購入予定とお気に入り

応援中!

  • フェイバリットOHP
    明日歩可愛いよ明日歩
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

カテゴリー

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
フォト

« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »

恋色空模様:モデル地の舞台探訪

Koiiro00
「プリズム◇リコレクション!」の舞台探訪で尾道へ行ったついでに、
しまなみ海道を渡って「恋色空模様」の舞台探訪もしてました。
折角遠出したのだから、寄れるところは寄ってみようと。
こちらも先達のサイトを参考にしました。

 

Koiiro01
神那島大橋。因島大橋です。
大浜PAから因島大橋記念公園に降りる際は、上り車線側から降りましょう。
下り車線側からは横断歩道橋で渡れます。
私は下調べが不十分だったので、下り側からかなり遠回りして降りてました。
1km位山中トレッキングしていたのは内緒。

 

Koiiro02
スーパーマーケット。日立因島生協のコープフレニールです。
スーパーやコンビニがあるので、本土との違和感が無かったり。

Koiiro03 Koiiro04
まっちゃんが通う神社。伯方島の喜多浦八幡神社です。
Maihime
参拝時には、秋祭りに舞を奉納する巫女さんを募集してました。
6月中旬まで募集しているようで。

 

Koiiro05
主人公達が登校時に集合する交差点。和風レストランさんわ前です。
背景画像がよつわで民宿の看板や柱があったりしてるので、モデルはここでしょう。
お昼時に塩ラーメンを食しました。丸細麺だったのは驚いたり。

 
 
 

瀬戸内の島嶼部は初めて訪れましたが、道路で繋がっているので
行き来はかなり便利ですね。
作中で神那島大橋が結構評価されていたのも納得です。

プリズム◇リコレクション!:舞台探訪その3

Kure
「プリズム◇リコレクション!」の舞台探訪第3回目です。
とうとう関東から芸予地方まで長距離ドライブしてきました。
第1回目第2回目はリンクからどうぞ。

このゲームにここまで駆り立てられたとは自分でも驚いてます。
東側を回ってきたからには西側もという気分だったのかも。
特定された先達の方々に感謝します。

 

Pricolle03
図南再生開発局。兵庫県立先端科学技術支援センターです。
ガラス越しに見える長いスロープはバリアフリー対応みたい。
山の中に突如現る研究都市。少し北にはおなじみSPring-8があります。

Pricolle02
初咲家。尾道市の昇福亭千光寺道店。
尾道を初めて訪ねましたが、プリコレが切っ掛けになるとは思わなかったです。

Pricolle01
レンガ通り。呉市の美術館通り。交差点付近になります。
人家がないので、夜間に特殊部隊やアンドロイドが闊歩しても違和感無いかも?

 

Pricolle04
アイナの住居左右反転しています。
呉市の入船山記念館。こういう洋館に住んでみたい。

 

Meronpan
作中で言及されていたメロンパン
呉市のパン屋で購入しましたが、確かにラグビーボール型でクリーム入り。
確かに独特な形状ですね。
昼食時に2個食べましたが、1個で結構お腹いっぱいになりました。
クリーム分がボリュームあります。

この大空に、翼をひろげてFD プレイ感想日記07:コンプリート!

最後は本編1年目のプロローグを小鳥視点で書いたビジュアルノベルを読了して、
ファンディスクの全コンテンツをコンプリートしました。
FDではタイトル画面は変わらないのね。

プルトップ初のファンディスクでしたが、リソース配分が的確で十分に楽しめました。
見たいもの見せましょうを地で行く感じで、本編での要望を正確に反映してました。


早いところOP曲の「Brand-New World」「INNOCENT AIR」といった新BGMを収録した
サウンドトラックCDを発売して欲しいところ。良い曲なだけに勿体ないです。

大図書館の羊飼い:ビジュアルファンブック情報

オーガスト公式サイトで「大図書館の羊飼い」ビジュアルファンブックの情報
掲載されました。

つぐみパンチラ表紙! イイヨイイヨー
過去作や他の手持ちのVFBでも、表紙絵でパンツが見えたり脱いでいるのは
殆ど無かったような。
分冊型装丁にパンツ絵表紙といい、エンターブレインの本気が出たのでしょうか。

この大空に、翼をひろげてFD プレイ感想日記06: 姫城姉妹アナザークリア

Korogetefd55
あげはルート後の話なのですが、このシナリオだけアナザー扱いなのね。
「碧あげはと一緒にいたいのと、同じことをして欲しい」という動機は
ある意味純粋かも。諦めないほたるの寄り切り勝ちでした。

しかし初めてのHが姉妹丼で、足で責められたり、前だけでなく後ろもとか。
この妹レベル高いよ! あの姉にしてこの妹ありを体現してました。

プライミニスター:キャスト&CG公開

製品ページの土日連続更新とは気合い入ってますね。
予約開始のスタートダッシュ&発売まで3ヶ月の短期決戦だからでしょうか。
配役については、

安芸かのこ(CV:秋野花)
枝那森千里(CV:白月かなめ)
継花三澄(CV:有栖川みや美)
木倉汐路(CV:青葉りんご)
桐理つばさ(CV:百瀬ぽこ)

中の人で覚えがあるのは有栖川みや美青葉りんごの二人でしたが、調べてみると
かのこは「AQUA」の町村沙織
千里は「この大空に、翼をひろげて」の霧乃遙
つばさも「この大空に、翼をひろげて」でスタッフロールに載ってましたね。

それはそうと、TOP絵にも載っているかのこパンチラがGJですよ!
太股の塗りが質感あって、えっちぃい感じ。
こういうイベントCGが多く用意されていると嬉しいです

この大空に、翼をひろげてFD プレイ感想日記05: 風戸姉妹アフタークリア

Korogetefd51
双子ルートアフターは、おまけH程度の長さのショートシナリオ。
登場人物もと双子の3人のみ。
グライダーも飛ばない、わりとヒマなトビウオ荘の一日でした。

 

Korogetefd54
主人公の、本編双子ルート並の斜め上な行動は健在のようで。
漫画本をお尻に挟ませる発想はなかった。

 

Korogetefd53
同時攻撃だった本編に対して、各個撃破型の交代制のHも良かったですし、
基本全裸でニーソックスのみという姿はとてもえっちぃです。イイヨイイヨー

イベントCGは本編と比較すると、双子の表情が柔らかくなった感じがしますね。
Hシーンは割と良かった一方で、花火シーンのは目鼻が遠くなって少々違和感あったり。

 

ちなみに修正パッチ当てたバージョンですが、
Hシーン後の会話で「精力」が「勢力」になっている台詞がありました。

さくら、咲きました。:プレイ感想日記23 おまけシナリオ06

Sakusakiapend22
おまけシナリオ第6話はルートアフターです。

は酔ったらキス魔」だったという話。
こないだまで○ンドセル使っていた子に酒飲ますとか鬼畜ですね>すみれ先輩
マスターも吐血しちゃってますし。

 

Sakusakiapend23
23世紀現在で写真撮影にフィルムというのは不思議な気分。
「フィルム」という名のメモリーカードか?
本編では美春町が20世紀を模した造りになっている説明はあったけど、
デジタルデバイスの説明がなかったので結構謎だったり。

冒頭の地域BBSで「奇跡の少女」こと奏を特定しようとする一連の書き込みは
少々薄ら寒いものを覚えたり。この掲示板のノリはゲームでは見たくなかった。


が好みのキャラだったので、おまけシナリオを楽しみにしていたのですが、
少々肩すかしを食らった気分です。

購入報告:大図書館の羊飼い オリジナルサウンドトラック

Daito_ost01
大図書館の羊飼いサウンドトラックCDイヤッッホォォォオオォオウ!

Daito_ost2
収納ケースは両A面仕様です。
背中を中央にして左側が佳奈すけ、右側が千莉にのイラスト。
ボーカルコレクションと一緒に収納できるように、箱の寸法だけでなく
ジャケット絵がデザインされてます

一年生コンビが同系の衣装だったのも、サントラ&ボーカル曲を纏めて収納する
この箱をデザインするためだったのね。

購入報告:オートソック

Autosock
布製タイヤ滑り止めです。

数年前に登場してニュース記事を読んだときは眉唾と思ってましたが、
今では車メーカーが純正オプション採用しているので、購入しました。

RX-8発売当時はサイルチェーンのみでしたが、今はこういう選択もあるのですね。

オートソックは保険です。晩秋11月や、4月5月のゴールデンウィーク前後あたりに、
標高の高いところへドライブしたときの。今年のGWは山間部は降雪していましたし。

12月~3月は素直にスタッドレスタイヤに交換します。

購入報告:バイクカバー

Bikecover
7年使用していたバイクカバーが劣化してたので、一新しました。
カバーを掛けると白く粉を吹いている状態は風埃かと思ったら、
繊維がボロボロ崩れ出していました。

ワイズギアの裏面起毛品が品切れだったので、南海部品のにしましたが
アラデンのOEMなので信頼性があります。ちなみに日本製。
このEX版は車体前部、スクリーン付近は起毛になっています。

この大空に、翼をひろげてFD プレイ感想日記04: 時雨佳奈子ルートクリア

Korogetefd18
佳奈子さんルートクリアです。
身体スペックや軽めな声も好みで、キャラデザも全キャラ中一番のお気に入り。

本編双子ルートで「双子と結ばれてなかったら惚れていた」と漏らしていたように、
佳奈子ルートは双子との関わりが多いのと、先に本編をプレイした方が
彼女の心理を理解しやすいです。

 

Korogetefd23
立ち絵は本編では1枚のみでしたが、新規に1枚追加されました。
追加立ち絵では裸バージョンもあるのはGJですよ。

 

Korogetefd22
シナリオ担当は本編の亜紗依瑠ルートと同じ人みたいですね。
Hシーン、特に2回目は変態度上がってますね
双子ルートと同等にクンクンと執拗に嗅いでますし。だがそこが良い。
しかい2回目はおっぱい見られなかったのは至極残念。

 
 

Korogetefd21
ソアリング部のお膳立てに素直に受け取れたは良い主人公。
しかしみんな良い表情してるわ (;´▽`A``

 
 

Korogetefd20
料理の実写写真は前作「神聖にして侵すべからず」を思い出しました。

大図書館の羊飼い:「放課後しっぽデイズ」サイト公開とDSC-TX30

オーガスト公式サイトでスピンオフ製品の「放課後しっぽデイズ」のティザーサイトが
設置されました。

ところで、タイトル名は「放課後しっぽデイズ」ですよね?
オーガストのトップページでは"ディズ"になっているけど、ティザーサイトや事前情報
では"デイズ"ですので、トップページの誤字かと。

そのティザーサイトのトップページに掲載されている製品概要ですが、

「購入条件:全年齢ソフトウェア」

うーん、18禁じゃないのか……。購入意欲が半減しました。
絵が悪くないだけに至極残念です。   il||li _| ̄|○ il||li
本編に実装されているオンラインアップデート機能で18禁仕様にならないかなぁ。
某XRATEや某エクスタシーみたいに。

 

ところで、左側のヒロインが持っているデジタルカメラの機種ですが、ソニーの
サイバーショットDSC-TX30ですね。
小冊子では線画のみだったので気にしていなかったのですが、彩色されて驚き。
色とスライドカバー、レンズ周りのLEDライトが判別ポイント。
Dsctx30
というか、同型機を先週購入したばかりだったので、偶然の一致に驚いてみたり。
薄くて携帯しやすく、防水等のタフネス性能もあってマクロも強い。
普段持ちに便利な機種ですよね。

天色*アイルノーツ:小冊子着弾

Yuzusoft_booklet
キャラ紹介、中の人やスタッフインタビュー、イベントCG紹介とキャラソン広告
といった概ね恒例の内容です。

ユーザー登録者に送付形式は「DRACU-RIOT!」からでしょうか。
年賀状も毎年頂いているし、ゆずソフトは結構律儀な印象。
こういうサービスを受けると、新作購入の気概が俄然湧いてきます。
もちろん既に予約済。

この大空に、翼をひろげてFD プレイ感想日記03: ソアリング部ビフォア クリア

本編天音ルートアフターをクリアしました。

単に過去の贖罪をさせるのではなく、スクラップ&ビルドみたいにイスカ天音
一度仲違いさせて、纏めて和解させるという見せ方が良かったかも。
Korogetefd13
イスカは恵風時代が好み。ニーソックス最高です。


Korogetefd14
あんちゃんは泰然自若のままでいて欲しかったですが、小鳥の眼差しを受け止めきれないイスカの弱さと目線を合わせられるには必要なところだったのかも。

 
 

Korogetefd15
工エエェェ(´゚д゚`)ェェエエ工 真顔で言われても。
1回目のHシーンは肉食系天音の真骨頂を見た感じ。
2回目のHはなんとなく眼鏡を選んでみました。

 
 

Korogetefd17
二人揃うと華がありますね。
あげはのはFDで初めて見たかも。基井あゆむ原画キャラの持ち味でしょうか。

PriministAr -プライミニスター-:製品ページ公開

HOOKSOFTの公式サイトにて、新作「PriministAr -プライミニスター-」の製品ページが
正式公開されました。

 

下着姿でお出迎えのTOP絵は非常にGJ。一気に引き込まれて予約する気十分です。

発売は8月30日とのこと。
遠くない3ヶ月前の発表も、士気も間断なく維持できるので好ましいです。

 
 

秀逸はヒロインの紹介ページ。キャッチコピーが面白いです。
何かの商品を思い起こさせます。
「その包容力、もはや菩薩級」(安芸かのこ)
「まさに無双夢想」(安芸かのこ)
「気がつけばいつも傍にいる。」(枝那森千里)

ヒロインの足先までの全身像が見られるのも良いですね。

 

ライター4人、原画担当4人は大所帯な気がしますが、
ディレクターやエグゼクティブDは「Strawberry Nauts」と同じなので、
ディレクターの手腕に期待します。

購入報告:工具一式

Tools  
出先での電球切れ位は自分で対処したいので、車載用の工具を調達しました。

  • マイナスと+1,2,3のドライバーと、+2スタビドライバー (ベッセル)
  • 8,10,12,13,14,17,19mmのコンビレンチ (KTC)
  • 17-19、22-24のメガネレンチ (ASAHI)
  • 3/8(9.5sq)ソケットとラチェット、75,125mmのエクステンション (コーケン Z-EAL)
  • 16(20.8)mmのプラグレンチ (コーケン)
  • 150mm以上のロングノーズプライヤ (ロブテックス)
  • バイスプライヤ (ロブテックス)
  • 170mm程度のニッパー (KEIBA)
  • 125mm程度のラジオペンチ (ARM)
  • 1.5~10mmのロングタイプボール付きLレンチセット (ASAHI)
  • 同じ程度のトルクスねじ用ボールポイントレンチ (EIGHT)
  • ショックレスハンマー (SIGNET)

選定は日本製かつ自宅で使っているものとほぼ同様にしたので、纏めると結構重い。
トルクスとメガネレンチ、プライヤーは不要かもしれない……。

あとはランプ用の予備電球ブレードヒューズを購入すれば完璧?
ついでだから、部屋の片隅にあった整備書もこの際にトランクに積んでしまえ。
サービスマニュアルが必要になるときは車の側にいるときですし。



今時の車はパンク時のタイヤ交換用にパンタジャッキとホイルレンチのみですね。
スペアタイヤは修理キットに置き換えられて、ランフラットタイヤ装着してたり、
ランプ類もLED化で長寿命ですし。

この大空に、翼をひろげてFD プレイ感想日記02: ソアリング部アフター クリア

Korogetefd11
ソアリング部アフタークリアしました。
序盤の様々伏線が後半で全て活かされていたのが良かったです。

引退フライトは本編でのテストフライト告白+モーニンググローリーへのフライト
再現したものでした。
「本編小鳥ルートでの美味しいところをもう一度見せましょう」といったコンセプト
なのかな。

「空が遠くなったと感じたのは、鳥籠から出た自分の翼がより遠くまで飛べるように
なったので空が広がったから」
という認識拡大の確認はなかなか興味深かったです。

 

Korogetefd12
プロポーズを無線で公開しちゃう小鳥がお茶目。
序盤で碧のことを王子様とか言って惚気たり、大空での告白を吹聴して伝説化したのは
この伏線だったのね。

 

Korogetefd06
新部長の必殺技はやはりりじちょーを泣き落としか?

 
 

Korogetefd10
実はあの時のゴム索曳航を手伝っていた。そのフライトを見たことが入部動機で、
ずっと部に残っていたのも納得。ここで明かされる所も心にくい展開です。
動機的には亜紗に近い感じですね。
電車通学だったのも、トビウオ荘へ入寮する伏線だったのは序盤から予想どおりでした。

 

Korogetefd09
それは死兆星。見えたらソアリング部死亡の危機!?

この大空に、翼をひろげて FLIGHT DIARYプレイ感想日記01 ソアリング部アフター 01

Korogetefd01
本編と同時にインストールしたのを忘れていて、DVDを探したのは内緒。
本編クリア後の余韻が醒めることなくファンディスクに進めるのは
積みゲーの醍醐味かも?

 

続きを見たいということで、まずは「ソアリング部アフター」から始めました。
Korogetefd05
本編から2年後なのと、立ち上がれるようになったことで、小鳥の追加分の立ち絵は
成長を感じさせますね。良い感じ。
Hシーンの足コキも回復の証として喜ぶべきなのでしょうか。プレイは好みじゃないけど。

Korogetefd02
イスカ本人が口にするとまた感慨深かったり。

 

Korogetefd03
乃遙中村。新入部員二人も本編キャラ同様に気象に因んだ名前ですね。
晴海の長身と入部の経緯でふと、「究極超人あ~る」の曲垣を思い出したり。

 
 

Korogetefd04
某りじちょー以来の伝統様式。
上郷の地名に至れば「夏少女」以来…こちらは10年経つのですね。懐かしい。

「双子座のパラドックス」が6月28日に発売延期&今後の購入予定

コットンソフトの新作も来月に延びました。
同日発売の新作が多くて予約数少ないそうで。

今月購入予定は
フロントウィングの「グリザイアの楽園」と
パープルソフトウェアの「未来ノスタルジア新装版」
グリザイア果実迷宮が崩せていないので、購入即積み状態。
ミラノスはサントラCD目的なので実質プレイ予定がなかったり。

来月は延期で延びた「3人いる!」と「双子座のパラドックス」

7月はゆずソフトの「天色*アイルノーツ」と戯画の「BALDR SKY ZERO」

発売日未定組だと
オーガストの「大図書館の羊飼いFD」と「大図書館の羊飼い しっぽデイズ」
プルトップの「ココロ@ファンクション!」は検討中ですが、サントラCD買いするかも。

紫と渦巻の新作は大概買うと思います。

この大空に、翼をひろげて:初回版のサウンドトラックCDと主題歌マキシCDの誤り

ゲームをコンプリートしたので、主題歌マキシCDとサントラCDを聴いていたのですが、
サントラCDの曲名や曲順が一部誤りがあったのですね。
訂正の報が公式ブログにあり、危うくレーベル見ながら打ち込むところでした。
ひととおり公式サイトを眺めおくものと教訓となりました。

マキシシングルの歌詞カードにも間違いがあり、製品ページに情報が。
こちらの情報も公式ブログの方にも一元化して欲しかったです。

プリズム◇リコレクション!:舞台モデル地と舞台探訪その2

「プリズム◇リコレクション!」の舞台探訪第2回目です。第1回目はこちら

Photo
百智山天文台。
ぐんま天文台です。前回の宣言どおり行ってきました。

Puricole_mansion
久我山兄妹や九条先生のマンション。
秘密基地の見晴台の南隣にありました。前回うっかり行きそびれてました。(;;;´Д`)ゝ

「3人いる!」が6月28日発売へ延期

ちなみにSPECページの製品概要欄は当初の5月31日のままだったり。

体験版は昨日の更新で公開されていますが、購入確定済みなので発売日まで待ちます。

PULLTOP新作「ココロ@ファンクション!」発表

プルトップ公式サイトにて12作目の新作「ココロ@ファンクション!」が
公開されました。夏発売ということは8月頃?

メーカーのトップページから製品ページへ飛んだ際に、
こちらを振り向く水菜が可愛いです。

製品ページのトップは某Windows8みたいなアイコンタイル状のデザイン。
「この大空に、翼をひろげて」みたいにフラッシュを長々読み込む程ではないので
一応許容できるかと。
シンプル版の紹介ページもあるのは助かります。デザインが某げっちゅ屋に来ている気がします。

心の内がダダ漏れになってしまうというコンセプトは今は無き
しゃくなげの「みみをすませば」を思い出しました。まだ崩せてないけど。

近未来設定で、空間に投影されるディスプレイが象徴的な情報化社会で
学園もの……というと、最近クリアした「プリズム◇リコレクション!」を
彷彿とさせます。

 
キャラクターの塗りが、過去作とは異なって彩度が高くて、アニメ調になりましたね。
塗りが安っぽくなった雰囲気。アニメーションさせるために変更した?

ちなみに好みのキャラクターはメインヒロインの蓮ヶ瀬水菜
基井あゆむ原画が好みですが、今のところ、水菜しか攻略する気が起きないです。

他の制作陣に高嶋栄二、TWOFIVE、西沢はぐみと既知で定評あるところが参加している
ので安心感はあるかも。音楽面は期待できそう。
 
 
 
登場人物名は植物関連から名付けているみたいですね。
主人公の名前は植物の成長・光合成に必要なものですし。

速水太陽
ヶ瀬水菜
譲葉
白草めばえ
白草いぶき
速水朝顔

この大空に、翼をひろげて:プレイ感想日記08 コンプリート!

Oozora57
コンプリート後にタイトル画面とBGMが変化するのは歴代製品でお馴染みですね。

シナリオは概ね良かったです。
お気に入りのヒロインがいなかったり、好みの声優が出演してなかったのと
製品ページがFlash全開で非常に見づらかったので、発売日での購入を
見送ったことを後悔したくらい。

ヒロインルートによってグライダーに一緒に搭乗するヒロインが変わるだけでなく、
発航方法が変わったり、ガレージが存続したり、主人公が操縦しなかったりと、
モーニンググローリーへのフライト状況が変化していたのが良かったです。

 

ヒロインの好みは風戸姉妹、一人選ぶなら亜紗
堂々と二股交際宣言は衝撃的で面白かったです。

シナリオの好みは小鳥ルートの発航前夜と発航シーン、
天音ルートでの「イスカさんは嘘つきなんかじゃないですよ」です。
要するにBGM「Something I'll Never give up」が流れるシーンは燃えました。

 
 

BGMがゲームの雰囲気を盛り立ててましたね。最高でした。
お気に入りは上記で述べた「Something I'll Never give up」の他に
「It's a simple style」 ←戦術ゲームのブリーフィングシーンにお似合い
「Every day is Soaring days」  ←序盤のメロディに某ジャンプを思い出した
「Over the top」 ←序盤の管弦楽で掴みはOK

「Perfect Sky」「Precious wing」のボーカル曲もゲーム中で聴いて気に入りました。
PULLTOP製品は音楽買いで、取りあえず初回版を押さえておくのはありかも。

 
 

ところで、登場人物の名前は空や飛ぶことに関連した単語が入っていますね。

水瀬
々音小鳥
姫城あげは
月天
亜紗
依瑠

々音ひばり
姫城ほたる
居朱莉
佳奈子
五十達也
鷺イスカ

碧は空の青さ、風戸=かざと=風音=Sky soundでBGM、イスカは鳥の名前、
鯨は鯨雲があります。

マー坊こと田崎柾次は名前から見出せませんでしたが、家業のラーメン店の屋号が
太陽軒」でしたね。

あとはヶ浦という地名や恵学園とか。
風に恵まれるなんてグライダー向きな学園名ですね。



ところで、トビウオ荘住人の亮子の声優は佐本二厘だと思うのですがどうでしょう?
スタッフロールでは別名義みたいですけど。

この大空に、翼をひろげて:プレイ感想日記07 姫城あげはルートクリア

Oozora48
最後の4人目はあげはです。
滑走路やウインチを使わない発航で、基本的に小鳥ルートと同等の
ルートだと思われますが、あまり良くない出来だったような。

グライダー改良進行が一番遅れたルートだと思います。
制作している様子が感じられず、いつの間に完成していたんだ?と疑問が湧いた程。
技術屋のあげはだから、他ルートよりも最強の機体が仕上がると期待していたのに。

 

それと、「今度の秘密基地は絶対守る」と言っていた割に、他部活動への協力要請を
しすぎて秘密になっていなかったような。
それ故に飛岡に横やりを入れられたと思われるし。

秘密の共有者は極少数に限るべきなのに。
矛盾した行動と、詰めが甘いので、再度トラウマを呼ぶつもりなのかと懸念しました。
飛岡対策を講じたつもりなら、風戸姉妹ルート以上に飛岡が徹頭徹尾登場せず
関与しないシナリオを見たかった。

 
 

Oozora53
あげはは、かつての遊び仲間で、以前に主人公の告白を断っている過去からして、
関係の変化を恐れたのではと予想していましたが、概ねそのとおりでした。
残念だったのは、最後まで「好き」という言葉を口にしなかったところ。
一緒にグライダー作業を殆どしていないので、すれ違っていたような雰囲気でした。

主人公も告白の返事をしないあげはに対してかなりやきもきしてましたね。
昔好きだった相手だからか、他のヒロインルートより執着している印象を受けました。

Oozora50
あげはほたると交わされるハイテンションなノリの会話に脱落しそうになったり。
遊び仲間だった故の演出でしょうが、二人乃至三人だけで異様に突出しているのと、
あげはの態度が曖昧なままだったので終始冷静に見てしまいました。

 

Oozora49 Oozora51
ほたるといえば、ルート序盤であげはの身代わりにされていた分、
順当に主人公に好意を抱いた後の姉妹仲を危惧しましたが、
姉が強引に押し切って泥沼化を防いでました。
ほたるが諦めていないのが救いだったかも。
正直ほたるに分岐するルートが欲しかったくらい。


Oozora56
ルート中、幾つか良かったのは、まず自動車曳航シーン。
牽引車がRX-8らしきものだったのが良かった。

もう一つはHシーン。2回目の湖でのHと4回目の草地でのHが濃い印象。
しかし…野外好きですね。4回目は全裸で前後の穴でしてますし。
裸立ち絵もGJ。

 

Oozora54
モーニンググローリーへのフライトでは機体に搭乗しなかったあげはに、
「しろくまベルスターズ♪」のきららルートが重なりました。
地上の星のヒロイン再び、です。

購入報告:「プリズム◇リコレクション!」サウンドトラック

Prism_recollection_soundtrack
プリコレのサントライヤッッホォォォオオォオウ!
ジャケット絵はスケッチのフレーミングをしているこのか

ED曲の「カレイドスコープ」が楽しいですね。
お気に入りBGMやボーカル曲についてはコンプリート感想にて書いています。
他にも「君はおっぱい?」や「やわらかな胸にいだかれ」といった
直球的題名は意外と侮れない。

ふと気づきましたが、ヒロインの割り振りで
・サントラでこのか
・ラジオCDで紗耶香アイナ
それ故に、枕一人目が雛乃だったのかも?

 
 
 

それはそうと、今月は下旬に「大図書館の羊飼い」のサントラもあるので
要チェックです。

購入報告:大図書館の羊飼い アプリオFNG凪テレカと放課後しっぽデイズ情報

Aprio_nagi_daitoshokan031
テレカイヤッッホォォォオオォオウ!

水も滴るいい女になっています。ブラウスの透け具合が素晴らしい。
ブラの意匠も凝っていてGJです。

構図もよくあるコーヒーポーション塗れパターンではないのが好み。
去年の佳奈すけテレカに続いて、良い図案ですね。買いたくなります。
アプリオもある意味良い仕事しています。

  

小冊子の表紙絵がファンディスクのパッケ絵になるのかな。
つぐみのポーズは現在のOHPのトップ絵にも使われてますね。

 

派生品の「放課後しっぽデイズ」はイベント合わせのミニファンディスクといった
所でしょうか。攻略対象は二人みたいですし。
「大図書館の羊飼い」で原画補助していた方が原画を担当するそうで。
気楽にというか、べっかんこうではないと割り切って続報を待つ予定。

それにしても、オーガスト製品でべっかんこう以外の原画家(SD絵除く)のゲームを
見られるとは。10年過ぎると色々あるものです。

さくら、咲きました。:プレイ感想日記22 おまけシナリオ05

Sakusakiapend52
おまけシナリオ第5話は瀬利華アフター。
トコシエの主人公と、トコシエではない瀬利華とのその後の話。
といっても、300年後に主人公が当時を回想する形で始まります。

不老不死を題材にしたゲームや漫画はよくありますが、
不老不死の人間と、そうでない者との末路はあまり見かけないので
今回のエピソードは興味深く楽しめました。
主人公が瀬利華の死後を独白するシーンがお気に入り。

主人公は後にトコシエを止めて、瀬利華と同じ時の変化を辿っていったのは
やはり彼女の生き方の影響でしょうか。

トコシエであることが後に社会問題になっていたというのも興味深いところ。
不老不死は羨望ですからね。

Sakusakiapend51
瀬利華美羽の友情は都アフターを思い出します。
こんな感じで長いつきあいになったのかも。


Sakusakiapend53
まさかの2Pカラー。髪の色は主人公譲りかも?

300年経っても命の歯車は連綿と回り続けていた。
しんみりとしながらも希望が繋がっていた、いい話でした。

私もラストシーンの主人公の気持ちを体験してみたい。

プリズム◇リコレクション!:スペシャル景品プレゼント着弾

Hinano_kimono
早期予約キャンペーン色紙を用いた抽選に当選していたので、
雛乃のクリア下敷きを頂きました。

雛乃エロいよ雛乃。クロシェットのおっぱいの描き方は最高ですね!
帯紐が絶妙の防御をしています。ぐぬぬ…。

雛乃プリコレでのお気に入りヒロインなので、描き下ろしは嬉しいです。

Whirlpool5月の壁紙

今月の月例壁紙は水鏡まみず果林先輩
樽美酒のウェイトレス制服人気ですね。和風担当なので抹茶パフェと。

壁紙描き手担当が増えたので、4ヶ月ぶりで久しぶりと思いつつ過去分を見返してみると、
12月のみかる、1月のと連続して担当していたのね。

「Justy×Nasty ~魔王はじめました~」のヒロイン描き下ろしも全員揃ったので、
次の登板では新作が来ると思われます。

そういえば渦巻の新作は初夏ごろに第一報が来るそうですが、
てんまそ水鏡まみずどっちのラインかは予想付かないですね。
それぞれの前作の発売日が近かったですし。

PULLTOPとHOOKSOFTの新作ティザーサイト

それぞれオフィシャルページでキービジュアルが公開されてます。

HOOKSOFTの「PriministAr -プライミニスター-」は足細いなー
PULLTOPの12作目は太股むっちりで巨乳GJ!

てのが第一印象。
PULLTOPの新しい原画家の二人のうち、基井あゆむの絵が好みなので
期待してます。

この大空に、翼をひろげて:プレイ感想日記06 望月天音ルートクリア

Oozora47
天音ルートはイスカとの軌跡を回顧していく内容でした。
ソアリング部のガレージが取り壊されていない異色のルート。
ガレージは思い出の宝庫なので、必要だったわけですね。
小鳥風戸姉妹ルートとは異なり、プロローグ終盤から個別ルートに分岐してます。
ルート毎に舞台状況が変化しているのはプレイしがいがあります。

エピローグでは、ゲームタイトルを含んだ天音のモノローグで終わりますし、
天音ルートは真ルート的扱いなのかも。小鳥ルートが正統派で。

 

Oozora45
実は肉食系だった天音ちん。
この後の水着HのCG1枚目は、おっぱいの描き方が残念でした。

 

Oozora41
かつて、小鳥ルート終盤で迷う主人公に天音が贈ったイスカの言葉。
同じ言葉を主人公が天音に掛けていたのが印象的でした。
立ち位置が逆になっていますね。

 

Oozora46
天音を変えたイスカの言葉や行動が、後にイスカ自身を振り回す結果は皮肉でしたね。
彼女の言葉を証明するために、雲の回廊へ飛ぶ。
決断を促す場面に流れるBGM「something I'll never give up」が格好良くて燃えます。

 
 

Oozora42
これまでずっと病死していると思いこんでいたので、
あんちゃんの想いが報われそうな予感を持って終わったのが良かったです。

« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »