購入予定とお気に入り

応援中!

  • フェイバリットOHP
    明日歩可愛いよ明日歩
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

カテゴリー

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
フォト

« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »

4ヶ月ぶりの洗車

桜も咲き、春めいてきました。ということで、久しぶりに洗車しました。
冬の間は寒さは勿論のこと、水も冷たいので、洗車は控えていました。

Dsc00326
埃と花粉が積もり放題に。実際に目の当たりにするともっと酷かったり。
この状態でもリアガラスは実は見えます。
四面を壁に囲まれた車庫ならば埃等も付かないのでしょうか。

今回は普通のシャンプー洗車です。ワックスは昨年の11月頃にバリアスコートを
施工してあり、雪や雨の日は乗っていなかったので撥水機能は維持しているかと。

恒例行事として、5月の連休中にワックスがけ等の本格的洗車を予定しています。

第42回東京モーターサイクルショーに行きませんでした

先週末に開催されていましたね。
前売り券を購入していましたが行使する事もなく、結局行かずじまいでした。 (;;;´Д`)ゝ
心惹かれる機種がなかったのが大きいです。

今一番乗りたいバイクは、スズキ・G-STRIDER。次点でヤマハ・テッセラクト。
前者は10年以上待ち続けているのですが一向に兆しが見えないのが悲しいです。

今秋のモーターショーに密かに期待します。

そういえばタンクバックを大分使い込んでるので、買い換えを検討中です。

サノバウィッチ:プレイ感想日記09 因幡めぐるルートクリア

Sanoba113
めぐるルートをクリアしました。
寧々ルートにはなかった、最長と思えるチャプター9まで続いた長丁場でした。

 

7章終わりまでイチャイチャはあるけど恋人関係が成立しなかったり、
8章終わりまでHシーンがなかったりと、
めぐるが魔女ではないぶん、イチャイチャと恋愛方面にシナリオ全力振りしてますね。
オカルト研究部公開で告白したり、Hバレあったりと。イチャラブ度高いです。
8章途中までプレイ中、Hシーンはまだなのか?と思ったりしていたのは内緒。

 

Sanoba114 Sanoba117
主人公にはめぐるしかいないと思わせるほどに二人の恋愛を深く掘り下げていたと
思います。彼女が序盤に語っていたように、狭く深く。

Sanoba115 Sanoba116
めぐる誘い受けで主人公を攻略した形でした。彼女もまた自爆キャラですね。

 

Sanoba122 Sanoba123
また、めぐるが魔女ではない代わりに主人公の魔法を再定義して意義を持たせたのは
上手い配剤だと思います。

重度のイチャラブシーンや他キャラによる見返りを求めない秘めた活躍など、
担当シナリオライター(と推定される)保科圭の特徴がよく出ていました。

 

Sanoba121
Hシーンは2回目の1枚目がお気に入り。
おっぱいを弄られながら、主人公のを咥えているシチュエーションがそそります。
乳首を摘まむ差分がエロいです。
また、事後に裸立ち絵があったり、アナルHも合ったりと、胸はない代わりに
お尻方面が強化されてます。

 

Sanoba112
同じ一般人の憧子先輩が要所要所で活躍してましたね。

 

Sanoba119 Sanoba120
ある意味、めぐると主人公に振り回された魔女組。
の追い打ちが上手いです。

 
 

Sanoba118
後輩キャラで初登場時はぼっち気味。仲間になると他ヒロインには
主人公には容赦ないツッコミ。乱読家。そして中の人が遥そら

ええ、やはり「大図書館の羊飼い」の鈴木佳奈をよく思い浮かべてました。

サノバウィッチ:プレイ感想日記08 因幡めぐるルート1

Sanoba106
3人目は後輩の因幡めぐるです。
3番目になったのは見た目の派手さから後回しにしました。

最初から始めて、選択肢スキップを併用しながらチャプター6まで進めました。
 
 

Sanoba100 Sanoba101
共通ルートでもめぐるのイベントが幾つか用意されてます。
ハロウィンパーティも寧々と比べて結構長めだったり。

Sanoba99 Sanoba105
深く長くというか、気の置けない相手にはべったりかつ突っ込みが激しいですね。
 
 

Sanoba104
めぐるは魔女ではないので普通の恋愛シナリオかなと思っていたら、
共通部で回収できなかった彼女の心の欠片に魔女の話が絡んできて、
オカルト研究部全体で寧々が魔女であることを共有してしまう意外な展開に
なっていきました。
 
  
Sanoba111
アカギがまるで常識人のようです。ルートとの傍若無人ぷりはどこへやら。
かつての契約者だったちーちゃんの偉業に敬意を払っているからでしょうか。

自分を顧みず、孤立しても、親しい相手に対して一途に約束を果たそうとする
ちーちゃんの姿勢は心打たれるものがありました。
担当シナリオライターはやはり保住圭でしたか。氏の十八番ですね。
 
 

Sanoba103
綾地さんの暖かいジト目
ジト目全体としてもとても珍しいかも。
 

Sanoba107
そして、まさかの眼鏡ッ子。フレームも地味ですね。自宅内で使用しているからか
拘らないのかも。
攻略対象ヒロインで眼鏡着用は「ぶらばん!」または「E×E」以来?

購入報告:「サキガケ⇒ジェネレーション!」オリジナルサウンドトラック

Sakigakeost
「サキガケ⇒ジェネレーション!」サントラCDイヤッッホォォォオオォオウ!

夏のグッズセットに先行発売されて以来の苦節7ヶ月。遂に一般発売されました。

サントラCDは一般発売予定ということだったのでグッズセットを見送って待望して
いましたが、昨冬までに音沙汰がなかったのでもう発売をしないと諦めそうに
なってました。
某ベストゲーム投票スレで催促したのが奏功したのでしょうか。
 
 

Sakigakeost2
というわけで早速聴きました。BGMの担当はElements Garden
「カミカゼ☆エクスプローラー!」のときと同様に良い曲が揃ってます。
お気に入り曲は

「桜舞う校舎で、あなたと」
星咲桜花のテーマ曲です。出だしの数フレーズ、6秒弱で心鷲掴みされました。

 
「はじめてのHeaven」

ピアノのテンポ良いメロディがお気に入り
エピローグで流れるような前向きな曲です。

「夕焼けに誓うとき」
エレキギターのメロディが燃える曲。
「カミカゼ☆エクスプローラー!」の「それぞれの決意」に近い曲調です。

 
「よかった」
ハッピーエンドというか、報われる感じが気に入ってます。

 
「優しさにあふれた世界」
グランドエピローグで流れる曲です。ピアノの優しいメロディが和みます。

「マギカベルミア」
ウィジェネのテーマ曲。壮大かつ緩急付けて盛り上がる良い感じです。
この曲の出来の良さがウィジェネの、ひいては「サキガケ⇒ジェネレーション!」の
陰の立て役者になっていると思います。

 
「出現ッ!」

ボス戦BGM。出だし10秒台のパイプオルガンに重ねるエレキギターが
ボスの登場を表現しているようで良い味出しています。

「常勝無敗ヒーローズ」
美味しく頂くッ!曲。

「MEMORIA」
一昨年末から聞いていますAiRIのOPもお気に入り。
「祈りながら呪文唱え 魔法かける」のフレーズが気に入ってます。
それ故にOPムービーのここのカットの不一致に不満が。

 
 
ジャケット絵は描き下ろしではないですが、
2,000円で2枚組、フルカラーピクチャーレーベル、8ページブックレットは
お買い得だと思います。

ひととおり聞き終えるとゲームの情景が蘇ってきて、またプレイしたくなりました。

Elements Gardenは「Canvas2」のBGMを担当した時からファンですが、
やっぱり良いですね。

サノバウィッチ:プレイ感想日記07 綾地寧々ルートクリア

Sanoba88 Sanoba89
ノーマルエンド後にタイトル画面に追加された「RESTART」の項目。
魔法に願って、過去に遡って両親の離婚をやり直す再開から、
主人公と再び出逢う再会へ。そして再び始まる主人公との日々。

というわけで、綾地寧々ルートをクリアしました。

このリスタートシナリオはまさに寧々のためのシナリオでした。
「好きでいてもらうための努力」を体現したシナリオ。
エンディングが彼女が解放され、報われる形になったのも良かったです。
 
 

Sanoba97
チャプター0。サノバウィッチZEROですね!

Sanoba92 Sanoba91
主人公と再会するため、前回と同じように極力努める姿はとても健気でした。
数年も待ち続ける姿は、某ストロベリーノーツの寿々苗穂海を思い出しました。


Sanoba93
過去に戻った事に対し「いま、幸せかい?」の問いの答え。
叫ぶ姿がとても印象に残りました。

Sanoba90
そしてメーカーシナリオ主導の下、共通ルートを再プレイすることになるとは。
奇妙な気分ですね。

 

Sanoba94
Hシーンも本番6回全部合わせて10シーンと、ヒロインの中で一人突出していて、
ゆずソフト史上最大ですね。真ルート込みでもボリュームあります。


Sanoba96
寧々自爆系お淑やかむっつりヒロインでした。
「お家帰るぅ」と涙目になるシーンが可愛かったです。
桐谷華の声を十分に堪能しました。


「いってきます」「ただいま」そして、共通ルートのやり直し。
某PriministArと某Strawberry Nautsと某オルタの要素が合わさった印象でした。
処女二回頂くのは某初恋サクラメント?

サノバウィッチ:プレイ感想日記07 綾地寧々ルート2

Sanoba82
寧々ルートのチャプター6,7を進めて、ノーマルエンドにたどり着きました。

Sanoba83
心の欠片が瓶いっぱいになったとき、魔法で願いが成就するのですが、
主人公と恋仲になった寧々の場合はあまり歓迎されない状況でした。
告白の返事について、よく考えて答えを出すと言っていましたが、
魔法で願いが成就したときのことまでは至れなかったようです。

Sanoba85
寧々の重要関係者なのに、第5章ではまるっきり未登場だった七緒さん。
破局の予言とは今回は損な役回りですね。

 

Sanoba86
誤解させるような言い回しに痺れる憧れる?
これまでに対する、一種の意趣返しな気分でした。

寧々が過去に飛ぶのを受け入れた上で「共に一緒にいる」という前に進むこと
選択した二人。
紬ルートのように、ルールの盲点を突いた契約の破棄を模索する悪あがきが
なかったのは意外でした。

 

Sanoba87
「いってきます」ですか……。
別ゲームで見覚えあるシーンにトラウマががが。

サノバウィッチ:プレイ感想日記06 綾地寧々ルート1

Sanoba66_2 Sanoba68_2
二人目の攻略はメインヒロイン綾地寧々です。メインヒロインを2番目にしたのは、
リボンな魔女姿が露出オーバーなので好みのピントが合わなかったから。
なので、魔女服が可愛かった紬を最初に攻略しました。

Sanoba65
とりあえず、チャプター5まで進めました。

 

Sanoba63 Sanoba64_2
特に気にしません。特異な店舗でなければ。
このイベントのネタ元はラーメン二郎ですね。
噂に聞いた事ありますが、私も食べた事はありません。味噌か醤油が好みなので。

 

Sanoba67
イベントCGでもジト目の差分を用意してくるとは周到ですね。
ジト目表情の人気も浸透してきました?
「めのおく」おまじないは初めて知りました。

 

Sanoba69
昭和というより神田川ですね。

 

Sanoba71
告白をしないと決断した海道が表情と合わさって格好いいですね。
彼の相談が、主人公と寧々の一歩踏み込む糧となってます。

 
 

Sanoba72
というわけで一歩踏み出したら、またお預け?キープ開始?
軟着陸しますが、どうやら魔女への告白は一筋縄ではいかないようです。

 

魔法に頼る理由は紬より深刻でしたね。メインヒロインなので順当でしょうか。
魔女二人とも重症な内容だと物語的に重複するのと、
プレイヤーもげんなりしそうだから紬のは軽症にしたのかも。

ALcot最新作「LOVEREC.」紹介ページ公開

アルコット公式サイトにて最新作「LOVEREC.」の紹介ページが21日に
公開されました。

仁村有志担当のヒトミビデオカメラの精霊なのですね。

あらすじやキャラ紹介文を読む限り、ALcot本店というよりはハニカム文庫の製品
といったような?

 

ジャンル繋がりで、映研というか撮影もののPCゲームが過去にいつくかあったのを
思い出しました。GREENとかフィルムノワールとか。買った事もプレイした事もないですが。

PRIMAL×HEARTS 2のヒロインは群馬県出身?

ま~まれぇど公式サイトにて「プライマルハーツ2」の紹介ページが先週公開されました。
キャラクター紹介のページを早速開いてヒロインを確認します。

  • アリスティア・ヴァレンベリ・華蔵寺
  • 月夜野兎姫
  • 栗生真白
  • 館林たては

……

そういうことなのか?

群馬県?
月夜野と館林でピンと来ました。

  • 伊勢崎市の華蔵寺公園
  • 旧利根郡月夜野町(現在のみなかみ町)、関越自動車道月夜野IC
  • 桐生市黒保根町の栗生
  • 館林

おお、やはり群馬県の地名や名所などからヒロインの名前を創成しているのですね。

 

とすると、前作の「PRIMAL×HEARTS」のヒロインも……。ということで調べてみました。

  • 倉賀野聖良
  • 天神平陽姫
  • 駒形ゆづき
  • 神流歌奈

  • 高崎市倉賀野
  • 谷川岳天神平(天神平スキー場)
  • JR両毛線駒形駅、北関東自動車道駒形IC
  • 多野郡神流

初代も群馬県の地名や名所から名前が付けられていますね。

開発スタッフに群馬県出身者がいるというのは友人繋がりで聞いたことがありますが、成る程、裏付けが取れたかも。

近県でよくツーリングやドライブをして見知った地名なので、凄く親近感が湧きました。
こういう名付け方は大好きです。
 

 

 

それにしてもヴァレンベリって実在する資産家じゃないですかー

サノバウィッチ:プレイ感想日記05 椎葉紬ルート終了

Sanoba42 Sanoba51
ルートを終えました。
前半でのイベントが全て伏線となって後半で回収される、
お手本のようなシナリオ構成でした。

 

Sanoba45 
大抵の個別ルートはヒロインの悩みを解決する展開だったりしますが、
が魔女になった理由は然程深刻ではなかったりするので、前半の展開は
主人公の心の穴を塞ぐ手伝いを、後半は心を抉られる被害者が続発する事件へと
移っていきます。

  • 心を削って穴を開けたり
  • 男装の理由
  • 50年前の約束
  • 代償の肩代わり
  • 迷い犬?

特に迷い犬は捨て犬と思わせるミスリードが上手かったです。
落ちていた大型犬の服が実は後半へのヒントでしたね。
また、主人公の「相手の感情を自分の五感で知覚する」能力も所々で活躍しており、
悪い奴は誰もいなかった結末になったのは興味深かったです。

  

けれど、ルート前半は結構やきもきする部分は幾つかありました。
Sanoba52
遊園地デートに至るまでの過程は本当にやきもきしました。
向かい合わせの青信号なのにデートの誘いを2度も断られるとか。
主人公が受けたダメージも凄かったですが、まさに意外で予想外でした。

Sanoba47 Sanoba49
アカギが主人公の心を削ってトラウマを思い出させたときは、欠片の横取りも含めて
こいつ焼き鳥にしてもぎってやろうかと思いました。このときはまだ鳥頭だったのね。

Sanoba54
憧れの遊園地デートでは、コメディ部分でもないのにSD絵を使う事に
違和感を覚えましたが、通常のイベントCGはキスシーンに取っておいたのですね。

 
 

の可愛い服を着てデートしたいという拘りを叶えるために、
彼女には秘密でアカギ契約の代償の肩代わりをする裏取引をしました。

Sanoba57 Sanoba59
肩代わりを知った当初のの怒り方と海道達が気にしていなかったりで、
気楽に思っていた主人公に対し、や父親の太一喪失感
後から見せる事で罪悪感と後悔を負わせ、更に太一の心に穴が空いた事で
主人公をどん底に落とし込んだ物語展開に実は感心してました。
身勝手な自己犠牲の果てとして、このような結末を見せてくるとは。
ふと、「大図書館の羊飼い」における、羊飼いになったその後を垣間見た気がします。

Sanoba53
太一はとても家族思いの良い父でしたね。

 
 

結果的に代償を肩代わりした事でHも出来たわけですが、女装不可なので、
てっきりHシーンは全裸Hが必然になると密かに期待していました。
蓋を開けたら全て着衣Hでしたね。魔女服、私服、男装、小悪魔コス
1回目の事後に裸立ち絵があったのが救いでした。
アフターストーリーでの小悪魔Hでは、対面座位でおっぱいの大部分が
隠れてしまったのが残念でした。

  

Sanoba58_2 Sanoba62
の念願だった私服姿ですが、特段可愛いとは思わなかったり。Hシーンも含めて。
可愛さにおいては魔女服小悪魔コスのインパクトに隠れてしまった感があります。

 

Sanoba44 Sanoba61
魔女服は、大きなふくらみにより広げられた上着の合わせ目からの隙間や、
背中や肩部をカットされたことで、横乳がチラ見できたりと結構エロいです。

Sanoba48
これは男装の制服でも再現されてますね。ブラチラもなかなか趣があります。
着けていない差分もまた一興です。

サノバウィッチ:修正パッチver 1.13公開

公式サイトにて修正パッチの1.13版が公開されました。変更点を引用すると

■マウスカーソル自動消去がゲーム画面範囲外でも適用されてしまう不具合を修正
■マウスジェスチャ無効設定でゲーム中のタッチ操作ができなくなる不具合を修正
■一部のペンデバイスでゲーム中の操作ができなくなる不具合を修正
■タッチ操作でムービーをスキップできなかった問題を修正
■一部、chapter番号の不備を修正
■一部、BGVのタイミングを調整
■音声のリップノイズを修正(1セリフのみ)
■その他、システムの細かい不具合を修正
■その他、テキストの調整および誤字・脱字の修正

致命的なのはないようです。

ところで、「テキストの調整」って、具体的には何をしたのでしょうね?
少し気になります。表現の言い換えとか?
Sanoba41
それとも、「え? なんですか?」みたいな倍角や空白挿入等の修飾のことでしょうか。

サノバウィッチ:プレイ感想日記04 チャプター4&共通ルート終了

Sanoba28
第4章は第1章からちょくちょく登場してる憧子先輩がオカルト研究部に参加し、
全ヒロイン揃い踏み。勉強会やハロウィンパーティといった全体イベントを経て
共通ルートの締めくくりとなります。そしてヒロインルートが確定します。

 

Sanoba29
初回プレイは狙いで進めます。
しかし、直接選べるような選択肢は殆どないので、寧ろ他のヒロインのフラグに
関わる選択肢を選ばないように心がけました。
ちなみに、選択したのは次のとおりです。

  • しつこいからもういいか
  • 綾地さんに頼む
  • 時間を変更する
  • このままみんなで移動
  • 普通に言う
  • 誤魔化す
  • 諦めて気分を変える
  • さすがにそんなことは言えない
  • 今はバンドの事で頭がいっぱい

選択数はこれくらいあった方が選びがいがありますね。
そういえば、今回は胸の大きさの好みでヒロインが決まる、ゆずソフトならではの
おっぱい選択肢がなかったような?

  

Sanoba38 Sanoba39
バンド演奏後にやってきたのは狙い通りでした。
小悪魔コスが可愛いですね。ナイスツインテール。
魔女服の帽子とマントを脱いだだけでもこうも変わるとは。

一人だけの紬への投票シーンは気障ですけど格好いいですね。
紬の照れ隠しSD絵も可愛いです。銛で突いたり、上目遣いの差分が盛り上げます。
もう殆ど告白イベントですね。

 
 

Sanoba35 Sanoba30
海道(不思議の国のアリスの)帽子屋コスもよく似合ってます。
また、「最後の責任ぐらいは、お前が取るべきじゃね?」と、
主人公を舞台に引っ張り出すことでやる気を出させ、心の穴を埋める要因を増やした
お節介手腕は見事でした。
 
 

Sanoba31 Sanoba32
下着姿に遭遇イベントは最早様式美
下着の描写が細部に渡り質感があり、彩色スタッフさん良い仕事でした。

Sanoba33
この後の女性陣による逆襲シーンも合わせて面白かったです。
興味津々なと、部室の鍵をかける寧々が良い味出しています。
 
 

Sanoba34
憧子先輩のコスプレ。
髪の色が違いますが、髪の長さ衣装おっぱいの大きさ、それと誘惑度合いで
HHGメフィストを思い出しました。

 
 
 
 
それにしても、共通部のハイライトがイベントの運営企画とは。
アレと似ています?某図書部のミナフェスと。

サノバウィッチ:プレイ感想日記03 チャプター3

Sanoba24 Sanoba21
第3章は椎葉紬が登場し、憧子先輩絡みのイベントというか相談があったり、
選択肢も登場したりと長丁場だったと思います。
長かったからお家帰る?

 

Sanoba22 Sanoba23
もう一人の魔女椎葉紬
外見は男装ですが、中身は身も心も女の子が詰まってます。

Sanoba26
正面立ち絵が平べったい感じの塗りなぶん、このお尻プレスなイベントCGは
肌の塗りに質感があって良い感じです。
魔女服は背中が結構開いているのね。

Sanoba27
の正体に感づき、餌を撒いておびき寄せた主人公の鈍感ではないところに
感心してみたり。

 
 

Sanoba18
寧々めぐると一緒にデートの事前調査。攻略フラグを立てないよう、慎重に選択肢を
選びました。初回プレイはを攻略予定なので。

衣装や場面に応じて髪型が変わるのはゆずソフトならではの特徴ですね。
この拘りは素晴らしいです。

 

Sanoba19
食事が寿司というのはこの手のゲームでは珍しいかも?
でも寿司ネタでえろい会話を成立させたテキストは上手い保体ネタでした。

サノバウィッチ:プレイ感想日記02 チャプター2

Sanoba15
第2章で因幡めぐるが登場します。
見た目は派手そうな後輩ですが…?

  • 中の人が遥そら
  • おっぱいはそこそこ。品乳クラス?
  • 進学を機に学院デビュー(を図ろうとした)
  • 打ち解けるとよく懐く。子犬系

さらに、

  • オカルト研究部の活動実態は名称とは裏腹に、悩み相談という依頼を解決すること。
  • 主人公は特異能力持ちで、幼少の頃より人付き合いは苦手。実は内面的に壊れている。

加えて、

  • 桐谷華演ずるヒロインは非一般人である。

色々と某八月の「大図書館の羊飼い」と共通点や似たところが多いですね。
めぐるの台詞を目を閉じて聞くと、鈴木佳奈が浮かんできます。

サノバウィッチ:プレイ感想日記01 チャプター1

Sanoba03
「サノバウィッチ」のプレイ開始ということで、ひとまず第1章まで進めました。
今回も画面はじっくり鑑賞できる安定の4:3モードで進行します。

チャプター1は主人公の柊史綾地寧々秘密を知り、互いの秘密を共有し、柊史
オカルト研究部に入部するまでです。

Sanoba04
開始直後の親友キャラとの漫才やりとりが少々長めだったので、いきなりダレそう
でしたが、早々に寧々発情シーンを用意したあたり、掴みは十分にオッケーでした。

 

Sanoba06 Sanoba07
メインヒロインの綾地寧々
中の人は桐谷華さんですが、深窓の令嬢っぽいというか落ち着いた優等生な性格は
過去に演じた(プレイ済の)他のゲームのヒロインと重ならない別人ぶりでした。

Sanoba09
でも、うっかりさんや涙目モードは桐谷華ボイスの可愛い特徴が出ていますね。
「もうやだ、お家帰るぅ」の泣き台詞は良い演技でした。
存分にリピートした後は、即座にお気に入りボイス登録しました。

 

Sanoba10
優等生ゆえの虚ろな目モード。メインヒロインなのに多彩な表情です。

Sanoba08 Sanoba11
七緒さんはいい大人です。……猫だけど。
猫の状態でも裸ですが、直後に裸立ち絵が登場します。
裸立ち絵も第1章で早々に用意するとは。プレイヤーを掴んできますね。

 

Sanoba12
父親の太一。少々暑苦しいのはご愛敬。でも良い父親です。
PCゲームで主人公の父親が登場するのはとても珍しいですね。
しかも親子関係が良好というのも。
奥さんとの熱愛ぶりにもしっかり裏打ちがあったのも良い設定でした。
それが主人公が特異な能力を有する理由に繋がるところも。

おそらく、母親が魔法を欲したのは家族との、特に息子である主人公との
意思疎通を取りたかったからと思います。障碍を克服するための。

 
 

Sanoba05
この叩き方…地獄のミサワですね。

あの晴れわたる空より高く:東京とびもの学会2015大会参加

航空宇宙系オンリーイベント「東京とびもの学会2015大会」に行ってきました。
目的は「あの晴れわたる空より高く」の開発資料やデザイン図の展示を見るためです。

Tobimono2 Tobimono4_2
手書きの考察資料やロケットの図解はとても興味深かったです。
びゃっこIIIもSRBが4本とか複数案があったのですね。
誘電体多層膜の入射と反射の関係は改めて見ても理解は出来ますが、
他人に説明は難しそう。

キャラクターの原画展はよくありますが、VFBが発売されない限り、
メカの設定画を見られるのはそうそうないので、貴重な展示だったかも。
このゲームにおいては、ヒロインよりもロケットが主役と言わざるを得ないですね。

会場ではピンズやステッカーが完売。ゲームも結構売れたようです。
タペストリーは会場内に展示したら完売したかも?

 

会場内にM-Vロケットのプロッタ出力長尺断面図が貼ってあったのは驚きました。

Tobimono
今回の戦利品。はれたかグッズはひととおり持っているので、パンフレットを
改めて頂きました。

購入報告:サノバウィッチ

Sanoba00 Sanoba000
ゆずソフトの「サノバウィッチ」イヤッッホォォォオオォオウ!
2月分新作の購入したもう一つです。色紙もヒロイン分揃えてみたり。

 

Sanoba02
2月分は先に渦巻の「鯨神のティアスティラ」を先にプレイしていたので、これから
プレイ開始となります。と、その前に修正パッチver 1.12を適用します。
先人のデバッグプレイの御陰です (゚▽゚*)

あの晴れわたる空より高く:ボイスドラマ「ボケ重視のホワイトデー」

チュアブルソフト公式サイトにてボイスドラマが公開されています。
バレンタインデーのときも一日先取りでしたね。

ほのかの上手を取った乙矢は晴れ晴れした表情なのかも。

胃袋がオチなのは、バレンタインデーのボイスドラマと合わせているのかも。
しかし、そこに入ると復元不可能ですね……。

Whirlpool公式サイトのスタッフ日記が隔週更新へ

月替わりのTOP絵が今月で終わるのに続いて、スタッフ日記も毎週から隔週に変更
なりました。イラスト有りが多いから結構しんどかったのでしょうか。
それとも10周年に向けた新代表の改革案?
相次ぐ縮小策をみると、渦巻は大丈夫なのだろうかと余計な不安視をしてしまったり。
渦巻布祭りも手早い資金集めではないだろうかと

  

毎週更新されるスタッフ日記といえば、某パープルソフトウェアは健在ですね。
日記頁扉絵も含めれば一度に3名が書いていますし。
2004年頃のリニューアル以降、ずっと継続されていると思います。振り返ってみると
とても安定してますね。

 

日記繋がりで更に脱線しますが、ALcotのブログは現在入り口しかありませんが、
復旧する気はあるのでしょうか。

鯨神のティアスティラ:プレイ感想日記11 ヒロインの名前について

公式サイトの紹介ページが公開されたときにも触れましたが、

攻略ヒロインのうち、天川湊月、成海真莉音、リル=ホエール水に因んだ名前
エンディング後も天州アイランドに残ります。

一方、同じ攻略ヒロインの上遠野恵那は個別でもトゥルーでも島を離れますが、
名前が水ではなく山に因んでいるからでしょうか。
内陸の岩手県遠野市と岐阜県恵那市とか。

 

島の関係者とそうでない者という形でキャラクター造形をしたのかもしれませんね。

MAZDA CX-3についての印象

先月27日、丁度月末ゲームの発売日と同日に発売されました

デミオがベースなのですが、全幅が1765mmと広くなってしまった割に、
リアサスペンションはデミオと同じくトーションビーム。4輪独立ではないのですね。

上記2点が残念に思います。なんというか、高級志向なのかお買い得なのか、
どっちつかずで微妙な気がします。
最近のマツダ車の電子制御4WD機構はかなり頑張っているようですが。

個人的にフルタイム4WD車を求めるならば、CX-5の5ナンバーサイズ、小型車版が理想。
北米や欧州では需要なさそうですが。

国内ではトヨタ・ラッシュ(ダイハツ・ビーゴ)くらいしか該当しませんが、
デザインの好みとMT車設定がないのが玉に瑕です。

 

ちなみにCX-3が気になる理由は、名称繋がりでデジタルカメラのCX-3(リコー)を
所有しているからだったり。 (゚ー゚)

鯨神のティアスティラ:プレイ感想日記10 コンプリート!

Kujira105
トゥルーシナリオを終えるとタイトル画面が三度変化しました。
TIPSも読破してコンプリートです。
ちなみにTIPS達成度を100%にするには、全ての選択肢を選び、緊急回避を3種類とも
実行してみてください。

 
 
さて、Whirlpoolの12作目「鯨神のティアスティラ」ですが、なかなか良かったと
思いました。
水鏡まみず単独原画真ルートを実装。
前々作「まじかりっく⇔スカイハイ」、前作「G.I.B. ガールズ・イン・ブラック」
それぞれでの不満だった箇所が改善され、全裸Hも1人を除き殆どのヒロインに実装
まさに私好みのゲーム仕様になっていました。

 
 
シナリオ的には、主人公の目覚ましい活躍がないため燃える展開がなかったのと、
天州楽鯨団として全体での活動が目立たないせいか平坦だったかもしれませんが、
水鏡まみず原画のヒロインを多く堪能できただけでも満足でした。

 
 
Kujira32
お気に入りヒロインは天川湊月。メインヒロインで巨乳良いおっぱいでした。
性格も含めて正統派。湊月を選ばずしてこのゲームは外せないです。
他は主人公を振る幼馴染みやハイテンション義妹、貧乳なので、消去法でも湊月になりますが。

まみずラインは原画とCG彩色共々お気に入りになっています。
可愛い表情に豊満なおっぱい。エロさを主張する乳首。ギリギリまで見せる局部。
「Justy×Nasty ~魔王はじめました~」以降はCGが頑張ってますね。

 
 
お気に入りBGMは「ようこそ水の都へ」「今はじまる物語」といったオーケストラ曲や
「暴風域急速接近中」のロデオ風のメロディがお気に入り。
「神様なのだぞ?」の明るいテンポも良いですね。

 
 
 
 
最後に個人的な要望というか意見について。
トゥルールートのヒロインはリルでした。神様なので真ヒロインなのは妥当ですが、
容姿はもっと成長できなかったのかなと惜しんでみたり。
真シナリオの山場後は先代並に成長し、ばいんばいんになった姿とかを
見てみたかったです。ロリートの皆様方には申し訳ないのですが。

ゲームプレイ開始前やトゥルールート直前までは、成長後の姿があるのではと
密かな希望を持っていました。Hシーンも2枠残していましたし。
 
というのも、幼女ちっちゃい女の子が真ヒロインですと、某フェイバリットのゲームを
重ねてしまうのです。あちらさんは3作連続で幼女優遇していますし。

鯨神のティアスティラ:プレイ感想日記09 トゥルールートクリア

Kujira100
ヒロイン4人の個別シナリオをクリア後、トゥルールートへの道が開かれました。
地底湖で主人公を待つリルは、リルルートでのノーマルエンド後のものでしょうか。

 

Kujira86 Kujira87
というわけで、タイトル画面の背景がから地底湖に再度変化して仕切り直しです。

Kujira85
ちなみにインストール直後の未攻略時はこんな感じです。

 
 

Kujira88 Kujira89
このトゥルールートはリルの真ルート。
彼女が自分の行く末を絵本の物語に重ねていたことを否定するところから始まります。
悲運に抗い、ハッピーエンドとして一緒にいることを目指す主人公の悠真の意思が
格好いいですね。渦巻主人公の特徴である改変者の資質を持っていると思います。

 
 

Kujira99
トゥルールート選択直後の演出にあったように、各ヒロインルートの要素を抽出して
纏められてます。
真莉音が精製したエネルギー水でリルが一時的にも回復するのは良い展開ですね。
ヒロインがずっと弱りっぱなしなのは悲しいままなので。

Kujira96 Kujira97
恵那姉もイベントCG付で活躍します。優秀さと観察眼がようやく発揮されました。

Kujira95 Kujira94
湊月ルートで語られた伝承も、詳細に紐解くことで真の姿が現れる謎解きも
楽しかったです。奉納の舞は巫女ではなく、真の舞手がいたこととか。

Kujira92 Kujira98
正義のサポートもGJでした。実家にがあるということは、湊月ほどではないですが、
古くからの島民だったのですね。
ゲームで登場する昨今の自転車は電動アシスト付になったようで。
電力はやはりエネルギー水かな。

Kujira103 Kujira104
そして、リルを現世に繋ぎ止めた、「願い水」に願った悠真の想い。
共通ルートでリルももりん先生悠真を「以前に会ったことがあるような」と
呟いていたのはここの伏線だったのですね。

  

Kujira91
悠真の父が今回の件で助言せず放任していたのは、悠真が願えば自ずと解決するから
だった……? 若しくは願い水を横取りされたことへの(以下略)

 
 

リルの残り2枠のHシーンはトゥルーシナリオ中には挿入されず、どちらもおまけH扱い
でした。惜しむらくはリルの全裸Hがなかったこと。唯一人ないのは神ゆえに?

鯨神のティアスティラ:プレイ感想日記08 成海真莉音ルートクリア

Kujira72
主人公の妹、真莉音ルートを終えました。

ルートに入るにはフラグ管理が意外とシビアだったりするようです。共通ルート序盤、
港湾局での再会シーンはしっかり受け止めてあげる必要があります。
恵那は勿論、湊月リルのフラグも極力立てない方が良いかも。

 

Kujira64 Kujira66
真莉音シナリオもメインライター以外の人が担当したようですね。
個別ルート序盤の主人公がかなり弾けています

Kujira63 Kujira65
どうみても媚薬なラブリーエナジーの偽薬効果と真莉音の絶妙な焦らしにより、
他ルートとは別人の如くハイテンション。この主人公のノリは嫌いじゃないです。
変態紳士への調教教育の成果でしょうか。彼女への想いが沸々湧き上がっています。

 

Kujira67 Kujira68
このロリのエリートぶりを維持し続けたまま一線を越えるのかと思いきや、
待ったは流石に入りました。立ちはだかるのはやはり恵那姉。

Kujira69
正論なだけに痛いところ。
なお、恵那姉はこの勝負以降登場が全くなかったのが寂しいところでした。
学年が異なるし、なによりバカップルの世界に突入しているとはいえ。

 

カップル成立後しばらく、真莉音が人見知り畏縮モードになったのは面食らいました。
恋人弁慶というか、共通部や他ルートでのハイテンションが印象深いだけに。
このギャップには戸惑いを禁じ得なかったです。終始、積極的な性格で良かったかと。

 

Kujira75 Kujira76
願い水が政府や法律をも動かす事態に発展したのは面白かったです。
主人公の願う様が穏やかで、内容も真摯であったのも好感が持てます。

Kujira77
真莉音ルートは全体的に丸く収まっているのが評価できます。
リルにも縁結びという御利益属性がつきましたし。

 
 

Kujira70 Kujira71
Hシーンは最多の6枠。うち2枠はおしゃぶり枠ですが、「フェラしながら自慰をする」
シチュエーションがあったのは嬉しいです。「まじかりっく⇔スカイハイ」のゆりか
にもありましたが、自分の秘所を弄る様子がエロいですね。次回作でも継承希望です。

 

Kujira84 Kujira83
真莉音にももちろん全裸Hが用意されています。おまけH枠でなんと日焼けバージョン。
水着の跡がくっきりです。そしてアナルHありとオプション多数です。
日焼けした専用立ち絵も用意される力の入れよう。
また、立ち絵でふともものニーソックスをじっくり拝めるのも見所です。
今作に限らず、立ち絵は股上表示が大半ですが、もっと太股や全身を見せる機会が
増えることを期待します。

Kujira82
立ち絵といえば、真莉音にも裸立ち絵があります。良いおっぱい、良い乳首です。
裸立ち絵だけでもエロいですね。

 
 
 

バカップルラブストーリーの一方で、世界観に関する出来事も上手く扱っていたと
思います。

Kujira62
エネルギー水の凝縮研究。恵那の助力なく独自で達成できたのは、
主人公を攻略したい気持ちが他ルートより強かったからでしょうか。

Kujira78 Kujira79
共通ルートで触れられていた盗撮問題もこのルートで解決しました。
カメラ設置の真の目的や、主人公の叙述が犯人の目星をつける伏線になっていたりと
上手くプレイヤーの裏をかいていました。
 目を瞑らせた中で小瓶を戻すのを促す場面は、正に学校ホールルーム並の幼稚さで
思わずプレイを中断して天を仰いだりしましたが、そこは真莉音のご愛敬ということで。

 

Kujira81 Kujira80
事件の犯人ですが、立ち絵がなく、基本善人で大人なところは、クロシェット
「カミカゼ☆エクスプローラー!」や「プリズム◇リコレクション!」を彷彿としました。

 
 

Kujira59
「Clover Heart's」は「おハロー」でしたっけ

Whirlpool公式サイトの月替わりWEB壁紙が今月で終了

木曜日の公式サイト定期更新で公開された3月のトップ絵&壁紙は水鏡まみず画の
リル=ホエール(鯨神のティアスティラ)でした。
シックな色合いのウェイトレス姿が可愛いですね。服装デザインは天洲学園制服
元にしているようです。

 

スタッフ日記によると、この壁紙サービスは残念ながら今月で終了とのこと。
そういえば結構長く続いていましたね。と、ハードディスクを検索してみたら、
壁紙の配信は2006年12月から始まっていました。
8年もの間、毎月続いていた
ことに改めて敬服です。

歴代作品が連なった壁紙でしたが、「鯨神のティアスティラ」のTOP絵壁紙は
先月のSD絵と今月のリルの2枚のみだけだったりします。

ちなみにノートPC レッツノートCF-N8の壁紙は「ねこ☆こい」の龍堂美咲
長らく設定しています。もう5年近くになるかも。

鯨神のティアスティラ:プレイ感想日記07 上遠野恵那ルートクリア

恵那ルートを終えました。
恵那と終始イチャラブしていたら物語が終わっていた感じでした。

Kujira53 Kujira54
このシナリオの山場は正に前半の恋仲になるまでであり。後半は恵那ちゃんとの
チャラブに尽きたおまけ状態でした。

 
共通ルート終盤での祠の再調査で植生や地層に言及していたので、山や湖の
フィールドワークによる彼女の鋭い観察眼や洞察力が発揮される展開を期待して
いたのですが、大分当てが外れました。湊月ルート以上の活躍を期待していただけに。
エネルギー水と鯨神、どちらにも深入りせず、入っていたのは恵那姉というオチ。

 

Kujira52 Kujira57
リル
の御使いとしての任務は比重が薄く、片手間に淡々と進んでしまっていました。
リルの力を取り戻すには信仰心を集めることが必要だったり、
祠に納められた宝玉が彼女の力と密接な関係があったりしましたが、
それらをリルから突如告げられるばかりで、論理的な説明が示されなかったのは
消化不良でした。

恵那シナリオはメインライター以外の人が担当したと思われます。

 
 

Kujira55
そういえば、海での水着Hについて気になったことが。
恵那から誘ったり、騎乗位や下着ずらし挿入が多めかなと思ったのとは置いておいて。

場所が海の家の裏だったのですが、プロパンガスボンベが普通に設置されていたのが
気になりました。エネルギー水から電気を取り出して電磁調理器(IHヒーター)で調理
かと思いましたが、飲食店の類では火力を必要とするガスなのでしょうか。
全てがエネルギー水で賄われているわけではないのですね。

鯨神のティアスティラ:プレイ感想日記06 上遠野恵那ルート1

Kujira43
3人目は幼なじみのお姉さんキャラの恵那です。
ルート前半部、2回目のHシーンまで進めました。
 

Kujira49
本土ではお隣さん同士で古くからの幼なじみということで、ルート開始直後から
良い雰囲気。恵那の方は既にフラグが立っているので、時間の問題というか
難なく恋仲になると思いきや、予想外の展開が待ち受けていました。
 

Kujira45
まさか、主人公からの告白を断るとは。これは驚きました。
恵那姉も言ってましたが、どうしてこのタイミングで告白なのか。
彼女が本土に戻ってしまうという危機感から動けたというのもありますが、
間がが悪すぎた感ありありでしたね。

恵那は主人公の悠真を追いかけて天州に来たので、本土に戻る危機は想定外でした。
プレイ前の展開予想は真莉音との泥沼三角関係くらいかなと想定しただけに。
 

Kujira44 Kujira48
その真莉音は泥沼とは逆に、懸命に二人の橋渡しをしていていい女ぷりでした。
 

Kujira47
恵那
姉に振られたダメージは些かではなかったですが、悠真も「関係を元に戻したい」
と返すことで彼女にダメージを与えていたのが興味深かったです。
この切り返しには密かに溜飲が下がっていたり。


悠真
恵那との距離が近すぎたせいか、彼女の行動の裏にある気持ちに鈍感というか
無頓着でしたね。
ちなみに今作は恋愛部分にシリアス展開を入れるのがテーマなのでしょうか?

 
 
Kujira46
振られたことを級友にバラすことで慰める機会を設けたり、「願い水」を使って
恵那の気持ちを変えることを許可したりと、常識外の行動を見せるリル
彼女はやはり人ではなく神様だと認識させるシーンでしたね。

悠真は「願い水」で他人の気持ちを変えることを否定しましたが、
逆に自分の気持ちを変えたり消してしまうのはありなのかなと、ふと思いました。
「関係を元に戻したい」だったので、「願い水」で自分の記憶を消す展開を密かに
見てみたかったかも。
 
 

Kujira51 Kujira50
紆余曲折したのにち恋仲になりますが、寮なのに同棲的な展開があったり、
ピロートークが長めだったのは隣同士の幼なじみヒロインだからでしょうか。
なおHシーン2回目はお風呂H。待望の全裸Hです。

ALcot最新作「LOVEREC.」先行公開の感想

先月27日に公式サイトにて先行紹介ページが設置されて、タイトル名とヒロイン4名が
公開されています。

原画担当は左から 鳴海ゆう・仁村有志・ちこたむ・鳴海ゆう のようです。

看板絵師の仁村有志の担当が1キャラのみなのは勿体ないというか残念です。
別の言い方をすれば、コストパフォーマンスが悪い。

例えば仁村有志が参加せずちこたむが2人担当なら、今回はちこたむの製品ラインと
納得できるところですが、看板級の絵師が一キャラずつ担当というのは
どっちつかずな感じです。

鳴海ゆうが二人担当していますが、どちらもメインヒロインではないようですし。
キャラの配置が両脇でもあります。

前作「クローバーデイズ」や過去作と比較すると塗りが変わったようです。
乾いたというか白っぽい雰囲気。

 
 

以上の結論としては、第一印象は凄く微妙です。

鯨神のティアスティラ:プレイ感想日記05 リル=ホエールルート終了

Kujira36 Kujira37
共通ルートの選択肢をやり直して、変態紳士リルルートを終えました。

リルルートはほろ苦い結末になります。真ルートが用意されているためでしょうか?
リルと手を取り合えてますので、某マギウステイル程ではないです。なのでほろ苦い程度かと。

物語内の物語は悲恋を示唆させて、したたかにプレイヤーを煽っていたかも?

自分のルートだけ神としての力が弱まってしまうのは、御使いとして努力する主人公を
解放してあげたいと思ったり、の危機も周囲に頼らなかったりと、神通力というか
内向きに作用して信仰的な力を周囲から得られなかったからでしょうか。
鯨神の祭祀は行いますが、湊月ルートとは対称的な感じです。

Kujira39 Kujira41
向かい合わせの青信号というかヤマアラシのジレンマを越えて、
恋仲になったリルの甘える様子がとても可愛いです。秋野花の演技が絶妙に上手い。
頭なでなでといった感じで愛でたくなる可愛さがあります。

 

Kujira40
神とはいえ、小さな子に慰められる様子はなんというか心打たれるものがあります。


ちなみにHシーンは5枠のうち3回でした。残り2枠のうち、1つはおまけH用だから……
ハッピーエンドも見るためにも、真ルートにたどり着かないと。

鯨神のティアスティラ:プレイ感想日記04 天川湊月ルート終了

Kujira29
湊月ルートをクリアしました。

 

極上のおっぱい! ぷっくりな乳首にむっちりな身体づき!
「俺の相手が、こんな素敵なおっぱいを装備してて、とても幸せ者だっ」
主人公の台詞に一字一句違わず同意する程に湊月は良い身体でした。エロい。
乳首や肌の塗りが素晴らしかったです。彩色さんGJです。

Kujira27
Hシーンも良かったです。全裸CGも多く、全裸スキーには大変満足です。
特に3回目のお風呂Hが最高でした。
全裸に加え、浴槽の縁に座って足を開き、見せている構図がとてもエロいです。
肌色部分は勿論、浴槽の湯等、背景の塗りも良かったです。

Kujira30
体育祭でも片鱗を見せてましたが、裸立ち絵があります。浴室で2シーンあり、
腰上で拝めますが湯気フィルターのせいで鮮明に拝めないのが残念です。
なお2回目の裸立ち絵シーンではリルの裸立ち絵のおまけ付きです。

 
 

月ルートは彼女が巫女ということで、鯨神の祭祀復活と祠の復旧がテーマでした。

Kujira21 Kujira23
責任感が強くて優等生、けれどどこか天然というか残念なヒロインの湊月
ルート前半は鯨神の巫女の一族なのに御使いに選ばれなかったコンプレックスで
主人公の悠真につれない態度でしたが、彼の優秀さかつ底なしのお人好しさに絆され、
恋人になってからはツン成分の反動で大きくデレてます。

Kujira26 Kujira32
湊月かわええ。にへらと笑った表情も似合います。
Hシーンも殆どが彼女から誘う形になっていたような。

Kujira33
悠真の影響は更に及び、リルに尽くすというのではなく、友人として一緒に歩む方向に
変化したのも良い成長でした。

 

Kujira35
祠は再建に近い復旧でしたね。瓦は銅板を葺き直し、躯体も建て直したようで。
背景CGも良い感じに描けていると思います。
ちなみに人力で多量の資材を運ぶとしたら、リヤカーが便利だったりします。
資材を野ざらしにしない方法としては現場にブルーシートでタープを張るとか。

 
 

Kujira20
島を上げての祭祀を催すということで、行政側を引っ張ってきましたが、
「役所と自治体」という呼び方に違和感を覚えました。最後まで呼んでいたので特に。
個人的には役所=地元の役場=(地方)自治体という認識でしたので。
作中では

  • 役所:国の地方局や県レベルの行政機関
  • 自治体:市町村。島の行政機関。

という分類なのかも。
普通に自治体は天州町なり天州村といった市町村の呼称でよかったと思います。
役所は国や県の人とかで。

 

奉納の舞はイベントCGでは巫女姿なのですが、前後の立ち絵CGが学園制服だったのが
残念です。使用シーンが僅かとは言え、巫女服の立ち絵が欲しかったです。
好意的に解釈すれば、舞う直前に着替えて、舞終えたら即座に制服に着替えたのかも。

  

Kujira34
祭祀の最後のアクシデントは後付けな唐突感がありました。
舞を舞ってめでたしで終わりと思いきや、リル子さんってば……。
「願い水」に願うシーンを挿入するためと思われますが、
願うための状況はもう少し違和感無く組み込んで欲しかったです。
島民の生まれ始めた信仰を台無しにするようで心配しました。

 

御使いを解任するシーンは、リルの宣言と共に神通力的な効果音が欲しかったかも。
台詞だけだと形式的な感じでしたので、本当に解除されたのか疑問でした。

 
 

Kujira31
そのスペックは超電磁ロボ?

« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »