購入予定とお気に入り

応援中!

  • フェイバリットOHP
    明日歩可愛いよ明日歩
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

最近のトラックバック

フォト
無料ブログはココログ

さくらいろ、舞うころに:プレイ感想日記08 水城みなルート2

3学期前から卒業式直前まですすめました。

Maukoro044
2回目のHシーンは主人公が入浴中の大浴場に押しかけてエッチしたりと、
みなが意外と積極的です。流石、思いこんだら一直線。

Maukoro045 Maukoro046
実はクロエ達に声が漏れ出ており、行為の殆どを聞かれていたという事実と、
彼女たちに一部始終を朗読されるという羞恥プレイが面白かったです。

初情スプリンクル:公式SS第2話の感想

第2話にて百々咲雫や花房姉妹、ゲーム本編のヒロイン達も登場し、役者が揃いました。
ゲームプレイ以降久々だったので、誰がどの台詞なのかを注意して読み返したり。

杭杉田華世による主人公へのアタックを阻止すべく、様々な理由をこじつけて
ヒロイン達が動き出しましが、ひつじ仮面こと花房姉妹、羽月たちラーメン同好会との
三竦みの構図なってドタバタしそうです。

 


過去の更新履歴を見ると、公式SSは毎週火曜と金曜更新しているようですね。

さくらいろ、舞うころに:プレイ感想日記07 水城みなルート1

Maukoro039
水城みなルートの序盤、クリスマスパーティから年末年始にかけて、恋仲になるまで
進めました。


バリアフリーやドレスコード不問とか、こつこつ重ねてきた卒業式案の中で
引退が噂される学園長の卒業式を秘密裏に追加するという案が主役に躍り出たことで
プロジェクトががっちり進み始めました。

Maukoro037
立ち絵を使った画面構成演出が所々良かったです。
 

Maukoro038
景気づけに円陣を組んだり。ところで、主人公はどこに入るのでしょうか?
 

Maukoro035 Maukoro036
意外と仲の良い第五湊寮の面々。敵討ちやお礼参りが気合い入っています。

Maukoro040Maukoro041
雪の天然キモウトぶりもなかなか。上下をカットすることで、普通の立ち絵でも凄みを演出していますね。

さくらいろ、舞うころに:プレイ感想日記06 共通部終了

Maukoro027
期末テスト対策の勉強会まで進めて、共通ルート終えました。
雨宿り中に上着を掛ける相手、テスト勉強で面倒見る相手の選択肢が登場するので、
初回プレイは水城みなを選びました。
なお、雨宿りではみなの選択肢はなかったのでとりあえず北美凜を選んだり。
 

Maukoro028
堂上理子から教わったアクティブレスト中の凜と行き会うシーン。
妹の雪とまり姉の友達と一緒だったので、凜の指摘は的を射ています。
原画家の画風かキャラデザのせいか、ジト目がキツイですね。本来の目的に沿った
絵ですけど。可愛さが見られない。
とりあえず、立ち絵付の登場人物はこのシーンで全員登場です。

まり姉の経験込みのアドバイスにより、凜はスランプ脱出に光明が差しました。
凜への助言が、テニス門外漢の主人公ではなく他ヒロインからというところに
横の繋がりと、このゲームが群像劇なのだというのを確認したり。
 

Maukoro029
その直後、通り雨に遭い、まり姉の透けブラを垣間見てしまうシーン。このイベント、
サンプルCGを見た時はまり姉と二人きりと思っていましたが、実際は上記の皆と
外出中の出来事なのが意外でした。さらに意外だったのは、羞恥や悲鳴がなかった
ところ。逆にそういうのを意識する年頃として主人公を「見直した」というのが
興味深いです。


Maukoro031
黄色と赤白のコンポジットケーブル、そしてS端子。さらにベータマックスとVHS。
しかも今の学園生は知らないという現実。時代を感じさせます。
唯一、DIY好きの雪は知っていました。そういや寮の電気通信系を掌握していました。
今のプロジェクタだと、D-SUBのRGB、HDMIの二つが主流でしょうか。


Maukoro032  
みなのボヤキはなかなか親近感が湧きます。
 

Maukoro033
5分でストレス解消してくると宣言していたので、一人エッチを予想しました。
ひとりは一人でも、ひとりコスプレファッションショーは予想外。
この衣装は鑑賞モードでのおまけH用でしょうか。
 

Maukoro034
恋先生の酒癖の悪さの一端。しかし、サブキャラとの絡みをわざわざCG付で入れる
必要は要らなかったと思います。しかもディープキスの2枚目も用意していますし。
恋先生も攻略ヒロインの一角なのに、この処遇はプレイヤーを士気を下げるように
感じます。

購入報告:薄い本×2

Frac_and_kuzuken
もとみやみつき(FRAC)のオリジナル本と、
ガールズ&パンツァーの二次創作イラスト集です。

前者はHOOKSOFTのStrawberryNauts以来の原画家追い。最近はゲーム原画よりも
薄い本の方が遭遇率が高いかも。

後者はSNSで見かけた、カルパッチョの誕生日イラストが気に入ったので購入です。

初情スプリンクル:公式SS第1話後編の感想

公式ショートストーリー連載第三回目で挿絵が掲載されました。

満を持したともいえる新キャラ杭杉田華世のイラストは、文章からの印象を
充分に再現された容姿で綺麗です。黒髪ロング巨乳は貴重かも?
黒髪は本編のキャラとも被っていないのが興味深いところ。

ちなみに、転校挨拶のシーンでの地の文で「陸上部顔の女子」と表現されたクラスメイトは
日向みおのことかと。杭杉田さん視点なので、名前は登場しないのは仕方ないところ。

さくらいろ、舞うころに:プレイ感想日記05

Maukoro026
水城みな孤軍奮闘していた卒業式実行委員会に、クロエ、堂上理子、北美凜が参画し、
委員会再始動するところまで進めました。


Maukoro018
みなに「強制徴集はせず、自発的な賛同者のみを募る」と主張させて、部活側にも
協力不要と推定されてしまったり、アイディアが出ないために徹夜したりと追い詰めて
いたのは、「主人公や寮の仲間たちを委員会に参加させる」ためのシナリオ上の
環境作りだったのですね。「見るに見かねて」という意味で自発的に手助けせざるを
得ない的な。


おかげで、みなのキャラクターが、孤軍奮闘というよりは、変に意識高い系で陶酔した
道化に見えて可哀想に思えたり。
みなは優等生に見えて、意外とおっちょこちょいなのですね。

その中で、主人公の役どころは、みなを導く参謀。
プロジェクトマネージャというか進行管理の人というか。
実際のプロジェクトを見ている錯覚がしました。

Maukoro017 Maukoro022
「友達を助けるのに理由は要らない」(ただし、金と恋愛を除く)
みなの理念という委員会参加の壁を飛び越える、最強の言葉ですね。

 

Maukoro021
ホワイトボードにマーキングしたりとSD絵がちょこまか動く演出に感心しました。

Maukoro023
ジト目イイヨイイヨー

Maukoro024
続いて家政婦が見たバージョンも

さくらいろ、舞うころに:プレイ感想日記04

Maukoro016
残り二人のヒロイン、北美凜と戸間里茉莉子が登場し、寮生を含めた皆でテスト前の
勉強会をする所まで進めました。これで攻略対象ヒロイン5人が揃いました。

最後に登場したまり姉は、美人で学年主席という才媛スペックに比例したハンデを
背負ってしまったのが不憫です。
破傷風と結核のダブルコンボで伏せていたので病弱体質と出席日数がピンチとは。
しかし、破傷風と結核とは意外と現実的な設定ですね。どちらも地味に厄介な病名
だけに苦労が想像できます。
ゲームらしく派手というかドラマティック()にするなら、白血病とか脳腫瘍?

Maukoro013
ヒロインの中では、廃ゲーマーらしい恋先生が面白そうです。
ネット対戦上で密かに寮生をコテンパンにしていたり


Maukoro015
周囲に対して爆弾発言をしたり、秘密を暴露したりする妹の暴走には困り果てました。
口を塞ぎたい。というか勉強会を中止にして帰りたいです。
妹の雪とは、プレイしていてとことん相性が悪いです。

初情スプリンクル:公式SS第1話前編の感想

1週間おきの公開と予想していましたが、早めに続編が公式サイトで公開されました。

第1話前半にして新キャラ杭杉田華世が惚れてしまうとは驚きでした。
流石はハイテンションラブコメの初情スプリンクルでしょうか。
「魔転身(デモントランスファー)」の単語が懐かしいです。

暴食の魔女、杭杉田さんが放つ「餓鬼玉(ムサボール)」も、貪るという意に通じる
技名なのが上手いです。


なお、前回が第0話だったのは、主人公が登場しないゲーム本編前の時間軸での
エピソードだったからなのですね。

pieces/渡り鳥のソムニウム:店舗特典音声ドラマ「眠り姫にイタズラを」感想

げっちゅ屋特典DLCの音声ドラマ「眠り姫にイタズラを」を視聴しました。
収録時間は24分39秒。登場人物は藍野深織。主人公は登場しますが声なし。

お昼寝中に悪戯された逆襲ということで、主人公を窘めつつ襲ってしまう深織の
年上彼女ぶりが可愛いです。藍野深織役のそよかぜみらいさんが良い声です。

このボイスドラマ単体で充分堪能できるので、祖父の3Pものよりも聞きやすいかもしれません。

«十数年ぶりのコミティア参加