購入予定とお気に入り

応援中!

  • フェイバリットOHP
    明日歩可愛いよ明日歩
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

カテゴリー

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
フォト

RIDDLE JOKER:修正パッチ ver 1.11

購入して積んだまま3週間過ぎてしまったゆずソフトリドルジョーカーですが、先週末
公式サイトに修正パッチ1.11版が公開されたので適用しました。
一応、インストールだけは先に済ませてあるので、某アオイトリ攻略が完了次第
取りかかるつもりです。

1.11版で不具合関連も概ね出尽くしたようなので、不具合無く進められそうです。
先人達の御陰です。

なお、インストールせずに未開封で積んでしまうと、後から発掘するのが大変なので、
最近はプレイ確定なゲームは購入即インストールするように努めています。

購入報告:ばくおん!! 第11巻

Bakuon11
近所の本屋が閉店して、掲載誌のヤングチャンピオン烈を読まなくなって以降、
すっかり単行本派になってしまいました。

静岡県の女子校生バイク部のSIZZOのエピソードが2本、佐倉羽音達とは独立並行して
収録されていましたが、作中時間でいう来春以降に出会う形になるのでしょうか。
単行本最後の収録が2年生の冬でしたし。

実は、単行本よりも、帯に書かれたスピンオフ情報に目を奪われました。しかも2作も。
「ばくおん!!」でスピンオフが発生するとは全く想像もしていませんでした。

今では、私がYC烈誌を購読していた以上に影響力があるようですね。
振り返ってみれば、TVアニメ化しましたし、ホンダ、ヤマハ、スズキ、ブリジストンと
有名メーカーともコラボレーションしていますし。
どうやら、単行本派になって以降、すっかり情報に遅れてしまっているようです。

購入報告:ガールズ&パンツァー:最終章 スタッフお疲れ様本と写真集4&5

Gup_otukare_finale1
遅ればせながら、ガルパン最終章のスタッフ本と版権画集の第4,5巻を購入しました。

スタッフ本は、こぼれ話の宝庫とも言えますね。最終章第1話のバー「どん底」の
店内背景の拘り様とか、ARL-44戦車の内部など、濃い話が多いです。
個人的には、アフレコ収録レポート漫画が面白かったです。

Gup_otukare_finale11
原画も幾つか載ってます。

写真集第5巻は、表紙に戦車道連盟理事長や役人など、
男性キャラや脇役キャラが中央に配置されているのに好感を持ちました。
この2冊でも劇場版関連のイラスト画が埋め尽くされていました。
最終章の版権画像は次巻以降でしょうか。

フルメタル・パニック! IV 第2話「損害制御」を視聴しました。

前半のカーチェイスは背景の市街地3D CGがしょぼかったですが、それ以外は
概ね良かったと思います。

メリダ島がミサイル攻撃に晒されているなか、泣き言を一切漏らさず懸命に対応する
テッサがとても凜々しいですね。スペック伍長でなくても惚れます。
第2話はテッサ回だったと確信します。

そして、待望のメインヒロイン相棒、アーバレスト登場。
室園丈裕演じるアルの新しい台詞を久々に聴きました。

ASといえば、ベヘモスが妙に流麗に動いているのに若干違和感を覚えたり。
第1期シリーズの印象が残っているようです。

第2話からオープニングとエンディングが入りました。OPでは、冒頭からいきなり
満身創痍のアーバレストが登場して衝撃的な導入ですね。
また、レーバテインが登場していたのにも驚いたり。

 

冒頭のBGMに、第1期でお馴染みの「プラン1056」が流れたのが嬉しかったです。
危機感を存分に醸し出す曲なので、フルメタBGMで一番のお気に入りです。

空と海が、触れ合う彼方:英語版「Adventure of a Lifetime」として4月26日発売

Aol01
PULLTOP公式の呟きによると、「空と海が、触れ合う彼方」が英語版になって
moenovelブランドからsteamプラットフォームで4月26日に発売するそうです。
英語版の製品名は「Adventure of a Lifetime」
主人公の祖父の口癖「人生はアドベンチャア」でしょうか。

低価格の全年齢向けをPULLTOPブランドで出したことを不思議に思っていましたが、
移植が根底にあったのですね。いろいろ合点がいきました。
おそらく、公式サイトを一般向け主体でリニューアルしたのも、そういう思惑が
あったのかもしれません。

日本国内では3月30日発売、英語版は1か月後の今月26日ですので、日本語の原作を
元に色々改良したというわけではなく、最初から二カ国語版を並行して開発していたと
思われます。1か月でシナリオの英訳が不可能ではないとも思いますが。

 

Aol08
なお、steam版は、いわゆる「おま国」状態で、公式サイトで述べられたとおり
国内では購入できないようですが、moenovelサイトで製品紹介は見ることができます。

Aol03
Aol04
登場人物紹介は、原作であるプルトップ公式サイトの内容を、そのまま英訳した
ようです。

Aol07
人物名は概ねそのままですが、イルカのQ太郎は「フィン」という名前に変更されて
いました。Q太郎の名称は、日本国内でしか通用しないですから仕方ないところかと。
某藤子不二雄の漫画が下地ですし。

Aol02
OPムービーは、主題歌も日本語のままで、英語の歌詞がテロップに付いてます。


moenovelというと、「Lovekami」2作の日本語版(18禁)が昨年発売されたのが
記憶に新しいところです。
片方は絵柄も可愛いし、主題歌もおおくまけんいち氏で興味がありましたが、
立ち絵が動くe-mote技術が実装された仕様は、「ピュアソングガーデン!」の
影響が残っていたので思い留まりました。

アオイトリ:プレイ感想日記08 赤錆理沙&美果子ルート終了

Aoitori082
三人目というか三つ目のルートは、赤錆姉妹です。
このルートは、これまでのメアリー小夜ルートみたいに、電話の悪魔を出し抜く
ことはなく、逆に悪魔の掌で踊らされたり姉妹丼で3Pだったりと、ひと味異なる
内容でした。
演劇部出身で元女優の理沙がヒロインなので、演劇部活要素が多めに入っていたり、
ドラマチック要素あったりと、演劇的というか、劇場型な物語だったと思います。
例えるなら劇中劇かと。
 

Aoitori081
特にHシーンは、姉妹丼以外にも凝っていました。
普通の18禁PCゲームならば、数回あるHシーンのうち、最初に配置するであろう
破瓜シーンを最後にしたシナリオ構成はとても興味深いものでしたし、理沙を救うという
目的と手段になった点も膝を打つ感じでした。

個別ルート序盤、主人公が初体験中の記憶が欠落していると告白した場面は、
過去回想でシーン回収すると思っていたので、回想ではなくこれを再現し
終盤への伏線として回収した構成も良かったです。
公式サイトでのヒロイン紹介では、理沙が主人公の初体験の相手と記載されてましたが
ここまでの展開は予想できませんでした。
原画を補う出来のシナリオだったと思います。
 
 
Aoitori077_2
Aoitori078
3人で演劇DVDを鑑賞するシーン。
明滅するテレビの光が、天井に反射する演出が良い感じでした。
 
Aoitori079  
駄々っ子理沙。SD絵でのストッキング越しのパンチラ珍しいかも。
そしてナイロン繊維の太さに詳しい主人公の特殊さが笑えます。

購入報告:ATX電源 Seasonic SSR-650TR

Ssr650tr
80PLUS TitaniumなSeasonic製ATX電源、SSR-650TRを購入しました。

先々週に突如PCがブラックアウトしてしまい、再起動してシステムログを確認すると、
忌まわしきKernel-Power41の記録がありました。
既に克服したと思っていたので、KP41の名を再び見た時は地味にショックでした。

エアコンのオンオフしすぎたことによる、コンセント電源の電圧変動によるゆらぎか、
現在使用している電源Seasonic SS-660XP2が、4年経過による劣化が原因かは
不明です。2週間近く経っても、再発していないので、恐らく前者なのかもしれません。

ただ、かつて味わった再発の不安と面倒さはそれなりのものだったらしく、
電源を衝動買いしてしまいました。
どうせ買うなら高品質なものをということで、チタニウムグレードのを。
12年間の性能保証ではなく、「新品」交換保証というのは聴き慣れないです。

過去の記事を読むと「新しい電源を買う前に、先ずBIOS初期化、CMOSクリアを」
書いてあるのに、振り返らずに新しい電源を買って、同じ轍を踏んでしまいました。


今のところ、再発はなく、今動いているPCの電源交換という実作業も面倒なので、
交換はせず、このまま様子見したいと考えています。
今後何も起こらなければ、今回購入したSSR-650TRは、来年末建造予定のPC用電源に
据えたいと目論んでいます。

購入報告:バタフライシーカー

Butterflyseeker
2018年3月新作の「バタフライシーカー」(シルキーズプラスA5和牛)です。

「クライム・サスペンスADV」ということで、ダークな雰囲気のゲームは余り
手を出したことはなかったのですが、購入動機は、ずばり原画でした。

羽鳥ぴよこ原画は、2013年の某HOOKSOFTの「PriministAr」以来で、その頃と比べて、
彩色の影響もあると思われますが、しっとりとした絵柄になっていたことに
惹かれました。

Butterflyseekershopnovelty
某虎の穴特典のタペストリーがとても好みだったのが購入動機の一因でした。
下着の後姿に一目惚れでした。パンツ密着具合が良いですね

見上げてごらん、夜空の星を IF:サンプルCG追加

先週の13日付けの公式サイト更新で、HシーンのサンプルCGが追加されました。これで
沙夜ひかりとの3Pが確定しました。「一人より二人だ」が、もうすぐプレイできます。

他の追加情報によると、吉岡さんや美晴先生、ひなみん達も夏服仕様で登場するとのこと。
賑やかなミニアドベンチャーになりそうで楽しみです。

アオイトリ:プレイ感想日記07 黒崎小夜ルート終了

Aoitori049
二人目は主人公の双子の妹、黒崎小夜です。

Aoitori045
共通ルートでは主人公やメアリー達に対しS気質でしたが、個別ルート分岐後は
お兄ちゃん大好きっ子堕ちる変化する様子は、実に意外で驚きました。
主人公の異能の力でこんなにも素の表情が顕れてしまうのかと。

Aoitori065
互いに触れ合うことで主人公に力を吸われてしまい、ルート後半では衰弱し瀕死になる
お涙頂戴的展開でしたが、共通ルートでの上記気質が強く印象に残っているので、
小夜が弱っていく様子に、悲しみは特段覚えませんでした。

Aoitori053
「バニシング・ツイン」の単語が悪魔の口から出た瞬間、小夜は死ぬ運命と予想が
つきました。おそらく、この台詞はプレイヤーに向けた台詞だったのかも。
某AIRの妹みたいな、最初からいない存在かとも予想したりして。

 

Aoitori046 Aoitori068
ベンチで膝枕のイベントCG。前半でのいちゃラブ風景は寄せて見せて、終盤での
眠る様子は引いて見せることで、同じ絵に対し、与える印象を上手く使い分けたと
思います。

 

Aoitori069
終盤で悪魔を出し抜く、伏線の回収ぶりが心地よかったです。
共通ルートでの、悪魔による主人公評がここで活かされるとは盲点でした。

また、劇の練習で、昼夜を変えてしまう悪魔の演出を逆手に取ったのも上手いです。
携帯電話を上空に投げて注目を逸らした時点で、自身の複製と瞬間移動を同時に
行っていたのですね。

Aoitori070
小夜の復活と引き替えに、主人公が消滅する結末は結構良かったです。
ヒロインが死亡したり消えてしまうのは個人的に好みではないので。
そういえば、小夜ルートは前作「アマツツミ」と舞台的に繋がりがありましたが、
エンディングもその繋がりでしょうか。

 

Aoitori0525
教会と鳩と銃というと、ジョン・ウー監督の映画でしょうか

 

Aoitori063
メアリーの覚悟が格好いいですね。惚れます。

Aoitori067
前作「アマツツミ」の舞台が神奈川県箱根町なのは、ここで示されていたのですね。
母親気質と揶揄されましたが、既に名付け親になっていたとは。流石は100歳。

«フルメタル・パニック! IV 第1話「ゼロアワー」視聴しました。