中なのでしょうか。

かつて、通産省が自動車メーカーを三社程度に統合をを主導しようとしたことが
ありましたが、現在は勝手にまとまっている印象です。

スズキとトヨタが業務提携検討開始ということですが、トヨタはスバルとマツダとも
提携していましたね。ダイハツは子会社になってしまいましたし。
とすると、乗用車としては、

  • トヨタ系(スバル、マツダ、スズキ)
  • 日産系(三菱)
  • ホンダ

一方、バイクの方では先週にヤマハとホンダが原付1種を融通しあう提携をしてます。
ホンダのジョルノとTACTをOEMでヤマハ向けに製造するそうです。

過去にカワサキとスズキがモタードとビッグスクーターを融通しあったことは
ありましたが、業界1位と2位が手を取り合うのはとても衝撃的です。

こちらは更に、経産省が普通免許での原付2種運転を目論んでいるようですが、
警察庁や国交省、総務省を説得できるかが鍵かと。

軽自動車税は原付1種も2種も然程変わらないので、排気量125cc未満は原動機付自転車
に纏めてしまっても良いと考えています。

声優の田中一成氏が亡くなられたそうですが

アニメ「プラテネス」のハチマキ役だったのですね。劇中の台詞で
「全部オレのもんだ。孤独も苦痛も不安も、後悔も!もったいなくてなぁ、
てめぇなんかにやれるかよ!」

がとても印象に残っています。台詞に表記揺れがあるようです。
苦しみを分かち合わないという姿勢に格好良さを感じました。

また、フェイバリットの中の人が訃報に対しスタッフ日記でコメントしていましたが、
親交があったと知って、二度驚きました。

千恋*万花:修正パッチver.1.12

Senren_systemvoice
先月末に修正パッチver.1.12が公式サイトで公開されました。
注目はシステムボイスの個別設定の実装。
ゲーム発売後2か月経っての新機能追加は珍しいですね。
そういえばアンケートで要望したような。

起動時の注意事項は耳タコ状態なのと、バックログは頻繁に参照するので
オフにしました。
もっとも、バックログからの復帰時のシステム効果音も面倒だったので、
システム効果音自体を切っていたのですが。

ちなみにシステムボイスの個別設定はWhirlpoolでお馴染みでした。
あちらの製品は、細部にわたって設定できました。

千の刃濤、桃花染の皇姫:プレイ感想日記18 イースターエッグ

タイトル画面でオーガストロゴをクリックすると、お馴染みのイースターエッグ機能が
実装されていました。

Senmomo415
「ラジオはやっぱりオーガストラジオ~♪」のパロディですね。

 

Senmomo416
折角大御神が一掃してくれたのに。でも、根の国送りは上手いオチでした。

千の刃濤、桃花染の皇姫:プレイ感想日記17 コンプリート!

Senmomo412
全てのおまけシナリオをクリアすると解放される立ち絵や背景画を鑑賞して
コンプリートです。

 

朱璃シナリオ一強でした。朱璃が皇帝となる皇国再興ルートが全てで、
他ヒロインルートは枝葉の些末という確信犯。まるでサブキャラルート並の短さ
だったのは、驚くしかなかったです。
朱璃ファンや、朱璃への宗仁の忠義に酔えた人には評価が高いと思われますが、
他ヒロインのファンにはきついゲームだったと思います。

前々作「穢翼のユースティア」と同じ構造の一本道シナリオでしたが、今作は
ユースティアの縮小再生産な印象でした。賛否のあったメインヒロインルートの
エンディングを修正しましたが、他ヒロインルートを更に矮化させたような。

冬濤編クライマックスでの宗仁選択朱璃勇気は好きですが、ゲーム全体としては
物足りない出来映えだったと感じました。Hシーンの8割近くがおまけシナリオ扱いでしたし。

作中で、宗仁朱璃を守ること以外の全てを捨てる決意をしていましたが、
ゲームコンプリート後はそれがこのゲームそのものを表したかのように見えました。

 

思えば、冬濤編で禍魄が黒主大神を降臨させる呪壁ではなく、歴代皇帝の陵墓にいた
のが疑問でしたが、一年前の宗仁朱璃の主従成立のエピソードと対になるように
したのでしょう。
また、陵墓に達を合流させなかったのは、翡翠帝対策もあったのでしょうか。
宗仁最優先の奏海なら、全てを台無しにしてでも朱璃の勇気は阻止したでしょうし。

 

Senmomo388
立ち絵や背景画、小物パーツなどを駆使してカメラ的な構図を作成し、イベントCGの
ように仕上げる演出手法は「大図書館の羊飼い」から引き続きフル回転でした。
良い絵が多く、シナリオを盛り上げていたと思います。

また、琴や和太鼓などの和楽器を取り入れた音楽はとても良かったです。
「蒼天高く」「一闘入魂」「千の刃濤」「君がため」「岩打つ波」がお気に入りです。

 
 

Senmomo319
お気に入りキャラは椎葉古杜音。表情の可愛さと性格の愛らしさ、そして巨乳
好みの要素が全て揃っていたのが強みです。
シナリオも朱璃に次ぐ規模で一番好みでした。

今は亡き某Push!!誌の表紙になった頃の初期設定の朱璃は可愛かったのですが、
現在のはかつての面影がなくなってしまったのが個人的に残念でした。

今作ではべっかんこう夏野イオ原画家二人が最初から参加していますが、
二人の特徴の差異があまりないような気がしました。
三人で作成するシナリオを誰が書いたか判らないくらい摺り合わせるように、
原画についても同じことをしているのでしょうか?

千の刃濤、桃花染の皇姫:プレイ感想日記16 サブキャラルート終了

Senmomo408
余談、いわゆるおまけシナリオに用意された、

  • 来嶌・マクスウェル・紫乃
  • 更科睦美
  • 伊那子柚

サブキャラクターのミニシナリオを終えました。朱璃ルートたる冬濤編を終えると
解放されました。

 

Senmomo399
紫乃ルートは端的に言うとザ・ボディガード。ウォーレンの自爆により、作中で一番
平和的に皇国の独立と民主化がなったようです。代わりに通商条約締結交渉という
経済戦争の火ぶたを切ろうとしていますが。

Senmomo400
名は体を表すのとおり、下着は色。意外とおっぱいありました。

 

Senmomo406
キャラデザの好みから期待していた更科睦美ルート。
実は戦前からの知り合いで、宗仁未練たらたらだった睦美さんが可愛いです。
HシーンのCGがエッチくて良かったです。結構な巨乳で良い乳首でした。

時期的には槇数馬が美よしで療養中でしたが、宗仁が同居中、一切触れられなかった
のが謎です。が重傷を負わなかった世界線だったのでしょうか?

 

Senmomo402
Senmomo403
豆腐脳。実際の単語は子柚ルートに登場します。
朱璃Wジト目が御馳走様でした。

 

Senmomo407
声的に楽しみだった伊那子柚ルート。
羽鳥いち可愛い声を聴くことができて嬉しいです。
Hシーン有りのキャラとしては「ココロ@ファンクション!NEO」の速水朝顔以来かも。

 

Senmomo410
Hシーンはロリ担当ということか、お漏らし実装でした。
CG2枚あるのだから、子狐丸の副作用状態だけでなく、影響が抜けた素でのHシーンも
見たかったです。ピンク色の髪は朱璃で間に合っていますので。

 

Senmomo409
宗仁朱璃子狐丸を使用しているCGがないのは勿体なかったです。
立ち絵にパーツを追加してイベントCG的な構図が作れるのに、ここで発揮されないとは。

千の刃濤、桃花染の皇姫:プレイ感想日記15 稲生滸ルート終了

Senmomo395
武人の棟梁、稲生滸ルートを終えました。
花篝編の帝宮地下通路突入作戦で、と行動を共にするとルート分岐です。

 

Senmomo389
こちらの選択肢を選んでいても槇と対決するのですが、小此木に配慮された帝宮地下で
さらににも配慮された、を自立させるために発破を掛けた戦闘に辛勝。
花篝編と概ね同じ結末でした。
奉刀会は結束し順風満帆に皇国の独立を勝ち取ったという一文が添えられましたが、
「俺たちの戦いはこれからだ」的エンディングだったので消化不良感が高かったです。

 

Senmomo391
覚醒したと背中を合わせ、比翼のように共和国軍を蹴散らして脱出する様は
悪くなかったですが、結局はお膳立てされた茶番のような対戦がルート最大の
見せ場だったのは寂しいです。
どうせなら刻庵殿との親子対決を見たかったです。竜胆作戦アナザーのような。
また、折角の武人ヒロインなのですから、武人や呪装刀への掘り下げをもっと
読みたかった。刀への偏愛とかも然程活かされなかったですし、

Senmomo392
宗仁が記憶喪失になる前から同じ流派の門下で、記憶喪失後は甲斐甲斐しく世話を
焼いたりと、いわば幼馴染みポジションの滸。最近の幼馴染みヒロインは貧乏くじ担当
らしく、滸も倣ってしまったのかも。

攻略順序が最初なのと武闘派繋がりで、「穢翼のユースティア」のフィオネ
思い浮かびました

 

Senmomo394
女性の武人達に囲まれて呑む。主人公以外の男性キャラとしては結構な好待遇かと。
両手に余る花ですが、実が着かないオチですが。

 

Senmomo398
Hシーンは本編1回とおまけシナリオ3回の計4回。攻略対象ヒロイン共通仕様でした。

菜摘コスでのHシーンですが、シナリオや全体CGや下半身では既にはだけているのに、
バストアップでは上着を脱がす前だったという差分ミスが有りました。

千の刃濤、桃花染の皇姫:プレイ感想日記14 鴇田奏海ルート終了

Senmomo373
翡翠帝こと、宗仁の義妹である鴇田奏海ルートを終えました。
火取虫編の臨海学校の選択肢で、奏海の情熱に応えるを選ぶと分岐します。

Senmomo356
奏海お義兄様第一主義故にヤンデレ化していて危険、というか正直ヤバいです。
宗仁達が検挙されそうと気づくと、「お義兄様をお助けしなくては」の一念で
竜胆作戦をちゃぶ台返しで御破算に。

 

Senmomo354_2
Senmomo355_2
手段を選ばないというか極端というか。流石に朱璃達と同じく唖然と嘆息が一度に。
普通のヒロインならまだしも、翡翠帝という最高位の冠を被っているだけに
暴走したときの手に負えなさは半端ないです。

 

Senmomo358
Senmomo367
そんな妥協のない彼女ゆえに、エルザを正論で論破し、ウォーレンを正当防衛で排除
できたのかも。皇国民が知ったら喝采しそう。

Senmomo369
父親を殺害されても波を立てないエルザ様さすが。
作中で一番の忠臣は、真実を隠蔽しきったエルザ直属の部下達なのかも。

それにしても、翡翠帝に暴走され、志半ばで共和国に処刑されてしまった小此木は、
全ルート中、一番不遇な扱いだったかも。

  

Senmomo371
罪を被ろうとする宗仁を処刑すれば、皇国の総力を挙げて皆殺し宣言する大胆さ。
対峙するエルザを映す瞳の強さがとても印象的でした。

 
 

Senmomo374
皇帝衣装のエロさは既知の事実なのですね。

Senmomo375
宗仁を立ち回らせて奏海制御させようとする朱璃さんは策士。

 

Senmomo381
エンディングで、翡翠帝を圧倒的に慕う国民を前にして、宗仁しか見えてなかった
自分を改めますが、鴇田奏海としての最後の休日やHシーンを終えたらいつの間にか
舞台が整っていた
というシナリオの足早感が否めません。
懸命にお膳立てしていたエルザの苦労が忍ばれます。

結局奏海ルートでも皇国は民主化へ。
奏海の恋愛成就のため、帝位が廃止されるのが追加要素でした。

過去シーンとして、奏海翡翠帝に変貌する前の、黒髪おかっぱなCGが登場すると
予想していたのですが、宗仁の記憶と共にバッサリ落としてきたようです。

Senmomo361
そういえば、偽物宣言への対応策がやけに現実的だったのが印象に残りました。
政治的ですね。

 
 

Senmomo385
Hシーンはこれまでと同様に本編1回、おまけシナリオで3回の計4回。
学院制服、皇帝衣装、私服2回と若干着衣が被る部分がありますが、
人が来そうな庭園内や教室でHしたり、アナルを弄られたり自慰をしたりと
変態性が他ヒロインより高いです。

Senmomo378
上目遣いの表情は破壊力有りますね。

 

Senmomo379
スカートを脱いでパンツだけの立ち絵は貴重。
エッチさが漂います。

 

Senmomo382
おまけシナリオですが、製作スタッフも奏海がヤンデレなのは
自覚しているのですね。

Senmomo383
宗仁効くということは、竜胆作戦で登場した武人の自由を奪う鈴の呪装具とは別物?

 

Senmomo386
おまけHシナリオなのに、廃墟となった武人町の自宅跡地に立ち寄ったりと、意外に
シリアス成分高いと思わせておいて、自慰シーンを突っ込んでくる落差はなかなか。

 

Senmomo387
義妹淫妹緑色を基調とした色彩設計、ヤンデレという共通点から、
「夜明け前より瑠璃色な」の朝霧麻衣と「穢翼のユースティア」のエリス
思い浮かべました。なお、麻衣はヤンデレではなかったはず。

千の刃濤、桃花染の皇姫:プレイ感想日記13 エルザ・ヴァレンタインルート終了

Senmomo350
エルザルートを終えました。

 

Senmomo335
彼女のルートに入るには、火取虫編での竜胆作戦決起直後、エルザを助けに行く
選択肢
を選びます。

Senmomo333
<<鎌ノ葉>>、いわゆる真空波で爆撃機を斬り落とすという発想が突き抜けてますね。
この攻撃手段を最初に実戦したという刻庵殿は流石武人の棟梁かと。

Senmomo334
呪装刀と対極的な呪装銃による攻撃。冬濤編でも披露されていましたが、
ホーミングレーザーか魔弾のような軌跡です。名称を付けるならば誘導貫通弾?

Senmomo336
呪装刀が巫女の奉命によって製作されるなら、呪装銃もおそらくは……
そう考えると、見た目以上にかなり重い武器になのかも。

 

Senmomo338
爆撃の中を戦い抜いた連帯感によりエルザだけでなく、配下の兵士達と共闘したのが
印象に残ってます。軍用トラックのエンジン始動や走行の効果音が良い感じでした。

Senmomo341
2人の立ち絵を組み合わせたこの構図は、エルザルートの象徴的なCGだと思います。

 

Senmomo343
ウォーレンを無差別爆撃の罪状で拘束し本国送還し、翡翠帝によって武人の
名誉も回復されたりと、竜胆作戦としては上々の成功だったのでは。
小此木は銃によって既に殺されていたとのことですが、手を下したのはロシェル

Senmomo349
皇国が民主化へ移行するのは古杜音ルートと同様ですが、エルザが皇国の初代大統領
に就任するエンディングは彼女のルートならでは。朱璃が国会議員になるのも納得です。

当初のルート予想では共和国側に回った宗仁朱璃や奉刀会と敵対するという
某バルドフォース的な展開を想像したりしましたが、朱璃との忠義の縁を考えると
微塵もそんな展開にはなかったです。

 
 

Senmomo353
Hシーンはルート中に1回、おまけシナリオで3回の合計4回。朱璃古杜音と同じです。
しかし、エルザの場合は、私服、軍服、学院制服、全裸とシーン毎に異なっており、
全裸Hが用意されているのがとても良かったです。おっぱいも隠れず見られたのも。

 

Senmomo352
ストッキングの縫製の妙技も再現されたCG彩色は芸が細かいです。

千の刃濤、桃花染の皇姫:プレイ感想日記12 椎葉古杜音ルート終了

Senmomo329
椎葉古杜音ルートを終えました。

 

Senmomo315
柿紅葉編の選択肢を古杜音に応える方向で選ぶと古杜音ルートに分岐します。
共和国軍が奥伊勢野に侵攻し、刻庵殿を倒す所までは同じですが、古杜音ルートでは
当たり所が良かったというべきか、<<大御神>>の天罰ビームは先代斎巫女の宝珠への
直撃が回避され、八岐雪花を絶命させることに。
雪花をこの場で解放できたのも、人を愛する才のある古杜音の人徳ですね。

 

Senmomo323
禍魄の力を封印した宝珠が壊れなかったので、ロシェルも姿を表すことなく退場。
冬濤編のような惨劇がなくなり、ひとときの平和が訪れます。100年から200年くらい。
このルートでは宗仁も生き続けるのでしたっけ。

 

Senmomo327
夫婦になったりと、このゲームでいちゃラブは珍しいかも? ヒロインの中で
一番幸せそうに見えました。そういえばカレーライスって日本食の様な気が

 
 

Senmomo328
武人への特赦と引き替えに翡翠帝が統治権を放棄、民主主義国家へ移行したり、
世界第2位の経済大国になったりと、某日本国のような歩みをみせる皇国。
結構エルザの理想どおり方向性になってますね。神殿組織も世界的宗教に成長したり。

当初予想していた古杜音ルートは、宗仁の呪装刀を打つために古杜音が命を捧げて
死んでしまうような悲恋エンドを想像していただけに、予想に反して長生きしてくれたのは
嬉しかったです。<<治癒>>や<<研ぎ>>死にかけたりしていましたが。

呪装刀というものが存在し、製作できる巫女が登場するので、主人公のために一振は
製作されると踏んでいたのですが、宗仁自身が最強の刀なので製作する必要性が
薄れてしまったと言うことでしょうか。

 
 

Senmomo320
好意を隠さずに積極的なのは人を愛する才だからでしょうか。
古杜音のHシーンは作中で1シーン。おまけシナリオで3回、合わせて4シーンです。
Hシーン構成は朱璃と同じです。

 

Senmomo321
下着のデザイン性も前作より向上しています。古杜音はオレンジ系なのね。

Senmomo330
私服Hでは巨乳ヒロインならでの授乳手コキが! オーガストでは初めてかも?
とても良いおっぱいでした。

Senmomo332
水着Hでは上半身の裸立ち絵も登場します。

また、男性器を描写しないパイズリという構図は斬新でした。
モザイクだらけの肉棒を挟むことで美麗なおっぱいが鑑賞しにくくなるならば、
いっそのこと排除してしまうという潔さは一理あると思います。

千の刃濤、桃花染の皇姫:プレイ感想日記11 冬濤編(朱璃ルート)終了

Senmomo270
最終章の冬濤(ふゆなみ)編まで終わりました。

Senmomo308
千桃は一本道のシナリオで、途中の選択肢が他ヒロインルートへの分岐となるので、
他ヒロインに落ちずに進み続けるとそのまま朱璃ルートになります。
よって、冬濤編が朱璃ルートになります。

Senmomo272
見事な風穴ですね。

 

最終決戦なので、登場人物それぞれ見せ場があります。

Senmomo273
ウォーレン総督はロシェルが狂気の呪術兵器を行使してもぶれないですね。平常運転。
争いの種を撒く共和国はまるで某合衆国のよう。

Senmomo274
遂に親殺しの下克上。(死んでいませんが)

Senmomo295
エルザ翡翠帝を軟禁し、書類上ではありますが皇国を併合してしまったのは、
彼女なりに皇国を守ろうとした結果。小此木と同じことをしていたのですね。

 

Senmomo275
このCGは目の描き方が違和感大きくて残念でした。
オーガストのCGは概ね美麗なのですが、時々ハズレCGがあるような。

 

Senmomo277
もうひとつの忠義がここに。勅令発布は格好良くて燃えました。

Senmomo292
雪花を斬ることで雪辱を果たせて良かったです。

 

Senmomo293
Senmomo296
共和国軍が敵ではなくなった今、武人達が新たに対峙するのは、ゴーレム。
負傷中のも引っ張り出されます。輿の上で戦う様は戦国武将の大谷吉継のよう。

 

Senmomo291
朱璃酵素皇祖パワーで禍魄を追い詰めます。

 

Senmomo288
柿紅葉編の最後で攫われてしまった古杜音
この拘束具合にオーガスト処女作の「バイナリィ・ポット」を思い出しました。
縛っているなら、脱がすのもセットな気がします?
しかし、古杜音死にかけたり攫われたりと一番悲惨な目に遭っているような。

 

Senmomo289
ここぞという時の翡翠帝は凜々しいですね。もはや本物と言えるくらい。

Senmomo303
Senmomo304
武人でもなければ巫女でもない彼女ですが、皇帝として祈ることで
歴代の皇帝達の英霊が助太刀してくれる場面も燃えます。
そして、こんなシーンでもパンチラを見せてくれる翡翠帝は大好きです。

 
 

Senmomo299
心刀合一。物語序盤である雪割草編の時点から何度も唱えられていた理念。
これまでは、迷いや雑念を捨て去り、滅私や一振の刀になったときにその境地に至れる
とありましたが、朱璃を守るという一念と、皇国の敵を斬るという刀そのものの宗仁
合一すれば最強。柿紅葉編での「主の刀」もそうでしたが、発想の逆転による
形勢逆転劇はカタルシス感を覚えて格好良かったです。宗仁のイベントCGも格好いい。

 

Senmomo307
Senmomo314
最後の瞬間まで主従の忠義を貫き、朱璃を救うため、宗仁この世を去っていく
BGM「千の波濤」がとても感動的でした。琴の音色が余韻を残して良かったです。

 

Senmomo311
柿紅葉編で古杜音がして見せた、神への純粋な祈りが後々の伏線となって、
最後の最後で救済されたエンディングも良かったです。
同じ一本道シナリオだった「穢翼のユースティア」とは実に対称的でした。
ユースティアの批評を受けて、二の轍を避けた?

 
 

Senmomo283
物語性重視のシナリオ構成ゆえか、作中でのHシーンは1回のみエロイッカイダケ……
ではないですが、本編クリア後に「余談」所謂アフターストーリーが解禁され、
残りのHシーンはおまけシナリオで補完されます。
本編と合わせて全部で4回なら、及第点かと。

補足するなら、皇位継承者と武人の主従関係と、皇国再興が至上命題でしたので、
色恋に現を抜かす暇もなかったわけですし、仕方ないところなのかなと。
流石にHシーンを全て排除しておまけシナリオに押し込んだ某クロノクロックの悪手は
選ばなかったようです。

難を言うならば、朱璃のHシーンは呪装具コスと浴衣の2種類のみで、4シーンのうち
呪装具コスが3つも占めているというバランスの悪さでしょうか。
着衣Hを売りにしているはずのオーガストなのに、これは残念で不可解でした。
学生服や私服を排除するならば、全裸Hを入れた方が良いと思うのに。

朱璃下着は全て桃色でしたね。桃花帝ということで因んだのかも。
今作では下着のデザイン性も若干上がったように見受けられます。

千の刃濤、桃花染の皇姫:プレイ感想日記10 柿紅葉編

Senmomo207
柿紅葉編まで進めました。

Senmomo232
竜胆作戦失敗から4か月経過し、皇国の現在時間でも季節は秋。
12月に突入しているので晩秋から初冬ですね。

伊勢野は現代日本で言う三重県の伊勢神宮に相当するでしょうか。
地理的には和歌山県の熊野や奈良県の吉野の雰囲気があります。
 
 

Senmomo219
更に新キャラ登場。伊勢野管長・閑倉五十鈴
システムのキャラクター音声設定欄はこれで全部埋まったようです。
 
 
 

Senmomo217
柿紅葉編は古杜音回ですね。瀕死の重傷を負った宗仁を回復させるため、古杜音
大活躍。混浴して湯治する場面は、行衣から乳首が透けて見えるのがエロかったです。

 
Senmomo218
高度な呪術を見て陶酔するとは、古杜音というか巫女職は技術系?
 
 
Senmomo221
Senmomo222
歴代の斎巫女や彼女たちに対するミツルギの想いや宗仁の決意に触れて、
宗仁朱璃に命を捧げるように、古杜音宗仁に捧げようと決意します。

Senmomo220_2
Senmomo235
ミツルギの花嫁的に自分の身を捧げて回復させようとする古杜音
蝋燭の灯りに照らされる肌や表情がとてもえっちぃです。
この据え膳を食べるかどうかの選択肢で古杜音ルートへの分岐になるようです。
勿体ないですがここは自重して、朱璃への忠義を尽くします。
  
Senmomo231_2
打ち切りになりそうな夫婦坂エンディングも見てみたいですが、
古杜音ルートは次の攻略で。
ちなみに実際の夫婦坂は東京都大田区の環状七号線沿いにあります。
さらに、バイク乗りなので、ペアスロープという革製品のバイク用品店を
思い出したのはここだけの話です。ここの革ジャンをいつか着てみたいです。
 
 
Senmomo224
古杜音とのフラグを回避したので、回復のためいよいよ朱璃と交わるかと
思われましたが、まだしぶとい。どうやら次章へのおあずけに。
 
 

Senmomo228
これが因果応報の謂われであると、民明書房的な説明が有っても違和感なさそう。
根の国も登場して、ますます日本神話的な話が深まります。


 
Senmomo214
Senmomo248
Senmomo250
古杜音一世一代の<<研ぎ>>。
宗仁が物語冒頭から度々「ただ一振りの刀」と称していたのが、実はここで活かされる
長大な伏線だったのが痺れました。
朴念仁の言い訳だけではかなったことに感服しました。
 
 

Senmomo245
Senmomo252
刻庵殿との再戦。パワーアップしてようやく師弟対決できるのは
物語的にも定石ですね。
 
 

Senmomo253
皇国に属するもの以外を消滅する守護呪壁<<天御柱>>。
天京にある呪壁も本来はこんな感じで起動するのでしょう。
禍魄は皇国建国以来ずっと存在していたし、八岐雪花は八岐家の子孫、刻庵殿は
いうまでもないので、故に三人は排除されなかったようです。
 
 
Senmomo254  
Senmomo257
古杜音を宿敵とする八岐雪花古杜音朱璃に次ぐ重要ヒロインなのは、
雪花千波矢の存在があるからでしょうか。
<<黒主大神>>は日本神話で言う大国主命がモデルのようです。
彼が国津神とするなら、皇国の<<大御神>>は天津神ですね。
現実なら古代の因縁なんて歴史上の話で終わってしまうところですが、
皇国の皇帝支配が2000年続く故に、怨みも2000年続いてしまうのですね。


Senmomo262
先代の斎巫女の呪装具。CG彩色画とても写実的で綺麗です。
最近のボーリングの球みたいなデザインかも。
 
 

Senmomo264
禍つ魂魄禍魄。二千年来の宿敵の前には、もう共和国軍なんて目じゃない
展開になってきました。
シナリオ構成的には数万もいる共和国軍はなく、主人公達が対峙しやすい1人の敵に
集約して据えたという見方もできそう。
 
 
 
Senmomo269
主人公が復活して好敵手を打ち破る定石が用意されているなら、
その好敵手の洗脳が解けて窮地を救うのも定石。
復活の口上が格好良いです。
 
 
Senmomo267_2
小此木刻庵の幻が並び立つ姿は、某銀河戦争のオビ=ワン・ケノービとヨーダの
それを思い出しました。


 

« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »