購入予定とお気に入り

応援中!

  • フェイバリットOHP
    明日歩可愛いよ明日歩
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

カテゴリー

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
フォト

« ワールド・エレクション:二人目と三人目 | トップページ | 見上げてごらん、夜空の星を:主人公とサブキャラ公開 »

見上げてごらん、夜空の星を:舞台モデル地の考察みたいなもの

考察というよりは推測になるのかも。

さて、公式サイトの舞台紹介に背景画像が幾つか公開されていますが、
どれも精緻で綺麗ですね。いい背景なので、是非とも舞台探訪したいくらい。
俯瞰図には手元に三香月駅が見えますね。芸が細かいです。

このゲームの舞台「ほしのなか市」は「関東北部に位置する中小規模の地方都市」
ということから、北関東。俯瞰図からが確認できるので、茨城県沿岸部
絞られます。
「ほしのなか市」という名前のモデルはひたちなか市と推定されますが、
ひたちなか市には山がありません。俯瞰図のように両側を山に挟まれ、
河川が間を通り、海に至る扇状地が比較的近い。これに当てはまるのは……日立市

おそらく「ほしのなか市」は、ひたちなか市と日立市をモデルにしたと推測します。
市街地や駅、道路や河川の配置は、美術設定担当の人が一から作り上げているかと。

というわけで仮説を立てたので、実地で実証してみようと、茨城県日立市の神峰山に
登ってみました。
天気がなかなか晴れないので、検証するのに2週間待ちました。
Kaminesan01

早速山頂からの写真を貼ってみます。アングルが悪いですがどんなものでしょうか。
実際の風景では線路はなく、三日月駅の位置にあるのはJX日鉱工場だったりと
色々異なっています。

Googleearth01
取りあえず、グーグルアースの俯瞰画像も貼ってみます。アングルの微調整が難しい。
どうでしょうか。
 
 

Kaminesan02 Kaminesan03
神峰山への登山道は複数のハイキングコースがあるようですが、私は最短コースの
「奥日立きららの里」から登りました。きららの里への入場料が必要ですが、
JAF会員割引もあるので、ここは豪奢に。
登山時間は2.2kmで35分。歩行ペースが遅いと思っていましたが、
案内図どおり時間だったのに驚きました。なかなか健脚?



ちなみに舞台モデル地の推測は、プレビュームービー公開直後から密かに
始めていました。
当初は、太陽が海側に沈むことから、日本海側の都市を予想していました。
候補としていたのは、新潟県の胎内市。胎内星祭りで天体観望的に近いのと、
地形的に似ていたので。しかし、2作続けて茨城県だったのは予想外でした。
 
 
 
平成28年1月10日追記:
ゲーム付属の冊子によると、舞台モデル地は茨城県日立市とのこと。正解でした。

« ワールド・エレクション:二人目と三人目 | トップページ | 見上げてごらん、夜空の星を:主人公とサブキャラ公開 »

旅行・地域」カテゴリの記事

見上げてごらん、夜空の星を」カテゴリの記事

コメント

補足事項と多少の想定を踏まえのお話です。
日立市にはかつて日立電鉄という市電が走っていました。
今はもう線路自体ありませんが、今でもサイトで検索すれば当時の風景がわかるかと思います。
また、さらにかつては日立駅からJX日鉱工場方面への鉱山電車が走っておりまして、私の小さい頃はこの線路がまだ存在しておりました。こちらも検索をすると市街地から山に向かって伸びていく鉄道の跡を見ることができます。
川にかかる橋に似た風景もこの山の上の方にありましたし、山麓にあった本山小学校?中学校(現在廃校)が主人公たちの小学校だった可能性もあります。校舎の立地が似ているのです。
ダムに関しては十王ダムというものがありまして、かつて十王村と呼ばれた村がダム湖に沈んでおります。ダムの上の道に幽霊が出るというのもお約束ですがありますねw
せっかく神峰山に登られたという事でしたので、補足事項を元現地民がお伝えさせて頂きました。失礼いたします。

初めまして。補足コメントありがとうございます。参考になりました。
ほしのなか市が日立市の歴史もモデルにしていたという可能性まで
至りませんでした。春になったら、再度探訪してみたいと思います。

廃駅関係で日立電鉄は調べたつもりでしたが、つくばエクスプレスに
転籍した社員もいたようで、これもゲームとリンクしていそうです。

ご返信ありがとうございます。
日立電鉄でかつて使用されていた車両は実は1両だけ現存しております。
しかも、個人の持ち物でw
電車君1号店(日立店)のお店自体がその車両を利用しています。
http://blogs.yahoo.co.jp/edasyu1_7892/7690400.html
他の人のブログで大変恐縮なのですが、こちらにその車両の画像もあります。
ゲーム中の車両は国鉄色ですし、型版も違うと思いますが念のため。

>つくばエクスプレスに転籍した社員

私の同級生の中にこの経路をたどった人間おりますw
地元を離れてもう十数年たちますが、ほっこりさせてもらえるゲームです。
あの頃の地元が懐かしくも感じます。

http://www.hotetu.net/haisen/Kanto/100207hitachikougyousenyousen.html

日立鉱山線に関するブログを見つけましたので、ご参考までにURLのせておきます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/548293/62225587

この記事へのトラックバック一覧です: 見上げてごらん、夜空の星を:舞台モデル地の考察みたいなもの:

« ワールド・エレクション:二人目と三人目 | トップページ | 見上げてごらん、夜空の星を:主人公とサブキャラ公開 »