購入予定とお気に入り

応援中!

  • フェイバリットOHP
    明日歩可愛いよ明日歩
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2018年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      

カテゴリー

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
フォト

「PENTAX K-1」アップグレードサービスでPENTAX K-1 Mark IIと同等に

本日、フルサイズ一眼レフカメラ ペンタックス K-1 Mark IIが発表されました。
先代のK-1初代からは、基本性能はほぼ変わらず。アクセラレータユニット追加により
超高感度対応やAF精度向上が図られたり、リアルレゾリューション機能が手持ちでも
使えるようになったそうです。

それ位ならば、つい最近、2台目のK-1無印を買った身としては、わざわざ初代から
買い換えの食指は動きませんが、一緒に見逃せない重要な情報がありました。
なんと、初代ユーザー向けに、基板交換でマーク2相当になるアップグレードサービス
用意されました。
5万4千円で最新型と同等に換装されて、併せて、点検、清掃、調整もされるので、
とてもお得に思います。昨年末、三脚アームの緩みで三脚の足にぶつけた身としては
渡りに船なので、申し込むつもりです。

奇遇にもK-1が2台有るので、取り比べができるかもしれません。

ガールズ&パンツァー:ココス道2018 6週全て履修完了

Cocosroad20186th
2018年版のココス道は、最後の6週目を制覇して、無事完走しました。
キャンペーン期間前は、1週目だけで終えるつもりでしたが、なんだかんだで
毎週行ってしまいました。キャラクターパネルを制覇しないだけ落ち着いたかと。

なお、レシートに記載されたコードを応募してのポスターやフィギュアの抽選は、
結局全て外れました。パンツァーケーキ改も食べて、都合10回は応募してみましたが
なかなか厳しい結果でした。

ホンダによるバイクに関するアンケート調査

Honda_enq
本田技研工業の二輪事業部本部より、バイクに関するアンケート調査がきたので、
回答してみました。
ちなみに、この手の調査は、2015年のスズキのGSX1300R隼に関するアンケート以来です。

 

Honda_enq2 Honda_enq3
内容は、二輪車ブランドに関する調査のようです。
今回のアンケートにおける注目すべき点は、本田技研がライバルとして見ている
他メーカーについてだと思います。
ドカティ、ヤマハ、BMW、KTM、ハーレーダビッドソン、カワサキは挙がりますが
なんと、スズキが回答項目にありません。
まるでSUZUKIはライバルではないというような扱いに、とても驚きました。
ラインナップ的にある意味うなずけるところもなくはないですが、V-stromやGSX-Rは
を擁していてもブランド力はないという判断なのでしょうか
また、代わりにKTMが項目入りしてるのも以意外でした。

購入報告:ファイブスター物語 第14巻

Fss14
先々週末に発売した、FSS第14巻を購入しました。
ツラック隊の人情味溢れる防衛戦エピソードがとても良かったです。

  • ナルミ支隊長の人を引きつける前向きさ、
  • AP騎士となったツバンツヒに向けられる、難民達の想い
  • ワンダン・ハレーの復帰

など、感動的なエピソードが多くて読み応えがありました。

モーターヘッドゴティックメード戦闘シーンは興味深かったです。
決戦でのファティマAF達の情報戦は、現代社会の最近のコンピュータやネットワークの
発達が反映されたように思われます。連載初期の頃ではまず描かれない気がしました。

しかし、30年近く経っても完結しないとは、予想を遥かに超えていました。
せめて、魔導大戦は描ききって欲しいです。

空と海が、ふれあう彼方:OPムービー視聴感想

Sorakana1
PULLTOP公式サイトにて先週公開された、来月発売非18禁で12歳以上対象の一般作
「空と海が、ふれあう彼方」のOPムービーを視聴しました。

Sorakana8
舞台となる、小笠原村の父島の背景画が、忠実に書かれていて綺麗で良いですね。
一昨年に旅行したことがあるので、この景色やおがさわら丸に親近感を覚えます。
都道父島埠頭線、通称「湾岸通り」ですね

Sorakana4
おがさわら丸も再現度高いと思います。

Sorakana5
波打ち際のシーンは実写映像だったのは意外でした。
ロケの成果?それとも、CGアニメーションでは難しそうだった?

Sorakana7
音楽担当はTWO FIVEで、主題歌はおおくまけんいち氏。
おおくま氏の作曲は耳に馴染む感じです。

RIDDLE JOKER:OPムービー視聴感想

Riddle_op1
ゆずソフト公式サイトにて、3月発売の最新作「RIDDLE JOKER」のOPムービーが公開
されたのを視聴しました。

Riddle_op3
主題歌を歌うのが、橋本みゆき佐咲紗花のデュエットとは、二重に意表を突かれました。
橋本みゆきゆずソフトを担当するのは初めてと思いますし、
佐咲紗花をPCゲームの主題歌に引っ張れるとは。
どちらか一方でも十分な配役なのに、二人とは豪華ですね。
前々作のサノバウィッチでもそうでしたが、ゆずソフトのブランド価値は想像以上に
高いのかもしれません。次回作の主題歌はChouChoが起用されたりして。

ただ、数回再生しましたが、特に心惹かれる曲とは感じなかったり。
ここら辺は作詞作曲等、ボーカル以外の構成の違いかもしれません。

 

Riddle_op4
ムービーは、ヒロイン紹介カットはCG演出で、それ以外はセルアニメーション
前作の千恋万花と同じ構成ですね。キャラデザの再現度はなかなか高いと思います。

Riddle_op2
アニメーションでもパンチラシーンが見られるのはとても嬉しいです。
サノバウィッチのそれを思い出します。

Riddle_op5
主人公以外の男性キャラも描いているのは珍しいかも。
重要な活躍があるのかもしれません?

ガールズ&パンツァー:大洗シーサイドホテルのバレンタイン大作戦に参加

Gup_stv1
大洗シーサイドホテルにて、18日まで実施中のコラボ企画「バレンタイン大作戦」に
参加するため、大洗へ巡礼旅行してきました。

Gup_stv3
バレンタインデーにちなんだ、チョコレートケーキとドリンクのセットメニューです。
お皿には西住みほ名前が書かれてます
チョコ仕様のスポンジ、ムース、ゼリーはのケーキは程々の甘さで食べやすいです。
平日は一日50食、土日は100食用意されるとのことです。

Gup_stv2
折角来たので、ついでにシーサイドホテル仕様の戦車ケーキも撃破。 

Gup_stv4
玄関前のキャラクターパネルは古豪の貫禄が。設置して5年くらい経つのでしょうか。

Gup_stv19
西側外壁には、エキシビション戦での砲撃跡が残っています。

Gup_stv5
昼食は別腹なので、ココス大洗店にてココス道5週目を履修。

Gup_stv6
約1か月ぶりのみほパネルとご対面。4週間経過してますが、綺麗なままです。

Gup_stv17
昼食後の散策を兼ねて、昨年開通したきらめき通りを初めて歩きました。
お目当ては1枚しかないガルパン仕様のマンホール蓋探し。

Gup_stv18
今回は南側にありました。キャラクター絵ではなく、履帯のデザインが
マンホールの滑り止め目的と合致して、秀逸だと思います。

Gup_stv11
お次は大洗駅にてラッピング列車を鑑賞。茨城交通バスの後面に集合絵が。

Gup_stv16
電光掲示板がホームに設置されていました。なお、写真は狙ってみました。

Gup_stv12
おなじみラッピング2号車。

Gup_stv13
給油口の位置が絶妙ですね。

Gup_stv14
昨年末にお披露目された、最終章仕様のIV号車も発見。

Gup_stv9
裏面も見られました。

Gup_stv7
ホームへの地下通路にて、鹿島臨海鉄道の制服を着たあんこうチームのパネルを発見。
全て描き下ろしで、凜々しさと可愛いが共存しています。
同じ絵柄を使用した記念写真用パネルは駅舎前にもありますが、独立したパネルは
地下通路に設置されているので、駅を利用しないと見られないの所は上手いですね。
また、地下にあることで、日光による退色の影響がないので日持ちしそうです。

 

Gup_stv10
本日の成果一覧。大洗シーサイドホテルにて、今年の西住みほ誕生日記念イベントで
販売されていたクリアファイルが残っていたので購入。ついでに、大洗町限定の
西住みほ万年カレンダーも勢いで購入。左のアンチョビ&ケイはココス道5週目です。


それにしても、描き下ろしでもない名刺サイズのカード目当てに100km超のドライブを
してしまうあたり、自覚していますが、腰が軽いというか酔狂ですね。
お気に入りのキャラクターなので、旅行する理由として充分かもしれません?

フェイバリット新作「さくら、もゆ。」製品ページ開設

フェイバリットが製作中の新作「さくら、もゆ。-as the Night's, Reincarnation-」
紹介ページが昨日公式サイトにて公開されました。

原画は司田カズヒロ / なつめえりとなっていますが、四分の三はなつめえり原画
なので、実質的なメイン原画はなつめえりかと。
裏ヒロインや真ヒロインが用意されていて、それが司田原画の可能性がありますが。

シナリオ担当は漆原雪人。「いろとりどりのセカイ」シリーズの人ですね。
個人的にいろセカは鬼門だったので、若干不安がありますが、見守る形で推移しようかと。

発売は2018年内の模様。フェイバリットの新作なので、自動的に購入予定です。

春音アリス*グラム: プレイ感想日記15 コンプリート!

最後はICOモードというTIPSを読破して「春音アリス*グラム」オールクリアです。

11月からプレイし始めて、およそ4か月掛かってしまいましたがコンプリートです。
シナリオに若干超展開や微妙さを感じましたが、それ以外は良かったと思います。
購入動機は声優陣と主題歌とOPムービーの良さでしたので、その点で言えば期待値を
達成したと言えます。BGMも良かったです。

まずは、攻略対象ヒロイン数で4人以下が多くなってきた昨今、七尾奈留を始めとした
人気原画家を起用して5人のヒロインを用意したのは評価したいと思います。
5人以上は、某オーガストや某フェイバリット等、数少なくなっていますね。

また、遥そら、杏子御津、くすはらゆい、奏雨、波奈束風景という人気声優陣を揃え
たのも聞き逃せないと思います。特に遥そらの優等生ボイスやお嬢様な奏雨の声は
上々でした。

シナリオについては、学園に予告される謎、時計塔、アーケンカード、悠久の場所
といった謎解きをモチーフにした構成で、共通ルートまでは興味深く進められました。
個別の一部ルートで超展開だったり、謎解きに消極的だったので、いまいちさや
不満点はありましたが、目を瞑れるレベルだと思います。
欲を言えば、主人公のアーケンが、どのシナリオでも一葉ルート並みに活躍してると
面白かったかもしれません。
ちなみに、好みのシナリオ順は、優理、一葉、耶々、エリサ、雪の順。
無理のなさと面白さを重視しました。

お気に入りヒロインは遥そら演じる白羽優理会長です。

BGMは、初めてプレイするブランドだったので予想はつかなかったのですが、
結構良い曲が揃っていたと思います。
お気に入り曲は「Awakening IDEA」。アーケン発動シーンの燃える展開に合う、
格好いい曲です。
次点で「リノリウムの香り」「陽域」「昔日」「スプレッド!ZERO戦」でした。

昨年末のイベントにてファンディスク製作の告知がされたようですので、
謎関連のシナリオ補強がされることを期待します。
朝陽まおり先生の攻略もあると嬉しいかも。

春音アリス*グラム: プレイ感想日記14 藤乃雪ルート終了

Alicegram249
最後のヒロイン攻略は1年生の藤乃雪です。

Alicegram258
演じる杏子御津はお気に入りの声優さんなので、杏子御津ボイスを堪能しました。
堪能したいがために、最後の攻略をにしたのは内緒。
杏子御津が演じるヒロインは、小柄で貧乳というイメージがあったので
巨乳ヒロインは珍しいかも。敷島鏡や東雲希とかそれなりにいますが。
 

Alicegram261
シナリオは、今作の主要な謎のひとつである「悠久の場所」がテーマですが、
描写としては微妙というか弱かったように思えます。

Alicegram265
シナリオでは、「悠久の場所」がどういうものかは祖父の例から掴めますが、
何故存在するのかは示されず、耶々シナリオを経ないと理解できないというのも
ありますが、大きな問題点は

  • 主人公が悠久の場所を危険視する否定派であり、雪にも行かないよう説得していた
  • 雪が悠久の場所から帰りを渋る理由が、先に卒業してしまう主人公と離れたくないこと

謎に対して、いずれも消極的な姿勢だったので、謎への挑戦としてはいまいち
楽しめませんでした。

 

Alicegram251
幻のゲームは、コンビニに設置された書き換え機用のゲームということでした。
モデルは某ソフトベンダーTAKERU、もしくは任天堂ディスクシステムでしょうか。
ちなみに私が予想していたのはパソコン通信等で出回っていた同人ゲームでした。
SuperDepthとか。

Alicegram252
まおり先生がかなりのゲーム廃人でした。
マルカツはファミコンの情報雑誌、残りはE-LOGINとPUSH!ですね。

Alicegram257
蛍光ピンクの戦車。某うさぎさんチームのM3ですね!

Alicegram259
流石の滑舌は本職の声優さんです。

Alicegram260
Hシーンは同様に本編中3回、アフター1回の計4回。
上から見下ろす構図が良かったです。胸の大きさが強調されてるのと、股間は
モザイク描写が必要ない構図だったので。

がゲーム好きということもあって、Hシーンにゲームネタがあったりします。
また、料亭の娘ということで、アフターHでは着物Hでした。
作中何度か話題にしていたので、てっきり透け透けの下着が来ると思っていました

«「コードギアス 反逆のルルーシュII 叛道」鑑賞