購入予定とお気に入り

応援中!

  • フェイバリットOHP
    明日歩可愛いよ明日歩
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリー

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
フォト

« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »

ロングドライブで月へ

Drive2moon02
先週や先々週の土日は希に見る快晴だったので、ドライブしてました。

Drive2moon01
新東名浜松浜北ICから国道152号を北上し、静岡県天竜区のへ。
数年前から行ってみたいと秘めていたところです。
衛星の月だと確か38万キロでしたっけ。
3kmで行けるというのはお手軽でものすごいギャップを感じますね。

更に国道152号北上して、林道経由しながら長野県入りして下栗の里を通過し、
中央道飯田ICより帰宅。
某「わんおふ」の日の出ツーリングの逆ルートを辿ってました。

全行程で900km近いロングドライブになってました。

PriministAr修正パッチ1.04公開

プライミニスターの修正パッチ1.04版が公式サイトにて公開されてます。
鑑賞モードでの三澄のシーン回想サムネイルが直ったようですね。

 

以前の修正分も内包しているので、今回も240MB近くをダウンロードすることに。 (;´Д`A ```

今日は姫川風花の誕生日

9月28日は姫川風花(「カミカゼ☆エクスプローラー!」)の誕生日です。

今までプレイしてきたゲームの中で一番好きなヒロインを挙げるなら、
現在の回答は風花です。

 

彼女が現れる前は「さくらシュトラッセ」のマリー・ルーデル
「MagusTale」のアリシア=インファンスでした。

購入報告:異世界因果のトラベローグ 1

ラノベイヤッッホォォォオオォオウ!
新規のライトノベルを買ったのはとても久しぶりな気がします。3年振り?

Traverouge
異世界因果のトラベローグ 1
(著:姫ノ木あく 挿絵:カグユヅ /オーバーラップ文庫)

PCゲームのシナリオライター姫ノ木あくの処女作。
「カミカゼ☆エクスプローラー!」や「スズノネセブン!」等が好みだったので購入。
昨年末にオーバーラップ文庫創設時の執筆陣に挙がっていたので、
密かに待っていました。

読んだ感想ですが、主人公はお馬鹿でなくしっかり活躍するし、
スポーツチャンバラやお守りといった伏線も終盤で回収など、
PCゲームのそれと概ね変わらない運びでした。
著者のゲームシナリオが好きな人なら問題なしかと。Hシーンが無いくらいで。
所々でおっぱいの観察や思考に耽る主人公が良いですね。
 
ヒロイン達も敵に立ち向かえる役割がそれぞれ与えられていたりと、
例えるならアルゴノーツみたいな感じでした。
敵の方も邪悪とかではなさそうですし、ドタバタラブコメで続きそうです。

主人公の男友達が開幕早々に退場してしまうのはハーレム班ゆえに
致し方ないところでしょうか。

こちらは私の読解力が足らないところだと思いますが、
297-298頁でのファルの位置関係が分かりにくかったです。
が主人公の指示で大男に向かったと思ったら、
いつの間にかファルと交代して向かったようになっていたのえ。
 

詰め込み過ぎて削りまくって後書きが1ページになるくらいなので、
紅色先生を除くサブキャラが分かりにくい感じ。
まぁこれは作者もオーバーラップ文庫サイトでの後書きので指摘していますが。

イラストについては好きも嫌いもないですが、瞳の塗りに嗜好の違いがあるくらいで。

はにはに発売10周年

10年前の今日は、オーガストの「月は東に日は西に」の発売日でした。
…うわー、もう10年立つのかあ。何度も口にしていますが。

公式サイトのトップページをはにはにが飾ったのも久しぶりですね。
TOP絵の各部分に壁紙や占い、ようつべのリンクが仕込んであります。
ちなみに壁紙は夏服と冬服の2種類ありました。白ほなみん懐かしい。
この仕込み方は良いですね。

「大図書館の羊飼い」の嬉野紗弓実の誕生日壁紙は彼女ならではの例外と言うことで。

イモウトノカタチ:プレイ感想日記05 千毬ルート終了

施設で一緒に育った義妹美馬千毬ルートをクリアしました。

Imouto31
自分と主人公=兄妹=家族の図式が結びついていて、恋人になる余地もなかったり
妹捜しをさせてくれない千毬に辟易してみたり。音程の高い千毬に怒られるのも。

Imouto30 Imouto29
千毬が無垢すぎるのと、主人公が他ルートに増して鈍感直球バカ重度のシスコン
なのもあって、物語の終盤にたどり着くまでかなり疲れた感が。
しかし、色恋を知らない状態でのHはとても後ろめたい感覚がありました。

 

Imouto32
美優樹あやかのルートとは異なり、千毬ルートは豪雨災害の謎に
一歩踏み込んだ内容みたいですね。
引き金になったかもしれない実験の内容も朧気ながら見えてきたり。
天候制御失敗の代償が災害…なのか?

 

Imouto33 Imouto34
ミータの親の清宮律佳高階夫妻など、未登場だったサブキャラも出てきましたし、
ようやく真相へたどり着くお膳立てが整った感じ。
プレイ継続の意欲が蘇りました。 

そういや、主人公が妄想していた脳内妹の声は夏野こおりでしたね。

イモウトノカタチ:プレイ感想日記04 あやかルート終了

Imouto21
先月発売の新作で再度中断していた「イモウトノカタチ」ですが、再開して
澄希あやかルートをクリアしました。

Imouto23 Imouto26
他人ののあやか。
登場人物唯一の常識人かつツッコミ役ですが、主人公との兄妹の可能性については
美優樹と対照的で、肯定的な考え方が良いですね。

Imouto24
キャラデザ的には一番お気に入り。初回プレイで攻略するか迷ったくらい。
原画陣に橋本タカシが参加しているのもゲーム購入理由の一つでした。
イベントCGも美優樹のより好みの絵が多かったです。


Imouto22 Imouto25
兄貴の順也は取扱説明書のキャラ紹介時で嫌な奴と分かっていたので、
音声をオフにしてました。中の人には申し訳ないけど。

最後にひっくり返す形で一矢報いたところは面白かったです。

クロシェット新作「サキガケ⇒ジェネレーション!」ティザー公開

クロシェット公式サイトにて最新作「サキガケ⇒ジェネレーション!」の
ティザーサイトが先日公開されました。

「カミカゼ☆エクスプローラー!」以来の御敷仁ライン待望の新作。
何となく塗りが濃くなったような?
某窓のツンデレかと錯覚してみたり。

表情の照れ、赤みの範囲が広くなったみたい。
ここら辺の匙加減は「カミカゼ☆エクスプローラー!」の方が今のところ好み。

キャラクターの好みは栗色の狩人、メインヒロインの聖戦士、銀髪の司教あたり。

 

シナリオ陣はメインライターがカミカゼと同じ姫ノ木あくなので期待してます。
この人の担当シナリオは好み。ドラクリの莉緒やプリコレの雛乃とか

 

2014年発売とのことなので、過去作の傾向から推測すると第二四半期頃でしょうが、
今月の「バルドスカイゼロ」に来月の「ココロ@ファンクション!」を控えた
この時期の発表で、個人的には仮想空間を舞台にしたゲームが増えた感じかも。

ちなみに、仮想空間を舞台にしたゲームでプレイした最古のゲームは
「V.R.デート五月倶楽部」でしょうか。結構好きでした。

奥多摩交通安全イベント参加ツーリング

昨日から秋の全国交通安全運動ですね。ガクガクブルブル
Safety
さて、東京都が「ばくおん!」のイラストを用いた道路標識を立てて、
警視庁が「ばくおん!」を用いた交通安全イベントを催すとの話を聞いたので、
奥多摩へツーリングしました。奥多摩は約5年振りくらいかも。

Safety2 Safety3
東京都建設局奥多摩出張所の看板と標識。羽音可愛いよ羽音。
周遊道路や都民の森等に立っている標識や看板と同一のもの。
生粋のライダーだけでなく、漫画のファンにとっても名所になりそうですね。

Safety7
こちらは警視庁の。第1話のバイクの魅力を語るシーンを再構成したようです。
胸部プロテクター啓発ポスターは以前にもありましたが、
前に見たことあるのは、青年のイラストで押井風首都警みたいな感じだったよ―な。

 

Safety4
警視庁の特種用途車。モニターの向きを自在に変えられて電光掲示板付。

Safety5 Safety6
こちらはイベントお立ち台に。

 
 

道路管理者の東京都建設局 西多摩建設事務所 奥多摩出張所所長の挨拶が
とても印象に残りました。バイク乗り出身だというのと、話術が上手かった。
「バイク乗りはバイクで死んではいけない」
説得力あるこの文句。心がけるようにしておきます。一本木蛮の漫画が原典だったのね。

警視庁の人の挨拶では、作者の名前をみまなとまなみを読み間違えたのと、
「キーを抜くまで気を抜くな」が印象に残ってます。



さて、ぽろっと零れてましたが、アニメ化実現しそうかも?

SORAHANE新作「はるかかなた」公開

昨日のSORAHANE公式サイトの更新で新作「はるかかなた」が発表されました。

第一印象は「戻った」でした。

サイトデザインが「さくら、咲きました。」の色から、「AQUA」と同じ色へ。
メーカーロゴも同じく青色に戻ってますね。

キャラクターの塗りについても、髪を例に挙げれば、
さく咲きのハイライト多め艶やかから、しっとり落ち着いた「AQUA」と同じ方向性へ。
後者の彩色が気に入っていたので、一番嬉しいところです。

背景も遙かな蒼穹に沸き立つ雲が印象的です。
眼下の町並みは函館がモデルでしょうか。雑誌記事には小樽運河もあるようですし。

PCゲームは3作目が正念場と思っていますので。是が非でも頑張って欲しいです。

購入報告:フルメタル・パニック!アナザー 第6巻

Imgp0058
近所の本屋は相変わらずフルメタアナザーを仕入れてくれないので、
2,3件梯子してきました。

感想は、今回も面白かったです。一気に読み進めが出来ました。
ブレイズ・レイヴンの変態機動が大活躍。AS戦闘が良かったです。
初登場の砲戦仕様のブラスト・レイヴンが無傷で生き残って安堵したり。
ブレイズの青白い電光は、動いている様子を何かの機会で見てみたいですね。

13年前の調布でのアーバレスト対ベリアル戦の残骸。本編とも確かな繋がりが
出てきました。やっぱりレイヴンにはTAROSが積んであったのね。
でもLDを動かす為とは想像出来ていない。
例えるなら「溝呂木博士はTAROSという超高性能コンピュータを再現したけど、
今のところ簡単なテキストエディタ程度のアプリケーションを
走らせるくらいしか思いつかない」といった感じでしょうか。

達哉菊乃初めてが意外な状況で実現してしまったのは、作者の妙ですね。
菊乃もヒロイン化してきましたね。アデリーナとの2枚看板に。

ところで、ケントゥリアの。工廠で達哉を狙おうとこそこそ動いていましたが
AIのゴーシュが警告していなかったのが疑問。
敵と認識出来ていなかったのでしょうか?

嬉野紗弓実だらけのオーガストOHP

今日は「大図書館の羊飼い」の嬉野紗弓実の誕生日。
ということで、オーガスト公式サイトでお祝いされています。

普段ならオーガストのロゴが誕生日仕様になる程度なのですが……
今日に限ってはトップページの上から下まで嬉野さんだらけ

正社員新兵募集中」ページのトップ画像も必見。
鬼軍曹の後ろで唖然とあんぐり口な3人の新兵が面白いです。

さらにページ内に壁紙CGの所在をモールス信号で紛れ込ませたりと、
サイト訪問者を挑戦しています。

流石凄腕のコンピュータ使いなウェイトレス。格が違います。


AC4のネタが浮かびました。
<<大変だ、ジャン・ルイ! オフィシャルページは全部貧乳スナイパーだ!>>

フェイバリット10周年記念本

Favo10th
フェイバリットの人たちが発行した薄い本を購入しました。
ゲーム制作陣とゲストの描き下ろしイラストや、4コマ漫画、スタッフ座談会、
シナリオライターの書き下ろし短編小説(星メモ、いろセカ、はぴマ!)と、
色々盛り合わせてあります。

イラストはメア、真紅、それといろセカ枠が多いです。特にゲスト陣は殆どメア真紅
ウィズアニアリスルルAWゆきな鈴音は貴重。

直近の製品からのキャラクターの登場が多くて旧作ファンには若干寂しいところ。
この扱い振りは某八月ファンBOXを思い出しました。
なので、ゲストの中でALcotの仁村氏が描いた「はっぴぃ☆マーガレット!」の
カリン姫は、画力も含めてお気に入りです。

イラストが上記のとおりだったので、SSでは他のヒロインも登場していたのが
嬉しかったです。個人的には明日歩静流達が登場してたのが嬉しいところ。

書き下ろしが多かった星メモはともかく、はぴマ!の新作SSを眼に出来たのは幸い
でした。

購入報告:「ゆきいろ」サントラ外

ねこねこソフト関係をいろいろイヤッッホォォォオオォオウ!

  • 「ゆきいろ」オリジナルサウンドトラック
  • 「サナララR」オリジナルサウンドトラック
  • 「双子座のパラドクス」オリジナルサウンドトラック
  • C84ねこドラマCD
  • 「そして煌めく乙女の秘密^5」小冊子

箱に入りっぱなしだったのを最近封印解除しました。

「双子座のパラドクス」はゲーム未購入なのにサントラだけ購入してしまったり。
実は予約したつもりになっていて買いそびれたまま。 (;´▽`A``
前作程の評判を得ていないようなので、購入は見送り中。

PriministAr: Arrange+感想

ゲー区をクリアしたので、
初回特典「プライミニスター アレンジプラス」を聴きました。

メインは18分ものジャズピアノアレンジ。
ボーカル曲やBGMが装い新たにシックな雰囲気がいいですね。
出来映えを例えるなら、「Strawberry Nauts」のアレンジ版と同等です。

あとは主題歌と挿入歌のショート版だけでなく、各ヒロインのテーマ曲などが入った
ミニサントラになっています。トラックリストはつぎのとおりでした。

  1. PriministAr ジャズピアノアレンジ
  2. 虹色の季節へ short ver.
  3. My shinin' star short ver.
  4. かのこのテーマ
  5. 三澄のテーマ
  6. 千里のテーマ
  7. 汐路のテーマ
  8. つばさのテーマ
  9. 日常・朝
  10. 日常・街
  11. CrossView

購入報告:新約 とある魔術の禁書目録 第8巻

Indexn08
発売日の前の週から販売していたようで、行きつけの店が在庫無しで
数件彷徨う羽目に。インデックスが表紙にいるのはとても久しぶりな気も。
400ページあっても一話完結してないあたり、続きが待ち遠しくて泣けます。

当麻に助力を請われて快諾する美琴インデックスの場面が燃えました。

PriministAr:プレイ感想日記12 コンプリート!

俺の部屋とノーマルエンドで小糸のCGを回収してオールクリアです。
Primistar81
小糸予約されるノーマルエンドも悪くない。

 

さて、率直な感想は
・千里ルートに救いがない
・完成度が低く、加えて前作の「Strawberry Nauts」を超えてない
でした。

千里のシナリオはどうしてああなった、と思わざるを得ません。
ゲームのコンセプト「くせになりそうなしあわせ」とは程遠いですし。

千里という名前や、主人公の天馬との関連性、OP曲の歌詞など、
「プライミニスター」が千里ルートを重視しているのは窺えますが、
ルートに入ると悪化してしまうので、他ルートへ避けたい。
「Strawberry Nauts」は穂海ルートを選ばずにはいられないのと対極な印象でした。

 

完成度について最たるのは、共通部の三澄の音量の小ささでしょうか。
デバッグしていれば一目瞭然なのに。PITのスクロールも当初はなかったりと、
過去作で出来ていたことが出来ていないのは残念でした。
CGの塗りは良かったです。

PITについては、主人公やヒロイン達の側面を見られる度合いが減っていて、
面白みが無くなっていると感じました。

 

Primistar82  
お気に入りヒロインはかのこ。コンセプトどおりのシナリオとキャラデザの好み、
良いイベントCGがあったりと、バランスが一番とれていました。

三澄は称号負けなのと、姉とかーちゃんに喰われすぎ。
COGはデレ分が低すぎるので萌えられない。由芽に負けている。
つばさはシナリオは悪くないけど、キャラデザが好みでなかった。
幽霊は本番が無いのが(略

PriministAr:プレイ感想日記11 幽霊ルート&継花流々子ルートクリア

+α部分、予約特典の「文化部棟の幽霊」攻略パッチをあてると、
共通ルートでの文化部棟合宿イベントの選択肢で幽霊ルートが選べます。

Primistar78
幽霊なので立ち絵やイベントCGが透過して背景が見えているのは
成る程と感心しましたが、妙な現実感や拘りはHシーンにまで及んでおり、
幽霊ゆえに触れられないので本番が無く
疑似フェラや一人Hを見せ合う形になっていました。
予約特典で釣っておいてこれは酷い。
やっぱりキチンとした本番のHしたいわけで。何とも残念でした。
主人公も棺桶に片足を突っ込んだりして半幽体化してHするとかの展開が欲しかった。

一方、幽霊役の北都南の声が良かったですね。健在です。
「Lunaris Filia」以来2年振りに聴いたかも。

Primistar79
黒スト越しのパンチラがそそります。

Primistar80
お次はR子先輩こと継花流々子。ヒロイン達が主人公宅を訪問する際の選択肢で
ルートが追加されて分岐出来ます。
ヒロイン達が見つけられなかった主人公のお宝を探し出したのは流石。

道具を使いながら初めてのHは結構変わってます。
シナリオが短い分、雰囲気よりいつもの流々子のノリを重視したな感じです。

三澄との姉妹丼を推奨してたので見てみたかった。

まじかりっく⇔スカイハイ:OP曲とW購入キャンペーン

Whirlpool公式サイトにて「まじかりっく⇔スカイハイ」のOPテーマ曲
「And Jump!!」が公開されました。
 聴いてみた感想は応援歌ですね。歌詞がそのものですが、曲の方もテンポ良い
リズムで進んでいきます。

さて、「うそつき王子と悩めるお姫さま」と「まじかりっく⇔スカイハイ」にて
今回もW購入キャンペーンが来ました。
 それぞれ10月と12月発売の2ヶ月差で出してくるので、想定してました。

毎度のことながら、2ラインをある程度同時開発出来る体力は敬服します。

PriministAr:プレイ感想日記10 木倉汐路ルートクリア

Primistar72
手芸で世界を救えるのか……
好みの順で進めた5人目はツンクール従者COGこと木倉汐路
このルートは彼女の主、参宮由芽の存在がとても大きかったですね。
由芽と汐路主従の話といっても良いかと。エンディングCGでも登場していますし。

 

Primistar75
由芽の年齢に不釣り合いな聡明さと、垣間見せる年相応の可愛らしさが良かった。
彼女執りなしてくれなかったら、序盤での汐路への酷い告白シーンで投げていたくらい。

由芽さまといえば、ラグビー部。彼らの行動がPITとリンクしていたのは
他ルートでは見られなかったPITの伏線的な使い方で良かったですね。
共通ルートで運動系部活と争った勝負が、個別ルート後半で再演され、
運動部が協力したのはカタルシスを少し覚えたり。

Primistar74
イベントCGでの由芽は描き手が違うのか、可愛さが増しています。

 

Primistar76
双子の妹の巴菜。この子もツンデレというか。出会いは酷かったですけどね。
可愛い子が悪いわけがなく、本当の悪人を別に用意していたのは賢明でした。

Primistar77
千里はこのルートでもぶれないなぁ。流石。

そういえば、R子先輩が全くといって良いほど登場していなかったような。

PriministAr:プレイ感想日記09 継花三澄ルートクリア

Primistar69
4人目はミス七舟の三澄
主人公争奪戦については、この子が一番意識してたのでは。

彼女のシナリオでは両親へのわだかまりが出てきますが、
序盤と終盤に話題に上ってすぐ解決するので、全般に影響を及ぼすことも無く
三澄との恋愛は後顧の憂い無く楽しめました。
姫と呼ばれるぐらいなので、PITなどでの嫉妬具合も多かったような。

  

Primistar64 Primistar68
母親の継花先生。主人公が蓋を開けてみると、
三澄への当初の素っ気ない態度はどこへやら。
娘のデートを尾行したり、クローゼットに潜んでいたり親バカ全開だった
のは意表を突かれました。流々子の母親なのが納得出来たくらい。
主人公宅への外泊を応援する様は、かのこ母に比肩出来ます。
 
 

Primistar65 Primistar66 Primistar67
千里もなかなか良い味を出しています。しぶとい。
 
 

Primistar63
かのこの油断ぶりは「Strawberry Nauts」のQ子を思い出しました。
 
 

もう一つの家族の絆、父親へのわだかまりも主人公の機転で氷解しましたが
R子先輩が中々本題に入らせてくれなかったのは少し焦れったかったです。
Primistar70
ドラえもん、ドラゴンボール、サザエさん、アンパンマンですね、わかります。
あとガンダムも。

ところで、三澄達の年代を考慮すると8ミリよりもminiDVあたりかなと思ったり。
若しくはデジタルカメラのmotion JPEGとか。

 
 
三澄のHシーンも5枠ですが、本番は4回
Hシーンは始まるのは結構遅く、チャプター7,8の2泊3日の週末お泊まりで
3回+αが集中的に投下されています。他ルートには無い見せ方ですね。

 
 
お気に入りのイベントCGはピロートーク時のバストアップ。
圧倒的に豊かなおっぱいが素晴らしいです。

エピローグでの中の人CGも悪くないですね。
頬の赤みの描き方や表情は好みの方かも。Tシャツの透け具合も中々GJ

ココロ@ファンクション!:10月25日へ発売延期

締め切りを解き放ったようで。

となると、9月のプレイ予定はマスターアップした「バルドスカイゼロ」。
手探りでプレイするので、戦闘とか武器育成に時間掛かりそう。

延期先の10月は渦巻の「うそめる」と被ってしまい、プレイ優先度はココファンへ。

PriministAr:プレイ感想日記08 桐理つばさルートクリア

Primistar54
3人目の攻略は天才肌のつばさです。
結構明け透けな性格が好感を持てます。

 

Primistar51 Primistar57
羽鳥ぴよこキャラで専用サブキャラ登場となると、「Strawberry Nauts」ののきゃお
シナリオを思い出してしまい若干警戒してましたが、
比古咲花連つばさと主人公共通の友人で、つばさの後押しをしてくれる
終始に渡って良いキャラだったので杞憂に終わりました。
むしろ、つばさからHの報告を聞かされるあたりはご愁傷様としか。
プレイヤー的にはニヤニヤと楽しい場面ですが。 (・∀・)ニヤニヤ

髪の色や長さ、細いリボンや清楚なブラウス姿の花連を一目見たときは、
鈴平ひろのキャラクター?と錯覚したのは内緒です。

 

Primistar58
つばさルートはミスコンイベントと専用サブキャラが用意されているせいか、
千里かのこルートと比べると恋人関係になるのが若干遅く、
エンディングまで二人の関係を秘密にしているという、こちらも変わった構成。
手芸部員の登場も全般的に少なくなってます。

恋心の自覚はともかく、苦手な人前での演技も自分の努力で克服してしまうあたり、
つばさは結構自立したヒロインかも。
花連が手伝っていたので、主人公の手助けや介入がなかったのも珍しい所でした。
主人公の手芸能力は最後に花を添える形で披露されたので、差し引き0でしょうか。

 
 

Hシーンは5枠ありますが、本番は3回で、残りはおっぱいお口でという仕様。
こう見ると千里完全5回は別格なのかも。

Primistar55
1回目のHシーンからおっぱいにしゃぶりつく主人公のおっぱい星人ぶりがGJでした。
つばさの巨乳も素晴らしい。

本番は全て主人公宅でしていて、それ以外は外でというのは、
シナリオライターの拘りでしょうか?
Hシーンの本番の3回どれもがパンツを脱がさずに横ずらし挿入だったのは、
脱がす派としては非常に残念。

Primistar56
4回目の試着室は、場所とマナー的に悪すぎ。花連が怒るのに全く同意です。

 
 

お気に入りのCGは、2回目のHシーンでの2枚目のCG。上目遣い風なつばさの表情と
至近距離で見られるおっぱいが同時に楽しめるのが良いですね。

PriministAr:修正パッチVer1.03

Ver1.03が公式サイトのトップページにて告知されました。

1.01版に続いて誤字脱字や台詞ミスが修正されただけでなく、
PIT画面がマウスのホイールでスクロール出来るようになったのが特筆。
見やすくなってとても快適です。

共通ルート序盤での三澄の音声が小さくなっていたのも改善されたようですね。

私の環境ではセーブ時の最小化不具合は遭遇していませんが、
共通部7,9での既読フラグがクリアされたみたいです。
文化部棟合宿でのプールイベントと小糸ちゃん来校イベントが。
おかげでシャワー室覗きイベントをもう一度じっくりプレイ出来たり。

PriministAr:プレイ感想日記07 安芸かのこルートクリア

Primistar46
かのこルート後半戦。衣装作りも無事完成し、開催が危ぶまれた紅葉屋のフェアも
好評のうちに終了と、楽しく順調に進みました。
枝那森千里ルートを辿らずに安堵してました。

 

Primistar43
代打をしていたR子先輩の考え方はとても共感出来ました。先輩への好感度上昇中。

 
 

Primistar44
この制服のデビュー戦が、飲食店業務で無く着衣Hが先だなんて。
かのこさんの勘違い先行っぷりは素晴らしいです。

自分の恋人にお手製の衣装をプレゼントする主人公というのは珍しいですね
……と思いを巡らせたら、某ねこねこソフトの主人公がいました。
「そらいろ」だったかな。もしくは「ラムネ」か「サナララ」か

Primistar47
本来の用途のCG。笑顔が良いですね。引き込まれます。
フェイスウィンドウに隠れていますが、絶対領域とニーソックスも良い感じ。

 
 

Primistar45
かのこルートのクライマックスは現在では無く、過去の話という変わった構成。
主人公とかのこの馴れ初め。主人公が着ぐるみに憧れた理由が明かされます。
かのこの主人公を想う気持ちが半端ないことが伝わります。

 

エピローグでの常連客の嫉妬ぶりが何気に面白かったです。
PITが使えないので、全てリアルで行われてるのが。
この常連客は学園でのクラスメイトだったのかも。

PriministAr:プレイ感想日記06 安芸かのこルート1

Primistar38
仕切り直して二人目はメインヒロインのかのこ。チャプター5まで進めました。

Primistar39
個別ルートの序盤は、主人公がかのこを幼馴染みとしか認識せず、あまつさえ
兄妹のような関係と答えてしまう、幼馴染みヒロインシナリオの悪い典型を
を持ってきたのがよくないです。かのこ視点のアナザービューを見せる為の
仕様と思われますが、HOOKらしい幼馴染みシナリオの立ち上げ方を見たかったです。

Primistar41
そんなチャプター2の中頃までは微妙な出来ですが、恋人同士になった以降は
イチャラブを堪能しながら3回目のHシーンまで進んでいます。
一緒にお風呂に入ったりと、かのこが意外とHに積極的なのが良い感じ。

中でも1回目のHシーンでの2枚目のイベントCGがとても気に入ってます。
かのこ表情、たわわなおっぱいと局部を堪能出来る構図、そしてCGの塗り
全部良いですね。

逆にチャプター2でのキスシーンCGでは、主人公の鼻を描いてますが、
構図的に不要だったと思います。あの鼻のせいでCGが微妙な雰囲気に。



 

Primistar42
裸エプロンならぬ、下着でエプロン。このシチュエーションは珍しいですね。

DMC-FT5に液晶保護フィルムを貼る

LUMIX DMC-FT5用の液晶保護フィルムは専用品が無いみたいですね。

タフネス仕様の防水デジカメに保護フィルムは不必要と思われますが……
砂浜でジャリジャリ使ったり、山中で手袋をしたまま操作するなら、
寧ろ必要なのではと考察してみたり。

ということで、保護フィルムを他機種用の製品から流用しました。
汎用品から切り出すのが面倒だったりするので。

選んだのは、エツミのDMC-SZ5/FH8用のフィルム。66.0×47.4mmの寸法が、
FT5の3.0インチの4:3型液晶画面全体を黒縁まで覆うので丁度ぴったりです。

PriministAr:プレイ感想日記05 枝那森千里ルートクリア

Primistar27
世界が色褪せて見える」を比喩ではなく地で行ってしまい、
最後は文字どおり「光を失った」枝那森千里ルート。

初回プレイは好みのヒロインということで千里を攻略しましたが、
ある意味で「当たり」を引いてしまったシナリオでした。
ルート開始直後から伏線が張られてあったのですね。

Primistar29
唐突な告白や、なし崩しの初Hは微笑ましさがありましたが、
このゲームのテーマ「くせになりそうなしあわせ」と乖離していないか?と
疑問を呈さざるをえないです。
ご都合主義や逆転の奇跡も起きることは無く、淡々と暗闇に降りた千里
ディレクターもよくこの内容でGOサインを出したなあと思います。

 

Primistar34 Primistar35
手芸部がお見舞いに訪問した際にしたたかに暴露するシーンが好き。
ニヤリと見てました。

Primistar33
Hシーンはルート中に5回と、まかこラインの前作「Strawberry Nauts」より大幅増。
全裸Hも2回用意されてたりと全裸スキーにも堪能出来ると思います。
おっぱいが意外と巨乳なのも嬉しいところ。CGの塗りも良い感じ。

3回目のHシーンにおいて、
テキストではパンツを膝まで降ろしたのに、CGは横にずらしただけになっていたり、
絶頂寸前の台詞で、極小さな雑音と無音部分が混ざった音声があったのが残念。

また、4回目のH後のピロートークのCGでは顔の描き方が微妙だったと思います。

今作のもとみやみつきは全般的に瞳を大きく描きすぎているきらいがあるような。

 
 

ふと、ルート最後で似たような境遇になるヒロイン繋がりで、
Purple softwareの「夏色小町」を思い出しました。
夏色小町はBGM「季節の終わりに」のピアノが泣かせます。

トラベリング・オーガストの個人的な余談

Ticket
東京公演大阪公演の両方に参加したところですが、
実はすんなりと参加出来たわけではなかったのでした。

当初は東京と大阪、どちらもチケットのプレオーダー抽選に外れ、
一般販売も購入出来なかったという不甲斐ない有様でした。

その後、突然の大阪公演の復活分を入手し、大阪に標準を併せて予定を組んでいたら、
今度は東京公演分が開演5日前に急遽復活していた所を慌てて押さえました。

もう敗者復活というか死亡宣告から生き返ったというか、棚からぼた餅というか。
土俵際でのうっちゃりぶりは驚愕ものでした。特に東京公演は。
とにかく鑑賞出来て嬉しかったです。しかも2回も。

 
 

Tenpozan00 Tenpozan02
ついでに、大阪公演の開演前に佳奈すけの品乳天保山を制覇してきました。
道中、同じことを考える方が何人かいらっしゃっていました。

トラベリング・オーガスト大阪公演 感想

 Travelingaugust00_2 Travellingaugust_osaka_2
先月の東京公演に続いて、サンケイホールブリーゼで行われた
トラベリング・オーガストの大阪公演を鑑賞してきました。

サンケイホールブリーゼの座席数は900席と、東京公演の文京シビックホールの半分。
比較的前の方かつステージ全体を視界に収められるG列で聴いていましたので、
歌手や奏者をはっきり見られたのが良かったです。

東京公演と比較してみると、

  • ドラムの音量が抑えられていたので、全体的に聞きやすくなってたかも。
  • コンサート収録用カメラは入ってませんでした。
  • 「ひとしずく」での一瞬入ったマイク雑音が残念。
  • 歌手の衣装は東京公演と同じ人もいれば、少し変えた人もいる。
  • 歌手の並びも少々変わってました。榊原ゆいが3番目にだったり。

演目順等は東京公演と同じです。
第一部でフォーチュンアテリアル、大図書館の羊飼い、穢翼のユースティア
休憩を挟んで、
第二部に夜明け前より瑠璃色な、月は東に日は西に、オーガストファンBOX
奏者紹介とトラベリングオーガスト+ストレイトシープで締めて、歌手コメント。
かえでさんの中の人の司会も東京公演のと変わらないです。

演奏度合いとしては東京の経験が反映された大阪公演に分がありますが、
公演の感動としてはやはり初めてのとうことで、東京公演を推したいです。

天気の方も開演2時間前には雨はすっかり上がって、終演後も降られることもなく
会場を出られたので助かりました。
今年の夏は一番東奔西走した夏だったかも。

PriministAr:プレイ感想日記04 修正パッチVer1.02

HOOKSOFT公式サイトのトップページでは告知されていませんが、
修正パッチの1.02版がサポートページにて公開されてます。

1.01からの変更はPIT不具合改善とのこと。
PIT絡みは「Strawberry Nauts」でもありましたが、
掲示板ログ管理は手間取るところなのかも。

公式サイトのトップで告知していないのは1.02は応急処置で、
後で纏めたアップデートがあるのかもしれませんね。

« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »