購入予定とお気に入り

応援中!

  • フェイバリットOHP
    明日歩可愛いよ明日歩
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
フォト

« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »

天色*アイルノーツ:プレイ感想日記08 夕音ルートクリア

Amairo53
chapter11から14まで進めて、夕音ルートが終了しました。

 

10章までで雨降って地固まり、11章からは大会に向けて一直線かと思いきや、
学院からの出場不許可で別離エンドというもう一波乱が待っていたなんて。
Amairo55
夕音の陸上競技に復帰させるだけでなく留学中止になったのは、依存関係からの
脱却と成長に必要だったのでしょうが、この結果は個人的に好みではないです。
夕音のキャラデザは好みだったのですが。

それにしてもニニギと少年の関係が、夕音の関係を暗示していたなんて。
物語の最後まで影響を及ぼしてくるとは予想外でした。
おでん屋台の席で、主人公が夕音のことを「彼女はボクだ」と評していましたが、
もっと前の方から伏線があったのですね。


Amairo50
夕音は好意を向けられて感情が高まると、滑舌が落ちてきますが、
「のーぶる☆わーくす」の正宗静流をふと思い出しました。一部シナリオライターさん同じ?

 

Amairo51
個人的に目を見張ったシーン。立ち絵を用いた構図演出を取り入れてきたか。
主人公に汗のひとしずくは欲しかったところです。




Hシーンでの本番CGがいまいちでした。
1,2回目は半脱ぎと構図と体位のせいでおっぱい分が少なく、
3回目は待望の全裸Hでしたが、ここに来て塗りに魅力がなかったのが酷く無念。
Amairo49 Amairo54
むしろ、脱ぐ前の方がおっぱい的に魅力だっただけに残念です。
中でも「マッサージ」のCGはお気に入り。夕音の表情がとても可愛いし、
タンクトップから浮き出る乳首がそそります。そしてパンチラも見逃せない。

 
 

イベントCGついでにいうと、物語中は走り高跳びの練習をしていたのだから、
跳躍中を描いたイベントCGが欲しかったかな。バーを超える瞬間の。
背面跳びならば、胸の膨らみが強調されるのではと想像してみたり。

天色*アイルノーツ:プレイ感想日記07 夕音ルートchapter7~10

Amairo44
第7章から夕音ルートです。
相手の領域へ一歩踏み込んでみたり、一時離れて気持ちに気づいたりと、
第10章迄は起承転結みたいな形で互いへの気持ちが通じ合うまでが書かれてます。

ニニギの件や留学の理由など、7,8章以前での出来事が全て伏線になって
9,10章で返ってきてます。恋愛を含めた複数の案件が同時に進んでるので
展開が早いです。

それにしても、飼い主の少年や天霧夫妻といった立ち絵の無いキャラの出番が多くて
結構やきもきもさせられました。少年の告白を盛り込んできたのも意外。
両親の前で告白に婚約とか手っ取り早いなぁ。
夕音ルートのシナリオは新規外注の鏡遊、紺野アスタのどちらかと見た。

 

Amairo45 Amairo46
陸上競技のユニフォームがこんなに萌えるもだなんて。
おっぱいにピッチリ、ショートパンツから覗くパンチラがとてもGJです。
これは水着では味わえない感覚ですね。

 

Amairo47
主人公の枕での自慰は「水月」の琴乃宮雪を思い出しました。
もう11年も経つのかぁ。
重力で下着から零れそうな胸に目が離せないです。

天色*アイルノーツ:プレイ感想日記06 chapter5,6終了

Amairo37
5章6章は水着に温泉で下着姿にもイヤッホウ!なサービス回だけでなく、
湖が光った後に空から振ってきた彷徨人(かなたびと)が登場。
ここから「天色*アイルノーツ」独特の展開になってきました。

 

Amairo36
水着の一押しは夕音。胸元のひらひら感が好き。ポニテもGJ。

 

Amairo34
髪を下ろし、眼鏡を外したティア先生が俄然可愛い。
これは早めに攻略したいです。

 

Amairo41 Amairo40
異世界からの異邦人、彷徨人と目される火宮木乃香
褐色の肌は「E×E」の八坂紫織を、
語尾の口調は禁書目録打ち止め(ラストオーダー)を、
そして勘違いさせる数々の台詞は、名前も相まって某プリコレの妹を彷彿とさせます。

 
 

Amairo35
来ました!ゆずソフト恒例?のおっぱい選択肢
実はヒロイン選択でもあったり。
初回プレイは夕音目当てなので、これまでの選択肢は

  • チャプター3-3:適当に回る
  • チャプター4-3:……仕方ない
  • チャプター5-5:美乳
  • チャプター5-5:先に料理の準備を

を選んだところ、チャプター6終了時点でアイキャッチが夕音になったので、
ここで共通ルート終了。第7章から個別ルートみたいです。

天色*アイルノーツ:プレイ感想日記05 chapter3,4終了

Amairo30_2
第3,4章は学院に侵入者騒ぎ。夕音の回ですが、真咲の見せ場もあります。

 

Amairo28
虎倉先生も崩れた表情が中々良い感じ。
同僚先輩キャラですが、親友ポジションに近いですね。

 

Amairo27
授業内容が初代天皇の謎に関することで、夕音が保護していた動物がニニギという種。
神様の名前じゃないですか。しかも天孫の。意外なところで関連を持たせてますね。

 

Amairo32
さて、第3章終盤で一糸纏わぬ夕音が見られます。とても良いおっぱいした。
CGの彩色との描き方が素晴らしい。
「艶然とした二つのお山、その山頂に咲く綺麗な桜。」
おっぱいを艶然と評したのは興味深いところ。桜も詩的な例えは流石は教師。
語彙力の高さは大人な表現かも。

 

Amairo29
ライゼルグでの登場人物でおそらく唯一、主人公の過去を知る旧友、三刀屋
おお、ATOK2012は一発変換出来た。
姉御肌は中の人効果もあってよく似合ってます。

 

Amairo31_2
主人公の鷺ノ森先生ですが、盗撮野郎を真摯な説得でお引き取り願った機転や
一人称がボク、担当教科が社会、教え子を見捨てない使命感
やっぱり、鷺ノ森透滝沢司と重なって見えます。
授業についても、長寿の武内宿禰を講義すると、二人の初代天皇を解説していく
アプローチがよく似ていますし。

 

 
これまでの断片的なモノローグを総合してみて、
おそらく、彼の以前の教え子は自殺し
のではと推測してみたり。

天色*アイルノーツ:プレイ感想日記04 chapter2終了

Amairo24
第2章は主に愛莉にスポットが当たっていたかも。
夕音も登場し、ヒロイン全員が出揃いました。

Amairo23
夕音ってば野良メイド
体験版もサンプルボイスも未体験だったので、夕音の声は初めて聴きましたが、
「プリズム◇リコレクション!」の初咲雛乃に近いですね。ツン成分が無い感じ。

 

Amairo25
シャーリィも絶好調。ヒロイン4人の内、変態が二人もいるなんて。
サブキャラのフランも濃いですし。今作は成分やたら濃いめですね。

 

Amairo26
で、章末のオチはまた主人公、と。

天色*アイルノーツ:プレイ感想日記03 chapter1終了

Amairo17
チャプター1の終わりまで進めました。

Amairo16
従妹の愛莉との唐突な再会で第1章が終わるのはお約束的な演出展開。
このSD絵は多層のレイヤーで凝っていますね。

 

Amairo19 Amairo22
シャーリィの表情が多彩で楽しいですね。
視線逸らし顔やぐぬぬ顔も良い味出しています。

Amairo20
妄想の猪突猛進ぶりは「天神乱漫」の千歳佐奈や「のーぶる☆わーくす」の月山瀬奈
彷彿とさせます。佐奈よりは瀬奈の方がより近いですね。声質的にも
しかし、シャーリィは主人公の表情に萌えるのか…。
 

天色*アイルノーツ:プレイ感想日記02 chapter1-2まで

Amairo15
プロローグとチャプター1-2まで進めました。
台詞1ワード中に表情がクルクル変化するのは、最早お家芸の域ですね。
スタッフ談によると、今作の島は落ちないそうで。過去作や渦巻の「77」とは違った魅力かも?

 

Amairo09
最初に出会うキャラは真咲。おお、とても巨乳です。ありがとうございます。
でも攻略は4番目の予定。
ちなみに背景CGには過去作のキャラクターいます。
左手に「ぶらばん!」の海老原みなせと「夏空カナタ」の七条沙々羅
右手には「のーぶる☆わーくす」の国広ひなた長光麻夜三条真琴がいますね。
前作に引き続いた芸の細かさと良く描かれていることに感嘆です。

 

Amairo11
親父殿のオーウェンさん。漢です。真咲と似ても似つかない。
人間の方が遺伝子的に優性なのかな。

 

Amairo12
今作のメインヒロイン。どう見ても露出な変態です。ありがとうございました。
このイベントCGがまさか最初の出会いのものとは思わなんだ。

Amairo13
ニタリ顔も意外と好きかも。口の開き具合が好み。

 
 

Amairo10 Amairo14
さて今作の主人公の鷺ノ森透
女学院へ赴任する青年教師で一人称が「ボク」、過去にトラウマあり。
……瞬時に「遙かに仰ぎ、麗しの」の主人公、滝沢司を思い出しました。
真咲に案内される道中に見せた好青年な所も併せて、を彷彿とさせます。

天色*アイルノーツ:プレイ感想日記01

Amairo01
前の購入報告記事に続いてインストール完了し、
公式サイトにて早速公開されている修正パッチ1.1を適用して
各種設定し終えました。これで準備万端です。

Amairo02  Amairo07
システム設定がかなり充実していますね。
ゲーム中の立ち絵を隅々まで見られるお馴染み4:3モードを始め、
Hシーンのフィニッシュ選択を固定出来る機能にBGVのオンオフ機能も継続。
今作ではマウスジェスチャー機能を新たに追加実装したようです。

取扱説明書で紹介されている1クリック分巻き戻せる機能は
バックログからのジャンプよりも手軽に実行出来る所がとても重宝しそうです。

Amairo06 Amairo08
そして目を惹いたのは、ドラマチックモードでの「外部音声ツール連動機能」実装。
主人公の台詞や地の文を読み上げるのですが、これはひょっとすると、
視覚障碍者でも遊べるバリアフリーなPCゲームになったのかな?

ちなみに私は4:3モード中出し口内固定BGVオフボイスカットOFFが標準設定です。

購入報告:2013年7月分+α

Amairo3yome
5ヶ月ぶりの新作イヤッッホォォォオオォオウ!

あとは購入や予約引き替えのメッセージペーパー類

  • 3人いる!
  • こころ@ファンクション!
  • HHG 女神の終焉
  • 天色*アイルノーツ
  • PriministAr

HHG主人公買い高速思考という能力が以前から気になっていたところに、
続編の発表があったので。
発売当時はヒロインのキャラデザが特に好みではなかったので見送っていました。
故に今回は版権絵収録のジーニアスパックではなく、サントラ目当ての初回版。

村正主人公買い。こちらも甲冑デザインとかメカ方面、太平記や足利将軍家が
モチーフな登場人物に気になっていたのですが、ヒロインに好みがいなかったので
やはり見送っていていました。
「BALDR SKY DiveX」で村正がゲスト登場しているので再び興味を覚えました。

どちらも発売当時に購入しなかったのは勿体ないことをしてました。

ねこねこソフト新作「そして煌めく乙女と秘密^5」が

公式ページで発表されています。
新作名はに因んだものではないのね。ねこ史上初めて?

ねこねこソフトも遂に女装主人公女学園潜入ものを作るのかと関心しました。
しかし、時流に乗ると言うよりは別方向から勝負してくる感じですね。
主人公がとてもガタイが良い。足28cmで握力もあって筋肉質。鉄道が趣味……
どうみても漢です。ありがとうございました

一筋縄ではいかなそうで逆に楽しみです。主人公の活躍に期待してます。
ちなみにヒロイン第一印象の好みはやはり妹キャラ。


丈の長い制服の上着も特徴的ですが、裏地の青さがとても印象的。
サファイアかインディコライトみたい。光沢した生地にみえました。

Whirlpool第10作目「まじかりっく⇔スカイハイ」先行ページ公開

水鏡まみずラインの新作「まじかりっく⇔スカイハイ」が先週発表されて、
ティザーページが公開されています。

キービジュアルでのパンチラがGJですよ。ふとももが眩しい。イイヨイイヨー
CGの彩色はまみずラインの塗りが好みです。肌の質感とか。

てんまそラインで多数参加していた大三元が参加してシナリオが注力されたのは
歓迎しますが、代償に原画家が複数体制になったのは残念です。
まみずヒロインが減ってしまったのを率直に惜しむのと、製作進行管理が厳しいのかと
案じてみたり。

そういえば「Justy×Nasty」のアンケートで原画体制の質問がありましたが、
今作への反映だったのかな? 複数や一人とか項目ありましたし。
複数原画の項目は「77」のようなてんまそまみずのタッグだと思っていました。
私はどう答えていたかな……個々別々だったかなぁ

 

ところで略称は「まじスカ」それとも「まじっスカ」?

 

今冬発売予定なので、てんまそラインの「うそめる」の発売間隔が短そう。
ということは、Wキャンペーンが再度あるかもしれないですね。

PriministAr:デモムービー

HOOKSOFT公式サイトでかのこ編、汐路編という形で公開されてますが、
実態はオープニング動画+各ヒロインによるゲーム宣伝の形態なので、
デモムービー好きなら、いずれかひとつは見た方が良いと思います。

主題歌「虹色の季節へ」も良い感じ。サビ前の曲調が好き。

取りあえず、ジト目は二人ともあるようで。ジト目は個人的に最近のお気に入り傾向。
汐路のグルグル目も面白い。

放課後しっぽデイズ:ヒロインキャスト公開

「大図書館の羊飼い~放課後しっぽデイズ~」のヒロイン役の声優とサンプルボイスが
公開されました。

  • 土岐のぞみ CV:楠原ゆい
  • 藤宮朔夜  CV:樫井桜華

キャラ的にのぞみは姉御っぽい、朔夜はもっと幼い甘い声を想定してましたが、
オーガストはこう来ましたか。

のぞみ
役の楠原ゆいは「夏空のペルセウス」の遠野恋役の人だったのね。
某アグミオンと聞き違えたのは内緒

朔夜役の樫井桜華は検索で該当なしでしたが、
聴いた感じは桜川美央に似ているかなぁと。抑揚の感じとかが。
某所と異なった推測になったので自信が無くなってます。 (;´Д`A ```

FAVORITE新作発表「アストラエアの白き永遠」

フェイバリット公式サイトで新作「アストラエアの白き永遠(しろきとわ)」の
ティザーページが公開されました。

「いろとりどりのセカイ」のFD「いろとりどりのヒカリ」は未プレイなので、
私にとっては2年ぶりの新作。久しぶりです。茶番シナリオに嫌気がさしたので。

メインシナリオに「星空のメモリア」のなかひろ
ヒロイン全てを司田カズヒロが描いているということで
期待値は俄然高いです。

ゲームの舞台、月ヶ咲のモデルは北海道札幌市みたいですね。時計台とか。
星メモのモデル小樽市とも近いので、世界観の繋がりがあったりして?


ヒロインCVに佐本二厘が起用されることを密かに期待してます。

さくら、咲きました。:プレイ感想日記26 おまけシナリオ09

Sakusakiapend92
おまけシナリオも残すところあと2つ。
第9話は隕石通過後しばらくして、歩鳥先生が転任する話です。

 

Sakusakiapend93
「立つ鳥跡を濁さず」の題名は、部室の掃除と歩鳥の異動を掛けたもの。
生活部らしい送別会でした。

 

Sakusakiapend94
この土壇場で先生らしい台詞は反則。感動してしまう。 ( ´;ω;`)ブワッ

  

シナリオ担当の昼王氏は他のおまけシナリオですみれSSやSSを
担当してましたが、今回はまずまずの出来だったと思います。

 

Sakusakiapend95
北斗ボトムズサザ工さんか。一番最後がヤバそう。

 
 

個人的には美羽ルートでの歩鳥先生との決死行を見てみたかった。
ロドちゃんことロードスターの活躍も。
実は立ち絵鑑賞モードでは結構なおっぱいを持っていることが判明してますが、
Hシーンも見たかったなぁ。

イモウトノカタチ:プレイ感想日記02 共通ルート終了

Imouto08
5月8日の歓迎会まで進めました。
ヒロインやサブキャラもあらかた登場し、
主人公と美優樹の天然キャラ同士を引っ張っていける陣容になったかも。

学園案内や街の案内での選択は特に順番はないみたい?

 

Imouto16  Imouto15_2
介護ロボのミータ杏子御津の声が結構合いますね。
ニヤリとさせるネタが混じった台詞が面白いです。

 

Imouto06
たまきん晴哉。おちゃめで良い友人キャラ。
真面目な表情も出来たりと、実は底が見えないかも。

 

Imouto07
静夏会長。結構お茶目というか腹黒というか。
真相を直球で確認してしまう主人公達の天然ぷりには涙を禁じ得ません。
Imouto14
なるほど、ミータが会長を御前と呼ぶのは名前との組み合わせだったのね。
静御前で。

 

Imouto11
あやかは唯一の常識人?というか貴重なツッコミ役。
この立ち絵表情で「ヨスガノソラ」を思い出しました。も同様な立ち絵がありましたね。
キャラの名前絡みで某木村あやかな声質を購入前から想像していたので、
実際に聴いて驚いたり。

 

Imouto05 Imouto12
梓理事長。理事長の献身的な協力は今のところ腑に落ちないです。
なんとなく、豪雨災害の遠因は特区の実験失敗によるものだったのではと
推測してみたり。

 
 

Imouto09 Imouto17
それでも主人公の天然さにはもう脱帽。
おまえ何も考えていないで喋っているだろう。

うそつき王子と悩めるお姫さま:OPテーマ曲公開

Whirlpool公式サイトでOP曲「恋する森のfairy tale」が公開されました。
遂にKOTOKOがキター

最初の20秒までの部分で掴みはオッケーな感じ。メロディやリズムが乗れます。
KOTOKOの歌声もいいですね。今度のうそめるはボーカル曲目当て買いもいけそうです。

 
 

てんまそラインの前作「竜翼のメロディア」のOP曲はツインボーカル曲でメーカー的に
力を入れていたようですが、私の好みでは無かったです。
おそらくボーカル二人の声域が離れていたので違和感があったからかと。

ちなみに「恋色空模様」の「フルスロットルHeart」は大好き。
こちらはDucaAiRIの声域が近いからかな。
思い返すと、某風車の「祝福のカンパネラ」のOP曲も離れていたので好みでは無かったです。

ばくおん!第28話感想

Bakuon28
初詣から初日の出ツーリングへ銚子に出かける話。
真冬の寒さに弱音を吐きまくる羽音は、第1、2話の頃を思い出しますね。

バイクに乗る生活の中で楽しいとは位置づけしにくい、冬場の話が
きちんと出ていたのが良かったです。

しかし、グリップヒーターや電熱ベストの電源をヒューズ電源から取り出していて、
アクセサリー用のガラス管ヒューズではなく、バイク側のブレードヒューズが
切れていると言うことは、バイクの電装のどこかが機能しないわけで。危ない。
ホーンから取っていたなら、取りあえずは危急にはならないかな。

PriministAr:限定トップ絵

今日は桐理つばさの誕生日とのことで、HOOKSOFT公式サイトの
「プライミニスター」製品ページに限定イラストが公開されています。

限定イラストは「Strawberry Nauts」を思い出します。
同じ流れならば、何となく安心感を覚えてみたり。

イモウトノカタチ:プレイ感想日記01

Imouto01
発売日が2012年8月31日でしたから、11ヶ月越しの攻略開始。
積みゲー崩しとしては早い方。
取りあえず今月の新作発売までにメインヒロインは攻略したいです。
公式サイトを見たところ、修正プログラムはないようで。1.00版のまま進行します。

タイトル画面でミータの上半身が途中で切れているのは何とも見苦しいかな。

 

Imouto02
取りあえず5月1日、主人公と美優樹の出会いまで進めました。
美優樹の印象がプレイ前から抱いていたのとだいぶ違っていたので結構驚いてます。
こんなに良い子だったなんて。もっとツンデレしているのかと想像してました。
逆に、天然主人公箱入り天然娘のペアで進行勤まるのか不安に。

 

Imouto03
文字色変更の装飾があるのは珍しいですね。CUFFS系では恒例でしたでしょうか?
最後にプレイしたことがあるのは「ヨスガノソラ」なので、
5年前は良く覚えていなかったり。いやいやいや、物語はバッチリなのですが。
「さくらむすび」は(以下同文

ツーリング:霞ヶ浦

Kasumigaura04
霞ヶ浦へツーリングしてきました。
霞ヶ浦は「この大空に、翼をひろげて」の舞台モデル地だと推定しています。

Kasumigaura01
大きな水域で、東京に近く、
月映山(つくばさん)という、筑波山に似た名前の山。
外してはいないと思います。

 

Kasumigaura03
霞ヶ浦大橋を望む展望。広大ですね。グライダーだと気持ちいい眺めでしょうか。

 

Kasumigaura02
トビウオ荘のモデル、土浦第一高校の旧本館です。
他の方のページを参考に行ってきました。

あまりに熱いとツーリング日和どころではなく、人もバイクも保たないです。
山へ涼みに行った方が良かったかも?

購入報告:ひとつ飛ばし恋愛0キロメートル

Asaproject
・ひとつ飛ばし恋愛
・恋愛0キロメートル
二つ同時にイヤッッホォォォオオォオウ!
ちなみに記事タイトルは、二作を一つに繋げてみました。

ASa Projectのゲームを買うのは初めてですが、ブランド自体は昔から知っていたり。
当時、処女作「めいくるっ!」の販促ポスターを発売前キャンペーンらしきイベントで
貰ったことが切っ掛けでした。おそらく他の戯画系ゲームの際に。

その時はキャラデザとゲーム内容が好みでは無かったので興味を持たなかったですが、
時が経ち、HOOKSOFT繋がりでASa Projectを再度知り、「恋愛0キロメートル」は
キャラデザが好みに合ったことと、ゲームコンセプトに興味を持ったところです。

それでもって、今頃購入したのは、初回版特典のサウンドトラックCDを押さえるため。
ボーカル曲のフルバージョン入りサウンドトラックCDは魅力的です。

取りあえず積みますが、崩し優先リストの五指に入れておきます。

大図書館の羊飼い:小説版overture、1,2巻感想

Novelize
ファミ通文庫より発刊されている小説版のoverture(前日譚)、1,2巻を読了しました。

第1巻はプロローグまでを書いており、原作のPC版と同じ流れに対して、
第2巻ではミナフェスまでの共通ルート部分を書いていますが、
最後で原作と異なる展開で終わっています。
なんと、筧が羊飼い見習いになることを承諾しています。
見習いになると、小太刀みたいに他人に忘れられてしまうわけで。

原作には無い羊飼い化ルートを読めるのか!? 小説版も楽しみになりました。


一方、原作ゲームの前日譚を書いたoverture。ゲームプレイ後に読んでみると、
ゲーム発売前に刊行されたせいか、伏線が色々あったのが分かります。

小太刀凪の前日譚は「入学したての鈴木佳奈小太刀が道案内した」というもの。
ここで重要なのは、この前日譚を話している最中は佳奈が席を外している所。
羊飼いの特性である「忘れられる」を上手く隠蔽しています。
ゲームでは佳奈小太刀は初対面では無かったわけですね。

また、232-234頁に「猫の溜まり場」なるものが登場します。30匹くらいの溜まり場。
こちらは「放課後しっぽデイズ」の伏線かもしれません。
私も教えて貰って再認識したところでした。

マクロスFのBD-BOXが出るそうです。

「マクロスF ゼントラ盛り Blu-ray Box」
33600円、12月25日発売

25話入りで当時のBD版より高画質化されて3万円安いなら、
お買い得と判断。

マクロスFは見たことが無いので、これを機にブルーレイBOXを購入して
視聴してみようと思います。ロボットアニメ好きなので。
放映当時の人気や話題は知っていましたが、当時BDを買うつもりがずるずると。

ちなみに私が見たことがあるマクロスは、無印とIIと7、プラスだったりします。
無印の「愛・おぼえてますか」とマクロスプラスがお気に入り。

購入報告:PENTAX K-30とO-GPS1とUHS-I SDHC32GB

K30
ペンタックスK-30 18-135レンズキットをイヤッッホォォォオオォオウ!

遂に一眼レフに手を出してしまいました。やっちゃった感はほんの少しだけ。
コンパクト→m4/3ミラーレス一眼→一眼レフ(APS-C)と、センサーサイズと共に
着実なステップアップを踏んでいますね。腕はともかく。 (;´▽`A``

Ogps1
購入動機はアストロトレーサー星空をお手軽に撮りたいから
なので、カメラ本体はペンタックスに必然的に決まりました。
以前買ったポータブル赤道儀を完全に亡き者にしたいようで。

取りあえず、先にGPSユニット O-GPS1を購入して、カメラ本体は後から決めました。
主客転倒。オプション品からカメラが生えてきています。

ボディ選定ではK-30とK-5IIで迷いましたが、K-5IIはシーンモードが無いので、
へたっぴな私には使いこなせないことが容易に想像出来たのでパスしました。
どうせ撮って出しでRAW現像しないし。
SDカードの対応についても、K-30はUHS-I対応な所も購入の要因だったかも。

ということでK-30に決まり、色を折角選べるのでカラーオーダーで発注。

ちなみにK-50の存在は注文後に知りましたが、性能は概ね変わらずで
バッテリーがオプション扱いだったので安堵してみたり。

 

Exceria_32gb_sdhc_uhsi
SDカードについては、カメラ本体がUHS-Iに対応しているので、こちらも折角だから
東芝EXCERIAシリーズの書き込みが一番速いのにしました。日本製イヤッホウ!
 
 

 

 
 

DSC-RX100DSC-TX30(S)DMC-FT5DSC-TX30(D)、そしてK-30。
今年に入って大小併せて5台のカメラを購入しています。
自分でも異常と自覚するくらい。

Prism_recollection01 Prism_recollection02
いやもうこれは間違いなく彼女からの影響です。
「プリズム◇リコレクション!」の連城紗耶香。写真を熱く語る姿に惹かれたのかも。
今まで使っていたカメラも思い出があるので捨てられないという想いは共感できます。

購入報告:東芝製SSD 256GB

Cssds6t256nhg5q
CSSD-S6T256NHG5Qイヤッッホォォォオオォオウ!

レッツノートCF-N8のHDD換装用に調達。
5月の連休明けからは普通に買えるようになったので、ようやく手にしました。

待ちに待った東芝製。他社製のSSDに手を出さずに我慢した甲斐がありました。
ノートパソコンのHDDと同じ容量なので、データ移行も過不足ないはず。
今度こそ換装します

minoriの「12の月のイヴ」概要初見感想。

はじまりは、ここにする。

このコピーに惹かれました。
なんとなく某水曜どうでしょうの「ここをキャンプ地とする」よぎりました

さて、minoriの新作紹介ページが先月公開されました。
3人のヒロインは皆巨乳なのね。だが、それがいい。
夏ペルが好評だったのかな? ……ごめんなさい夏ペル積みっぱなしです。  orz 
ジャスナス→羊飼い→プリコレと冬場は隙が崩す無かった。

 

キャラクターの瞳の塗りが虹色がかっているのが今作のキャラデザの特徴
でしょうか。光線が強いのかしらん。
光といえば、背景は空気の透明感がありますね。冬の晴間を再現しているような。

  
 

未来からやってきたメインヒロインがいて、シナリオライター陣に鏡遊がいる。
……某みらのすの再構成?と当てずっぽうしてみたり。

放課後しっぽデイズ:製品ページ正式公開

オーガスト公式サイトで「大図書館の羊飼い」のスピンアウト製品
「放課後しっぽデイズ」のページが正式公開されました。

登場人物は主人公とヒロイン二人。サブキャラにアプリオ組で佳奈すけ嬉野さん
生徒会で望月会長と多岐川副会長が登場当確みたいですね。
それと、猫側でギザ様は確定のようで。

土岐のぞみの紹介文に気になった点が。
「クラスなどでも男女問わず人気があるが」とありますが、汐美学園の学級編成は
一クラス数百人規模なので、そこまでクラスメイトに関心あるのかな?
本編プロローグでは、つぐみ高峰と同じクラスだったことに
後から気づいていましたし。

ちなみに土岐のぞみ身長164.3cmは、本編含めたヒロイン中一番高いですね。
次点では桜庭玉藻の161.7cm。3サイズは望月会長とほぼ同じ。

もう一人のヒロイン藤宮朔夜の身長150.2cmは、佳奈(148)より大きく、
凪(152.1)や多岐川(151.9)には及ばない位置に。
身体スペックを調べてみて、の巨乳ぶりを改めて認識したり。あの身長でこの乳か…

主人公桐島慶の撮影機材の充実度も気になるところ。
眼鏡が光るパターンからして、結構面白い人物かも。

 

物語紹介によると、新校舎建設問題が大きな壁になりそうですが、
ネコ広場の保全または移転を生徒会に陳情したり図書部に依頼することで
達本編キャラとの絡みがありそうです。

 

イベントCGではのぞみパンチラCGが早速紹介されてます。ギザ様GJ。
製品情報では15禁とのことなので、もっと踏み込んだ場面があることを期待します。
 

 

2013年7月12日追記。
「主人公除いてフルボイス」と公式発表されました。一安心。
主人公以外ということは、…筧は喋るのかな?

スクリーンショットでは図書部との2ショットもあり。やはり依頼に行くみたい。

Canvas4:プレイ感想日記11 コンプリート!

C4_73
積んでいた「アクロウム・エチュード Canvas4」を約2年半ぶりにクリアしました。

前作「Canvas3」の出来とC4キャラの見た目に反して、結構良く作られていたのは
本当に予想外でした。主人公は絵に関する悩みもあるし、美術ネタも多いし、
攻略対象がサブヒロイン含めて8人と大人数でしたし、後ろ立ち絵や裸立ち絵
あったりと、原点回帰&正常進化した思います。

 

故に残念だったのがキャラクターデザイン。ヒロインの大部分がいまいちでした。
具体的にはことの・円・蘭。特にイベントCGが萌えられない。
Canvasシリーズの売りの一つは可愛いヒロインだと考えているなかで、
特にメインヒロインのことのが及第点に入らないのが残念。
今作がCanvasシリーズでなく別メーカーの新作だったなら、キャラデザで
買わなかったと思います。

 

C4_74 C4_75
お気に入りはキャラ&シナリオは、仁瀬さつき&みつば姉妹と、鷺ノ宮紬
特に、仁瀬姉妹はキャラデザの好みが、紬は物語の結末が気に入ってます。
さつき大先生のジト目や密かな好意、みつば「しましま」の不敵な笑みが好き。

C4_76
また、オープニングムービーの出来が良かったです。
キャラクター紹介部分の台詞演出や歌のサビ前の一瞬に挿入される実写カットが
お気に入り。
OP曲「君だけのキャンバス」の歌詞もCanvasというゲームをよく捉えていたと思います。
BGMでは「勇気を出して」がお気に入り。

  

シリーズものということで、過去作の主人公やヒロインの活躍が語られたり
しているのはファンにとっては嬉しいところでした。
担当原画の手によるエリスを再び見られたのは幸い。上倉浩樹も息災で良かった。
背景画もC2でお馴染みの絵が多数あって懐かしいです。
淡い感じなのもCanvasらしい伝統。

 
 

ところで今作のタイトルは過去作の「CanvasX ~○○の○○~」とは異なり、
アクロウム・エチュード Canvas4」と主従逆転しているのが興味深いところでした。
当初はCanvas色が薄いものだと想像してました。

ちなみに"Achrome Etude"を調べてみると「非色の下絵」という意味合いになるようです。
セピア色、茜色、白銀ときて、非色。
色の無い色である白色。モノクロームとアクローム、エチュードとエスキース。
美術用語から引用されたタイトルに成る程と2年半越しで感心しました。

Canvas4:プレイ感想日記10 立花圭ルートクリア

C4_65
最後の8人目は生徒会副会長のけーさん
まさかのお嬢様ルートでびっくり。
けれど、鷺ノ宮紬がいるのにお嬢様キャラを被らせたのは首を傾げてみたり。
のほほんな鷺ノ宮と違って、立花ルートには「釣り合いがとれてない」や「婚約者」など、
典型的なお約束パターンがあります。

エンディングでは、主人公と二人でパリ姉妹校へ留学していますが、
留学を取りやめたルートと対照的になっているのは興味深いところ。

C4_69
このルートでは主人公の母親ゆう子さんが頼もしかったり。

 


C4_72

ルート終盤、勝負服を着込んたカチコミの親に向かって啖呵を切るシーンは
戯画の「ショコラ」を思い出しました。ツインビームルートは良かった

 

けーさんの父親は、杏子ルートで山男だと言及されてますが、
ニット帽に髭とセーターで山男らしくしたせいで老けすぎている気が。

サブキャラヒロイン一人に別の原画家を担当させたのは疑問に思ってましたが、
このルート専用のサブキャラが4人も登場。5人分描いていたのね。成る程納得。
シナリオはまずまずでしたが、を含めてキャラデザの魅力が乏しかったです。

C4_70
主人公が途中まで描いた絵に、が仕上げて完成させるシチュエーションは良い感じ。
芸術祭前の合宿がここでの伏線になっていたとは意外でした。
サブヒロインルートで回収されるなんて。

C4_71
ルートで陰に日向に活躍した杏子部長。技量が半端ないですね。
リアルな書き割りに続いて、出席を騙せる等身大POPに招待状の贋作も。
歴代の部員の中でも応用力はトップクラスでは?

そして役目を終えたPOPを2枚所有していることの。SD絵でも良いからCGを見てみたい。
 


C4_66

1年生トリオの漫才もなかなか面白い。君たち仲が良いね。

Canvas4:プレイ感想日記10 東雲杏子ルートクリア

C4_60
部長ルートは幼馴染みのさんと主人公との三角関係。更には両家の親同士の
事情が絡んでたり、部長自身の進路問題もあったりと、登場ヒロイン中最も面倒な
展開を見せてたり。
円&蘭ルートでも三角関係を扱っているので、ネタ被りしているのは残念なところ。
全体の調整をして欲しかったです。

 

C4_61
技法習得や課題を設けた部活動や緻密な書き割り等の技量や
部員を見る目は部長に相応しいし、Canvasシリーズのヒロインとして十分です。
ただ、主人公の作品の銘入れをふざけてしまったのはいただけない。
おそらく、桜花展での寸評で部長と同じ土俵にするためのシナリオ上の措置だと
思われますが、らしくなさに違和感を覚えました。

 

結果的に桜花展に出展された部長の壁画は、C2の水彩画で出展した竹内元部長
思い出しました。桜花展の懐の広さは健在のようで。
イーゼルに立てかけたカンバス以外の作品という点は目を惹くところです。
Canvasシリーズ初?

 

C4_63
頼りになる竹内先生C2主人公の上倉先生から多大な影響を受けているようで。
ゲーム全体で見ると、C2主人公の言及率も結構多くて嬉しかったり。

 

C4_62 C4_64
仁瀬先生も良い味出しています。

Canvas4:プレイ感想日記09 穂高蘭ルートクリア

此ノ花円ルートから分岐するかたちでのルート。
の闇を払うことはこちらでも喫緊の案件ですが、
主人公と「ファミリー」を先に結成することで、一歩を踏み出す後押しに
なっているのが、ルートと対照的かも。

 

C4_56
放課後の教室で主人公の席に座ってみたり、主人公宅へ寄ってみたりと、
円は結構乙女してます。ついでに言うと裸立ち絵が有ります。
しかも2回目のHシーンではその裸立ち絵もHの一環に使われてたり。
ことのが不発だった分、これは意外と嬉しい。

 

C4_58
「みんなで幸せになれない?」という選択肢に3P展開を期待していたのは内緒。 (;;;´Д`)ゝ

Canvas4:プレイ感想日記08 此ノ花円ルートクリア

C4_51
C3の舞台である繚乱学園出身のヒロイン・ 此ノ花円をクリアしました。

 

C4_50
共通ルートで主人公を「自分と同じく心に闇を持っている」と評したように、
普段の元気っぷりや演劇部所属というのは素の自分を隠蔽する鎧だったわけですね。
終わって振り返ると、設定等が伏線的に組み立ててあったシナリオでした。

 

C4_54
お互いが持っていた心の闇。主人公はの助言で救われたのに対し、の場合は
最悪に近い事態になり、ヒロインに容赦ないシナリオだと思いましたが、
これはこの後に控える「家族になろう」への前振りだったわけですね。
学園1年生でそこまでの覚悟を決意させるあたり、突飛と言うよりもトラウマが深いと
見るべきでしょうか。

 

C4_53
主人公の絵がを現世に留めたくらいに運命すぎて、
ルートプレイ後は他のルートに行きづらくなったかも。

Canvas4:プレイ感想日記07 鷺ノ宮紬ルートクリア

C4_43
攻略対象ヒロイン最年長の鷺ノ宮紬
お嬢様っぷりや、共通ルート終盤での主人公の立ち直らせ方はC2鷺ノ宮紗綾
重なりました。

一方で、街中で押し倒したり、初詣の神社でおっぱい触ったりするのは
結構変わったバカップルぶりで。

 

C4_47
のシナリオはC2エリスルートのアンチテーゼとなっていますね。
留学について悩むに助言をしたのは他ならぬエリス自身。
このシーンはものすごく興味深いところでした。
「Canvas2」をプレイした人なら誰しも思うところかと。

留学を取りやめて、主人公の傍で音楽の道を模索することにした紬の決心に
大きな賛辞を贈りたいです。

 

C4_46
竹内部長も登場したり、C2主人公の上倉先生のことも触れられたりと、
C2ファンには嬉しいシーンも。
C2原画家の七尾奈留による大人エリスが見られたのは幸いでした。
流石に竹内先生理事長みたいに別の原画家では暴動になってしまうかも。

 
 

C4_48
エピローグは期待どおりの押しかけ女房イベント。
やっぱり鷺ノ宮一族はこうでなくちゃ。

« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »