購入予定とお気に入り

応援中!

  • フェイバリットOHP
    明日歩可愛いよ明日歩
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
フォト

初情スプリンクル:プレイ感想日記07 百々咲雫ルート

Sprinkle066
二人目はラーメン同好会兼弁論部の後輩、百々咲雫です。

 

Sprinkle061
「嫉妬」系統の魔女ということで、ヤキモチ焼きで魔転移後は嫉妬の炎を燃やす
実は最初から主人公のことが好きで、ゲーム開始以前に攻略完了していたという。

嫉妬を向けられるということは好意の裏返し。主人公への甘えぶりは
良いラブラブっぷりでした。キャラクター人気投票で1位になったのもうなずけます。

Hシーンはヒロイン最多の本番5回。全裸Hが用意されていたのがとても嬉しかったです。

Sprinkle067 Sprinkle068
乳繰り合う場面通常立ち絵にもかかわらずテキスト描写がえっちいのが
お気に入りでした。いちゃラブの極みを見た気がします。
 
 

Sprinkle063
恋人関係になるためのスパイス的要素として、前半は主人公がひつじ仮面によって
記憶喪失に陥りますが、半日で回復。
後半も魔力の安定化修行と称して一時離れ離れになるも、禁断症状で2,3日で元通り。
むしろそれが功を奏しているところが興味深いところ。
プレイしていても後腐れ感のない程よい長さの鬱展開だったのが好感でした。
良い匙加減だったと思います。
 
Sprinkle064
は強力な魔力をもっているので、ひつじ仮面と良い勝負になると思っていたら、
早々に正体を看破して休戦状態という異色の展開。これは終盤でひつじ仮面が
敵でなくなるという上手い伏線でした。

Sprinkle069
代わりに対決するのは自分。自分が生み出した澱みともいえる嫉妬の炎の塊。
嫉妬の向かう先は主人公しかないので、受け止めてみたら文字どおり大やけど。
痛そうだけど、お約束感を敢えて廃した展開に感心しました。
 

Sprinkle060
ラーメンを讃える歌。サンマーメンは某ホワイトブレスで知りましたが、
20年近く経っても食べたことなかったり。喜多方や佐野ラーメンは東北道のSAや
足利市のひめたま祭でちょいちょいと食したり。


演じている中の人を北見六花だとずっと思いこんでいたのはとっても内緒です。

ガールズ&パンツァー:10月23日の西住みほ誕生日イベント開催延期だそうです

当日は台風が接近するので11月3日に延期するそうです。

昨年のイベント報告を読んで楽しそうだったので、今年は参加してみようと1年越しに
予定を立てていましたが、台風のせいならば仕方ないところです。
開催を強行されても雨だと楽しみが大幅減ですしね。

無線LANプロトコルWPA2脆弱性問題について

WEP以来の致命的なバグかと思いきや、OS側修正パッチの配付が今日付で
公開されていて、その早さに驚きました。収束も早そうですね。

バルドスカイでの久利原直樹先生の「ダイブするなら有線に限る」という名言を
再び思い出しました。
実際に肝に銘じて重要な接続は必ず有線で行っているのは内緒です。

ういんどみるが「はぴねす!2」を発表して色々思い返したり

昨日開催されたイベントにて、ういんどみるが「はぴねす!2 Sakura Celebration」と
「約束の夏、まほろばの夢」の二作を新作発表したそうです。

「はぴねす!2」は色々と目を引きます。
初代は再プレイするくらい好きだったので懐かしさを覚えるのと、
2005年の初代から12年も経って「2」が製作発表される当たりに裏を感じるというか。

何年も経ってからのシリーズ続編というと、角砂糖タユタマ2も10年近いので
親近感を覚えるところです。なお、積みゲーなのは内緒。

そういえば初代は榊原ゆいが歌う主題歌「zero」がとても良かったです。
ヒロイン4人のキャラソンも発売されたりと、ゲーム発売前のヒロインによる
キャラクターソング商法はPCゲーム界隈ではういんどみるが先駆者だったような。
そういえば、このキャラソン展開はゆずソフトが現在も続けていますね。

ついでに思い出したことといえば、原作好きが生じて初代のTVアニメ化でDVDを
全巻揃えているのですが、全て未開封という有様だったり。テレビが遠いデス。

劇場版「Fate/stay night [Heaven's Feel]」第1章を鑑賞

Hf
まずは、作画がとても綺麗でした。流石は評判高いアニメ版Zeroの製作会社ですね。
作画だけでなくランサー対アサシンといったアクションシーンも良く動いており
見応えありました。
キャスト陣にも外れ無し。臓硯役の津嘉山正種が良い声でした。

そして、OP前の序盤に1年半前というオリジナル部分が入ることで、
この映画が士郎と桜の物語であることが強調されているのが印象に残りました。
最近「プリズマ☆イリヤ 雪下の誓い」を鑑賞した身としては、桜のヒロイン度が
とても高いです。その御陰か、劇場版HFを見る切っ掛けになっていたかも。

購入報告:ぱんイラスト集「ふわふわっふる! 」

Pan_huwahuwaffle
今夏に購入していましたが、暫く積んでいた
「ふわふわっふる! ~ぱん ART WORKS~ 初回限定版」 (廣済堂出版)
をようやく鑑賞しました。

著者のぱんはPCゲーム原画も担当しており、その1つonomatope*の「桜ノーリプライ」を
私も5年前にプレイしたことがあります。
現在の絵は当時よりとても可愛くなっていて驚き、それが購入動機でした。

この画集ですが、可愛いオリジナルキャラが大部分を占めており、終盤にPCゲームなど
のゲストイラストも収録されています。例えば「オトメ*ドメイン」とか。

キャラは確かに可愛いのですが、脱ぎっぷりについては大概健全なのが玉に瑕というか
惜しいところでした。パンチラは多めですが、おっぱいは乳輪チラ見せ止まりに涙します。
18禁版を見たいところです。

初情スプリンクル:プレイ感想日記06 日向みおルート終了

みおルートの後半「マジカル☆みお」を進めて日向みおシナリオを終了しました。

みおの魔族系統は「強欲」でしたが、真面目な彼女が発現させた最初の対象は主人公。
主人公を引き留めたい、欲しいという思いが爆発して魔転移(デモントランスファー)
を成し遂げ、以降も使い魔のパックンが事ある毎に主人公にじゃれついて
キスの雨を降らせて彼女の心を代弁していました。
 

Sprinkle057
そして、彼女がみせた最大の強欲は「正義の魔法少女を貫く生き方
パックンの巨大さからも彼女の決意の強さという強欲の大きさが伝わります。
パックンの主人公への今までのじゃれつきが上手い伏線になっていて感心しました。
直前までの芸能レッスン時は身の振り方に迷っていたので魔法が使えなかったのも
伏線でしたね。

Sprinkle059
みおの成長が(心身共に)丁寧に書かれており、主人公も戦闘で身体を張る場面がありましたし、
丁寧なシナリオだったと思います。
 

Sprinkle041
Hシーンは共通の前戯2回に個別での本番3回、おまけでの本番で合計6シーン。
魔法服Hとアイドル衣装Hは煌びやかでしたが、全裸Hが無かったのが寂しかったです。
変身時に裸立ち絵があったのが救い的な。
 

Sprinkle047  
公式サイトでは紹介の無かったサブキャラの和服美女さん。きりっとした表情が綺麗。
羽月の母親でしょうか?
 

Sprinkle049
個別ルートでみんなと海に行くというのは珍しいかも。羽月は不参加でしたが。
そういえばみおシナリオはデートらしいデートが無かったような気がします
地の文、主人公の感想に反応するみおが面白いです。実際は視線を見ているのかも。
 
海水浴場のモデルは江ノ島の片瀬東浜海水浴場でしょうか。奥が江ノ島に似ています。
ちなみに砂浜に刺さっている広告看板はワールプール過去作パッケ絵ですね。
手前から「まじかりっく⇔スカイハイ」「ワールド・エレクション」
「鯨神のティアスティラ」、最奥もまじスカ。粋な背景画の演出だと思います。
 
Sprinkle051
みおを芸能界にスカウトにきた「色欲」の魔族の大艶奈津子P。
動揺しそうな主人公の一挙一動に反応するみおの嫉妬が可愛いです。
 
 
Sprinkle055 Sprinkle056
主人公の魔転移シーン。海水浴時にが主人公の嫉妬を思い出して変身する先例
あるので、エッチなことを想像して変身というのは理屈が通っているだけに
面白さがあります。変身後のCGは羽月ルートでお披露目でしょうか
 
 
Sprinkle058
緊急避難ですし、バレなければ浮気ではい。意外な名言かもしれません?

初情スプリンクル:プレイ感想日記05 日向みおルート 前半

Sprinkle027
初回プレイは日向みおを選択して、「魔法少女のキモチ」まですすめました。

Sprinkle039
「強欲」系統の魔族覚醒者となったにも関わらず、みおがとても真面目な良い子
プレイ中は癒やされました。魔法少女を目指して主人公と二人三脚で模索する様子は
応援したくなる微笑ましさがありました。
 
 

Sprinkle031 Sprinkle032
自分の「催淫」の魔法がみおの魔法少女修行を阻害するので彼女から離れようと
決意する主人公の潔い格好良さと、漏れ出る魔法も含めて主人公を受け入れる
みおの優しさがとても心地良かったです。
 

Sprinkle031a
まだ恋人でもないのに、遊園地の片隅で下半身裸でパンツ手コキしてくれるみお
正に無垢な天使で、その対比がエロイです。
股間の土手のぷっくり具合がそそります。
 
 
Sprinkle029
SD絵の差分元と思われますが、結構良いデザインの戦隊だと思います。
こういうのも描ける所が良いですね。

Sprinkle033
お供の使い魔のパクパクぱっくん。旧名プリリンデアール三世。
口だけお化け。マスコットの不気味デザインは渦巻お手の物でしょうか。

Sprinkle042
にへら口もなかなか可愛いです。アルバムの写真を貰ってしまうお茶目さも。


Sprinkle043
覗きでは無く、みおを緊張させないように影から見守る図。悟り顔に鼻血が面白い。
ブルマのお尻クイっ的直しは様式美ですね。それとも競技用のパンツ?
ブルマだと久々にゲーム中で見たかもしれません。
 
Sprinkle044
電話越しの自慰シーンもなかなかエッチいです。中途で終わるのでHシーンでは
ないですが、通常イベントシーンの回想モードに収録されています。

「バルド・マスターピース・クロニクル」を買ってしまうべきか

戯画から12月22日発売される完全限定受注生産で予約受付中のバルドシリーズ過去作
詰め合わせセット「バルド・マスターピース・クロニクル」を買おうか迷っています。

バレットリベリオンフォース以降は購入済なので(全てプレイ済ではないですが)、
バルドブリンガーのボーカル曲のフルバージョンのサントラ以外にメリットが
見出せないのが悩み所です。ZEROやZERO2、HEARTSのボーカル曲もありますが。
お値段3万円超えは躊躇してしまいます。

ちなみに、8月末頃にバルドブリンガーの購入検討について書きましたが、
恐らく購入するかもしれません。シリーズ最後ということもありますので。

朝からH2Aロケット36号機の打ち上げ中継視聴

7時1分打ち上げということで、テレビでNHKニュース中継とJAXAのネット配信の二面作戦で
視聴していました。
打ち上げ直後は雲ズボみたいでしたが、補助ロケットSRA分離まではっきり識別できる
青空に恵まれたようです。

いつか宇宙センターの見学場で見てみたいですね。

«神戸製鋼所のアルミ・銅製品の検査証明書改竄事件とRX-8